無料ブログはココログ

« 親鸞聖人における宿縁の意義 六・七章全文 | トップページ | まさきさんの本 »

2014年10月11日 (土)

平成24年度国民医療費(2)(3) 財源の構成割、保険料が50%を切るとは

平成24年度国民医療費(3)

Share on Facebook


平成14年度の国民医療費は30兆9507億円でしたので、10年間で8兆3千億円も増加しています。
財源の構成割合(%)の10年間の変化は次の通りです。
   
公費    34.1% → 38.6%・・・5%近く増えた!
(国    25.2% → 25.8%)
(地方    8.8% → 12.8%)・・・4%増えた!
保険料   51.9% → 48.8%・・・3パーセントj減った。
(事業主  21.9% → 20.3%):::減った!
(被保険者 30.1% → 28.5%)
患者    13.9% → 11.9%

財源構成として公費、特に地方負担の増加が顕著です。
都道府県別医療費目標の設定など医療費適正化の地方分権が進められていますが、地方分権化が進めば、国庫負担と地方負担とは同じくらいの構成割合へと収束してゆくのかもしれません。
保険料の構成割合は、「保険」制度である以上は50%を下回るべきではないでしょう。
日本が手本としたドイツでは、医療費財源のほとんどは保険料で賄われています。

財源構成として患者負担がどのくらいであるのが適当であるかについては、いろいろな考え方がありますが、保険料を除く部分を公費と受益者(患者)とが2:1あるいは1:1で負担するくらいが、適切なバランス感覚であるような気がします。
10年前までは、公費投入が全体の3分の1で国と地方の分担は3:1、保険料が全体の2分の1、患者の窓口負担が全体の6分の1という絶妙なバランスが保たれていたのですが、近年はそのバランスが崩れつつあります。
患者負担割合が減って公費投入が増えているのは、たとえば前期高齢者の患者負担を1割負担に凍結するなど、政権の意図が強くはたらいた結果です。

平成24年度国民医療費(2)

Share on Facebook


国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は8.30%(前年度8.15%)、国民所得(NI) に対する比率は11.17%(前年度11.05%)です。
従って、医療費の財源が保険料だけであるのなら、所得に対する保険料(保険料率)が11.17%であったとしてもおかしくはないのですが、医療費の財源を構成するのは保険料だけではなく患者の自己負担もあります。
健保組合以外では税金も財源として投入されています。
全体として、保険料は国民医療費の財源の48.8%(事業主負担分が20.3%、被保険者負担分が28.5%)であり、医療費の半分しか賄っていません。
患者負担は財源の11.9%です。

公費負担は財源の38.6%(国庫負担分が25.8%、地方負担分が12.8%)です。
日本の医療制度は、被保険者と国税と事業主とがバランスよく財源を負担し、地方税と当事者(患者)も相応の負担をする形で成り立っていることがわかりますが、財源ごとに増減があり、特定の財源の増減率が大きければバランスが崩れてゆきます。
最も伸び率が大きいのは地方税で、国税負担の対前年度伸び率が0.8%であるのに対し、地方税負担の伸び率は5.3%です。
被保険者負担の伸び率は2.0%、事業主負担の伸び率は1.9%です。
患者負担は対前年度マイナス1.7%で、患者負担は軽減しています。

保健医療経営大学 学長ブログ転載

参照記事;かささぎの旗、ドイツの保険制度についての記事

読まれている順にいくつかをご紹介します。

1、ドイツの社会保障制度(2) 日本がお手本とした制度、日本との相違点
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e989.html

2、ドイツの社会保障制度(3) 各保険者の財政上の競争条件を均す調整制度
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7e4c.html

3、ドイツの社会保障制度(1) しっぺいきんこ。ってのが、あるのです。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-f948.html

4、イタリアの社会保障制度(3) 効率化と医療の質と
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2c57.html

ん。これはなんでだろう。

5.生死について  小室恒夫
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_2cdf.html
(これは戦記なれども、ドイツ海軍のどうのと出てくるので、それに機械が反応したのかな)
さっき転載した水月さんの「親鸞聖人における宿縁の意義」とも通じる話ですね。

かささぎ、今日が誕生日、誰も祝ってくれないので、自粛、じゃなくて、自祝。
おめでとう。

では今からセカオワ、NHKでみてこよう。

« 親鸞聖人における宿縁の意義 六・七章全文 | トップページ | まさきさんの本 »

コメント

還暦の誕生日おめでとうございます

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
還暦だね、名実ともに。笑

六十の手習いよろしく、
新しいこと始めるのも、いいかもよ。

ありがとうごぜえますだ。

あたらしいことをねえ。
めいっぱいギシギシ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 親鸞聖人における宿縁の意義 六・七章全文 | トップページ | まさきさんの本 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31