無料ブログはココログ

« 国民の健康状態(4)(5) 統計の数字をよむ | トップページ | かささぎの旗(二十二)  草田男をおもう »

2014年8月23日 (土)

都道府県別医療費(1)2013年の統計、いちばん遣っているのは高知ぜよ!

都道府県別医療費(1)

Share on Facebook


国民健康保険と後期高齢者医療は地域単位で運用されていますので都道府県別統計を算出することができますが、職域保険は被保険者住所も保険者の事業所所在地も受診医療機関も多都道府県に跨るため、都道府県別統計は容易に算出できません。
いわゆる「医療費マップ」も、国民健康保険と後期高齢者医療のデータを用いたもので、職域保険のデータは用いられていません。
ところで、厚生労働省が公開している概算医療費データベースでは、医療機関の所在地の都道府県別に、部分的な医療費統計が算出されています。
たとえば医科入院について、1入院当たり医療費(入院時食事療養の費用額を含む)が都道府県別に算出されています。
2013年の統計は高い順に次の通りです。
医療費マップでは九州各県は軒並み高医療費県となっていましたが、この統計では、大分県が全国平均を大きく下回るなど、必ずしもそうではありません。
全国平均 106万2709円
130万円以上   高知県(130万4872円)
120~130万円 山口県(124万4786円)、福岡県(120万4985円)
115~120万円 徳島県、鹿児島県(119万円)、北海道、佐賀県(117万円)
110~115万円 京都府、島根県、長崎県(112万円)、熊本県(112万円)、石川県、秋田県
105~110万円 和歌山県、大阪府、広島県、鳥取県、沖縄県、愛媛県、奈良県、宮崎県(106万円)、栃木県、富山県、香川県、滋賀県、岡山県
100~105万円 兵庫県、埼玉県、群馬県、山梨県、新潟県、青森県、静岡県、福井県、福島県、長野県、三重県、山形県、大分県(101万円)、岩手県、東京都、千葉県
95~100万円 茨城県、神奈川県、愛知県、宮城県
95万円未満    岐阜県(93万7479円)

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎのむだなかんけいのないひとりごと

高知かあー。

味元という味の素みたいな姓の俳人を連想し、また、

高知の人、という斧田千晴の詩を思い出してしまいました。

高知と高松、区別がつかないかささぎであります。

« 国民の健康状態(4)(5) 統計の数字をよむ | トップページ | かささぎの旗(二十二)  草田男をおもう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 国民の健康状態(4)(5) 統計の数字をよむ | トップページ | かささぎの旗(二十二)  草田男をおもう »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31