無料ブログはココログ

« イッツタイム  イマジンドラゴンズ+立川俊之 | トップページ | 最後の一葉 »

2013年11月10日 (日)

医療倫理学  丸山マサ美・編著

椿の花の油絵は、国東の河野宮司さん(俳人で英語の先生)の奥様から以前、いただいたものです。奥さんもかつて、三光村の瀧春樹先生の樹(たちき)におられました。
わたしたちは、瀧先生のたちきに大へんお世話になっています。
いつもなにも書かないけれど、わすれたことはありません。

医療倫理学は長男の本です。
とても美しい本で、読もうという気にさせられる。
開くと、世界における医療倫理学の歴史から説き起こしてあります。
硬質で品格があって該博で、とってもゆたかなきもちになれる本。
丸山マサ美・編著


医療倫理学の表紙のこの絵はだれのだったっけ。

あのフェルメールのかしらん。構図と光の差し具合が、フェルメールだと思うけど、どこにも引用出典をみることができない。

きになって、しらべました。

やはりそうです。天秤を持つ女。

http://www1.icnet.ne.jp/take/16.html

ワシントンのナショナルギャラリーにあるのか。

ちょっとまって。ちょうどここにアメリカの美術館の本があるから見てみる。

最初にナショナルギャラリー所蔵の絵が出ているけれど、フェルメールのは出てない。
だけど、目録のなかに赤い帽子の女が出ている。ということは、ほかにもあるんだね。
(原色世界の美術14アメリカの美術館)

« イッツタイム  イマジンドラゴンズ+立川俊之 | トップページ | 最後の一葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/53889072

この記事へのトラックバック一覧です: 医療倫理学  丸山マサ美・編著:

« イッツタイム  イマジンドラゴンズ+立川俊之 | トップページ | 最後の一葉 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30