無料ブログはココログ

« 平成27年度介護報酬改定(25)(26)短期入所生活介護・短期入所療養介護 | トップページ | 油売りさんのために架ける橋 »

2014年12月22日 (月)

冬至の朝

冬至の朝

冬至の朝

山は真っ白だったが、水は凍らず。

今年の冬至は19年にいちどの「

(

さく

)

(

たん

)

冬至」。

古代には、冬至を1年の始まりとしていた。
近世語で「唐の正月」というと冬至を意味するが、中国で冬至を元旦としたからである。
その名残で、現在でも冬至は暦の基準となっている。中国や日本で採用されていた太陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義しているが、19年に1度、冬至の日が11月1日となることがあり、これを朔旦冬至(さくたんとうじ)という[9]
太陰太陽暦では、19年間に7回の閏月を入れる(19年7閏)周期を「」と称し、古い章から新しい章への切り替えとなる年を新しい章の最初の年という意味で「章首」と呼んだ。章首の年にはまず前の章の締めくくりに当たる7番目の閏月を迎え、その後に到来するその年の冬至をもって新しい章の開始とされた。そして、その章首における冬至の日は必ず朔旦冬至となるように暦法が作られるのが原則とされていた。

朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、19年7閏原則に基づくが正確に運用されているということである。暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われた。中国では古くから行われ、659年に偶々遣唐使の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が許されている。日本では唐風儀式の取り入れに積極的であった桓武天皇784年に初めて儀式が行われた。なお、11月1日は元々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われていたことから、非常に盛大な行事となった。

ただし、破章法を採用している暦では19年7閏が守られない場合があり、その場合新しい章の最初に朔旦冬至が到来するとは限らず、逆に章の途中で偶々朔旦冬至が到来してしまう事態(臨時朔旦冬至)も生じた。日本ではこのような状況を放置することは不祥として、暦を人為的に操作して朔旦冬至を到来させたり、回避させたりすること(「改暦」)が行われた。なお、後には章の最初以外の朔旦冬至も祝われるようになった。なお、1768年光格天皇の時に朔旦冬至の儀式が行われたのが最後であり、次の1870年の朔旦冬至の際に明治政府は古い因習として、以後こうした儀式は行わないこととした。

前回の朔旦冬至は1995年、直近の朔旦冬至は19年後の2014年、その次は38年後の2052年である。

旧暦2033年問題も参照。ただし2014年の19年後である2033年が朔旦冬至にならないのは旧暦2033年問題(暦月が決められない)のせいではなく、冬至を含む日と朔を含む日が一致しない(5時間差ながら日を跨いでしまう)ことが原因である)

以上ウィキペディア引用。

以前見た、ラストクオーターを思い出した。下弦の月。映画。

これ。http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_412a.html

うわあ。。。なんという偶然。

わたしはさっき、椅子を一脚買いにニトリにいった。
帰りにだいすきなかぶとまんじゅうをかってこうと思って、川崎病院前経由の遠回り。
でも先週もいったなと恥ずかしくなって素通り、農道へはいりお宮を迂回するコースで帰ったら、ひさしぶりにイチゴ農家仲間だった懐かしい人をみかける。
遠目ながら元気そうだった。

そのひとに言及している記事をちょうど開くなんて、まことにふしぎ。(12・23記)

« 平成27年度介護報酬改定(25)(26)短期入所生活介護・短期入所療養介護 | トップページ | 油売りさんのために架ける橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/58341728

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至の朝:

« 平成27年度介護報酬改定(25)(26)短期入所生活介護・短期入所療養介護 | トップページ | 油売りさんのために架ける橋 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31