無料ブログはココログ

« 朝五時半 | トップページ | 経営学概論と公共政策のシラバス »

2014年9月19日 (金)

らんちゃんち。

らんちゃんち。
らんちゃんち。
らんちゃんち。
らんちゃんち。
らんちゃんち。
らんちゃんち。

« 朝五時半 | トップページ | 経営学概論と公共政策のシラバス »

コメント

コンサートはチケット完売だそうですよ。
FaceBookの香川先生のコメントから

昨日、娘からアンコール?最後はツーランドット誰も眠ってはならぬだよと聞かされ、思わず歓喜。盲導犬といっしょにトロンボーンを吹くかわいい鈴木さんがソロをするんだろうなって思って、もう一度NHKドキュメンタリー「オーケストラ生まれる」を見ては泣いて泣いて、どんな著名なコンサートがあっても、このコンサートほど、泣けるものはないと思う。

盲導犬が刺されたことで、急きょ、出演が決まったのかなあ・・・とにかく賢い!鈴木さんが大音量でトロンボーン、その背後に大音量150名のオケラ軍団の音は犬にとって苦痛なんじゃないかと思うけど、じっと鈴木さんの横で座っていて、終わった途端わかるのか、すっくと立って鈴木さんの左側にぴったりと立って準備をしている。すごいもんだ。鈴木さんの過酷な運命に打ち勝つ勇気を与えたコバケンコンサートに出場して感無量の美しい涙。またほかの知的障がいのある人々も一生懸命、人生の光を求めて出場する。それを囲み支援しながら同じ宇宙を音楽で共有するボランティアプロの奏者。それの総指揮をしたコバケンの音楽への想いはすごい!先日小沢征爾さんのテレビで音楽とは・・を言ってましたけど、コバケンさんのほがもっと深い慈愛と哲学があり、それでアヴェマリアのヴァイオリンはコバケンのところに拾われたんだなと感じました。

いいよ~、もし盲導犬と鈴木さんが出演するなら、こんなに泣けるコンサートはないよ。このドキュメンタリー取りのときは満席で7万円のプレミアチケットまででたらしい。

2週間前から、もう泣いて構えてる私。きょうも見て泣こう。
もちろん、長年スズキで親子で歩んで育てた娘が頑張って全曲出演するメンバーになれたことも親だから、泣きたい気分。子育て万歳。

さくらさん
まっこて、ありがたきコメントでごじゃりました。
あっしは花の土曜日なのに、残業居残りで、3時からあっているふっこうの同窓会へは行けませんでした。
だけど、うん、よしよし。
コンサート行けるもんね。
いよいよ楽しみです。
あんがとさあん、さくらさん。

香川先生の今日のコメント

(練習中 ))ただ今、福岡アクロスリハーサル室でモーツァルトレクイエムの練習中。

娘はアベマリアのバイオリンをもって赤いスカートはいてます。端にいます。

練習から見られて…指揮小林研一郎さんの指導でどんどん素晴らしく変わっていく。いまから感動で鼻水と涙ふきふきです。


天気も台風がそれて秋晴れです。

さくらさんのおかげで、よくわかります。お世話になります。
直前まで練習があっていることにじぃん。
それでは、あすはいってまいります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: らんちゃんち。:

« 朝五時半 | トップページ | 経営学概論と公共政策のシラバス »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31