無料ブログはココログ

« 枯野の冷蔵庫  月をつける | トップページ | 枯野の冷蔵庫  おっぱしをつける »

2014年11月22日 (土)

平成27年度介護報酬改定(4)(5)介護福祉施設サービスの報酬・基準について

平成27年度介護報酬改定(5)

Share on Facebook


介護給付費分科会で示された「介護福祉施設サービスの報酬・基準について(案)」についての論点です。
<論点1>
入所者及びその家族等の意向を尊重しつつ、看取りに関する理解の促進を図り、介護老人福祉施設における看取り介護の質を向上させるために、看取り介護加算の充実を図ってはどうか。
(対応案)
新たな要件として、①入所者の日々の変化を記録により、多職種で共有することによって連携を図り、看取り期早期からの入所者及びその家族等の意向を尊重をしながら、看取り介護を実施すること、②当該記録等により、入所者及びその家族等への説明を適宜行うことを追加し、死亡日以前4日以上30日以下における手厚い看取り介護の実施に対し、単位数を引き上げる。
また、施設における看取り介護の体制構築・強化をPDCAサイクルにより推進する。
~~~
報酬改定における介護老人福祉施設の看取り対応は、これまで、次のような強化策が図られています。
平成18年4月改定
・「看取り介護加算」の創設
平成21年4月改定
・「看取り介護加算」の見直し
(看取りに向けた体制の評価と、看取りの際のケアの評価を別個に行うこととした)
平成24年4月改定
・末期の悪性腫瘍患者に加え、介護報酬における看取り介護加算の算定要件を満たしている特養において、在支診・在支病または特養の協力医療機関の医師が、当該特養において看取った場合、疾患に限らず死亡日からさかのぼって30日に限り医療保険の給付対象とする。

平成27年度介護報酬改定(4)

Share on Facebook


介護給付費分科会で示された「介護福祉施設サービスの報酬・基準について(案)」についてです。
これまでの議論において次のような意見がありました。
○看取りのケアは非常に困難を生じるが、施設としての看取り指針があれば、介護職やナースの不安が軽減する傾向があることから、看取り指針の整備をきちんとしていけるような形が望ましい。
○特別養護老人ホームの中でも、医療ニーズの高い方々の割合が高い施設や、看取りの件数が多い施設では、夜間でもナースを配置して介護との連携によって看取っているところがあるため、こういった実績に応じて、夜間にナースの配置があれば報酬上で評価をしていく方向も検討の余地があるのではないか。
○要介護者の増加や介護人材の確保が難しくなっていることから、ケア人材を有効に活用して、要介護者への包括的な支援を行っていくという意味で、特別養護老人ホームの職員の専従要件の緩和等を通じ、特別養護老人ホームが複合的なサービスを提供していくことが重要ではないか。
○小規模多機能型居宅介護と指定介護老人福祉施設との併設について、併設が禁止されているものを一定程度緩和する必要があるのではないか。
○内部留保の問題など特養に関しては関係方面から様々な指摘があり、骨太の方針でも「社会福祉法人の内部留保の状況を踏まえた適正化」となっていることから、介護保険事業経営実態調査の結果を踏まえた上で、改めて具体的な論点の提示をお願いしたい。
○プライバシーに配慮した多床室もあくまでも多床室は多床室であり、カーテンを仕切りに変えたからといって、それを根拠として先々室料をいただこうというようなことであるとすれば、それは本末転倒である。
○低所得者の負担増につながるような多床室の室料徴収には賛成できない。
○多床室における居住費に関して、医療保険部会での検討も踏まえつつ、納得のいく負担のあり方、負担の公平性を確保する観点から、多床室の入居者にも負担を求めることについて検討していく必要がある。
○居住費の問題について算定の根拠または歴史的な背景というものはもう一回整理をしていただいた上で、どうあるべきか議論を深めていく必要があるのではないか。
○例えば認知症のBPSDの中には、むしろ個室よりも多床室の方がいいという方もいる。
○居住費については保険料で負担しないというのが原則なので、保険給付から外すのが筋。同じ特養でもユニット型では負担していて、多床室では負担していないというのは公平ではないのではないか。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽ことば抄

認知症のBPSD

BPSDとは、Behavioral and Psychological Symptoms of  Dementiaの略で、認知症に伴う徘徊や妄想・攻撃的行動・不潔行為・異食などの行動・心理症状のことで、「問題行動」とか「周辺症状」とも呼ばれ、記憶の障害・見当識障害・判断力の障害・実行機能の障害などの「中核症状」とは区別されます。
               特徴としては、、軽症から中等症に進行するに従い頻繁に出現するようになり、急速にQOLの低下を招き、介護負担が増大します。(茜会ブログ記事)

PDCAサイクル

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。(ウィキ)

▽かささぎの旗、連句会亜の会よりご案内

あす、俳人の谷口慎也先生をお迎えしての学園祭での連句興行、なにとぞよろしくおねがいいたします。まいどおせわになります。

« 枯野の冷蔵庫  月をつける | トップページ | 枯野の冷蔵庫  おっぱしをつける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 枯野の冷蔵庫  月をつける | トップページ | 枯野の冷蔵庫  おっぱしをつける »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31