無料ブログはココログ

« みどり | トップページ | 親鸞聖人と法本房行空上人   四の上 »

2014年5月10日 (土)

医療給付の実態(7)増える医療費~ 「歳入庁を設置せよ」とへいぞうさんは言った。

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 5 月 10 日 医療給付の実態(7)

Share on Facebook


平成25 年3月のひと月に、入院外の診療を受けた者のうち受診日数が2日以下だったのは、協会では78.3%、組合健保では78.6%、国民健康保険では74.3%ですが、後期高齢者医療では59.2%です。
後期高齢者医療では、入院外の診療を受けた者のうち4割以上の者が一カ月に3日以上の診療を受けているということです。
平成24 年度の一年間に、入院の診療を受けた者のうち受診月数が2月以下だったのは、協会では87.7%、組合健保では90.2%、国民健康保険は75.9%、後期高齢者医療は62.1%となっています。
また、受診月数が10 月以上だったのは、協会では0.9%、組合健保では0.5%と1%未満であるのに対し、国民健康保険は4.8%、後期高齢者医療は5.9%と高くなっています。
平成24 年度の一年間に、入院外の診療を受けた者のうち受診月数が2月以下だったのは、協会と組合健保では34.7%、国民健康保険では28.8%であるのに対し、後期高齢者医療は7.0%と少数です。
後期高齢者医療では、入院外の診療を受けた者のうち5割弱の者が毎月診療を受けています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

我が母は、きょう久々に通院した。
もう長いこと行ってなくて、薬をもらいに行かねば、というので、送っていく。
さいごにいったのは、診察帰りにお向かいの美容室で髪を染めてもらった日だから、このブログにメモしている、たしか。
日付をみると、えーと、

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-d0b8.html

三月二十日!

そのあいだに新年度に切り替わった保険証が八女市から届いたのだけど、それをどこへ仕舞ったか、母は忘れてしまって、かなり探し回ってたが、ついにわからなかった模様。こういうことがだんだんと増えてきました。でも、わたしは見て見ぬふりをしている。

夕方の政治番組を見ていたら、ひさしぶりに竹中へいぞうさんが出ていらした。
おお、なつかし~。

竹中へいぞう。竹中はんぺーた。竹中はんべー。

このなかで、軍師はだ~れだ。(はんべー。)
名前がまちがっているのはだ~れだ。(はんぺーた。かれは、武市はんぺーた)

いや、そういうことじゃなく。

大借金地獄の日本の財政。
かれは、こんな主張を述べていた。

こども、もう40年も前からいまのように少なるなることはわかっていた。
これからも少子化は続く。高齢社会はどんどんすすむ。
ではどうやって支出を減らすか。
減らないことはわかっている。

社会保障費、とりわけ、医療費がすごくかさむようになる。
社会保障費というのは、税金の一部なのだから、とりっぱぐれがあったらいけない。
もっとしっかりちゃんと徴収してほしい。
そのため歳入庁を設置し、こわもて顔の取立て人を擁し、じゃんじゃん取り立てて欲しい。

(こわもて顔以下の文章は、かささぎが恣意的に作成したイメージです。すんません)

でも確かに「歳入庁を設置せよ」とへいぞうさんはおっしゃっていた。
とりたて庁と歳入庁では、歳入庁のほうが圧倒的に聞こえがいい。
こういう言葉のセンス、いいっすね、経済学者は。

それにしてもさ。税金をあげても(消費税よ)、そのうちの1パーセントしか社会保障費には回らないんだって。さらにそのうちの零点数%しか若者には回らない。
あとの残りは全部、これまでのツケ払いにきえるんだって。とほ~!

アメリカの歳入庁:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%86%85%E5%9B%BD%E6%AD%B3%E5%85%A5%E5%BA%81

« みどり | トップページ | 親鸞聖人と法本房行空上人   四の上 »

コメント

かささぎは、このアメリカの歳入庁の記事を読んで、こないだ見た映画、プリンセス・豊臣を思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« みどり | トップページ | 親鸞聖人と法本房行空上人   四の上 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31