無料ブログはココログ

« 健康寿命について(3) みやま市は健康寿命日本一をめざす | トップページ | キャッシュバック二回目、梅ジュース »

2014年7月 8日 (火)

健康寿命について(4)平均寿命という時間のみかた

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 7 月 8 日 健康寿命について(4)

Share on Facebook


平均寿命という指標は、ある年の年齢別の人口と死亡数のデータを使い、各年齢ごとに算定した死亡率を基にして、その年に生まれた赤ちゃんが平均的に何歳までに寿命を迎えるかを計算して算出します。
人口構造がどうであろうと算出値に影響がないので、人口構造の相違が大きい国家間比較や都道府県間比較にしばしば用いられる指標です。
各年齢ごとの死亡率には、地域の総合的な保健医療の水準が反映しますので、平均寿命が長いということは、その地域の保健医療水準が高いということです。
保健医療水準の向上の成果指標として平均寿命は最適の指標ですので、平均寿命日本一を目指すということは、全国一の保健医療水準の達成を目指すことと同義です。
死亡率は、人口が小さすぎると死亡数のわずかな変動で大きな違いが生じますので、人口が極めて少ない超々高齢者のデータは除外されます。
また、市町村別平均寿命の算定の際は、5年分のデータをまとめて算出します。
厚生労働省による市町村別平均寿命の公表が5年おきであるのはそのためです。
次の公表は平成27年分ですが、これは平成23年以降のデータを基に算出されるものです。
平成23年には東日本大震災で東北地方の市町村の死亡数が増加していますので、平成27年分の公表では東北地方の市町村の平均寿命は短縮します。
また、みやま市において本年から平均寿命日本一を目指した戦略を展開しても、平成27年の数値にはほとんど反映しませんので、目標設定年は平成32年ということになります。
平均寿命は、全年齢について「現在」の死亡率が基礎となりますので、平均寿命の計算で算出される各年齢ごとの人口の目減りは非常に少なく、計算上の各年齢ごとの人口を人口ピラミッドで表現すると、ずん胴の柱のようになります。
現実の人口ピラミッドは、年齢ごとに、生まれてからその年までの死亡率を反映していますので、高齢になるほど先細りになります。
戦争や大災害などで特定年齢層が大きく目減りしたり、ベビーブームで特定年齢層の人口が膨らんだりもしています。
すなわち、平均寿命という指標は、過去の死亡率や出生率を引き摺って現在に生きている人々の平均的な寿命を表しているものではありません。
死亡率が比較的高い乳幼児期の母子保健対策を充実すれば平均寿命が大きく伸びますが、乳幼児がほとんどいない市町村でアンバランスに高齢者対策より母子保健対策にウェイトを置いた結果として平均寿命が伸びたとしても素直には喜べません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

日曜の西日本新聞にアフガンの砂漠にみどりの大地を蘇らせたペシャワール会の中村哲先生のことが大きく報じてありました。
年表も付してあったので、よくわかりました。
たくさんのこどもたちが不要にいのちを落としていたのを、長い年月かけて水路をひらき、田畑を開墾することで、広大な緑地を育成、今では65万人が帰農して恩恵に与っているとあった。
一医師のしごとにしてはでかすぎるほどです。
それを支えたのが憲法九条であったというのがよくわかる。

欧米とおなじわだちを踏まなくて済んだのは、まさにそのおかげだった。

これを読んで、中村先生は日本の誇りだと嬉しくなった。

とはいえ、複雑なきもちでもあります。
かつて湾岸戦争のとき、わたしはなぜ掃海艇を出さないのだとイライラした記憶がある。
投稿族だった私は、解釈改憲などと姑息なことをやらずきっちり明文化した武力の扱いをすべきだと思っていて、いろいろと書送っていた。
いまでも忘れないのは、九条を大事にすべきという意見のなかに、母里さんという人がいらしたこと。
朝日新聞でした。軍師官兵衛を支えた男を連想しました。

« 健康寿命について(3) みやま市は健康寿命日本一をめざす | トップページ | キャッシュバック二回目、梅ジュース »

コメント

またまた、真面目な話題に違う話題のコメントすみません。 「アヴェマリアのヴァイオリン」の中の楽曲でコンサートをする計画が持ち上がっています。おそらく、来年になるかと思いますが、指揮を振る人はなんと、なんと、世界のコバケンこと、小林研一郎さんです。すごいことになりつつあります。そこで、第一弾、本の楽曲ではないのですが、9月23日福岡アクロスで娘がアヴェマリアのモデルヴァイオリンを引っ提げて、コバケンとその仲間たちのコンサートに出演しますので、私も九州入りをします。みなさん、九州勢、お手すきでしたら、見に来てください。チケット販売中です。検索は「コバケンとその仲間たち、福岡」です。

わわわ
わっかりやした、
会計の豆苗寺に相談いたしやす

私も参加します。らんちゃんよろしくです。

ほほー
みんなで行きましょうか電車でね
駐車場、いやに高いからねアクロス

バイオリン習ってる子がいます
声かけてみようか
中学生と思うけど

二時台のアクセスが突出した

わ~い。九州のお友達、いっぱい来て。来年はいよいよ本の楽曲のコンサートだけど、きっと福岡じゃないし、娘も6年なので出場は無理だろうから、最初で最後のアヴェマリアヴァイオリンだと思います。障がい者も参加している感動コンサートでNHKドキュッメントになりました。私は前から3番目中央に座ってます。前日から泊まるので、お昼も会えますよ。是非いらしてください。お会いできますことを楽しみにしてます。

あ、ついでに、本を持ってきていただければ、ちゃんとサインペン持ってますのでサインいたします。

えっとね。
9月23日13寺開場、14時開演、S席4500円。
スペシャルオリンピックの義援金にもなります。

 092-741-0799 スペシャルオリンピック福岡事務所でこのくらいの席とかいうと、適当に取ってくれます。

アヴェマリアのヴァイオリンの全国ファンの人たちが今、続々とチケットを取ってますからお早目にね。

おしらせありがとうございました。
値段きっと福岡だし、こないだの久留米のウィーンフィル7人のコンサートより高いよねえ、と夕方会計と話したところでしたが、
そうですか、久留米より五百円も安いではありませんか。らんちゃんをつっついて、かってもらわねば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康寿命について(4)平均寿命という時間のみかた:

« 健康寿命について(3) みやま市は健康寿命日本一をめざす | トップページ | キャッシュバック二回目、梅ジュース »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31