無料ブログはココログ

« 「銀の匙」、実写化されたんだね。みたいなあ。 | トップページ | 第6次医療法改正(8) 26年度施行分と27年度施行分の二段階改訂 »

2014年3月 2日 (日)

第6次医療法改正(7)                新設の医療事故調査・支援センター

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 3 月 2 日 第6次医療法改正(7)

Share on Facebook


第六条の十に言及の「医療事故調査・支援センター」は、次の第二節に規定されています。
平成27年度施行です。
~~~~~~~~~~~~
第二節医療事故調査・支援センター(新設)
第六条の十五 厚生労働大臣は、医療事故調査を行うこと及び医療事故が発生した病院等の管理者が行う医療事故調査への支援を行うことにより医療の安全の確保に資することを目的とする一般社団法人又は一般財団法人であつて、次条に規定する業務を適切かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、医療事故調査・支援センターとして指定することができる。
2 厚生労働大臣は、前項の規定による指定をしたときは、当該医療事故調査・支援センターの名称、住所及び事務所の所在地を公示しなければならない。
3 医療事故調査・支援センターは、その名称、住所又は事務所の所在地を変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を厚生労働大臣に届け出なければならない。
4 厚生労働大臣は、前項の規定による届出があつたときは、当該届出に係る事項を公示しなければならない。
第六条の十六 医療事故調査・支援センターは、次に掲げる業務を行うものとする。
一 第六条の十一第四項の規定による報告により収集した情報の整理及び分析を行うこと。
二 第六条の十一第四項の規定による報告をした病院等の管理者に対し、前号の情報の整理及び分析の結果の報告を行うこと。
三 次条第一項の調査を行うとともに、その結果を同項の管理者及び遺族に報告すること。
四 医療事故調査に従事する者に対し医療事故調査に係る知識及び技能に関する研修を行うこと。
五 医療事故調査の実施に関する相談に応じ、必要な情報の提供及び支援を行うこと。
六 医療事故の再発の防止に関する普及啓発を行うこと。
七 前各号に掲げるもののほか、医療の安全の確保を図るために必要な業務を行うこと。
第六条の十七 医療事故調査・支援センターは、医療事故が発生した病院等の管理者又は遺族から、当該医療事故について調査の依頼があつたときは、必要な調査を行うことができる。
2 医療事故調査・支援センターは、前項の調査について必要があると認めるときは、同項の管理者に対し、文書若しくは口頭による説明を求め、又は資料の提出その他必要な協力を求めることができる。
3 第一項の管理者は、医療事故調査・支援センターから前項の規定による求めがあつたときは、これを拒んではならない。4 医療事故調査・支援センターは、第一項の管理者が第二項の規定による求めを拒んだときは、その旨を公表することができる。
5 医療事故調査・支援センターは、第一項の調査を終了したときは、その調査の結果を同項の管理者及び遺族に報告しなければならない。
第六条の十八 医療事故調査・支援センターは、第六条の十六各号に掲げる業務(以下「調査等業務」という。)を行うときは、その開始前に、調査等業務の実施方法に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項について調査等業務に関する規程(次項及び第六条の二十六第一項第三号において「業務規程」という。)を定め、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
2 厚生労働大臣は、前項の認可をした業務規程が調査等業務の適正かつ確実な実施上不適当となつたと認めるときは、当該業務規程を変更すべきことを命ずることができる。
第六条の十九 医療事故調査・支援センターは、毎事業年度、厚生労働省令で定めるところにより、調査等業務に関し事業計画書及び収支予算書を作成し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
2 医療事故調査・支援センターは、厚生労働省令で定めるところにより、毎事業年度終了後、調査等業務に関し事業報告書及び収支決算書を作成し、厚生労働大臣に提出しなければならない。
第六条の二十 医療事故調査・支援センターは、厚生労働大臣の許可を受けなければ、調査等業務の全部又は一部を休止し、又は廃止してはならない。
第六条の二十一 医療事故調査・支援センターの役員若しくは職員又はこれらの者であつた者は、正当な理由がなく、調査等業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。
第六条の二十二 医療事故調査・支援センターは、調査等業務の一部を医療事故調査等支援団体に委託することができる。
2 前項の規定による委託を受けた医療事故調査等支援団体の役員若しくは職員又はこれらの者であつた者は、正当な理由がなく、当該委託に係る業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。
第六条の二十三 医療事故調査・支援センターは、厚生労働省令で定めるところにより、帳簿を備え、調査等業務に関し厚生労働省令で定める事項を記載し、これを保存しなければならない。
第六条の二十四 厚生労働大臣は、調査等業務の適正な運営を確保するために必要があると認めるときは、医療事故調査・支援センターに対し、調査等業務若しくは資産の状況に関し必要な報告を命じ、又は当該職員に、医療事故調査・支援センターの事務所に立ち入り、調査等業務の状況若しくは帳簿書類その他の物件を検査させることができる。
2 前項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、かつ、関係人にこれを提示しなければならない。
3 第一項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。第六条の二十五 厚生労働大臣は、この節の規定を施行するために必要な限度において、医療事故調査・支援センターに対し、調査等業務に関し監督上必要な命令をすることができる。
第六条の二十六 厚生労働大臣は、医療事故調査・支援センターが次の各号のいずれかに該当するときは、第六条の十五第一項の規定による指定(以下この条において「指定」という。)を取り消すことができる。
一 調査等業務を適正かつ確実に実施することができないと認められるとき。
二 指定に関し不正の行為があつたとき。
三 この節の規定若しくは当該規定に基づく命令若しくは処分に違反したとき、又は第六条の十八第一項の認可を受けた業務規程によらないで調査等業務を行つたとき。
2 厚生労働大臣は、前項の規定により指定を取り消したときは、その旨を公示しなければならない。
第六条の二十七 この節に規定するもののほか、医療事故調査・支援センターに関し必要な事項は、厚生労働省令で定める。
~~~~~~~~~~~~

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎの一人ごと

では、これまでは医療事故が起きた場合、どこが調査していたのですか。

けいさつ。とおもふが。

ちょいとみてみよう。

おお。ここ。沈着冷静に。

http://www.ijiken.org/qa.html


訴訟から決着までどのくらいの時間がかかりますか?

 医療事故訴訟は、その特殊な性質上、決着までに時間がかかるケースが多いです。裁判所では、争点の整理に1年、鑑定などで10ヵ月、判決作成までに2カ月で、計2年間を審理期間の目標としています。しかし、実際には早い段階で和解に持ち込めるケースもありますが、数年間はかかっているのが現状です。
                                       2001年度の平均審理時間をみても、以前より短縮化されたとはいえ3年近くかかっています。
                                     一審判決で決着せず、控訴されるようなことにでもなれば、かなりの長期裁判になるのが実情です。


医療訴訟の勝訴率は?

 かつては勝訴率の低さで知られていた医療訴訟ですが、最近では35パーセントを越えるくらいになりました。ふつうの民事裁判の原告勝訴の割合が80~85パーセントといわれるなかでは、まだまだ低い数字です。医療事故訴訟を担う弁護士は、医療の専門性、病院の閉鎖性とも戦わなければならないため、医療被害の正当な立証はtたいへん難しいといわざるを得ません。
 しかし、医療事故訴訟は困難で、訴訟に勝てないということではありません。裁判所が最終判断をする基準は、原告側の主張・立証を経て、あくまで、法律家の健全な常識に基づいてなされるべきものだからです。

※勝訴率は最終的に判決で勝訴したものです。判決に至る前に、「和解」したものは含まれていません。

(すみません丸ごと引用いたしました、札幌医療事故研究会さま)

一回しか見なかったけど、「男たちの旅路」を見ていたら、警察沙汰にする前になんとかわたしどもで穏便に済ませられませんかね。
と話をもちかける警備士役を鶴田浩二がしておりました。

まあ、立場は異なれど、そういうものか。
より専門性が高くなりますね。

ところで最近のドラマに、司法解剖官ものが増えてきた。
どうやったらなれるの?これもまた医学部かな?

時間があるときにしらべましょう。けふは法事。

« 「銀の匙」、実写化されたんだね。みたいなあ。 | トップページ | 第6次医療法改正(8) 26年度施行分と27年度施行分の二段階改訂 »

コメント

I comment each time I like a post on a site or I have something to add to the discussion. It's caused by the fire displayed in the article I read. And on this post. I was actually moved enough to leave a comment :) I do have 2 questions for you if you usually do not mind. Could it be simply me or does it look like some of these responses look as if they are written by brain dead folks? :-P And, if you are posting on other online social sites, I'd like to follow anything fresh you have to post. Would you make a list the complete urls of your community sites like your Facebook page, twitter feed, or linkedin profile?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「銀の匙」、実写化されたんだね。みたいなあ。 | トップページ | 第6次医療法改正(8) 26年度施行分と27年度施行分の二段階改訂 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31