無料ブログはココログ

« バレンタイン、ありがとう。 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(143) (144) 新たに設けられる「地域包括ケア病棟」 »

2014年2月14日 (金)

平成26年度診療報酬改定の動向(142)経過措置半年のハイケアユニット


平成26年度診療報酬改定の動向(142)

ハイケアユニット入院医療管理料は、従前は4511点でしたが、施設基準(看護配置常時4対1で、重症者等について、A項目3点以上またはB項目7点以上である患者が8割以上であること)を厳格(看護配置常時4対1で、ハイケアユニット用の重症度、医療・看護必要度について、A項目3点以上かつB項目7点以上である患者が8割以上であること)にして6511点(2000点の引き上げ)にしたハイケアユニット入院医療管理料1と、緩和(看護配置常時5対1で、ハイケアユニット用の重症度、医療・看護必要度について、A項目3点以上かつB項目7点以上である患者が6割以上であること)して4011点(500点の引き下げ)にしたハイケアユニット入院医療管理料2とに分離されています。
経過措置は半年間です。
短期滞在手術等基本料3については、包括範囲を全診療行為とし、該当する手術、検査を入院5日目までに実施する患者については、他に手術を実施した患者を除き、手術、検査ごとに設定する短期滞在手術等基本料を算定することとされています。
入院日6目以降は通常通りの診療報酬の算定です。
また、短期滞在手術等基本料3のみを算定した患者については、平均在院日数の計算対象から除かれます。
6日以降も入院している場合は、入院日から起算して平均在院日数の計算対象に含められます。
総合入院体制加算については、第三次救急医療を行い、精神科救急にも対応し、急性期医療に特化した医療機関について、総合入院体制加算1として240点(従前の倍)の評価が新設されています。
新生児特定集中治療室管理料2については、出生体重2500g未満の新規入院患者が1年間に30名以上であることという実績要件が施設基準に加わり、(1日につき)8011 点(2000点の引き上げ)という大幅な引き上げがなされています。
小児特定集中治療室管理料についても、点数は据え置きですが、施設基準に実績要件(当該治療室に入院する患者のうち、転院日に救急搬送診療料を算定した患者を年間50名以上(うち、入室24時間以内に人工呼吸を実施した患者が30名以上)受け入れていること)が加わっています。
Posted by  on 2014 年 2 月 14 日.Categories: 診療報酬改定
かささぎ日誌 色はすごく大事ね。マーキング出来ないのが辛い。iPhoneからの投稿は、限定されてます。今日は昨日仕上げた東京ビッグサイトホテレス調理器具展示ショーhttp://www.jma.or.jp/hcj/jp/visit/index.htmlのためのスチコンを出荷し、小型を八台やり、その後、エクセレントを四台、途中まで。高級になればなるほど、作業が細かくなります。押したり、詰めたり、手でダメなら膝で押したり、いろいろあらゆるちからを試します。ピタッとちからの位置、分量が、スチコンの要求額と一致したとき、初めてきっちりとした仕事になり、きれいな形ができます。ものは雄弁です。診療報酬改定の作業も、細かくて、ものすごい複雑なちからの要る空中ピラミッドですね。というより、蜘蛛の糸、網。昨日今日、アクセス多し。産休。

« バレンタイン、ありがとう。 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(143) (144) 新たに設けられる「地域包括ケア病棟」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バレンタイン、ありがとう。 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(143) (144) 新たに設けられる「地域包括ケア病棟」 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31