無料ブログはココログ

« 澤好摩俳句のルビ | トップページ | カルガモたち、いたんだ。豪雨中は何処にいたの。 »

2014年8月 6日 (水)

病床機能等報告制度(5)レセプト活用の対象外報告項目

病床機能等報告制度(5)

Share on Facebook


具体的な医療の内容に関する項目の報告方法については、レセプトを活用することで、簡易に集計することができます。
しかし、現行のレセプト様式には病棟コードがないため、病棟単位で医療の内容に関する項目を把握することができません。
医療機関がレセプト作成時に病棟コードを付記するようにすれば、医療機関の労力を最小化することができます。
レセプト情報については、「レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)」が稼働しています。
NDBのサーバヘ、病棟コードが付記され、かつ審査支払機関において匿名化処理されたレセプトデータが格納されたことをもつて、医療機関から都道府県に報告したものとして取り扱えば、具体的な医療の内容に関する項目の報告が省力化できます。
平成26年度については、レセプト情報に病棟コードを付記するようなシステム改修は行われていませんので、医療の内容に関する項目の報告方法については病院単位で報告することとなります。
医療の内容に関する項目は、術式ごとの手術件数など数多いのですが、ほとんどはレセプトが活用できる項目です。
以下は、レセプトの活用の対象となっていない報告項目です。
正常分娩を含む分娩件数
一般病棟用の重症度、医療・看護必要度を満たす患者割合
(A得点が2点以上の割合、B得点が3点以上の割合もそれぞれ記載する。当該病棟で算定している入院基本料等において、必要度の測定を必須としていない場合は報告しなくて差し支えない。)
休日又は夜間に受診した患者の数
上記のうち診察後、直ちに入院となつた患者数
救急車の受入件数
リハを要する状態にある患者の割合
平均リハ単位数/患者・日
1年間の総退院患者数
上記のうち、入棟時の日常生活機能評価が10点以上であった患者数
上記のうち、退棟時(転棟時を含む。)の日常生活機能評価が、入院時に比較して4点以上(回復期リハビリテーション病棟入院料2または3の場合には3点以上)改善していた患者数(日常生活機能評価(ADL)の改善の程度)
往診患者数
訪問診療数
医療機関以外での看取り数、医療機関での看取り数(介護老人保健施設等の入所施設は医療機関以外に含む)
急変時の入院件数0
過去1年間の新規入院患者のうち、他の急性期医療を担う病院の一般病棟からの受入割合
有床診療所の病床の役割(下の①~⑤のうち担つている役割を選択する(複数選択可)
①病院からの早期退院患者の在宅・介護施設への受け渡しとしての機能、②専門医療を担つて病院の役割を補完する機能、③緊急時に対応する医療機能、④在宅医療の拠点としての機能、⑤終末期医療を担う機能

(保健医療経営大学  学長ブログ転載)

« 澤好摩俳句のルビ | トップページ | カルガモたち、いたんだ。豪雨中は何処にいたの。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病床機能等報告制度(5)レセプト活用の対象外報告項目:

« 澤好摩俳句のルビ | トップページ | カルガモたち、いたんだ。豪雨中は何処にいたの。 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31