無料ブログはココログ

« ペンキ塗り | トップページ | 医療倫理学  丸山マサ美・編著 »

2013年11月 9日 (土)

イッツタイム  イマジンドラゴンズ+立川俊之


日米夢の応援歌コラボ実現!!  立川俊之&イマジン・ドラゴンズ


立川俊之&イマジン・ドラゴンズデビュー・アルバムがいきなり全米、全英2位を記録し、世界で話題沸騰中のロック・バンド、イマジン・ドラゴンズ。“今こそ始める時”と歌う、ポジティヴな応援歌としてシングルカットされた『イッツ・タイム』は、本国アメリカのみならずイギリスでも支持され社会現象にまでなっています。

一方、メンバーは日本に来ることがバンド結成時からの夢という程の親日家。今年6月に日本デビューと新作のプロモーションの為、念願の初来日を果たします。そして、来日時にメンバーが日本人スタッフにふと質問したことが、夢のコラボへのきっかけとなりました。

「イッツ・タイム」のようなメッセージ性の強い応援歌はないか?

イマジン・ドラゴンズそこで、日本のユニバーサルミュージックのスタッフが推薦してくだっさったのが、立川の大事MAN時代のヒット曲にして、世代を超えて歌い継がれる応援歌「それが大事」でした。

そして来日、対面が実現すると、なんとアコースティック・パフォーマンスでの“日米夢の応援歌コラボ”にまで進展。立川が『イッツ・タイム』の2番の歌詞を日本語に作り替え、1番はイマジン・ドラゴンズ、2番は立川が歌うという「イッツ・タイム〜それが大事ヴァージョン」がその場で完成しました。

セッション後は意気投合し、

「違う国、違う時代に書かれた2曲が同じメッセージを持っていて、それが人々に力を与えているというのは素晴らしいことだね」と互いを讃えあいました。


以上ここからhttp://www.tachikawatoshiyuki.net/information/information.htmlの全文引用です。
ありがとうございます。

« ペンキ塗り | トップページ | 医療倫理学  丸山マサ美・編著 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イッツタイム  イマジンドラゴンズ+立川俊之:

« ペンキ塗り | トップページ | 医療倫理学  丸山マサ美・編著 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29