無料ブログはココログ

« 追悼  大滝詠一 & 秋山駿 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー(PDCAサイクル) »

2014年1月 1日 (水)

組織としてのゴールデンボンバー(祝紅白出場二回目の機能評価)

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 1 月 1 日 組織としてのゴールデンボンバー(機能評価)

Share on Facebook


あけましておめでとうございます。
昨日(昨年)の続きです。
ゴールデンボンバーのBusiness Continuityの秘訣について(御屠蘇気分ではありますが・・・)分析を試みてみます。

日本医療機能評価機構が評価・認定している「病院機能評価」では、何百項目もの評価項目についての調査がなされます。
全部門共通の評価項目には次のような項目が並んでおり、それぞれの項目について、さらに具体的な確認項目が続きます。
・理念および基本方針が確立されている。
・理念および基本方針が内外へ周知・徹底されている。
・地域における役割・機能が明確になっている。
・将来計画が策定されている。
・幹部は運営に対してリーダーシップを発揮している。
・組織規程に基づいて運営されている。
・組織運営が計画的になされている。
・組織内の情報伝達が円滑に行われている。
・情報管理機能が整備されている。
・運営に必要な情報が収集され活用されている。
・関係する法令が遵守されている。
・全職員を対象とした内部の教育・研修が実施されている。
・外部の教育・研修の機会が活用されている。
・サービスの改善活動が適切に行われている。
・適切な広報活動が行われている。
・患者-医療者のパートナーシップを強化する体制がある。
・接遇、応対に配慮されている。
・担当者名や責任者名が紹介されている。
・案内・掲示が適切である。
・患者・家族の声に耳を傾ける努力がなされている。
・希望や意見、苦情に基づく対応が適切に行われている。
・患者や面会者の利便性に配慮されている。
病院機能評価の調査項目を芸能組織の評価にこじつけるのは無理がありますが、息の長い活動を続けている組織には、機能が高い病院組織となにがしかの共通点があるかもしれません。
ゴールデンボンバーについて、上記項目がどのくらい当て嵌まるか否かは不明点だらけですが、少なくとも理念と基本方針については、メディアへの露出より優先してツアーによるファンとの交流を重視するポリシーが、ブレイク前後を通じて一貫しており、しっかりしたものを感じます。
計画性についても、全国ツアーの活動計画をコアに、メディア対応もこなしながら、メンバーの自由(研修)活動の時間をしっかりと確保できている点は、ブレイク直後のグループとしては並大抵のことではないでしょう。
リーダーシップについては、鬼龍院氏のリーダーシップというより、他のメンバーのフォロゥァーシップが見事です。
リーダーシップの発揮には、むしろメンバーのフォロゥァーシップが肝心です。

広報活動、あるいはファンとのパートナーシップを強化する体制については、メンバー全員がブログを活用している点が特徴的です。
担当者名や責任者名が紹介については、病院機能評価が始まった当初からの重要な評価項目のひとつとして重視されています。
その具体的確認項目としては、「職員は名札を着用している」「診療担当医師名が明示されている」「各部門の責任者名が明示されている」が挙げられています。
メンバーのひとりひとりが自分の役割と責任を自覚していることの象徴として「名札」が評価項目になっているのですが、病院機能評価の普及以前は、病院職員の名札着用は一般的ではありませんでした。
現在でも、病院機能評価を受審していない病院では、名札着用がなく責任の所在が不明確なところがたくさんあります。
芸能組織の場合、メンバー個別のブログが「名札」に相当するでしょう。
ゴールデンボンバーに限らず、紅白連続出場を達成している組織のほとんどにおいて、メンバーそれぞれがブログを展開しているようです。
構成員が組織の中に埋没し、外部から存在がわかりにくくなっているような組織はBusiness Continuity が弱いようです。

2013 年 12 月 31 日 組織としてのゴールデンボンバー(組織のBusiness Continuity)
Share on Facebook


大晦日です。
昨年のこの日には、紅白歌合戦に出演する3人組以上のグループ(17組)の中からゴールデンボンバーに着目して、病院組織・スタッフ論として、チーム医療との対比を書きました。

(バックナンバーは、左の「カテゴリー」中の「病院組織・スタッフ論」をご覧ください。)
今年の3人組以上のクループ出演は次の18組で、うち13組が連続出場です。
3人組:いきものがかり、Perfume
4人組:ゴールデンボンバー
5人組:ももいろクローバーZ、嵐、SMAP、TOKIO、Sexy Zone、サカナクション
7人組:関ジャニ∞、三代目 J Soul Brothers、AAA
14人組:EXILE
多人数:AKB48、SKE48、NMB48、E-girls
不確定:Linked Horizon
無数ともいえるグループの中の18組に選出されるだけでも特別であるのに、連続出場を果たすというのは、さらに特別な因子があるはずです。
新型インフルエンザ情報や東日本大震災を契機に、病院経営者など組織経営者の間では「Business Continuity Plan(BCP:事業継続計画)」が着目されています。災害や疫病流行などの後にも組織が事業継続できるように、あらかじめ計画しておくことです。
芸能界のような浮沈激しい世界では、目先の流行に迎合するだけではただの一発屋となってしまいます。
日常的に、何が起きても活動継続できるような強い体質を備えておくことが重要です。
チーム活動は、メンバー間の対立による分裂も事業継続のリスクとなります。
紅白出演チームの編成が、決定的な対立が生じにくい奇数編成や多人数編成のものがほとんであるのは偶然のことではないでしょう。
ちなみに昨年は、3人が4組、4人が1組、5人が6組、7人が3組、14人が1組、多人数が2組でした。
カルテット(Quaret:4人組)は古典音楽以来の定番の編成(弦楽四重奏など)ですが、昨年も今年も、4人組はゴールデンボンバーのひと組だけです。
現代音楽でも「カルテット」という名のJ-POPユニットがありますが、現在は3人組です。
伝説的4人組ユニットの「ビートルズ」も絶頂期に解散してしまいました。
ビートルズの1員であったポールマッカートニーの来日が今年の話題となりましたが、彼が編成したWingsは3人組でした。
昨年の本稿では、紅白出場グループの組織形態として最も医療チームに似ているのは「ゴールデンボンバー」であろうということを書きました。
すべての楽曲の作詞・作曲・歌唱をボーカルの鬼龍院翔氏が担っているところが、医師を中心としたチーム編成の医療チームと似ていると感じたためです。
今年の出演の中にLinked Horizonがありますが、このチームも、作詞・作曲・編曲・ボーカル・アコーディオンなどをすべてRevo氏が担っていますので医療チームと似ていると言うことができます。
Linked Horizonは、Revo氏以外のメンバーは楽曲ごとに編成されます。
医療チームには、担当の患者ごとに編成を組むものもあります。
医師以外の存在がほとんど目立たないという点でも、医療チームにより似ていると言えるかもしれません。

効率性を考えると患者ごとのチーム編成のほうが合理的な場合もありますが、組織の精神的一体感の醸成は事業継続の重要な要素ですので、Business Continuityの観点からはゴールデンボンバー型の組織のほうが望ましいかもしれません。
組織の構成員のひとりひとりが、組織の中の役割をきっちりと演じきり、存在感を示すことも重要です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

紅白、みそこのうた。
味噌子の歌、ちゃうちゃう。

見損なってしもうた、という意味やねん。

次男がボクシング見ててねえ。
つい、そっちにふらふらと流れてもうた。

ことしも出れたの、よかったねえ。

かささぎがみたとき、サブちゃんの熱唱中でした。
博多座でおなじみの龍にのってた。

でもさ。祭りの作詞はなかにし礼だったんですねえ。
俳句をやってるとせからしいことに、すぐ季節をおもうんだけど、
ふつうは祭りは夏。でも、この歌のなかには雪がまうんです。
豊年を祀るのですから、むしろ冬かもしれないね。

ところで、ひる、福岡のすたじおからの黒田官兵衛特集(再放映)みてたら、むかし柳川古文書館で古文書講座受講したときに、ときどき講師されてた九大の先生が出てみえたので、びっくりした。へえ~!!

« 追悼  大滝詠一 & 秋山駿 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー(PDCAサイクル) »

コメント

明けましておめでとうございます。
仰せの通り?賀状は出しませんでした。本年もよろしくお願いします。

相棒>>見たかったのに、途中で邪魔が入ってしまった。もうすぐ終わるね。残念。

ぼんさん。
ことよろ、あけおめ。

還暦ですね。
きのういただいた年賀状に、そのことが書かれていたものが三枚ありました。
西日本新聞の読者文芸の先生方のうち、歌人の栗木京子先生も午年だそうです。馬にちなんだ、いい文章を読ませていただきました。ばんえいけいば。荷をひく、輓馬の輓曳競馬、帯広。そして、この一首。

駆け抜ける馬よりあへぎつつ坂を
ゆく馬が好き午年元旦   栗木京子「坂をゆく馬」

あけおめ。
ことよろ。

GBの新曲紹介PVです。
 ↓

あけましておめでとうございます。
お互い、多忙な一年でしたね。

今年もよろしくお願いします。

ごーるでんぼんばーの新曲は、呪いの藁人形。
ややや。それでおもいだしたっ。
ぽぽなさん!藁人形に五寸釘を打つ、という怖い恋句がなかった。
ぽぽなさん、ごめん。ネットのサイトをご紹介くださっていたのですが、アマゾンの宣伝メールがどどっと入っていて、編集するとき誤って一緒にけしたみたいで、どこにもないっちゃ。
きれいな切手つき年賀状もありがとございました。
知らなかった、年賀葉書に20円+するとニューヨークへも行くんだねえ。近いよ。

乙四郎先生、最もお世話になっているのに、年賀状一枚書かず、お礼も述べず、ほんとに失礼なことだとわれながら呆れるのですが、すみませぬ。お許しくだされ。ことしもよろすぃく。

せいこさん。ごめんね、年賀状かけていません。
ごどじもよろじぐ。なにすぃろ、くわんれきざんす。
二十の三倍、あと二十年、がんばろや。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
紅白>とてもよかったですね。 マンネリ感から抜け出ていました。
ゴールデン・ボンバーのは楽しかったです。

新年会>今月実行しますか? みなさんの都合のよい土、日、をお知らせください。 それとも平日にしますか? 

紅白、そんなによかったですか?
ぜんぶをみてないんで、。
みたのは、いずみやとみわさん、石川さゆりとぐい~~んとのびちぢみする緑のドレスの演歌歌手とさぶちゃん、それから嵐。。。。じゅうぶん、みとる。
ボクシングもみたし、どこにもいかず、のんびりした正月でござった。

えめさん、連休が余暇ですが。
三連休あいてます。みなさんはいかがどす。
お世話かけまする。ははあっ、とひれふす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 追悼  大滝詠一 & 秋山駿 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー(PDCAサイクル) »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31