無料ブログはココログ

« 神職の人たち | トップページ | 奥華子さんの色紙があった、かえるっ亭。 »

2014年1月27日 (月)

平成26年度診療報酬改定の動向(127) (128)  平成26年度予算案

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 1 月 27 日 平成26年度診療報酬改定の動向(128)

Share on Facebook


平成26年度予算案では、国民健康保険・後期高齢者医療の保険料の軽減判定所得の基準が見直され、保険料の軽減対象が約500万人拡大されます。
国民健康保険制度で約400万人(所要額(公費):約490億円)、後期高齢者医療制度で約110万人(所要額(公費):約130億円)です。
具体的には、国保の場合、次の通りです。
① 2割軽減の拡大 … 軽減対象となる所得基準額を引き上げる。
(現行) 基準額 33万円+35万円×被保険者数
※給与収入 約223万円、3人世帯
(改正後) 基準額 33万円+45万円×被保険者数
※給与収入 約266万円、3人世帯
② 5割軽減の拡大 … 現在、二人世帯以上が対象であるが、単身世帯についても対象とするとともに、軽減対象となる所得基準額を引き上げる。
(現行) 基準額 33万円+24.5万円×(被保険者数-世帯主)
※給与収入 約147万円、3人世帯
(改正後) 基準額 33万円+24.5万円×被保険者数
※給与収入 約178万円、3人世帯
このほか、保険料の軽減対象者数に応じた保険者への財政支援の拡充についても、今後実施される予定です。
保険料軽減措置が行われる一方、平成26年度予算案では、国保保険料賦課限度額が見直されます。
具体的には、後期高齢者支援金等分・介護納付金分が、それぞれ2万円ずつ引き上げられます。
国保の限度額(医療分)が2万円引き上げられることを踏まえ、後期高齢者医療の保険料賦課限度額も2万円引き上げられ、55万円が57万円となります。

2014 年 1 月 26 日 平成26年度診療報酬改定の動向(127)
Share on Facebook


20日に開催された医療保険部会では平成26年度予算案に関する説明がありました。
904億円の「基金」については、「医療・介護サービスの提供体制改革のための新たな財政支援制度」として、次の解説です。
○ 団塊の世代が後期高齢者となる2025年を展望すれば、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医師・看護師等の医療従事者の確保・勤務環境の改善、地域包括ケアシステムの構築、といった「医療・介護サービスの提供体制の改革」が急務の課題。
○ このため、医療法等の改正による制度面での対応に併せ、消費税増収分を財源として活用し、医療・介護サービスの提供体制改革を推進するための新たな財政支援制度を創設する。
○ 各都道府県に消費税増収分を財源として活用した基金をつくり、各都道府県が作成した整備計画に基づき事業実施。
◇ この仕組みについては、平成26年通常国会へ提出予定の医療・介護の法改正の中で、「地域における公的介護施設等の計画的な整備等の促進に関する法律」を改正し、法律上の根拠を設けることを検討。
◇ この制度はまず医療を対象として平成26年度より実施し、介護については平成27年度から実施。病床の機能分化・連携については、平成26年度は回復期病床への転換等現状でも必要なもののみ対象とし、平成27年度からの地域医療ビジョンの策定後に更なる拡充を検討。
地域にとって必要な事業に適切かつ公平に配分される仕組み(案)
①国は、法律に基づく基本方針を策定し、対象事業を明確化。
②都道府県は、整備計画を厚生労働省に提出。
③国・都道府県・市町村が基本方針・計画策定に当たって公平性、
透明性を確保するための協議の仕組みを設ける。
※国が策定する基本方針や交付要綱の中で、都道府県に対して官民に公平に配分することを求める旨を記載するなどの対応を行う予定。
新たな財政支援制度の対象事業(案)
1 病床の機能分化・連携のために必要な事業
(1)地域医療ビジョンの達成に向けた医療機関の施設・設備の整備を推進するための事業 等
2 在宅医療・介護サービスの充実のために必要な事業
(1)在宅医療(歯科・薬局を含む)を推進するための事業
(2)介護サービスの施設・設備の整備を推進するための事業 等
3 医療従事者等の確保・養成のための事業
(1)医師確保のための事業
(2)看護職員等の確保のための事業
(3)介護従事者の確保のための事業
(4)医療・介護従事者の勤務環境改善のための事業 等
■国と都道府県の負担割合は、2/3:1/3

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

« 神職の人たち | トップページ | 奥華子さんの色紙があった、かえるっ亭。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 神職の人たち | トップページ | 奥華子さんの色紙があった、かえるっ亭。 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31