無料ブログはココログ

« 強い霜 | トップページ | 火の気も色気もないがそこそこ愉しい職場 »

2014年1月23日 (木)

平成26年度診療報酬改定の動向(124)   医療従事者の負担を軽減する

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 1 月 23 日 平成26年度診療報酬改定の動向(124)

Share on Facebook


~~~Ⅲ 医療従事者の負担を軽減する視点~~~
Ⅲ 医療従事者の負担を軽減する視点
(1) 手術や一部の処置における休日・時間外・深夜加算について、勤務医の負担が大きいことを踏まえて、交代勤務制の実施又は休日等の手術や処置に係る手当の支給等を行っている場合について評価を充実させる。また、内視鏡検査について、休日・時間外・深夜加算を新設する等の見直しを行う。
(2) 看護補助者の雇用や役割分担により、看護職員の負担軽減を促進し、医療の質の向上を図るため、特に人員が手薄になる夜間における看護補助者の評価を充実する。
(3) 夜勤における看護職員の負担を軽減する観点から、「夜勤を行う看護職員の1 人当たりの月平均夜勤時間が72 時間以下である」という入院基本料の通則は現行どおりとする。ただし、当該要件のみが満たされない場合の評価について、一般病棟7 対1、10 対1 入院基本料における取扱いを踏まえて検討を行う。
(4) 医師事務作業補助者の勤務場所等に一定の制限を設けた上で、医師事務作業補助者との適切な業務分担による勤務医負担軽減の更なる評価を行う。
(5) 精神疾患を有する患者や急性薬毒物中毒患者について、搬送先医療機関の決定に時間がかかることを踏まえて、受入を促進するための見直しを行う。(Ⅰ-4(1)③ 再掲)
Ⅲ-2 チーム医療の推進について
(1) 療養病棟又は精神病棟において、薬剤師が4 週間以降も継続して病棟薬剤業務をしていることを踏まえて、病棟薬剤業務実施加算の療養病棟・精神病棟における評価を充実する。
(2) 在宅における褥瘡対策を推進するため、多職種から構成される褥瘡対策チームによる褥瘡患者へのケアについて評価を行う。(重1-3(9) 再掲)
(3) 急性期の精神疾患患者に対するチーム医療を推進し、早期退院を促すため、統合失調症及び気分障害の患者に対して、計画に基づいて医療を提供した場合の評価を新設する。(I-2(1)② 再掲)
(4) 長期入院後や入退院を繰り返す病状が不安定な患者の地域移行を推進する観点から、24 時間体制の多職種チームによる在宅医療について評価を新設する。(I-2(2)① 再掲)
(5) 急性期病棟に入院している患者について、ADL の低下が一部にみられることから、病棟におけるリハビリテーションスタッフの配置等についての評価を新設する。(I-5(1)① 再掲)
(6) 在宅歯科医療を推進する上で、歯科医療機関と医科医療機関との連携が重要であることから、在支診又は在支病の医師の訪問診療に基づく、訪問歯科診療が必要な患者に対する在宅療養支援歯科診療所への情報提供を評価する。(重1-3(13)再掲)
(7) 周術期における口腔機能管理を推進する上で、歯科医療機関と医科医療機関との連携が重要であることから、周術期における口腔機能管理が必要な患者に対して、歯科を標榜していない医科医療機関から歯科医療機関への情報提供を評価するとともに、歯科医師による周術期の口腔機能管理後に手術を実施した場合の手術料を評価する等、周術期口腔機能管理の充実を図る。(重1-4(6)再掲)
(8) 在宅薬剤管理指導業務を推進する観点から、以下の対応を行う。
① 相応の体制整備が必要となることから、在宅業務に十分に対応している薬局の評価を行う。また、地域の薬局との連携を図りつつ、当該薬局自らの対応を原則とし、24 時間調剤及び在宅業務を提供できる体制等を考慮して、基準調剤加算の算定要件を見直す。(重1-3(15)① 再掲)
② 質の高い在宅医療を提供していく観点から、同一建物において同一日に複数の患者に対して在宅薬剤管理指導業務を行った場合等について、在宅患者訪問薬剤管理指導の適正化を行う。(重1-3(15)② 再掲)
(9) 在宅医療における注射薬や特定保険医療材料の供給を推進する観点から、以下の対応を行う。
① 医療機関の指示に基づき薬局が、必要な注射薬や特定保険医療材料を患者宅等に提供することを推進する。(重1-3(16)① 再掲)
② 無菌調剤室を共同利用する場合に無菌製剤処理加算を算定可能とするとともに、当該加算の評価対象に麻薬を追加し、また、乳幼児に対する当該加算の評価を充実する。(重1-3(16)② 再掲)

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

九州俳句誌には大変お世話になっており、感謝しております。
もっと俳句を紹介せねば。

編集部の堀川さん、夢野さん。
堀川さんにこないだ、すごい迷惑をおかけして、面目次第もございませんでした。
おかげで、日頃自分がどんなにゆるいか、自覚できた。
夢野さん。同い年でことし、年女です、親の介護、。
体力きりょくとも、ずるずる落ちてまいります、
わたしのばあいは、速度ががたおちです。
それでも、いいんですね。
励まし合ってまいりましょう。

それにしても、同い年の学長ブログ、しぶといっす。
やすみなはらん。
こちら他人のふんどしですもうをとっておる身なので、気になります。

« 強い霜 | トップページ | 火の気も色気もないがそこそこ愉しい職場 »

コメント

2 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ):かささぎの旗
tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-3eed.html 546 487


これがかささぎの旗の人気ページ実質一位に出ます

根強いなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 強い霜 | トップページ | 火の気も色気もないがそこそこ愉しい職場 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31