無料ブログはココログ

« 龍の谷から 17~西方指南抄の記名がわたしを行空に向かわせる | トップページ | 我にくれよ »

2014年7月27日 (日)

医療保険の行方(1) (2) 社会保障審議会医療保険部会での主な意見(案)

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 7 月 27 日 医療保険の行方(2)

Share on Facebook


「社会保障審議会医療保険部会での主な意見(案)」では、国保の財政上の構造問題について、「年齢構成や所得水準など保険者の責によらない構造的問題の解消について、納得性ある対策検討が必要。」としています。
大都市では法定外繰入が多く行われ、保険料負担率を平均より低くしています。
法定外繰入は3500億円ですが、そのうち2000億円以上は東京、神奈川、大阪、埼玉、愛知の5都府県に集中しています。
法定外繰入をやめて保険料に転嫁すると中低所得者層の負担がさらに重くなり国保制度自体が破綻しかねない、というのが法定外繰入の理由ですが、財政力がある地域でなければ相当額の法定外繰入はできず、結果として、財政の地域間格差が保険料負担率の地域間格差を生むというおかしな状況になっています。
国保の被保険者は3割が被用者ですが、7割は年金生活者等の無職者と非正規労働者です。
あるべき保険料水準については、国保と被用者保険との保険料負担の格差をできる限り縮小すべきですが、国保と被用者保険とでは所得形態が異なり、所得捕捉率が同等とは言えない中で単純比較することは適切ではありません。
しかし、所得水準が低いにもかかわらず保険料負担が重いというような逆進性を是正することは必要であり、そのためには抜本的な財政基盤の強化が必要となります。
社会保障と税の一体改革により1700億円の保険者支援が決定しましたが、それだけでは国保の財政基盤は強化できません。
後期高齢者支援金への全面総報酬割の導入により生じる財源を国保の支援に優先的活用すべきことが求められています。
国保の被保険者負担は限界に近く、将来にわたって持続可能な制度を構築するためには、国費の追加が必要です。
公費投入の方法としては、都道府県の被保険者の所得格差に着目した財政調整機能を強化する支援策が要望されています。

低所得者対策についても、全ての国民が保険料を支払えるような改革が求められています。
予期しない給付増や保険料未納等に対しては、国保においても、後期高齢者医療制度にある「財政安定化基金」を設けることが求められています。

 

2014 年 7 月 26 日 医療保険の行方(1)
Share on Facebook


24日、「社会保障審議会医療保険部会での主な意見(案)」が公表されました。
国保については都道府県一元化の方向性が議論されていましたが、いよいよ、本格的な議論が始まりそうです。
「社会保障審議会医療保険部会での主な意見(案)」の目次は次の通りです。
( 目 次 )
1 国保の財政上の構造問題
・国保の財政上の構造問題
・一般会計からの法定外繰入
・保険料負担の水準
・国保に対する財政支援の拡充
・都道府県と市町村の役割分担
2 協会けんぽの国庫補助
3 医療費適正化、保険者機能発揮
4 高齢者医療の費用負担全体の在り方
5 後期高齢者支援金の全面総報酬割
6 前期財政調整
7 高齢者の保険料特例軽減措置等
8 給付の効率化について

・予防健康管理、データヘルス
・後発医薬品の使用促進
・現金給付の見直し
9 審査支払機関について
10 療養の範囲の適正化・負担の公平の確保について

・紹介状なしで大病院を受診する場合の患者負担の在り方
・入院時食事療養費・生活療養費
・国民健康保険の保険料(税)の賦課(課税)限度額及び被用者保険における標準報酬月額上限
・国民健康保険組合に対する国庫補助
11 その他
・出産育児一時金について

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼鵲のひとりごと

厠に二冊の文藝春秋をおいていた。
毎月買うわけではない。年に二~三回。
一冊は二年前の六月号、もう一冊は出たばかりの。
柳田邦男氏と鈴木岩弓氏の対談を読んだ。
鈴木岩弓氏は大学の宗教学の先生らしい。
震災後、自然発生的に生まれた宗派をこえた臨床宗教師というのを束ねる役のお方らしい。悲嘆と喪失からの立ち直りにむけた仏教者や神道者、キリスト者、いろんな宗教の師たちを現場に派遣するような仕事をなさっている方らしい。
そういわれてみれば、たしかに、仏教といえば、葬式仏教しか知らないなあ。
こういう先端の急場に遣わされる仏教者があること、目をみはらされる。
柳田さんの話のなかに、もう一冊のなかにでておられた岡部健医師の話もチラッとでてくる。
自分が専門のやまい・がんにかかって入院し、手術を受け闘病して、はじめてわかった、という岡田医師の手記が二年前の本にあり、それを読みながら、父の闘病生活を振り返っていた。
今月号には介護の現場の話も特集があり、共感をもって読む。
学長ブログで学んだことのおかげで、すこしはわかるようになる。ありがたし。

ユーチューブでみつけた!http://www.youtube.com/watch?v=cpN_fwrtLKQ

« 龍の谷から 17~西方指南抄の記名がわたしを行空に向かわせる | トップページ | 我にくれよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 龍の谷から 17~西方指南抄の記名がわたしを行空に向かわせる | トップページ | 我にくれよ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31