無料ブログはココログ

« もうすぐ健診キット | トップページ | 一番星 »

2013年11月 1日 (金)

平成26年度診療報酬改定の動向(66)  歯科訪問診療料

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 11 月 1 日 平成26年度診療報酬改定の動向(66)

Share on Facebook


「歯科訪問診療料」は、訪問先に関わらず、訪問診療の「時間」と同一建物における「患者数」で整理されています。
1人の患者を20分以上診療した場合、歯科訪問診療料1(850点)が、同一建物の複数の患者を20分以上診療した場合、歯科訪問診療料2(380点)が算定されます。
中医協総会において議題となった、在宅歯科医療についての課題は次の通りです。
(1)「歯科訪問診療1」(主として在宅)を中心に取り組んでいる在宅療養支援歯科診療所について、歯科訪問診療を行う上での課題として、時間の確保や装置・器具の購入コストに関する回答割合が高かった。
また、在宅中心で歯科訪問診療を行っている在宅療養支援歯科診療所の1月あたりの歯科訪問診療延べ患者数は大部分が100人未満で、そのうちの約6割が5人未満であった。
(2)施設で行われる歯科訪問診療について、一部の医療機関で過度に歯科訪問診療が行われている事例等が示唆されている。
(3)歯科訪問診療を行うきっかけで、医師や看護師からの紹介が少ないことや、また、在宅医療を受けている患者の歯科訪問診療のニーズに十分応えきれていない等、医科医療機関や医師等との連携は必ずしも十分に図られていない。
これらの課題に対する論点は次の通りです。
(1)在宅での歯科訪問診療を推進するために、在宅中心に歯科訪問診療を実施している在宅療養支援歯科診療所の評価について、どのような対応が考えられるか。
(2)介護施設等で複数の患者に行われる歯科訪問診療を適切に提供するために、「歯科訪問診療2」の評価や取り扱い等についてどのような対応が考えられるか。
(3)歯科訪問診療の診療時間が20分未満であった場合に、基本診療料を算定する取り扱いについて、どのように考えるか。
(4)歯科訪問診療が必要な患者が適切に診療が受けられるよう、医科医療機関等と歯科医療機関との連携を促すために、どのような対応が考えられるか。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼時間学コラム

What’s 時間学 ? (19)

「タイムトラベルについて」(その

(1)

「このぶん。参加したかったときのだ。どうもおまとめ、ありがとうございます! タイムトラベル。

エイトマンで西へいけば、ときのかべをこえて、過去へいけんか?」

保健医療意経営大学の「時間学研究会」活動へのこの熱いエールは、「タイムトラベルについ

て」(その1)にアクセスしてくださった市民の方からのコメントです。エールはさらに続きます。

「綾。 彩と綾はどう違う。 とは、ること。り(カラーリング、配色)。 (あや)はななめに

交差する織物のあり方の総称。また 、これにより単染色の紋織物をさす。」との説明をいただ

きました(*)。  そしてお友達?の 「綾乃」さんと「秀野」さんのことを、「それ、並べてみたこ

とがあったなあ。(略) ああ。みやこさんの思い出ばかり出てくる。こういう細かな記憶をとりだ

ことも、時間学の一部よね。ある具体的なモノをみたとき、ふいにおきる憑依現象。」と 締め

くられました。

文中にカットとして使用したダリア「ポートライト・ペアビューティ」の説明五七五にある、「綾」

ついてのコメントです(さっそくに」に修正させていただきました)。ありがとうございまし

た。  (*)当初、「学び舎に ダリアのピンク 綾を添ふ」と原句を載せていました)。

このように、地域の皆さんと共の「時間学研究会」活動へとしっかりと地盤固めをしたいと思

います。

(2)

4時間学研究会(25年5月16日開催)の、橋爪 章学長によるハンドアウトは次のよう

でした。

003

タイムトラベルについて

 

空間移動手段の発達 ( 直線移動⇒ 平面移動⇒ 空間移動 )

⇒ 時間軸方向への移動が可能ではないか。

<SF>

16世紀? 『浦島太郎』(御伽草紙)

1887年 『時間遡行者』(エンリケ・ガスパール・イ・リンバウ)

1895年 『タイム・マシン』(HG・ウェルズ)

・・・

『タイムトンネル』 『ドラえもん』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

 

未来への一方通行移動は可能ではないか。

<理論>

相対性理論により、高速に近いロケットに搭乗して帰還すると、相対的未来へ行ける。

(ロケット内では時間の進行が遅くなる)

ブラックホール近傍のような強い重力下では時間が遅れるので相対的未来へ行ける。

<昔話>

『浦島太郎』

<SF> ・・・ コールドスリープ

2001年宇宙の旅』 『猿の惑星』 『13日の金曜日』 『アバター』

<現実>

精子の冷凍保存

冷凍遺体からのクローン作製

クライオニクス(cryonics、人体冷凍保存)

 

ポートライトペアビューテフィの艶姿

(保健医療経営大学での開花第1号のダリアです。名前は、

花の出身地星野村・星の花公園では 「ポートライト・ペア

ビューティ」とついています。)

 

 

「物体」の未来への一方通行移動なら可能ではないか。

<現実>

古墳、遺跡

タイムカプセル

1936年 オグレソープ大学「文明の地下聖堂(Crypt of Civilization)」 ・・・西暦8113年へ

1939年 ニューヨーク博覧会 ・・・ 西暦6939年へ

1970年 日本万国博覧会 ・・・ 西暦6970年へ

2012年 KEO衛星 ・・・ 5万年後の未来人へ

※ 内容物の経年劣化等により未来に届くか否かは不確実

古墳、遺跡は、盗掘などで原型を留めないことが多い。

タイムカプセルの開封例

1957年 オクラホマ州合衆国加入50周年に「核攻撃にも耐える」タイムカプセルを埋設

2007年 100周年記念式典にあわせて開封 ・・・ 内容物は腐食によりスクラップ同然

 

「情報」の未来への一方通行移動なら可能ではないか。

<現実>

手記・日記、著作、記憶媒体

インターネット(ブログ記事等)

※ 情報伝達半減期は短い。半減期が1年なら100年後まで届く情報は2の100乗分の1。

情報読み取り手段の変化により過去の記憶媒体の読み取り困難。

⇒ 保存した情報が未来に読まれるか否かは不確実

 

ダリア艶やか立位 (1)

(ダリア4株は、11月下旬まで順次、開花して

キャンパスに潤いを与えてくれることでしょう。)

 

「情報」の過去への伝達可能性はないのか。

 可能なら未来との交信ができる。

※ オンオフ信号をわずかな過去へでも送信できれば、未来からの信号を受信して過去へ

そのまま送信することを繰り返して情報を伝達することができる。

<SF>

『未来からのホットライン』(ジェイムズ.P.ホーガン)

高エネルギー状態で電子と陽電子とを衝突させて消滅させるとき、予測される出力

エネルギーが実際のエネルギーの観測量と違う。⇒「負のエネルギー」を持ったパルス

波が発生? ⇒ 「負のエネルギー」は、エネルギーの時間軸方向への放出では

ないか?

 ヒッグス粒子の質量も予測よりわずかに軽い観測値 ⇒ 時間軸方向への放出?

<現実>

コネチカット大学での実験:複数の高出力レーザーをリング状に配置し回転させて弱い重力

場を生じさせ、「擬似的なブラックホールの外周」を形成し、素粒子をタイムスリップさせる実

験。素粒子に情報を乗せて過去へ送る実験の計画もある。

 

<昨月のニュース>

イランの科学者(Ali Razeghi:戦略的発明センター代表)がタイムマシーンを発明。

58年先を予想することが可能。未来へは行けないが、未来を連れてくることは可能」「中

国にアイデアを盗まれて一夜で建設される可能性があるから、今はプロトタイプを公開する

予定はない。」

 

未来からの情報?

・正夢

・デジャブ

・予感・胸騒ぎ

・予知

(投稿者:松永伸夫)

▼かささぎの声

げげ。かささぎのコメントをまともに取り上げてくださっている。
まったく、すみません。綾については言葉の綾というか。
どう違うのかなとネットで調べたものをそのまま書いてしまった。
意見しようとか、そんなたいそれたことではありません。
でも、ひとつ気づいたのは、たしかに言葉のあやという時には、
彩ではなくて綾を使います。どうしてか自然に選択している。
松永先生の俳句の場合は、どっちでも構わないように感じる。
花を添えるということばと同じに使われていと思えば、彩だろうし、もっと抽象性をめざすのであれば綾になるような。ん~だんだんわからん。

発掘をおもえば、未来をおもう。。。ですね。

それも双方向性、拡散と集中。
受け手と発信する側と。

いちど書いたことですが、こないだ広川の想夫恋で焼きそば定食を食べながら、漫画日本の歴史の第一巻を読んで、とても大きなものをいただきました。

相沢忠洋。

この在野の考古学者から日本史が始まっていることを、わたしは初めて知ったのだ。

まさにが~~~んというほどの強い衝撃でした。
なんでだれも教えてくれんかったん。

この人が相沢忠洋:http://search.yahoo.co.jp/search?fr=sb-kingbrw1&ei=UTF-8&p=%E7%9B%B8%E6%B2%A2%E5%BF%A0%E6%B4%8B

この人のエピソードを読んでたら、飽きません。

とってもいいおかおしてありますね。
保健医療経営大学学長の橋爪章学長や、この時間学講座をまとめておられる松永先生もとてもいいおかおです。

ということで、脈絡もなくおわります。

あ、そうだ。
漫画日本の歴史、あなどれん。
とくに小学館の。たぶんそうだった。
こんど確認に行かねば。(笑)
こどもむけにむずかしいことをやさしく伝えるには、たくさんたくさん専門的なことを知っていなければならない。そしてエッセンスだけを抜き出さねばならない。

というのがよくわかります。


« もうすぐ健診キット | トップページ | 一番星 »

コメント

検索サイト Excite  検索ワード 平成25年 診療報酬 医科 通則

4位
10位に二つ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度診療報酬改定の動向(66)  歯科訪問診療料:

« もうすぐ健診キット | トップページ | 一番星 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31