無料ブログはココログ

« 龍の谷から~水月さんのお便りの5  羅切は本当かをとことん追う | トップページ | 広川の龍穴 »

2014年4月16日 (水)

21世紀成年者縦断調査(1)  独身者の結婚意欲

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 4 月 16 日 21世紀成年者縦断調査(1)

Share on Facebook


平成14年10月末時点で20~34歳であった全国の男女(及びその配偶者)を対象として毎年継続的に行われている調査があり、すでに11回目の調査結果が公表されています。
調査日は毎年11月の第一水曜日です。
第11回調査における対象者の年齢は30~44歳です。
第1回調査時点の対象者の配偶者で年齢が19歳以下または35歳以上であった者も継続調査されています。

第8回までは調査員による調査、第9回以降は郵送による調査ですが、毎回の回収率は80%以上です。
調査客体数は回ごとに1割強の脱落があり、第11回調査時点での集計客体数は、男性票が3928、女性票が4920、配偶者票(男性用)が1273、配偶者票(女性用)が638で、計10759でした。
第11回調査の結果の概要は次の通りです。
<独身者の結婚意欲>
第1回調査時点で20代独身であった者の結婚意欲別に、この10年間に結婚した割合を性別にみると、男女ともに第1回調査時に「結婚意欲あり」と回答した者は、「結婚意欲なし」と回答した者に比べ、結婚した割合が高くなっています。
「結婚意欲あり」で結婚した者は、男53.9%、女62.8%であったのに対し、「結婚意欲なし」で結婚した者は、男20.0%、女33.1%でした。
第1回調査時点で20代独身であった女性の結婚後の就業継続意欲別に、この10年間に結婚し、結婚前に仕事をしていた女性について、結婚前後の同一就業継続の状況をみると、「結婚した後も続ける」と回答した者の結婚前後の就業継続の割合が高くなっています。
結婚前後に同一就業継続している者の割合は、「結婚した後も続ける」と回答していた者は66.0%、「結婚を機にやめる」と回答していた者は43.3%でした。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

きょう、丹波の僧侶、水月師は大学(おそらく母校の龍谷大学と思われる)にいって、古い本を調べられるという。

わたしは気になっている、黒木物語のなかで見かけた漢字で、

いんいつの文字。漢字変換できませんでしたが、水月さんはなさっていましたね。

中日辞書サイトから引かれたのかな。まだ試していないのでなんともいえないが。

あれはどういう意味のことばで、どういうことを伝えたかったのだろう。

まつよいのこじじゅうとくろきすけよしの請願により、行空上人こたえて、いわく。

ってところです。

これをここにかいたのはね。

あいかわらず、多いのですよ。

幻の命へのアクセスが。

声にならないわかものたちの声をたしかにきいたから。

くるしい。

« 龍の谷から~水月さんのお便りの5  羅切は本当かをとことん追う | トップページ | 広川の龍穴 »

コメント

(前略)小侍従一子を生むに牛(うし)たり。哀(かなしみ)殺して葬る。媱逸(いんいつ)の難縷陳(るちん)して済度(さいど)を願ふ。上人応請(おうしょう)して、宿世の因縁輪廻し現世の業報(ごうほう、極善極悪ハ中有ナキ理由)遁れ難きを説示(ときしめ)す。大蔵太夫並に侍従等大に懺悔し厚く帰依す。此(ここ)に於て業障消滅家運長久の為、資財を擲(なげう)ち上人に依願して、高野山に講坊を建立し、次いで十二坊を建てて諸(もろもろ)の修業者を供養し聴講に資するを、待宵の十二坊と云。(後略)

ここに書いておりました。わたしがうちこんでたんだ。わすれていたとは。とほほ

小侍従一子を生むに牛(うし)たり。哀(かなしみ)殺して葬る。媱逸(いんいつ)の難縷陳(るちん)して済度(さいど)を願ふ。上人応請(おうしょう)して、宿世の因縁輪廻し現世の業報(ごうほう、極善極悪ハ中有ナキ理由)遁れ難きを説示(ときしめ)す

この部分、何度読んでも、かなしいし、どうしようもなく救いがない。あきらめるしかないのか。因縁だと、りんねだと、あきらめるほかないのか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀成年者縦断調査(1)  独身者の結婚意欲:

« 龍の谷から~水月さんのお便りの5  羅切は本当かをとことん追う | トップページ | 広川の龍穴 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31