無料ブログはココログ

« これ、行きたか〜 | トップページ | さいきん万城目学原作の映画を三本みた。 »

2014年6月26日 (木)

かささぎの旗、骨太の方針

▼かささぎ日誌

昨日で歯医者さん通いも終わりました。
はじめのころは昼休みを使ったり有給を半日とったりしましたが、あとは六時半の予定を入れて下さり、定刻で帰宅すれば間に合う、七時までの開院時間にかわっていました。以前はもっと早かったと思います。ありがたし。

さて、きのうでサッカーの日本戦は終わりました。
かささぎの旗はニュースで見る意外まったく見れていません。
きっと友人のぼんさんなどは熱心に観戦し、詳しく敗因なども分析したことと思います。
なにしろ高校時代サッカー部の初代マネージャーを務めた人です。思い入れに四十年以上の年季が入っている。
ブログ「糸の夢」http://houyume1150-4.cocolog-nifty.com/

かささぎの旗、現在はんぶんのテレビしか見れない状態が続いています。
ブログの先輩である東京のさくらさんが最近二回もテレビ出演をなさったというのに、私だけ見れなかった。不義理なやつだとお思いでしょう。

そんな中、BSフジのプライムニュースをたまたま見ました。
広告が挟まりますが、二時間ものです。
見ていて、あれ。これはずっと学長ブログで学んできたことじゃん。
と気づきました。
そうかそうか。保健医療経営大学で先端を学んでいたんだなあ。
これこそ、年季であります。
かささぎ、橋爪章学長ブログ転載を日課としてよかった。
いばることではないが、日頃あたまを使っていません。
でも使ってないなりの無意識の染み込みというのがあるようです。

話されている内容がふしぎとよく理解できました。
以下にきのうの番組案内をネットから引用します。

6月25日(水)
『骨太の方針が閣議決定 実現可能?医療費抑制 混合診療の一部拡大へ』

 政府は、経済財政運営の指針となる骨太方針を24日に閣議決定した。
 注目点の1つは、増え続ける医療費の抑制策だ。都道府県ごとに適正な医療費の数値目標を設定することや、医療費の請求書であるレセプトのデータを活用することなどが記され、無駄の削減が期待されている。しかし、運用面を中心に様々な懸念も指摘されている。
 医療費抑制の実効性と課題を議論する。

ゲスト
鴨下一郎 自由民主党社会保障制度に関する特命委員長代理 衆議院議員
横倉義武 日本医師会長
松山幸弘 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 内閣府規制改革会議健康・医療ワーキンググループ専門委員

司会者の男女二人が真剣で前向き、質問も勘所をついてる。
答える人たちがまたよかった。
よこくらよしたけ日本医師会長。
だれよりくわしい、かもしたいちろう氏。
第三者機関の松山さん、アメリカの事情にお詳しい。
印象に残った話題をいくつか書いておきたい。
増え続ける赤字をへらすため、都道府県から市町村ごとに会計をより細かく見ていく。
パソコンの電子レセプトデータを活用するため、医療費の一割をそれに注ぐ。
たとえば、の実践実例として高齢化率の高い広島県呉市があがった。
呉市が最先端のこころみをやっており、着実に効果を出している。
四千万の投資で一億六千万の無駄があがなわれたという。
具体的には呉市の記事をみてください。わたしもいまからひらきます。

ジェネリック使用をふやすだけでも相当な金額のダウンになる。
というのはなんども学長ブログででてまいりましたよね。
それから一ベッドあたりの費用を抑えるということも。
七対一(七人の患者に一人の看護師)に高評価を与えた結果、その体制をとる病院が増え続け、全体でみるとマイナスの効果を生み出しているのを変えていく。
途中、なぜ福岡は医療費が高いのかと問われて、旧産炭地が三つもあり、そこの負の遺産が大きいのだ、とおっしゃっていたのが忘れられない。たしかに記憶にあります。学長ブログでは細かく学びました、データとして。

毎日十五分から二十分しか取れないのですが、それでも継続はちからなり。

保健医療経営大学学長ブログ、一日も休まず、地道にすごい。

これからも頑張って書き続けてください。

« これ、行きたか〜 | トップページ | さいきん万城目学原作の映画を三本みた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かささぎの旗、骨太の方針:

« これ、行きたか〜 | トップページ | さいきん万城目学原作の映画を三本みた。 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31