無料ブログはココログ

« 平成25年社会医療診療行為別調査(4)(5) 一般医療と後期高齢者医療とを診療報酬別に比べる | トップページ | これ、行きたか〜 »

2014年6月25日 (水)

平成25年社会医療診療行為別調査(6) 在宅医療、ズームアップ

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 6 月 25 日 平成25年社会医療診療行為別調査(6)

Share on Facebook


「在宅医療」について、平成25年6月のひと月の点数計は次のようになっています。

一 般 医 療
入院     9085万点(  9億 850万円) 
入院外 30億7443万点(307億4430万円)

後期高齢者医療
入院     8215万点(  8億2150万円)
入院外 36億6412万点(366億4120万円)

在宅医療費が総医療費に占める割合は、入院では0.2%ですが、入院外では一般医療において4%、後期高齢者医療において11%を占めています。
入院外医療の病院と診療所別には次の通りです。

一 般 医 療
病院  18億4261万点(184億2610万円)
診療所 12億2444万点(122億4440万円)
後期高齢者医療
病院   9億9360万点( 99億3600万円)
診療所 26億5713万点(265億7130万円)

入院外医療費において在宅医療費が総医療費に占める割合は、一般医療では病院が6%、診療所が3%ですが、後期高齢者医療では病院が7%、診療所が13%を占めています。

在宅医療の1件あたり点数の年次推移は次の通りです。
年(平成) 21 22 23 24 25
入院    73 59 69 75 78
入院外   70 73 85 78 86

平成22年の診療報酬改定後の2年間は、「入院」の伸びが抑制され、「入院外」が大きく伸びています。
平成24年の診療報酬改定直後は、「入院」が伸びたのに対し、「入院外」は抑制されています。
「入院の在宅医療」は、「入院外の在宅医療」を促進するための努力を評価したものですので、政策誘導が空回りする結果となっていましたが、平成25年には「入院」がさらに伸び、「入院外」も大きく伸びています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 平成25年社会医療診療行為別調査(4)(5) 一般医療と後期高齢者医療とを診療報酬別に比べる | トップページ | これ、行きたか〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成25年社会医療診療行為別調査(4)(5) 一般医療と後期高齢者医療とを診療報酬別に比べる | トップページ | これ、行きたか〜 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31