無料ブログはココログ

« 病床機能等報告制度(4)構造設備・人員配置等に関するビッグデータ | トップページ | 龍の谷から18  国武先生への手紙 »

2014年8月 4日 (月)

澤好摩特集号の円錐誌より  「滑り出て塵埃離(か)るる遊び船」

澤好摩特集号の円錐誌

ページをめくって、あっと思った。

澤好摩50句のなかにカルルを見つけた。

離るると書いてかるる、古語の。

六月、締め切り日に出した原爆忌の句に、なぜかこれがすっと出た。
けれども、時間がなくて、こんな言い方あったっけと気になりつつも調べもしなかった。
その答えを不意にもらった気がした。

澤好摩さんの句はこんな句だった。
(本が車の中にあり、取りにいけませんで、記憶です。いつもいい加減でごめん)

陸を出て塵埃離(か)るる遊び船   澤好摩

上五、どうも自信がない。おかをでて、か、おかを降りか。
中七は間違いない、じんあいかるる。すごい独特、この表現。
座五は、あそびぶねだったとおもう。うん。まちがいない。

気になり、石橋秀野句をしらべる。

あった。東京時代昭和十八年の句。

午次郎さんへ(まえがき)

ぬかご飯妻子を離(か)るる箸ほそく    石橋秀野

るるとつなげるところは畳字。

うま次郎さんは、田中午次郎。

http://shigi-haikukai.com/ayumi/ayumi.html#umajirou

出征する人を送る一句です。

この項、あす、本にあたって確認します。(それにまだ他はよんでない)

▼追記、土砂降りの中、車まで本をとりに走り、記す。

滑り出て塵埃離(か)るる遊び船  (正解はこうでした)

滑り出て、だったのか。坂口良子主演のドラマを連想。

ルビ付きの句が50句中2句、もうひとつは、

土を搗く小鹿田(おんた)の水車著莪の花

これもいいなあ。目が行き届いている。

八万の総社は宇佐に楠若葉

さらりと出ているのに、たいせつなことを教えてくれる。
まるで、おやの、というよりばあちゃんの小言のようだ。

« 病床機能等報告制度(4)構造設備・人員配置等に関するビッグデータ | トップページ | 龍の谷から18  国武先生への手紙 »

コメント

ひ~~
まちごうた。目がからすまがりしとった。
ルビ付き、ほかにもあった。結構あるね。
あと、じり=海霧、いはくら=岩座、かぐはしき=馨しき、すいきやう=水郷の入った句も。
帰宅後、ぜんぶ書写しますので、ごかんべん!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 病床機能等報告制度(4)構造設備・人員配置等に関するビッグデータ | トップページ | 龍の谷から18  国武先生への手紙 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31