無料ブログはココログ

« 筑後学ばぼちぼち、しゅい。(筑後学を折々にしましょう) | トップページ | 難聴について »

2014年7月26日 (土)

健康寿命について(21) ついに法的に寿命延伸が謳われる世になる

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 7 月 25 日 健康寿命について(21)

Share on Facebook


安倍首相を本部長とする健康・医療戦略推進本部が、22日、「健康・医療戦略」をまとめました。
2020年までに、メタボリック症候群の対象者を25%減らすこと、医療機器の輸出額を倍増させること、iPS細胞を使った新薬を臨床応用すること、健康増進関連産業の市場を2.5倍に広げることなどが盛り込まれていますが、2020年までの達成目標には、「健康寿命」を1歳以上延ばすことも掲げています。
「健康・医療戦略」は、本年5月に成立した健康・医療戦略推進法に基づいて策定されたものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
健康・医療戦略推進法
第三章 健康・医療戦略
第十七条 政府は、基本理念にのっとり、前章に定める基本的施策を踏まえ、健康・医療戦略を定めるものとする。
2 健康・医療戦略は、次に掲げる事項について定めるものとする。
 一 政府が総合的かつ長期的に講ずべき健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業創出に関する施策の大綱
 二 前号に掲げるもののほか、政府が講ずべき健康・医療に関する先端的研究開発及び新産業創出に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項
3 内閣総理大臣は、健康・医療戦略推進本部の作成した健康・医療戦略の案について閣議の決定を求めるものとする。
4 内閣総理大臣は、前項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、健康・医療戦略を公表するものとする。
5 前二項の規定は、健康・医療戦略の変更について準用する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
健康寿命の延伸は、法的目標として位置づけられたというわけです。
「健康・医療戦略」には、健康寿命について、次のような言及があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
はじめに
(前略)
国内の高齢化が着目され始めたのに合わせ、世界保健機関(WHO)が2000年に公表した「健康寿命」(Healthy life expectancy)という新たな定義は、平均寿命や高齢化率が世界で最も高い水準にある我が国に対して、単に長生きをするというだけでなく、いかに健康的に長生きをするかという課題を投げかけることとなった。
(中略)
こうした世界の人口構造の変化も踏まえると、世界に先駆けて超高齢社会を迎える我が国にあって、課題解決先進国として、健康長寿社会の形成に向け、世界最先端の医療技術・サービスを実現し、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)を更に伸ばすとともに、神奈川県において創出に向けた取組が進められている「健康・未病産業や最先端医療関連産業」をはじめとした健康長寿社会の形成に資する新たな産業活動の創出やこれらの産業の海外における展開を促進することにより、海外における医療の質の向上にも寄与しつつ、これらの産業を戦略産業として育成し、我が国経済の成長に寄与できる、世界でも類を見ない安心と安全を前提とした医療福祉先進国として世界に拡げていくことが重要である。
1.総論
(1)健康・医療戦略について
1)健康・医療戦略の位置付け
2013年6月14日、日本経済の再生に向けた「3本の矢」のうちの3本目の矢である成長戦略「日本再興戦略- JAPAN is BACK-」が閣議決定され、成長実現に向けた具体的な取組として、「日本産業再興プラン」、「戦略市場創造プラン」及び「国際展開戦略」の3つのアクションプランを掲げられた。そのうちの「戦略市場創造プラン」において、『国民の「健康寿命」の延伸』がテーマの1つとされ、2030年の在るべき姿として
① 効果的な予防サービスや健康管理の充実により、健やかに生活し、老いることができる社会
② 医療関連産業の活性化により、必要な世界最先端の医療等が受けられる社会
③ 病気やけがをしても、良質な医療・介護へのアクセスにより、早く社会に復帰できる社会
の実現を目指すこととされた。
(中略)
2014年6月24日、「「日本再興戦略」改訂2014-未来への挑戦-」が閣議決定され、引き続き「国民の「健康寿命」の延伸」の実現に向けて、これまでの取組の着実な進捗に加え、「公的保険外のサービス産業の活性化」等について、新たに取組むべき施策が掲げられた。
今般、推進法第17条の規定に従い、推進法第2条に定められる基本理念にのっとり、推進法第10条から第16条に定められる基本的施策を踏まえ、本戦略を策定するものである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

補遺:朝学長ブログに向き合える時間が十分ほどしかなく、一読後、なにか書きたいと思っても、ことばが尽くせないときがままあります。☟この日はまったくそうでした。転載しそびれていまして、それっきりになっていた。

健康寿命について(12)

2014 年 7 月 16 日 水曜日

Share on Facebook


「心不全」「老衰」を死亡診断書に記載するのが躊躇われるようになって以来、死亡診断書に「肺炎」が死因として記載されることが比較的多くなっています。

<肺炎>
     男性  女性
全 国 100 100
福 岡 107 106
みやま 128 115

肺炎は生活習慣病ではありませんので、生活習慣病対策としての一次予防、二次予防活動には肺炎による死亡を減少させる効果はあまりありません。
従って、生活習慣病(急性心筋梗塞、脳血管疾患など)の標準化死亡比が小さい自治体と肺炎の標準化死亡比が小さい自治体とは必ずしも一致していませんが、ある程度の相関はあります。
肺炎憎悪のリスク因子として糖尿病や喫煙がありますので、生活習慣病対策は肺炎予防にも間接的効果があるはずです。
肺炎の標準化死亡比は、ほとんどの市・区において50以上で、50未満の自治体はほとんどが町村です。
男性の急性心筋梗塞の標準化死亡比が最も小さい宇土市の男性の肺炎の標準化死亡比は71.2、女性の急性心筋梗塞の標準化死亡比が最も小さい城陽市の女性の肺炎の標準化死亡比は93.1です。
男性の肺炎の標準化死亡比が50未満の自治体は次の通りです。
20台 美深町(23.9)、松川町、小値賀町
30台 富士見町、中川村、仁木町、白馬村、大樹町、大衡村、南牧村、北中城村、京極町、高森町
40台 鶴居村、豊丘村、松川村、枝幸町、下呂市(44.7)、小海町、厚岸町、檮原町、大郷町、阿智村、東洋町、曽爾村、泰阜村、和泊町
女性の肺炎の標準化死亡比が50未満の自治体は次の通りです。
20台 小海町(27.6)、日南町
30台 松川村、只見町、飛騨市(35.0)、金武町、長和町、開成町、北中城村、牟岐町、宮田村
40台 松川町、京極町、檮原町、筑北村、栄村、置戸町、阿賀町、壮瞥町、西川町、南箕輪村、清里町、日出町、山ノ内町、西ノ島町、佐呂間町、飯島町、枝幸町、阿智村、龍郷町、多度津町、岩美町、茅野市(48.7)、大桑村、度会町、市貝町
これらの町村で、何が肺炎の死亡を減らす秘訣となっているかは研究の価値があります。
臨床的には、誤嚥を防ぎ、肺炎球菌ワクチンを接種することで肺炎を予防できます。
日常的な口腔ケアで口の中を清潔に保つことも肺炎予防に有効です。

▼かささぎ日誌、独り言

これを読んだとき、いまの時代に肺炎が死因となっている診断書が多いのは、そこが保守的であることの証明かも。とおもったんだ。いやなんとなく、無難、というか。

かささぎの旗ブログを経営しているものとして自覚しておるのは、まさにこれからの保健医療を作るための身近な資料サンプルを提供する場としての機能。
ゴジラとおないどしの、1954年生まれのかささぎは橋爪章学長と同い年です。
まわりにいる連句会の連衆も同い年が多く、話題は親の介護と健康が中心。

さて、くるめのろいり先生が、みなさん、気になりませんか。
さいごにブログでお目にかかったのは、さだまさしでした。

あじさいのころです。紫陽花の歌の歌詞、

蛍茶屋から鳴滝までは
那珂川ぬけてく川端柳、
人のこころをごまかすように
七つおたくさ紫陽花ばなは
オランダさんの置き忘れ

この、かわばたやなぎ、という名詞の出方がすごい。
なにげなく日本の歌謡の、うたの古層があふれて「ふっと出た」と思わせる。
ということをつらつら考えていたら、むかし何かをしらべていて出会った東行の都々逸を思い出した。その時のコメント、まとめたいと思っていたんだが、こんなところでまとめるとは、いやさ、おしゃかさまでも、あ、ごぞんじあるめえ~~~(とみえきり)

コメントまとめ

コメント

 

歌詞がしぶいよね

川端柳がいわせんちゃ

高杉晋作の都々逸からとったんではなかろーか

何をくよくよ川端柳
水の流れを見て暮らす

ご無沙汰してます。たまには覗いておるのですが…
ところで、高杉晋作の都々逸としては

三千世界の 烏を殺し ぬしと朝寝が してみたい

というのが有名ですが、「何をくよくよ…」もそうなんですか?

おうよ!

東行ですぜ

だけどヒラメみたいなんよねえ

ヒラメ上司ってのを最近しった
上しか見てないやつをいうらし

ヒラメ教師もぎょうさんいてまっせ。

私の甥っ子、というよりも義兄の一族の墓は東行庵の近くにあります。姉からすると、自分の姑・夫・次男の入ってるお墓。義兄は35歳ぐらい、その次男(甥っ子の弟のほう)は23歳ぐらいの時に、いずれも酒酔い運転であの世へ。
お墓参りと東行庵、そのうち行きたいと思ってます。

おいでませ、山口へ。

ははあ。

なんかさ。運命というかどうしようもないものがわたしにもあって、それと格闘しているさなかです。では。

しんらんは矛盾しとるね

まずは有縁をドスべきなり。
といいながら

むりょくだ
だが、安心する

おねえさん、さぞじゅつなかろとお察し申し上げます

いえいえ、ますます強気の内弁慶的オレサマ人生を送ってます。孫を可愛がるなんて全く無縁の世界で、天上天下唯我独尊。それに振り回されるのは弟の私や、今年40歳で男の子が3人もいる長男。

内弁慶的おれさま人生ですか。
ひとごととはおもえません。
おもいあたります、じぶんも。

きのう、柳原白蓮の歌をみて、あの猫尾城のものがたりをどうも逆にうけとったみたいなよみぶりに、ああこのおかたも思いがけずそそっかしいんだ、とほほえましくなった。
淵にしずんだのは、こじじゅうのほうと勘違いなさってるようです。それほど幸袋でのくらしは辛かったのか。出奔後、はじめての九州だったとか。
写真もありましたが、若き日のはかなげな美貌はうせて、そのかわり、矍鑠とし、毅然とした雰囲気がそこにはありました。

グレープの紫陽花の歌に話を戻します。

このうたを、グレープがデビューする前、まぼろしの邪馬台国の作家が聞いて、こげなうたはきいたことない、といって褒めたそうです。
その耳をすごいと思った。
若き日にきいたときより、いま、しみます。
まぼろしの邪馬台国、ぐうぜん二回みました。
こどもが駅のホームで直立してうたう、あの場面、あの歌声、島原の子守唄。なける。最高。

ええっと。青青背振ともつながってきて、行空とも通う。
それになにより、来年の大河、奇兵隊をつくった高杉晋作だってね。
うわっとおもって。主役は女優さんみたいだけどね。

さて、これとは別にろいりさんを連句に誘いたく、こないだの保経大連句にお誘いした。
その返信をメールでいただいた。それをここに出します。誤嚥でつながるご緣から。

編集がめんどうなので、そのままのやり取りをそのまま失礼します。

ろいりさん、ごめん。でも後で振り返ると記録がのこっていると重宝だよ。

久留米ろいり先生
こんにちは。
お忙しいことと思います。
うちの母は冠婚葬祭のサンセレモに加入していました。

その月報がこないだ来ていて読んでいたら、
久留米学の記事があり、真木和泉について書かれていた。
学習院教授第一号であったとか。
維新は久留米から始まったといっていいとさえかかれていた。
そして、寺田屋事件というのに二つあったことも。
あまり知らないものですから、へえ~~と思って、もう一度ゆっくりよもうと
保存したつもりがどこへいったかわからなくなってしまいました。
記名入りの記事でしたから、ろいり先生のお友達にきけばご存知かも。と思って。
いわゆる職業文人、業界のことばでいえばコピーライターかな。
真木和泉の時代における役割がなにか、よくわからなかったけど、それで
ちょっとわかった気になった。
さて、今月19日、土曜、九時半から保健医療経営大学の二階で
れんく会をする予定です。
いらっしゃいませんか。
みんながろいりさんを誘おうさそおうといいます。
座っておられるだけでもいいんです。どうかいらしてください。
場所がわからねば迎えにいってもいいです。
せいこさんぼんらんちゃんえめさんたからさん学長がいまのところ出席予定。
大学はオープンキャンパス中だそうですその日。
ではよろしくおねがいいたします。   かささぎの旗

メールありがとうございます。

維新は久留米から、というのは、いくらなんでも地元びいき過ぎるでしょうね。ではどこからと単純には言えませんが…山口の人は長州からと言うだろうし、鹿児島の人は佐賀からと言うだろうし。
ほどほどの地元びいきは微笑ましいけど、これが国家同士の地元びいきになると、今の日中韓関係みたいになって。

実はいまうちの母が入院してまして…誤嚥性肺炎で救急車で新古賀病院に運ばれたのが先月初旬、それは一段落したものの、リハビリその他のために転院して拙宅近くの楠病院というところにいます。
それで忙しいというほどでもありませんが、7/19は微妙です。18日は母の誕生日だとかなんだかんだで潰れそうで、22日からはしばらく旅行に行く予定、その準備もいろいろあって。

すみません今気づきました、真木和泉関係のことがあるのかと思ったら連句ですね。う~ん。

ところで寺田屋事件が2つあるというのは、1つが坂本龍馬暗殺未遂事件で、もう1つは薩摩藩の内紛みたいな事件のことでしょう。普通は後者のほうを言い、真木和泉もこれに関係しています。前者は龍馬オタクとしては大事件でしょうが、幕末の流れを大きく変えたと言うほどの事件ではないと思います。


それでは、また。

ろいり先生

お母上、誤えん性肺炎から入院なさったのですか。

新古賀病院から楠病院。どちらにも人をお見舞いにいったことがある。

退院なさるまでご心配ですね。でも病院にいらしたら何かと安心でもあります。
ええいめんどうなはなしだ。歳をとるってめんどうだよね。

すみません。母のほうはなんとか大丈夫のようなので、明後日から予定どおりの旅行に行って、そのまま久留米に帰らず東京に滞在します。久留米に帰ってくるのは8/10過ぎぐらい?
本当は7/10から4日間ぐらい上京予定だったのですが、台風が近づいていたので中止になってしまったし。

ここでおわっている。

旅行、どこへいかれたのでしょうね。
どうぞ、よい旅を。

« 筑後学ばぼちぼち、しゅい。(筑後学を折々にしましょう) | トップページ | 難聴について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 筑後学ばぼちぼち、しゅい。(筑後学を折々にしましょう) | トップページ | 難聴について »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31