無料ブログはココログ

« 命の選択~上野千鶴子 | トップページ | きれいなワラ »

2014年6月 6日 (金)

地域医療ビジョン(5)

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 6 月 6 日 地域医療ビジョン(5)

Share on Facebook


26年度に「基準日病床機能」と「基準日後病床機能」が出揃うと、27年度には、地域における病床の機能の分化と連携を推進するための「協議の場」が設定されます。
都道府県は、地域医療ビジョンを策定する区域(構想区域)を定め、構想区域ごとに、医療関係者との「協議の場」が設けられます。
「協議の場」では地域医療ビジョンの達成を推進するために必要な事項についての協議が行われます。
協議に参加するよう都道府県から求めがあった関係者は、これに協力するよう努めなくてはなりません。
また、協議の場において関係者間の協議が調った事項については、その実施に協力するよう努めなければなりません。
都道府県知事は、「基準日病床機能」と異なる「基準日後病床機能」を報告した医療機関に対して、基準日後病床機能による病床数が医療計画で定める将来の病床数の必要量に既に達しているときは、基準日病床機能と基準日後病床機能とが異なる理由等を記載した書面の提出を求めることができます。
都道府県知事は、その理由等が十分でないと認めるときは、その医療機関の開設者か管理者に対し、協議の場における協議に参加するよう求めることができ、協議の場における協議が調わないときは、都道府県医療審議会に出席し、理由等について説明をするよう求めることができます。
都道府県知事は、その理由等が認められないときは、都道府県医療審議会の意見を聴いて、基準日病床機能を基準日後病床機能に変更しないことを要請する(命ずる)ことができます。
また、都道府県知事は、協議の場における協議が調わないときは、都道府県医療審議会の意見を聴いて、病床の機能区分に応じた既存の病床数が将来の病床数の必要量に達していない場合の必要な措置を要請する(指示する)ことができます。
都道府県知事は、要請を受けた医療機関が要請に係る措置を講じていないと認めるときは、都道府県医療審議会の意見を聴いて、当該措置を講ずべきことを勧告することができます。
都道府県知事は、指示や勧告に従わなかった医療機関を公表することができます。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

↑よんでも言葉の意味がいまひとつ具体的に分からない。
まだ始まっていないから無理もないことでしょうね。
ずっと転載を続けてきて、こういう作業は必要なことだったと思う。
ただ超過については、当該者はどういう反応をするかと想像する。

きのう、香川のジャンヌ・ダルクこと、よしこ先生からコメントをいただきました。
読書感想文の課題図書高校の部に選定されたそうです。

『アヴェマリアのヴァイオリン』実話に基づくすばらしい内容の物語です。
ぜひよまれてください。

コメント

 

こんばんわ、かささぎさん。
いつも真面目な情報発信のところに自分のことばかりでごめんなさい。今日、毎日新聞紙上で正式に発表ガアッテ(ネットでは4月1日発表だったんだけど・・・きょうまで口止めでした)アヴェマリアのヴァイオリンは今年第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書、高校の部に選定されました!

うわ、よしこせんせい。
それはそれは。おめでとうございます。
先生にとって喜ばしい以上に、こどもたちにとって、すばらしいことだとおもいます。
アンネの日記よりずっと身近に思えるに違いありません。いまから、こどもたちの感想文、どんな声が寄せられるか、またれますね。
それと、これは読まれましたか。
えっと、どこだったっけ。乙四郎先生が、柳川図書館でも新刊図書として紹介されていたとコメントされていましたよ。

« 命の選択~上野千鶴子 | トップページ | きれいなワラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域医療ビジョン(5):

« 命の選択~上野千鶴子 | トップページ | きれいなワラ »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31