無料ブログはココログ

« じきに満ちる月 | トップページ | 親鸞聖人における宿縁の意義  その六前半 »

2014年10月 6日 (月)

「最初のジャーナリスト」とトマス福音書    阿部重夫・文

「最初のジャーナリスト」とトマス福音書

    文・阿部重夫

人類の歴史で一番古い職業は「娼婦」、二番目は「スパイ」と、おおよそ相場が決まっている。では、ジャーナリストという職業はどれくらい古いのか。

そんなことを考えて私の眼前に思い浮かぶのは、蒼穹としか言いようのない、底なしの青い天蓋の下に広がる荒涼とした砂漠である。そこはナグ・ハマディ(正確には「ナグゥ・アル・ハンマーディ」)、ナイル河の河口から1000キロさかのぼるあたりだ。

有名なルクソール(古代エジプトではテーベ)の遺跡の手前八〇キロほどの西岸にその小さな町があり、対岸には紀元4世紀ごろ、キリスト教の修道士共同体ケノボスキオンが開かれた。船でナイルをさかのぼったことのある人はどんな風景かおわかりだろう。

先の大戦が終わってすぐの1945年12月、このケノボスキオンの北の山岳地で一人のアラブ人農夫が肥料となる軟土を採集中に、密封された素焼きの壷を掘りあてた。中からコプト語(古代末期のエジプト語)で記された13冊の羊皮紙の古写本が出てきた。これがのちに「ナグ・ハマディ文書」と呼ばれるようになる。一冊はこういう書き出しだった。

「これは、生けるイエスが語った、隠された言葉である。そして、これをディディモ・ユダ・トマスが書き記した」

現行の新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4福音書とは微妙に記述の違う、イエスの114節の言行録があとに続く。はじめは新発見の福音書として世界を震撼させたが、調べていくうちにこの「トマス福音書」はマニ教徒の間に流布し、キリスト教正史から異端として排斥された幻のグノーシス派の文献であることが明らかになった。

トマスはイエスの十二使徒の一人だが、新約4福音書(共観福音書)では印象が薄い。ヨハネ福音書でのみ「ディディモ(双子)のトマス」と呼ばれている。東大名誉教授の荒井献によれば、この「双子」には「イエスの双子」という含意があるらしい。

印象が薄いといっても、教団を継承したとするペテロなどに比べた頻度の話であって、ヨハネ福音書20章24節のエピソードは、私には一読忘れられないものだった。十字架上で死んだイエスが復活する場面である。マグダラのマリアが墓をあけると死骸がない。遅れて来た使徒ペテロは、空っぽの墓を見て驚き立ち去る。マリアだけ残って泣いていると、イエスが現れる。彼女ははじめ墓守と思うが、「マリアよ」と呼ばれて、つい「師よ(ラボニ)」とこたえた。彼女はイエスの復活をわれ知らず信じたのだ。

イエスはやがて他の弟子の前にもすがたを現し、手と脇腹(の傷跡)を見せた。トマスはその場にいなかったため、師の復活を容易に信じない。

「我はその手に釘の痕を見、わが指を釘の痕にさし入れ、わが手をその脇にさし入るるにあらずば信ぜじ」

八日後、戸を閉ざしていたトマスの前にも、イエスが現れる。こう言った。

「汝の指をここに伸べて、わが手を見よ。汝の手をのべて、わが脇にさし入れよ。信ぜぬ者とならで信ずる者となれ」

トマスが「わが主よ、わが神よ」と言うと、イエスはこう言うのだ。

「なんじ我を見しによりて信じたり。見ずして信じる者は幸福なり」

私自身はクリスチャンではないから、こういうエピソードを逆さまに考える。トマスこそ、最初のジャーナリストではないか、と。イエスに向かって、釘の痕を見せろといい、傷口に指を入れて確かめていいかと迫るのは、あっぱれいい根性ではないか。

いざイエスが眼前に現れると、その奇跡に圧倒されて舌が凍りつき、「主よ神よ」としかつぶやけなかったのが残念だが、ここはもう一押し頑張って、傷口をあらためてくれれば、後世はイエスの復活は幻影か伝説かで悩むこともなかったろう。

「見ずして信じない」者は不幸かもしれない。でも、信ずることの甘やかさを自らに禁じる存在があってもいい。そう思うと、「不信の使徒トマス」が、メシアたるイエスの分身(アルターエゴ)、双子であり、ジャーナリストの祖であってもおかしくない。「ディディモのトマスのように」――いつか、それをジャーナリストの合言葉にしよう。

「求める者には、見出すまで求めることを止めさせてはならない。そして、彼が見出すとき、動揺するであろう。そして、彼が動揺するとき、驚くであろう。そして、彼は万物を支配するであろう」(トマス福音書)

見るまで信ずるな。

※本ブログは再録ですが、識者の方のご指摘により、ナグ・ハマディの正式地名の最初には定冠詞「アル」が入らないとのことですので訂正します。

投稿者 阿部重夫 - 20:37| Permanent link                                | トラックバック (0)

以上、引用元は「http://facta.co.jp/blog/archives/20140913001256.html」。

▼かささぎのひとりごと

お笑いみたいなお話だね。
つっこみとボケの会話。
無論ツッコミはトマス、ぼけはイエス。
・・・ったく、。

「見るまで信ずるな。」

うん、正論だし、常識でしょ。

ディディモって双子という意味なのか。
ふうん。
あたしは最近よんだアウシュビッツ関連本の著者、ジョルジュ・ディディ・ユベルマンのなまえを連想してしまいました。

« じきに満ちる月 | トップページ | 親鸞聖人における宿縁の意義  その六前半 »

コメント

「アウシュビッツの巻物」を知っていますか。
私は知りませんでした。

ジョルジュ・ディディ・ユベルマンは1953年6月13日、サンティティンヌの生まれ。仏中部リヨン近郊のこの街はかつて炭鉱都市として栄えた。ポーランド移民だったユベルマンの母方の祖父も炭鉱労働者だった。戦争中には多くの親族がアウシュビッツに強制収容された。母はその数少ない生存者の一人。父は画家。長い名前は、チュニジア出身の父の姓ディディと母方のユベルマンを組み合わせたものという。

以上、「イメージ、それでもなお」の橋本一径氏解説より。
参考に一つのブログ記事をつけておきます。とてもていねいに詳しく紹介されています。むずかしい本なんですよねえ。。。それにこわいしおそろしいしくるしくなるし。☟

で。
なぜトマス福音書のこの話題にアウシュヴィッツの巻物を思い出し、かさねたのでしょうか。
それはおそらく、「人は見なければ信じない」という真理が、心理が、色濃く共通しているからでしょう。
同胞の死体を片付ける辛い仕事に従事したゾンダーコマンドと呼ばれるユダヤ人たちは、やがて自分たちもおなじ道をたどると知っていた。だからこそ、想像することさえ困難な、残虐非道の殺戮をどこかだれかに知って欲しくて、書き留めたり、写真を残したりした。いのちがけで。
それが続々と地中から出てくる、八十年代にも。
ガス室なんてなかった、とか、ホロコーストは捏造だ、と言い出す人々が今もいるらしい。ネットでも拾える。例えば、野坂昭如さんがそういったとか、かいてあるブログをみた。へえ、ほんとうにいるんだ。と思った。
だから、かれらは命にかえても、証拠を残したかったのだ。
見るまでは信じない人々のために。

これは他山の石だとおもう。

キトラ古墳テレビみてたら、聖書の教えと地下から出てくるものとの現実的乖離に、歴史認識を変えた、というくだりにぶつかり、へえーと思った。
あ、違う、古墳じゃなくて、恐竜の骨発掘の話しでした。
同じ日にみたから、ごっちゃになりました。
恐竜、福井にしかいなかったのかな。

このページ、昨日のアクセス第四位です。

なぜか調べる。
カンヌグランプリ映画👇のおかげみたい。
アウシュビッツの巻物 検索でも4位です。
荒野に向かって吼えないさん、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/57598367

この記事へのトラックバック一覧です: 「最初のジャーナリスト」とトマス福音書    阿部重夫・文:

« じきに満ちる月 | トップページ | 親鸞聖人における宿縁の意義  その六前半 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31