無料ブログはココログ

« 働く切手10 | トップページ | 会者定離 ~ 高木麻早・うた »

2013年12月26日 (木)

医師の地域偏在 ~ 「医の西高東低」は本当だろうか?

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 12 月 27 日 小児科医、産科医、外科医の地域偏在

Share on Facebook


都道府県別の15歳未満人口10万対小児科医数の分布は次の通りです。
全国平均は98.7です。
140以上   東京(150)、鳥取(146)
120~139 京都(129)
110~119 高知、島根、福岡、富山
100~109 福井、山梨、石川、秋田、滋賀、岡山、群馬、徳島、大分、熊本、長崎、和歌山、大阪、愛媛、長野
90~99 北海道、山形、兵庫、沖縄、山口、広島、佐賀、香川、神奈川、新潟、栃木
80~89 宮城、岩手、福島、静岡、奈良、宮崎、愛知
70~79 三重、青森、岐阜、千葉、鹿児島、埼玉(74)、茨城(72)
医師数の多寡と小児科医数の多寡はほぼ同じ傾向を示していますが、鹿児島県のように、医師数が全国平均を上回っているにかかわらず、小児科医数は大きく下回っている例もあります。
逆に、秋田県や滋賀県のように、医師数が全国平均を下回っているにかかわらず、小児科医数は上回っている例もあります。
都道府県別の15~49歳女子人口10万対産婦人科・産科医数の分布は次の通りです。
全国平均は40.7です。
55~59  徳島(59)、島根(57)、秋田(56)、鳥取(55)
50~54 福井、長崎、宮崎、和歌山、香川
45~49 沖縄、東京、富山、長野、山形、石川、栃木、大分、愛媛
40~44 岡山、佐賀、山口、京都、鹿児島、大阪、広島、福岡、山梨、岩手、宮城、岐阜
35~39 兵庫、群馬、愛知、三重、静岡、青森、熊本、高知、滋賀、神奈川、茨城、奈良、新潟、北海道
30~34 千葉(33)、福島(33)
25~29 埼玉(27)
産科医数も医師数の多寡とほぼ同じ傾向を示していますが、高知県、熊本県のように、医師数が全国平均を上回っているにかかわらず、産科医数は下回っている例もあります。
逆に、秋田県のように、医師数が全国平均を下回っているにかかわらず、産科医数は上回っている例もあります。
都道府県別の人口10万対外科医(外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺外科、気管食道外科、消化器外科(胃腸外科)、肛門外科、小児外科)数の分布は次の通りです。
全国平均は22.0です。
32以上  長崎(33)
28~31 徳島(31)、京都(30)、岡山、福岡、山口、広島、高知
24~27 大分、愛媛、香川、宮崎、熊本、鳥取、福井、佐賀、石川、宮城、和歌山、東京、兵庫
20~23 大阪、鹿児島、山梨、長野、島根、群馬、富山、沖縄、岩手、栃木、北海道、青森、山形、秋田
16~19 静岡、滋賀、三重、愛知、奈良、福島、千葉、岐阜、茨城
15未満  神奈川、新潟、埼玉
外科医数も医師数の多寡とほぼ同じ傾向を示しており、九州各県はすべて全国平均を上回っています。
かつては「外科医の多い所では外科手術も多い」と言われていました。
需要が供給を上回っている時には、供給量が多いほど需要が掘り起こされます。

2013 年 12 月 26 日 医師の地域偏在

Share on Facebook


人口10万対医療施設従事医師数は226.5人です。
医療機関従事医師数別に都道府県を区分すると次の通りです。
290~299 京都(297)、徳島(296)、東京(296)
280~289 高知、福岡
270~279 鳥取、岡山、長崎
260~269 和歌山、熊本、石川、島根、香川
250~259 大阪、大分
240~249 佐賀、広島、愛媛、山口、鹿児島
230~239 福井、沖縄、富山
220~229 宮崎、兵庫、北海道
210~219 宮城、奈良、山梨、群馬、長野、山形
200~209 秋田、栃木、滋賀
190~199 愛知、三重、岐阜、神奈川
180~189 岩手、静岡、青森、新潟
170~179 福島、千葉
160~169 茨城
150~159
140~149 埼玉(148)
指定都市、特別区、中核市の医療機関従事医師数別分布は次の通りです。
多くは全国平均を大きく上回っていますが、大きく下回っている都市もあり、地域差が顕著です。
500以上   久留米市(543)
400~499 前橋市(414)、長崎市(403)
380~399 京都市、和歌山市、熊本市、盛岡市
360~379 鹿児島市、岐阜市、岡山市、金沢市
340~359 福岡市、秋田市、旭川市、東京都区部、高槻市、倉敷市
320~339 高知市、宮崎市、大津市
300~319 大阪市、北九州市、富山市、仙台市、札幌市、西宮市
280~299 神戸市、広島市、名古屋市
260~279 函館市、松山市
240~259 高松市、新潟市、千葉市、尼崎市、下関市、浜松市、大分市
220~239 郡山市、川越市、相模原市、柏市
200~219 長野市、奈良市、堺市、静岡市、福山市、青森市、横浜市、川崎市
180~199 姫路市、高崎市、横須賀市、豊橋市、豊中市
160~179 宇都宮市、東大阪市、さいたま市、いわき市
140~159 豊田市(146)
120~139 岡崎市(133)、船橋市(128)
久留米市では船橋市や岡崎市の4倍以上の医師が働いています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 働く切手10 | トップページ | 会者定離 ~ 高木麻早・うた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師の地域偏在 ~ 「医の西高東低」は本当だろうか?:

« 働く切手10 | トップページ | 会者定離 ~ 高木麻早・うた »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31