無料ブログはココログ

« 広川風景 | トップページ | 古賀邸にて昼メシ »

2014年4月18日 (金)

高齢化の現状   最新の統計から

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 4 月 18 日 高齢化の現状

Share on Facebook


平成25年10月1日現在の人口統計が公表されました。
都道府県別には、65歳以上人口比率が高い順に次の通りです。

31%台:秋田(31.5%)、高知
30%台:島根、山口
29%台:和歌山、徳島、山形
28%台:愛媛、岩手、富山、大分、長野、鳥取、香川、新潟
27%台:青森、長崎、鹿児島、宮崎、熊本、岡山、北海道
26%台:福島、福井、奈良、山梨、岐阜、三重、広島、佐賀、石川
25%台:静岡、京都、群馬、兵庫
24%台:茨城、大阪、千葉、栃木、福岡
23%台:宮城、埼玉
22%台:滋賀、神奈川、愛知
21%以下:東京(21.9%)、沖縄(18.4%)

九州各県は、福岡(24.2%)以外は27%台前後です。
認知症発症が倍加する75歳以上人口については次の通りです。
17%台:秋田(17.8%)、島根
16%台:高知、山形
15%台:岩手、徳島、鹿児島、山口、鳥取、大分、愛媛、和歌山、新潟、長崎、長野、熊本、宮崎
14%台:福島、青森、香川、富山、福井、佐賀
13%台:岡山、山梨、北海道、三重、広島
12%台:岐阜、石川、群馬、静岡、奈良、京都、宮城、兵庫
11%台:福岡、茨城、栃木、大阪
10%台:滋賀、千葉、東京、神奈川、愛知
9%台:沖縄(9.7%)、埼玉(9.7%)

九州各県は、福岡(11.9%)、佐賀(14.2%)以外は15%台です。
福岡県は1人当たり後期高齢者医療費が全国一高いのですが、高齢者人口比率はむしろ低いほうです。
高齢化を医療費が高いことの言い訳にすることはできません。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼猿橋賞に大分大学の一二三教授

自然科学分野で優れた業績を上げた女性研究者に贈られる第34回猿橋賞の受賞者に、大分大全学研究推進機構の一二三恵美(ひふみ・えみ)教授(50)が選ばれた。一般財団法人「女性科学者に明るい未来をの会」(米沢富美子会長)が17日、発表した。

 受賞テーマは「機能性たんぱく質『スーパー抗体酵素』に関する研究」。標的のたんぱく質を狙い撃ちして破壊でき、インフルエンザなどの感染症治療薬や抗がん剤への応用が期待されているスーパー抗体酵素を発見したことが評価された。

 一二三さんは山口県出身。1986年、山口大医療技術短大卒業。宇部興産中央研究所研究員、県立広島大助教授などを経て、2010年から現職。(毎日新聞ニュース)

西日本新聞報道ではちょっと違っていたな。

さるはししょう、ってなんなん?

ここでよめます。:http://www.saruhashi.net/alist.html

« 広川風景 | トップページ | 古賀邸にて昼メシ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化の現状   最新の統計から:

« 広川風景 | トップページ | 古賀邸にて昼メシ »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31