無料ブログはココログ

« 介護給付費の実態(5) どのサービスの費用額が多いか | トップページ | 薔薇の門と男のこころざし »

2014年5月 2日 (金)

恋句

恋句

恋句

句集『光源』 澤好摩・著

« 介護給付費の実態(5) どのサービスの費用額が多いか | トップページ | 薔薇の門と男のこころざし »

コメント

連句会の計画は無いの?

うん。ごめん。連休に集まりたかったのですがね。声かけするのがめんどくさくて、つい。ごめんね。
きのうは南中のかんれきどうそうかいでした。
埼玉のすみちゃんが帰省していて、橋爪章さんに会いたがっていた。そういえばさ、すみちゃんのおかげでというか、せいでというか、橋爪さんのお供をしているからね。みょうな縁だよね。

ぼん。ここに、このページに、れんくのさそい水コメントありがとう。
このなかの澤好摩さんの句、どこにも恋は詠まれていないが、恋に発展していく外周があります。そこがいいなあと思って。細君なんて言葉よくみつけてきんしゃった。演出家みたいだ。以前の句で、
物陰の長き授乳や日本海
と似たふくらみがありまして、ドラマが隠されている。ベテランでなきゃ書けないと感心した。

そりゃそうと。
「神谷玄次郎捕物控」の主役の俳優さん高橋光臣がかっこよくてファンになっちまい、背景をしらべていますと、東洋大学ラグビー部だったそうで、東洋大学を調べていると、澤好摩のなまえもそこに載っていました。
おのじゅうざぶろうも、りゅうちしゅうも、いました。

菜の花や商家に虫籠窓ありぬ

下京の西木屋町界隈を歩いたとき、町家にむしこまどがありました。細かな柵がしてある窓です。
この句、菜の花をとりあわせてありますので、商家のまわりに空き地と青空がみえ、せせこましさは相殺されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋句:

« 介護給付費の実態(5) どのサービスの費用額が多いか | トップページ | 薔薇の門と男のこころざし »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29