無料ブログはココログ

« 増税で死んでいる | トップページ | 「篁に一水まぎる秋燕」    角川源義 »

2014年4月 6日 (日)

四谷シモンの細き足

青嵐四谷シモンの細き足   川村蘭太

という句を大牟田の谷口慎也先生の連衆誌をめくっていてみつけた。
普川洋さんの五句選のひとつ。

よつやしもん?

俳優さんかな、だれだろう、きいたことあるような。

調べると、人形作家でした。
俳優さんでもあるふうで、句は二様に読めます。
四谷シモンの人形の足が細いのか、当人か。
そのどちらでもいいけれど、音と内容が合致してきれいな立ち姿の句。

  

かささぎの旗、本日は母と叔母二人を久留米の従姉宅まで送り、自分は隣組の花見に馳せ参じる。おみやでのおはなみ、非常に寒い上、風がつよく、だがまだ三分ほどの花が残っていた。

帰宅後、朝から取り掛かったままにしていた、批評文二つの打ち込みを長時間かけて続け、完成させる。

いざアップしようとすると。

Request-URI Too Large

The requested URL's length exceeds the capacity limit for this server.

これが出て、すべてが消失。
なすすべもなく、ぼうぜんとのこされるかささぎ。

六時間以上ログインしっぱなしにしていてはいけないのだと。
取り戻す方法はないとは、なんと無慈悲なことか。

転載したかったのは、
谷口愼也の高野ムツオ句集『萬の翅』評、連衆誌より
味元昭次の中村草田男の一句評、円錐誌より

この二つ、響き合っていた、テーマは異なるものながら。

何度となくこの失敗を重ねてきて、やっとその対処法をさぐる。
下書きはワードのメモ帳にする。
文章の分量よりむしろ時間が長くなりそうなときはこまめに保存するべし。
と助言が乗っていました。

« 増税で死んでいる | トップページ | 「篁に一水まぎる秋燕」    角川源義 »

コメント

ご無沙汰しています。
四谷シモンさんと言えば、1960年代後半に、唐十郎率いる状況劇場(紅テント)で役者として活動し、それをやめた1970年代初期からは人形作りを専業とするようになったみたいですね。というわけで、私が状況劇場の芝居を身始めた頃にはもうおらず、根津甚八が主役級として台頭し始めていました。四谷さんは女役をやることも多かったらしく、それが冒頭の句につながっているのかどうか?ちなみに大学時代に買ったLPレコードに、シモンさんの歌が1曲入っていたような記憶が…

ところで私ごとですが、信愛女学院での勤めが3月18日で終わったその日に、久留米学園という学校から急にお呼びがかかり、明日から(といっても実質的には来週から)週8時間のパート生活を続けることになりました。
引き続き、筑後人としてよろしく(^o^)

うひゃーろいりさん。
無事に奉職ご卒業おめでとうございます。
すぐに次の職場が見つかるとは、ご人徳。
>筑後人としてよろしく(^o^)
はい。ちくご原人ですね。
久留米学園。岩田屋近くの。
すぐ前の絣小町にいったことがあります。
四谷シモンを知らないが、唐十郎は知ってます。
たぶん、エメさんならよくご存知かもしれません。
ー教えてくださってありがとうございました。

ろいりさん、お元気で何よりです。
状況劇場を実際に見られたとはうらやましい限りです。天井桟敷と状況劇場はよく雑誌で話題でしたね。ろいりさんが劇場を経験された頃は小林薫氏は在でしたか?
四谷シモン氏の初期の人形、女の子の深いまなざしの目が印象的でした。
四谷氏は向田邦子さんの新春ドラマではよく拝見してました。 「あ・うん」では金鉱の怪しい話を森繁さんに持ってきて誘う役だったでしょうか。

すみません、訂正です。
あ・うんの怪しい仲間は竹中直人さんでした。
どの場面に出てらしたのか、また調べてみます。

えめさん、ありがと!

やれやれ今日はきつかった。
それというのも、昨夜二時近くまでかかって原稿を書いたから。どうもいくつになっても、計画性が0の行き当たりばったりのにんげんで、日曜に調子にのっていくつもの人様の文章を本からブログへ移動していたものだから、思った以上にくたびれてて、夜書かなければいけないものを前にしたとき、うっへえというかんじになりました。
携帯も家に忘れて出かけてた。
というわけで、きょうは残業をしないとマイボスがいうので、わたしも右へならえで定刻帰宅、広川のエーコープで広島風お好み焼きを実演販売してたのでそれを三枚かって帰った。たまにはいいよね。

四谷シモン、はいゆうさんなんですね。こんどから注意してみます。ったって、もうでていないのかもしれんけど。笑

今朝学長ブログを転載するとき、状況という言葉が見出しにあって、ん?ろいりさんやえめさんのコメントにも状況がでていなかったっけ。と思って、確かめようとしたけど、携帯わすれていってたので、。
よくよめば、状況劇場というのですね。固有名詞よね。へんななまえだ。

哲学とか思想とかは苦手なのですが、1960年代後半に吉本隆明がよく「情況」という言葉を使っていたようです。雑誌の題でもあったのかな?
平岡正明がそれに対して、情けいらずの状況論なんてことを言ってました。とにかく「情況」「状況」というのが、1960年代後半を考える1つのキーワードだったみたいですね。

エメさん、私が状況劇場を年に1回ぐらい見ていた頃は、それ以前、60年代後期に活躍した大久保鷹・不破万作、あるいは舞踏家となった麿赤児などに替わって根津甚八が新しい主役級になり、小林薫が脇役として目立ち始めた時代です。その後、大久保〜麿はそれぞれの活動をしながらテレビや映画の脇役として出演し、根津甚八や小林薫は、やはりテレビや映画の世界で主役級になりましたね。
私が高校生の頃には、唐十郎率いる状況劇場の役者たちと、寺山率いる天井桟敷の役者たちが大喧嘩をするという「事件」もありました。なんか、面白い時代ではあったようです。

ふうん。ありがと、これでざざっとなんとなくわかりました。てえげまんげ。

小林薫、よかやくしゃさんですね。
けさも、むすめにともだちの家の借金とりにいってこい。てぶらでけえるなよ。といってたな。笑
朝ドラですが。カーネーション。
赤毛のアンもみたいが、ちら見です
新番組でみたいのがあるのにふつうのテレビがうつらない。いいかげん修理をよべばいいのにそれをしない。BSばかりみてるとどうもお上品すぎて浮世離れしてきまさ。

70年前後は文化や芸術や音楽、演劇などが従来から変革しつつある大きな時代だったのですね。
高校生時代に読んだ雑誌には唐十郎、寺山修二、宇野亜喜良、横尾忠則さんたちの話題がたくさん載ってましたね。
福岡で横尾忠則展があった時、天井桟敷の当時のポスターを見ました。今でも印象に残ってます。

カーネーション、再放送だけどまたすっかりはまってます。なので、アンと連続で録画セット中です。
地デジ、写りませんか。五年保証は過ぎましたか?

あ・うん>四ツ谷氏は往診の医者役でした。

えっ、五年保証とな。
しらん。
リモコンであんたどこが具合わるいのか聞くと、アンテナみたいですねえ


カーネーション、一度もみてないが、おわりかけ、夏木マリに代わったときの世論がうわっと出てたので、びっくりしました。かえるな、という抗議でした。
昔、高校時代のころの左右の対立の中から色々生まれたのをみて来ましたね。
エメさんとロイリ先生は芸能の面で似ている。

お疲れ様です。
一年はメーカー保証ですが、有料で5年間保証とかつけます。
わが家のテレビと冷蔵庫はこれで救われました。
前回のTV、二年目で壊れてね、そのメーカーは二度と買いませんが・・

カーネーション、これはすばらしかったです。
私も尾野真千子さんで晩年を見たかったです。

今日は暑いですね。 水分補給をきがけてます。
連句と初夏の懇親会を計画しますか?

うん、ちょうどよかった。
あのな、乙四郎の嫁さんが来たんて。
茨城から。よかったねえ、人ごとに思えず、嬉しいです。
らんちゃんからさっき聞いたとこや。
なぜか浪速弁

ロイリ先生の就職祝いと竹橋乙四郎先生のお祝いと、ぼちぼち還暦祝もかねましょうか
てことより、連句巻きたいです

賛成です

5年保証って、Y電機ですか?パソコンの初期設定費用で数万円ぼったくるところですが。私はそれで、2年ぐらい前に買ったWindows7のモバイルパソコンも、最近買ったWindows8.1のノートパソコンも自力で初期設定したけど、後者でも1日あればなんとかできました。今日はまた1日かけてXPのデータやソフトウェアを8.1にお引越し、これは流石に疲れました(´・_・`)

パソコンだけです、五年保証つけてるの。
テレビ、これまで映らなくなったことはないのですが。。
デジタルは、くせものである。

わいでんきじやなく、びーでんきかもです。
ほかにアリオンてのが最近でてきましたね。

おはようございます。
ひさしぶりにきました。

電器販売店の再編とシェアはめまぐるしく変化していますね。
かささぎさんはエディオンをアリオンと書いてますけど、エイデンがエディオンになったのであって、アリオンはトヨタの車です。
あるいは安彦良和の漫画だわ。「リュウ」に連載されたそうな。☟

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四谷シモンの細き足:

« 増税で死んでいる | トップページ | 「篁に一水まぎる秋燕」    角川源義 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31