無料ブログはココログ

« うかうかと一ツ目神社に迷ひこむ | トップページ | 医療給付の実態(1) (2)全保険制度下でのおおまかな数字を把握しよう »

2014年5月 4日 (日)

K氏の書架

K氏の書架
K氏の書架
K氏の書架

« うかうかと一ツ目神社に迷ひこむ | トップページ | 医療給付の実態(1) (2)全保険制度下でのおおまかな数字を把握しよう »

コメント

あたしがキリスト教がすきなのは、人が死んでも、肉体に固執しないところです。仏壇もないので、(笑。あったりきよ!)しんきくさくないし、めんどうもない。故人をおもうときがこころでおまつりするときというかな。それはそれでとってもすがしい。うそがない。
まわりにあんまりいないので、親戚のうちのここに行った時は、すべてが珍しくて、キョロキョロします。ついに写真にもおさめてしまった。
一冊写した本の作者をググったら、現役のお医者さんだった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K氏の書架:

« うかうかと一ツ目神社に迷ひこむ | トップページ | 医療給付の実態(1) (2)全保険制度下でのおおまかな数字を把握しよう »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31