無料ブログはココログ

« 明智光秀の実像を追って | トップページ | 待ち時間に出合った合同句集 「ひろかわ」 »

2014年1月20日 (月)

平成26年度診療報酬改定の動向(121)       連携評価

保健医療経営大学学長

橋爪章

2014 年 1 月 20 日 平成26年度診療報酬改定の動向(121)

Share on Facebook


~~~重点課題1-4 医療機関相互の連携や医療・介護の連携の評価について~~~
(1) 外来の機能分化の更なる推進の観点から、主治医機能を持った中小病院及び診療所の医師が、複数の慢性疾患を有する患者に対し、適切な専門医療機関等と連携することにより、継続的かつ全人的な医療を行うことについて評価を行う。(重1-2(1) 再掲)
(2) 特定機能病院及び500 床以上の地域医療支援病院(以下「特定機能病院等」という。)の紹介率・逆紹介率を高める取り組みをさらに推進するとともに、特定機能病院等を除く500 床以上の病院(一部を除く。)についても、紹介率・逆紹介率を高める取り組みの推進を行う。
① 特定機能病院等の紹介率・逆紹介率の診療報酬上の基準について見直しを行う。(重1-2(2)① 再掲)
② 特定機能病院等を除く500 床以上の病院(一部を除く。)について、紹介なしに受診した患者等に係る初・再診料を適正な評価とするとともに、保険外併用療養費(選定療養)の枠組みの活用を推進し、病院及び診療所における外来機能の分化及び病院勤務医の負担軽減を図る。(重1-2(2)②再掲)
③ 紹介率・逆紹介率の低い大病院について、長期投薬の適正化を検討する。(重1-2(2)③ 再掲)

(3) 入院が必要となるような急変時の対応を充実させる観点から、在宅医療を担う医療機関と連携し、緊急時に常時対応し、必要があれば入院を受け入れることができる体制をとっていること等の基準を満たす病院について評価を行うとともに、そのような病院が在宅医療を担う医療機関と共同して患者の診察を行う場合等の評価を新設する。(重1-3(3) 再掲)
(4) 要介護被保険者等に対する維持期の運動器、脳血管疾患等リハビリテーションについて、医療と介護の役割分担の観点から、以下のような見直しを行う。
① 要介護被保険者等に対する維持期の運動器、脳血管疾患等リハビリテーションについては、介護サービスにおけるリハビリテーションへのさらなる移行を推進する必要があることから、評価の適正化を行った上で、経過措置を原則として次回改定までに限り延長する。なお、次回改定時においても、介護サービスにおけるリハビリテーションの充実状況等を引き続き確認する。
② 維持期の運動器、脳血管疾患等リハビリテーションを受けている入院患者以外の要介護被保険者等について、医療保険から介護保険への移行を促進させるため、居宅介護支援事業所の介護支援専門員等との連携により、医療保険から介護保険のリハビリテーションに移行した場合の評価を行う。
(5) 介護保険事業所等だけではなく、特定の研修を受けた教員によって喀痰吸引等が行われる特別支援学校等の学校に対して、保険医が介護職員等喀痰吸引等指示書を交付した場合の評価を行う。
(6) 周術期における口腔機能管理を推進する上で、歯科医療機関と医科医療機関との連携が重要であることから、周術期における口腔機能管理が必要な患者に対して、歯科を標榜していない医科医療機関から歯科医療機関への情報提供を評価するとともに、歯科医師による周術期の口腔機能管理後に手術を実施した場合の手術料を評価する等、周術期口腔機能管理の充実を図る。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎの目

きのうの早川幸子氏の生保と医療保護についての文章における、社会資本の充実というのは、具体的にはどんなもの、あるいはどんなことを指すのだろう。
わたしにはぜんぜんよくわからない。
福祉課の職員である友の顔が数人すぐさま浮かびますが、かれらなら、ぱっとひらめくだろう。

せいちゃん、おしえて。そらんさん、わかるならおしえてくれ。
くまもとくん、正気さん。無知なかささぎめに、おしえてくだされ。

ったって、みんな忙しくてよんじゃいまい。

« 明智光秀の実像を追って | トップページ | 待ち時間に出合った合同句集 「ひろかわ」 »

コメント

げっ。
むつかしい質問をするわね。

社会資本っていろいろあると思うよ。
例えば行政マンが社会資本って言ってまず思いつくのは、公共施設、道路とか、公園とか、公営住宅とか、いわゆるインフラ整備ではない?病院とか、保育所、学校、図書館とかも、社会資本かも。建物だけじゃなく、上水道や電気などのライフラインも大切な社会資本だと言えると思うよ。

でも、生保と医療保護における社会資本ってまた違う気がする。目に見えない制度みたいなモノを指してんじゃないと?

せいちゃん、ありがとう。
ちゃんと答えてくれると思っていたよ。ありがとう。
広川町役場で誰よりも長くいろんな課を渡り歩いて、誰よりもうえにもしたにも通じている君でさえ、具体的に「こと」のほうは浮かばないようですね。
きっとそうなんだよ。だからだよ。
だからそこで問題が詰まっているんだ。
どこが悪いってわかっていて、すぐさま具体案がいくつも次々に浮かぶのであれば、解決は容易だ。
でも、浮かばないんだもの。とてもむずかしいよ。
早川さんは、海外と比較して論をすすめておられるが、よそのくにと比較することも、むずかしいことだろう。日本は独特だろうし、よその国だって、独特だ。なにがふつうかわからないんだものね。
なにが普通かわからない、この世の中で、「暮らしのスタンダード、こころの凪」をどこに照準を定めて追い求めるかは難しい。
生保の受益者に精神科受診者が多いこと、そして精神疾患の薬はジェネリック医薬品に容易に差し替えることのできないものが多い上、精神科に入院の場合、長期化する傾向があるという事実(早川氏の論文)を知ると、どんどん川上に遡っていって、どこに根本のもんだいがあるのかをもっと追い求めたくなります。

ひとごとではなく、われもまた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 明智光秀の実像を追って | トップページ | 待ち時間に出合った合同句集 「ひろかわ」 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31