無料ブログはココログ

« 2014年11月のアクセス | トップページ | 下宿探し »

2014年12月 3日 (水)

よへほ節    山鹿千人灯籠おどり


▽よへほ節について

明治以降地元で愛誦されている民謡で、八月十六日の灯籠祭の夜、山鹿灯籠踊りに合わせて歌われる。
その発生が明治以降の事でもあり、民謡と言うよりむしろ俗謡系に入る三味線唄で、あるいは熊本方面からの流入とも考えられる。
昭和八年(1933)野口雨情に歌詞の改作を依頼してできたものが、今日のよへほ節である。
歌詞の最後につく「よへほよへほ」という囃子詞から来たものである。

以上、http://portal.kumamoto-net.ne.jp/yamagakamoto/htm/3_0/3-12.htmのコピペです。
歌詞もそこをごらんください。

ブログ内リンク記事

日本民謡協会久留米支部のおさらい会
  1http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/iphon-1.html
  2http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-7401.html 

九州俳句誌掲載の俳句:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-00a2.html

« 2014年11月のアクセス | トップページ | 下宿探し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よへほ節    山鹿千人灯籠おどり:

« 2014年11月のアクセス | トップページ | 下宿探し »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31