無料ブログはココログ

« 働く切手 19 | トップページ | オールドファッションチョコドーナツ、カロリー、ぱねー »

2014年10月30日 (木)

医療費適正化計画の進捗(5)(6) 健康保持者にポイント加算という発想

医療費適正化計画の進捗(6)

Share on Facebook


個人に対する健康増進、予防へのインセンティブについて、「日本再興戦略」(平成26年6月閣議決定)では、次の保険制度上の対応などを来年度中に講ずることを目指すとしています。
~~~~~~~~~~~~
医療保険各法における保険者の保健事業として、ICTを活用した健康づくりモデルの大規模実証成果も踏まえつつ、一定の基準を満たした加入者へのヘルスケアポイントの付与や現金給付等を保険者が選択して行うことができる旨を明示し、その普及を図る。あわせて、個人の健康・予防に向けた取組に応じて、保険者が財政上中立な形で各被保険者の保険料に差を設けるようにすることを可能とするなどのインセンティブの導入についても、公的医療保険制度の趣旨を踏まえつつ検討する。
~~~~~~~~~~~~
一部の健康保険組合においては、ウォーキングやジョギングなどの健康づくりに資する活動に対して、健康グッズやスポーツクラブ利用券などと交換できるポイント(ヘルスケアポイント)を付与しています。
国保においても、過去1年間、保険診療を受けなかった被保険者、特定健康診査を受けた被保険者、保険料を完納している被保険者に現金給付を行っている例があります。
個人に対する健康・予防インセンティブの付与に係る論点は次の通りです。
○個人に対する健康・予防インセンティブとして、現在、一部の保険者では保健事業の一環としてヘルスケアポイントの付与や現金給付等の取組を行っているが、こうした取組を推進するため、どのような方策が考えられるか。
○我が国の疾病構造等が生活習慣病中心となってきていること等も踏まえ、生活習慣の改善等に向けた個人の自助努力をより一層促す観点から、現行の保健事業の規模の範囲内で、保険者の判断により加入者の保険料を軽減する仕組みを導入することができるようにすることについて、どのように考えるか。

医療費適正化計画の進捗(5)

Share on Facebook


医療保険部会資料に整理されている「医療費適正化計画の見直しに係る論点」は次の通りです。
〈計画に記載する目標等の在り方〉
○現行法では、都道府県が作成する医療費適正化計画には、「計画期間における医療費の見通し」を記載(必須記載事項)するとともに、「健康の保持推進に関する目標」や「医療の効率的な提供の推進に関する目標」等を記載(任意記載事項)することとなっている。
○これらの事項に関し、以下の論点についてどのように考えるか。
①都道府県が計画に記載する「医療費の見通し」について、都道府県による地域医療構想と整合的な医療費の水準に関する目標の設定という骨太方針2014等の指摘も踏まえ、適正化の取組をより効果的に反映したものとなるよう、その策定方法等について明確化を図ることとしてはどうか。
②任意記載事項となっている目標について、実際には大半の都道府県が記載していることも踏まえ、適正化計画をより実効あるものとするため、その位置付けについて見直しを検討すべきではないか。
③ 現在、「健康の保持推進に関する目標」と「医療の効率的な提供の推進に関する目標」としては、特定健診・保健指導実施率、平均在院日数の短縮等を指標として掲げているが、他の指標についても検討すべきではないか。
〈計画策定プロセス等の見直し〉
○現行の医療費適正化計画は、第2期計画期間(平成25~29年度)であり、 第3期計画は、平成30年度から開始することとなっているが、第3期計画の策定プロセス等について、次のような見直しを行うこととしてはどうか。
①医療計画との整合性を図るため、計画期間を5年から6年に見直し
②地域医療構想の策定に併せて見直しが可能となるよう、計画期間の前倒し実施を可能とする仕組みの導入
③実績を次期計画に適切に反映するため、計画期間終了前の暫定評価の導入
④中間評価に代えて、毎年度、目標指標の進捗管理を行う仕組みの導入
○都道府県が適正化計画の策定や実施に当たり、医療介護総合確保推進法に基づき新たに法定化された「保険者協議会」を通じて、保険者に協力を要請する仕組みを導入することとしてはどうか。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

水月さん、ごめん!
国武先生、大大大ごめんなさい。
わたしは大切なご研究論文のコピーを預かったままです。

ねんきんじゅきゅうてつづきで、ひさしぶりにわが夫と連絡。
夫は母をみています。
みているということは文字通り毎日のくらしです。
わたしはわたしの母をみています。
結婚のとき、そういう約束でした。

母が云いました、
ばあちゃんをうちでみたから、あたしゃ八女市から座椅子をもらったけんねー。

そうなんです。祖母はかぞえの100まで生きました。

« 働く切手 19 | トップページ | オールドファッションチョコドーナツ、カロリー、ぱねー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 働く切手 19 | トップページ | オールドファッションチョコドーナツ、カロリー、ぱねー »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31