無料ブログはココログ

« 健康寿命について(14)  がん | トップページ | 保経大キャンパスの花たち »

2014年7月19日 (土)

連句をまこうよ。保健医療経営大学連句会のご案内。今日!

亜の会の元締めだった前田師は美しい。

連句興行をするときにはひと月前くらいにメンバーに案内状をくださった。
発句もどういう句をと細かく指示してくださったので、まごつくこともなかった。

かささぎはなにもしない。自分ひとりのブログを綴る。
もっと社交的であればもっと広がりが得られただろうか。
ともおもうが、どうもそういうものではないような気がする。

きょうこさん、れんくはだれにでもできるものとはちゃいますのや。
縁がなければできません。

と、師はおっしゃっていたが、その意味がわかりかけてくる。

当季雑詠。いまをよんだ挨拶の発句ではじめます。
いい発句に出会えますように。

たからさん、忙しくってこれないとのこと。
残念だ。
兄上が学長をなさっている愛媛の学校に、どんなたからがあるのか、教えてもらおうとおもっていた。笑
だってすごいもの。
おもだった俳人はみなそこを出ているというすごさ。
いったい、なにがあるのだろうとおもいます。
いつか学校探検ツアーを組んでくだされ。兄上のガイドつきの。
きっとすごく得るものが多いような気がする。四国はいったことないし。

発句はいまの俳句とは感じが異なるよね。
どう違うのかとことばで説明するのは難しいけど、むかしの句のようなかんじで、というとぴたっとくる気がする。

今は亡き、貞永まこと、沢都の独壇場でした。
この俳人たちはとてもこころのこもった句をかいた。

丈高く、丈高く、たけたかく。そのいちごにつきる。
かささぎの旗は地べたにはりついていて、とおく引き離されてしまった。

天国にふたり送りて夕端居  かささぎの旗

▼九州俳句の随想にお便りを下さった方へ

昨夜ひとつ、発見しました。
北野民夫の句を手元の歳時記に。

農婦盛装バスに馴れざる暑気あたり   北野民夫

川崎さん。
わたしはまだ、あの手紙のなかのこの俳人の役割がみえていません。
くまもとの黒髪という地名、どうしてついた地名かを知りませんが、美しい。
恋句のカテゴリーを内包する地名だとおもう。

« 健康寿命について(14)  がん | トップページ | 保経大キャンパスの花たち »

コメント

通販で売る瀬高の高菜

根付くキャンパス苗代の風
の間の花です。
「高菜」と「苗代」はどちらも緑の植物なので、次に安直に植物の花を表現してしまうと、植物が三句続くことになります。
ならば、現実の花ではなく、川面に映る花ならどうだ、と作ったのが次の句。

(案1)
川面花 近づきし鯉 絵を乱し

また、高菜からも、苗代の風からも、良き香りが漂ってきます。下手をしたら香りが三句続くことにもなりかねない。
ならば、香りが届かない水の中ならどうだ、と作ったのが次の句。

(案2)
花の香を 知るやお玉は 水の中

いっそ、現実の花も香りもないように、花をずっと遠くに追いやってしまおう、と作ったのが次の句。

(案3)
旅ゆけば 山のあなたの 花を追ひ


案2は、脇句が蛙だったので、オタマジャクシはダメですね。

花の香を 知るやメダカは 水の中

が最初の思い付きだったのですが、さも春の小川にいそうなメダカは夏の季語だということでお玉に変更したのでした。

花の香を 知るや魚は 水の中

う~ん。

しまった。
花前を植物以外のものに変えます。
しばし待たれよ。
もともと漬物の句だったっちゃん。
炊きたて飯とコンコン漬けと(最初の句)
通販で売る瀬高のつけもの(焼き直し句)
ほかには浮かばない。
隆達小唄の歌詞を採集
羯鼓鳴らせる念仏踊り


うーむ。おどりは秋なんだよなあ。おどりといえば、季語では盆踊りのことを指し、秋。不自由だねえ。

こんこんはつけものをいう方言。
苦肉の策。うめぼしは夏だし、高菜漬けは春だけど植物だし、はりはり漬けは大根漬けで冬だし。
たべる句にしたかった。

いただいた三つの花。
お玉って、おたまじゃくしのことかな?
川面花ははないかだ、というきれいなことばがあります。
花筏近づきし鯉絵を乱し
これか。少し考えてみます。

参照につけたお香こ考、ほんにほんに。
こんこん、というたら、根のつけもの、たとえば、たくあん漬けをまず連想しますが、それ以外にも高菜漬けなどの葉物までカバーすることばです。
だから、この原初的なたべものの句でいいのでは。
とりあえずこれがあれば、生き延びれる、というか。

よこはまのやっしゃんがこないだ、叔母たち三姉妹をとまりがけで温泉につれていってあげて、といって、心付けを送ってくれました。わたしのぶんまではいっているとのこと。
しばらくひとりであずかっていましたが、落ち着かなくて、分配しました。笑
少し上等の温泉に一回いき、もう一回いけます。
お返しは、なにがよかろう。
真空パックのの高菜漬けかなあと思っているところ。あれが好きだそうです。

本日はお疲れ様でした。
久しぶりでしたが、楽しく過ごせました。
また誘ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連句をまこうよ。保健医療経営大学連句会のご案内。今日!:

« 健康寿命について(14)  がん | トップページ | 保経大キャンパスの花たち »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31