無料ブログはココログ

« 歯、折れそう | トップページ | 歯科衛生士法改正~男性の歯科衛生士も本則に含まれる »

2014年3月13日 (木)

平成26年度診療報酬改定の動向(157) 及び保健師助産師看護師法改正

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 3 月 12 日 平成26年度診療報酬改定の動向(157)

Share on Facebook


医療経営関係者には馴染みのところですが、株式会社日医工医業経営研究所(日医工MPI)という組織があります。
日医工MPI行政情報( http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ ) というサイトで、診療報酬改定時に限らず、最新の行政情報解説を頻繁に公開されておられますので、私を含め、多くの関係者が恩恵を得ております。
このたび、『2014年度診療報酬改定「医科」』という219ページもの資料が公開されました。
官報告示で提示された通知等の情報も加えられた資料で、「経過措置」が一覧できるなど、現時点において入手できる、最も優れた資料であると思います。
診療報酬改定情報を求めて拙ブログを訪問いただいた方々に、絶対お勧めのサイトです。
厚生労働省が発表する膨大な資料を整理して解説を加えることが並大抵のことではないことは、ブログ記事で小出しに解説を試みているだけの私の経験上からも想像できます。
日医工MPI様には、貴重な情報、労力の結晶を、惜しげもなく公開いただいておりますこと、この場にて、厚く御礼申し上げます。

2014 年 3 月 12 日 保健師助産師看護師法改正
Share on Facebook


「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」で一括審議される法律のひとつに保健師助産師看護師法があります。
この法改正により、研修を受けた看護師は、従来、許されていなかったことを「特定行為」として行うことができるようになります。
平成27年10月1日施行です。

~~~~~~~~~~~~
第三十七条の二 特定行為を手順書により行う看護師は、指定研修機関において、当該特定行為の特定行為区分に係る特定行為研修を受けなければならない。
2 この条、次条及び第四十二条の四において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 特定行為 診療の補助であつて、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされるものとして厚生労働省令で定めるものをいう。
二 手順書 医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるためにその指示として厚生労働省令で定めるところにより作成する文書又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)であつて、看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲及び診療の補助の内容その他の厚生労働省令で定める事項が定められているものをいう。
三 特定行為区分 特定行為の区分であつて、厚生労働省令で定めるものをいう。
四 特定行為研修 看護師が手順書により特定行為を行う場合に特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修であつて、特定行為区分ごとに厚生労働省令で定める基準に適合するものをいう。
五 指定研修機関 一又は二以上の特定行為区分に係る特定行為研修を行う学校、病院その他の者であつて、厚生労働大臣が指定するものをいう。
3 厚生労働大臣は、前項第一号及び第四号の厚生労働省令を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
第三十七条の三 前条第二項第五号の規定による指定(以下この条及び次条において単に「指定」という。)は、特定行為研修を行おうとする者の申請により行う。
2 厚生労働大臣は、前項の申請が、特定行為研修の業務を適正かつ確実に実施するために必要なものとして厚生労働省令で定める基準に適合していると認めるときでなければ、指定をしてはならない。
3 厚生労働大臣は、指定研修機関が前項の厚生労働省令で定める基準に適合しなくなつたと認めるとき、その他の厚生労働省令で定める場合に該当するときは、指定を取り消すことができる。
4 厚生労働大臣は、指定又は前項の規定による指定の取消しをしようとするときは、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
第三十七条の四 前二条に規定するもののほか、指定に関して必要な事項は、厚生労働省令で定める。
第四十二条の四 厚生労働大臣は、特定行為研修の業務の適正な実施を確保するため必要があると認めるときは、指定研修機関に対し、その業務の状況に関し報告させ、又は当該職員に、指定研修機関に立ち入り、帳簿書類その他の物件を検査させることができる。
2 前項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、かつ、関係人にこれを提示しなければならない。
3 第一項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼鵲日誌

三月になり、仕事は緩やかなペースに戻った。
毎日のロット分がその日の定刻におわる。素晴らしい。
それどころか、時間が余る。さすがのかささぎも捗るようになったので。
はじめてきもちに余裕ができ、目が外へ向きました。
つまり、月に何台のスチコンを私は梱包しているか、ラインの掲示板に張り出してある予定表をみて、計算してみた。
驚くなかれ、約百八十台。
大小とりまぜての総数です。
日によって大型四台ということもあるが、その日は一日だけで一千万以上の仕事をしたことになるんだなあ。
無心にやっているけど、こういう見方もあったんだよ。
最近はミスっていないし、わたしはわたしを見直した。
きっちりと仕事ができると、最高にきもちいいです。

やっと今日、文字に色がもどりました。
インターネットエクスプローラーの11と、互換性のあるものとの兼ね合いがうまくいかなかったようだ。(きのうやっとしらべ、わかりました)。

ココログスタッフさんありがとう。なおりました。

« 歯、折れそう | トップページ | 歯科衛生士法改正~男性の歯科衛生士も本則に含まれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 歯、折れそう | トップページ | 歯科衛生士法改正~男性の歯科衛生士も本則に含まれる »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31