無料ブログはココログ

« さなだゆきひろ公200回忌連句興行の案内 | トップページ | かささぎ扇風機 »

2014年6月17日 (火)

地域医療ビジョン(16)有明圏の消化器系疾患受療者数

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 6 月 17 日 地域医療ビジョン(16)

Share on Facebook


新生物、循環器系疾患、認知症、筋骨格系疾患ほど年齢との相関が強くありませんが患者数が多いものに「消化器系の疾患」があります。
性・年齢階級別人口に性・年齢階級別の「消化器系及の疾患」の受療率を掛け合わせると、有明医療圏の患者数は次のようになります。

有明医療圏 2010年 2025年 後期高齢者割合
(男)
入院患者数   72    75  44%⇒56%
初診患者数  183   156  15%⇒22%
再来患者数  867   766  20%⇒28%
(女)
入院患者数   75    81  67%⇒75%
初診患者数  285   229  14%⇒19%
再来患者数 1224  1022  21%⇒28%

有明医療圏の「消化器系の疾患」の患者数は、外来患者数が大きく減り、入院患者数が少し増えます。
消化器系の疾患の入院は主として急性期の病棟ですので、有明医療圏では、消化器系疾患のための急性期の病床機能のニーズが9床ほど増大するということになります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

母の杖がなくなっていた。
置き忘れたに違いない。
心当たりに電話をかけて探すも見つからず。
困るので買いに行く。
日用雑貨の店にあった。
以前のは近くの外科で買ったもので、おりたためる式だった。
五千ほどしたというが、こんどのは同じタイプでも二千円弱。
なんと千円からあった!すばらしいではないか。
ナフコの店員さんに頼んで、なまえを大きく書いてもらった。
製品の説明もていねいにしてくださる。ありがたし。
サイズが数段階で調整できるのです。

高齢社会、わるくないなとおもった。

« さなだゆきひろ公200回忌連句興行の案内 | トップページ | かささぎ扇風機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域医療ビジョン(16)有明圏の消化器系疾患受療者数:

« さなだゆきひろ公200回忌連句興行の案内 | トップページ | かささぎ扇風機 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31