無料ブログはココログ

« 久留米創世 | トップページ | 日月の間 »

2014年9月14日 (日)

民謡のおさらい会

民謡のおさらい会

去年とおなじひとえ咲きのカクテル(バラ)も咲いていましたが、見事だったのは、大輪のマツバボタンです。

民謡のおさらい会

民謡のおさらい会


帆柱起こし音頭     漁師の労働歌

帆柱起こし音頭  富山県民謡

広島木遣音頭

広島木遣音頭

木遣音頭は、伊勢神宮の20年ごとの式年遷宮に、神木を木曽山で伐採し、神宮へ送る ときに歌うものである。 (あちこちにきやりおんどがあるようですが、最初にでてくるのは広島のようですね。)

かささぎは動画も撮影したのだけど、ブログ再生ができない。
ユーチューブに一度送信してそれをさらにこちらへ送信しなおせばいいらしいが、めんどくさそうで、まだ未開拓です。

したがって、、、これをどうぞ。どこかの青年部の踊りつきの広島木遣り唄☟。

広島木遣りhttp://www.youtube.com/watch?v=JUSpNEzTb2M

こきりこ節

こきりこ節

ひとつ前に、「はぜ取り唄」(えひめ)を聞いた。
歌詞に、何の因果でえ、というのがありまして、歌詞といい、節回しといい、題名は知らねど、貝殻こきの唄そっくりだった。
なんのいんがで貝殻こきなあろた   はいやの  はいやの(このおはやし、ほんとは可愛やの可愛やの、でしたね。)
・・・貝殻コキの歌は、「貝殻節」でした。

※しらべるうち、こんなのをひらく、おもしろい。

http://ameblo.jp/inakakurasi/entry-11251111576.html

黒田節

黒田節

歌詞二番に想夫恋がでました。
歌詞をうつしたいのですが、コピペできなかった。
民謡だからいいんじゃない。著作権のいきすぎ。

鶴崎踊   猿丸     武田廣幸

鶴崎踊  ( 猿丸 )    武田廣幸・唄

つるさきおどりとは?

はい、いま調べました。大分県大分市鶴崎に伝わる盆踊り、と出ます。
四百年の伝統がある。

では、さるまる、とはなに。

これは流派。ゆったりめであり、もうひとつの左衛門は早い。

由来をみると、大友宗麟に発端があるので、そのまま引きます。

▼由来

鶴崎踊には、ゆっくりとした優美な『猿丸太夫』(さるまるだゆう)と、動きが速く軽快な『左ヱ門』(さえもん、左衛門とも)との2種類の踊りがあるが、現在では、主に『猿丸太夫』が踊られる。これらの2種類の踊りのうちでは、『左ヱ門』の方が歴史が長く、古くは『三つ拍子』と呼ばれていた。

永禄3年(1560年)、酒色に溺れ国政を顧みない豊後国国主大友義鎮(大友宗麟)に諫言する機会を設けるために、家臣の戸次鑑連(立花道雪)が京都から舞子を呼んで踊らせたのが『三つ拍子』の起源であると伝えられる。

一方、『猿丸太夫』は、江戸時代におかげ参りで伊勢に詣でた鶴崎の町人が、宝永年間に流行した『伊勢踊』を覚えて帰ったものが定着したのではないかと推測されている。

他地域においては『猿丸太夫』のことを「鶴崎踊」と呼ぶことがある。このことは『猿丸太夫』が鶴崎から県内各地に広まったことを示す。『左ヱ門』は各地各様に伝承されており、鶴崎の『左ヱ門』が入って来る余地はなかったが、『猿丸太夫』は踊り方も難しいことから特別扱いされ、盆踊りが特に盛んであった昭和30年代までは県内各地で盛んに取り入れられた。しかし、別府市杵築市山香町など昔この踊りを踊った多く市町村では既に忘れられており、現在も踊っているのは竹田市、竹田市久住町、姫島村豊後大野市緒方町など一部の地域のみである。

▼特徴

大分県は、太鼓のみの伴奏もしくは無伴奏で盆踊りを行う地域が多い。ところが鶴崎踊では三味線胡弓横笛などが用いられ、洗練されており優雅である。たとえば『左ヱ門』は大分県下各地に伝承されており、節回しや踊り方はかなり地域差があるものの、いずれも大変素朴で土の匂いのするものである。ところが、鶴崎の『左ヱ門』は、他地域のそれに見られる「コラサノサ」や「ホホンホー」などといった音引き部分の囃子言葉を排除し、三味線などの楽器がそれを担っているために、まるで座敷唄のような雰囲気になっている。

また、他地域の『猿丸太夫』は普通「猿丸太夫はコラショイショイ」などの歌詞で唄い始め、これが踊りの名称にもなっているわけだが、鶴崎ではこの歌詞を省略して「来ませ見せましょ鶴崎踊り」で踊り始める。これは、『猿丸太夫』がいかに鶴崎自慢のものであるかを示すものであろう。

踊り方も手首の使い方などに特徴があり、足の運びが非常にゆるやかである。津久見市の扇子踊り、佐伯市の堅田踊り、由布市の津鮎踊りなどと並んで、非常に優雅で難しい踊りである。豊後高田市の草地踊り、杵築市の山香盆踊り(山家踊り)、中津市の樋山路盆踊りなどの素朴な踊りとは対照的であり、バリエーション豊かな大分県の盆踊りの中でも非常に個性的である。

« 久留米創世 | トップページ | 日月の間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民謡のおさらい会:

« 久留米創世 | トップページ | 日月の間 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31