無料ブログはココログ

« 平成26年度診療報酬改定の動向(116)訪問看護管理療養費、歯科への配分 | トップページ | Abita »

2014年1月13日 (月)

追悼歌仙  「花満てり」の巻

追悼歌仙
  「花満てり」  の巻
 
初春や君の座いまだ温かし      姫野恭子
  句会始の声の賑やか       青翠えめ
故郷は変はらぬ顔で我待ちて   澄 たから
  雑木林と餌(え)探す鳥と      山下整子
芒野のただ美しき十三夜       東妙寺らん
  栗万頭の形いびつに        八山呆夢
 
 
をりをりにわれからが鳴く昼の更け   整
  着替えはいつも脇に抱へて     夢
自分へも秘密にしてゐる恋なりき   たから
  俘虜を匿ふ梵天の民         恭
ヴィオロンのため息ひとつ石の坂   夢
  氷室の使ひ羽織袴で         らん
引潮の潟を照らせる月涼し       えめ
  女集まる四季の節節         らん
診断はすべり症との見立てにて     恭
  蓋を開ければ蛤の汁         夢
お接待御堂の縁に花を享く       たから
  ははこぐさから村に風音      中山宙虫
 
名残おもて
 
雪解けの水くだりゆくデンデラ野     整
  油売りらがあくびしてゐる        虫
寝て起きて走つて飛んでサバイバル らん
  煙草のけむりの漂ふところ      えめ
腰縄をほどいてまでも逢ひに行き   夢
 観衆の中の固き抱擁          整
地下鉄の霜夜七歩のさやうなら    虫
 里山の墓 寒風に立つ         たから
カフェ「らん」の深川窯の唐子皿     恭
 安納芋でつくる芋パイ          整
満月の猫はタンゴの足取りで      宙
 泡立草の波にのまれる         呆
名残うら
 
竹かごの隙間にかかる秋時雨    らん
 世界一なる酒を一献         たから
もういちどオリンピックがやつて来る  竹橋乙四郎
  プラネタリウムに癒されてをり   えめ
花満てり母はこの途しか知らず   沢 都
  春の色濃き板の間に居る     虫
時  平成26年1月11日土曜日
処  にひしろの森 古賀邸
連衆
沢 都

青翠えめ
澄 たから
竹橋乙四郎
東妙寺らん
中山宙虫
八山呆夢
山下整子
捌  姫野恭子
 

« 平成26年度診療報酬改定の動向(116)訪問看護管理療養費、歯科への配分 | トップページ | Abita »

コメント

里山の墓の句はたからさんなり

たからさん
すまぬ。
じつは、二度も長々と用語解説やあちこちからの引用、句の背景を書いて、アップしようとしたが、ながすぎるため受け付けない、と英語の画面が出ました。
で、残酷なんが、それっきりで、書いた苦労の長文はどうしても戻してくれないこと。何時間もかかって書いたのに!

おつかれさまです、臼杵バスハイクの件です。
3月16日(日)ツアーバスを申し込む前にチャーターバスに連絡したらその日が空いてましたのでこちらに申し込みました。
マイクロバス(10人乗り)なのでセットが自由です。料金はさほど差はないと思います。
乗車地は八女と広川の二か所にします。進行方向途中や足を延ばしたい場所があれば連絡ください。てんこもりプランを作りますので。
私も色々リサーチしたいと思います。

すみません、孫娘も参加したいとの事なのでいいでしょうか?

まとよちやん、どぞ!
えめさんが仕切人ですから、ご遠慮なく。
あの国東の古いペトログラフ、二王という字がよめる岩文字の、あそこも見たいが、時間がなかろう。

臼杵のにおざと何か繋がるのだろか

今ぐぐったら、いっぱいでてきました
前回みたときは少なかったのに

みやこさんがいれば、詳しく聞けたのに

臼杵>おおまかに浮かぶプランは石仏群、二王座周辺(ひなまつり)、小手川商店のランチ、お向かいの野上弥生子生家、稲葉家下屋敷、カニ醤油店、なごり雪のロケ地・上臼杵駅などでしょうか。
帰り道に竹田城址もいいですね。小国を通って滝のあるおすすめすぽっともあります。
国東方面へは遠いです 。宇佐方面で別に企画した方がいいでしょうか。
孫娘も>ありがとうございます。

「岡城址↑」です。

そりゃ、あなた方欲張り過ぎっちゅうもんよ。無謀だに。

石仏はじっくり見ようとしたら二時間はいるよ。けっこう広い。案内してくれる人がいるから頼んだ方がいい。二王座からカニ醤油とか野上記念館もひな祭りと合わせれば二時間くらいは。つまり歩かなくてはならないよ。買い物とかあるっしょ?岡城も歩かなくていけない。あまり歩かなくて良いのは豊後大野市の緒方町の原尻の滝。道の駅もあって便利。臼杵市内をじっくり見て楽しんで。帰りは原尻の滝がおすすめ。

歌仙誘ってくれてありがとう。

そらんさん、おつかれさまでした。
プラン>ありがとうございます(^_-)-☆

そらんさん、お礼をいうならぼんにいうてくれ。
そらんさんの挙句が、そのまんまみやこさん。
みやこさんのすがたがはっきりうかんだよ。
なみだでた。
花満てり、。おもいのふかい花です。

土地勘のある人の助言はありがたし。
そらんさんえめさん、ありがとうございます。
無理のないプランでお願いします。
まとよちゃんもいるしね。

ほんさん、誘ってくれてありがとう。迎えまでしてもらって感謝です。

いえいえ、お礼なんていいですよ。前回の大学の分に行けなかったから、今回はぜひ出席したかった。
学長とお会いできなかったのが残念でした。

なかなか全員そろいませんが、多すぎてもいけないようなことを前田先生がおっしゃっていましたから、これでいいのでしょう。

迎え>>道路工事のせいで、ずいぶん遠回りになりました。これにこりずに、又お出でください。

花充てり母はこの途しか知らず 春の色濃き板の間に居る

こうやって眺めると、見事な一首として鑑賞できる。
まさに都さんを彷彿とさせる一首に仕上がってますね。感動だわ。
捌き、お疲れさまでした。
障りなど全く考慮せず任せっきりで、本当に申し訳ない。
いつも、ありがとう。
とりあえず、満尾、おめでとう。

肝心な事を書き忘れてました。
3月16日、きっちり押さえました。
実家の母の誕生日が15日。
母が元気なら連れて行きたいところですが。
母、今日の午後から退院です。

せいちやん
おっかさんの退院お目出度う
気長にしにまっしょい、ち、言うとってつかあさい
母とおねどし、母は昭和五年の三月十八日です
もうしぬ、しんだがまし
とかいいよるとに、ちよいと日がさすと、外でなんかしよるです、ふん!
たびたびは来られんこの世、もうしばらく。

おつしろはん、しんどるかおもたら、いきとった
朝、付句とどいとった
パソコンメール、どうやったら携帯でみるるじゃろか
記憶であります、これがいいと思いました

もう一度オリンピックがやつてくる

みやこさんは、間に合った。
亡くなったのは、十月だから。
決定は九月だった、今ぐぐって調べた。
一緒にみたかったですね。
私たちがじっさい、みやこさんはななさいのときでした
あの熱狂と興奮を。

>みやこさんはななさいのときでした

追悼句を思案していた時、手の届かぬ彼方へ行ってしまったけど7年後に還ってきた「はやぶさ」が頭に浮かびました。
そして、その連想から、7年後の開催が決定されたオリンピックを想起しました。
今、生まれ変わったら、オリンピックの年にはみやこさんは7歳なので、7歳のみやこさんと共にオリンピックを楽しみたいな、と。

まわるまわるよ時代はまわる
よろこび悲しみ繰り返し
あすは別れた恋人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

あかん、歌詞まちごうた
生まれ変わって巡り会うよ
でした
郷ひろみとせいこちゃんを思い出す歌詞だなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼歌仙  「花満てり」の巻:

« 平成26年度診療報酬改定の動向(116)訪問看護管理療養費、歯科への配分 | トップページ | Abita »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31