無料ブログはココログ

« 医療保険制度改革の論点(4)とオバマケアについてとジャンヌ・ダルクさんの返信 | トップページ | »

2014年10月 1日 (水)

国保改革の方向性~「国保基盤強化協議会」

国保改革の方向性

Share on Facebook


社会保障審議会医療保険部会には国保改革の論点を協議するための「国保基盤強化協議会」が設けられています。
協議会では、本年1月以降、地方との協議を開催し、①国民健康保険の財政上の構造問題の分析とその解決に向けた方策、②国民健康保険の運営に関する都道府県と市町村の役割分担の在り方などを検討しています。
年末までを目途に結論を得て、必要な法律案を平成27年に開会される国会の常会に提出することを目指しています。
財政上の構造問題の解決に向けた方向性については、国民健康保険の将来にわたる安定的な制度運営が可能となるよう、 以下のような観点で検討されています。
(1) 保険料負担の軽減・伸びの抑制
①一体改革において方針の決まっている低所得者対策のうち、未だ実現していない保険者 支援制度の拡充(1,700億円)の早期・確実な実施。
②赤字の原因等の分析を踏まえ、財政上の構造問題の解決のための効果的・効率的な公費投入の方法を検討・実施。
③予期せぬ給付増や保険料収納不足といった財政リスクを分散・軽減するための制度的対応として、例えば、財政安定化基金の創設などを検討。
(2) 財源等
①後期高齢者支援金への全面総報酬割を導入した場合に生ずる国費の活用の検討を含め、 予算編成過程を通じて財源確保に努力。
②地方の最終判断に支障をきたさないよう、できる限り早期に、追加公費の規模 ・財政基盤強化策を提示。
③厚生労働省が、引き続き、国民健康保険が抱える財政上の構造問題の解決に責任を持って取り組む。
国保の運営に関する都道府県と市町村の役割分担の方向性については、財政上の構造問題の解決が図られることを前提に、以下のような仕組みに見直すことが検討されています。
(1) 財政運営と保険料の賦課・徴収の基本的な仕組み
○財政運営
都道府県は、市町村ごとの医療費水準等を考慮し、各市町村が納付すべき「分賦金」を定める。
市町村は、分賦金を納めるために必要な保険料率を定め、保険料を賦課・徴収する。
(2) 保険料水準の平準化に向けた仕組み等
○ 都道府県は、市町村ごとの保険料率の算出方法(市町村規模別の収納率目標、都道府県として考える算定方式等)を示す。
「算出方法」のみならず、市町村ごとの標準保険料率を示すことについて検討。
○ 保険料水準が急激に変化することのないよう、必要な経過措置を相当程度の期間設ける ことを検討。
(3) 保険給付・資格管理・保健事業についての役割分担
○保険給付の決定と資格管理については、都道府県と市町村の役割分担について、さらなる検討がなされますが、「窓口業務」(申請・届出の受付等)と保健事業については、市町村の役割となる見込みです。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

転載が一日ずれてしまいました。でも、ちょうどいいかも。

ヤフーメールが繋がらない。なにかトラブルがあってるんだって。

水月さん国武先生のご論考のつづき、確かに落掌いたしました。

ほんとうにありがとうございました。
このところ、親鸞聖人滞っていて申し訳ございません。

ところで。また、関係ないことをかきます。

こないだご紹介のブログ(題名をまともに書くことに抵抗がある)をよんでいましたら、意外なことがわかりました。
あれはわたしが整骨院につとめていたころだから、ええっと、五年前くらいかな。
セブンイレブンにフリーペーパーの絵本が置かれていて、森の戦士ボノロンといいました。
それがよかったので、出るたびにもらっていって、整骨院に置いていた。
患者さんについてみえるお子たちのために。
ていうか、自分がよみたかったんですが。
あれ、だれのか、なんと北斗の拳、花の慶次の原哲夫だったって。
(キャラクターデザインとプロデュース)
知らなかったなあ。

« 医療保険制度改革の論点(4)とオバマケアについてとジャンヌ・ダルクさんの返信 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国保改革の方向性~「国保基盤強化協議会」:

« 医療保険制度改革の論点(4)とオバマケアについてとジャンヌ・ダルクさんの返信 | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31