無料ブログはココログ

« 都道府県別医療費(11)(12)(13)新入院患者数・外来患者数そして病床利用率 | トップページ | 現代川柳誌 点鐘 166号 »

2014年9月 8日 (月)

句集 『実には在れども滅すと言ふ』

題名、法華経の如来寿量品からって。

モリモリ森山さんの八冊目句集、そのタイトルに注目!

『句集 実には在れども滅すと言ふ』  森山光章

法華経如来寿量品第十六

自我偈 真読

為凡夫顛倒 実在而言滅

訓 読

狂子を治せんが為の故に 実には在れども而も死すというに 

(引用元:http://www.kujhoji.or.jp/noframe/sub14_2.htm)

ほかに参照;http://www.geocities.jp/kokoronoshikumi/hokekyo.016.html

寿量品』は、法華経の中において、もっとも肝要な一品であるとともに仏教全体の眼目となるのです。
・・・・と書かれています。

水月さんに講義してもらいたいものです。この「実在而言滅」について。

« 都道府県別医療費(11)(12)(13)新入院患者数・外来患者数そして病床利用率 | トップページ | 現代川柳誌 点鐘 166号 »

コメント

かささぎの旗というブログ名ですが、岩明均の漫画『七夕の国』からとっています。
(水月さんに、どうしてかささぎかと、尋ねられていました。)
岩明均の漫画について☟

凡夫は意識が転倒している(本心=正しい心を失っている)ため、私は実際にはこの世にいるのですが、あえて入滅する(死ぬ)と言うのです。なぜなら、常に私を見ることに慣れてしまうと、心が驕(おご)り欲のおもむくままになり、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/57309352

この記事へのトラックバック一覧です: 句集 『実には在れども滅すと言ふ』:

« 都道府県別医療費(11)(12)(13)新入院患者数・外来患者数そして病床利用率 | トップページ | 現代川柳誌 点鐘 166号 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30