無料ブログはココログ

« 古賀音彦邸、初秋 | トップページ | 水月師に学ぶ「漢字の仏教式読み」 »

2014年9月 3日 (水)

こ、これは、、、よどまんじゅう

こ、これは、、、よどまんじゅう

よどまんじゅうは、やめ地方の夏祭り(暦では初秋の祭り)よどに必ずいただきます。
いげのは、サルトリイバラの葉でくるんだあん入りの饅頭。

手前のさつまいもパイは鹿児島みやげにわたしの娘が宮崎のおばあちゃんからもらって送ってくれたもの。

どちらもおいしかった。
お弁当をたべたあとで、二個たべました。

« 古賀音彦邸、初秋 | トップページ | 水月師に学ぶ「漢字の仏教式読み」 »

コメント

ことしのよど祭りは台風のため、とりやめになりました。
さびしいです。
よどまんじゅうも、買い忘れてしまいました。
というのも、台風の夜の通夜に参列したから。
友達の弟さんが急逝されました。
友達はがん治療中で、入院を抜け出しての葬儀。
が、お通夜の席に見当たらないので、どうしたかと尋ねると、放射線治療中で食事をしたため、急に血圧がさがり、倒れてしまった、丁度甥御さんが救急隊員で、しかも、救急車で通夜に来てたので、そのまま医大へ搬送したとのことでした。
すごいタイミング。
おじいさんが、こうおっしゃいました。
嫁さんば大事にせな、なりまっせん。
嫁さんのおらんごとなったら、火の消えたごとなります。
、、、
このおじいさんは、かつて友達の家で鍋をいただいた時、ゴロシを作って振舞ってくださいました。
友達が元気に退院できる日が待たれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こ、これは、、、よどまんじゅう:

« 古賀音彦邸、初秋 | トップページ | 水月師に学ぶ「漢字の仏教式読み」 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31