無料ブログはココログ

« 平成26年度診療報酬改定の動向(99)(100)次年度予算の落としどころとリハビリテーションについて | トップページ | お揚げさん弁当 »

2013年12月10日 (火)

平成26年度診療報酬改定の動向(101) 中医協での「有床診療所」

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 12 月 10 日 平成26年度診療報酬改定の動向(101)

Share on Facebook

先週の中医協では、個別事項その4として「有床診療所」が取り上げられています。
そこでの提言は次の通りです。
・ 在宅患者の急変時の受け入れ機能や看取り機能、在宅医療等の機能に応じた評価。
・ 「有床診療所一般病床初期加算」について、他の類似の加算と同等の評価とする。
・ 緊急時の入院についてより充実した体制(特に看護補助者の配置)を評価。
・ 多機能を持つ有床診療所の入院基本料を評価。
・ 平成24年度診療報酬改定で入院基本料等の要件に包括された栄養管理実施加算について、有床診療所に限り、加算に戻す。他医療機関等との連携で行った場合を評価。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼新アクセス解析

まだ携帯でしかやったことがないので、全体的な感想が言えない。
これまでなかった機能がある一方、消えた機能もある。
滞在時間などはなくなった模様。
アクセスの年代別振り分けグラフってのがあります。
性別もあります。

どうやって調べるんだろう?
かささぎの旗はそれによりますと、女性読者が中心。
年代は十代から四十代までが大半。
それ以上の年代はわずかです。
驚きました。

« 平成26年度診療報酬改定の動向(99)(100)次年度予算の落としどころとリハビリテーションについて | トップページ | お揚げさん弁当 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成26年度診療報酬改定の動向(99)(100)次年度予算の落としどころとリハビリテーションについて | トップページ | お揚げさん弁当 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31