無料ブログはココログ

« 介護保険の課題と論点(9) 住宅改修費申請の流れ | トップページ | 沢都さんが亡くなった »

2013年10月 3日 (木)

介護保険の課題と論点(10) 介護ロボット開発推進

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 3 日 介護保険の課題と論点(10)

Share on Facebook


日本経済の再生に向けた「3本の矢」のうちの3本目の矢として6月に閣議決定された「日本再興戦略」に、『介護ロボット産業の活性化を実現し、高齢者、障害者等が、地域で安心して暮らせるようにする』とあり、ロボット介護機器開発5か年計画の実施について次のように記載されています。
・急速な普及拡大に向けて、移乗介助、見守り支援等、安価で利便性の高いロボット介護機器の開発をコンテスト方式で進めること等を内容とする「ロボット介護機器開発5ヵ年計画」を今年度より開始する。
・また、研究開発に先立ち、開発された機器の実用化を確実にするため、安全基準及びそれに基づく認証制度を今後1年以内に整備する。
・ロボット技術を利用した機器が、障害者の自立や生活支援に活かされるよう、企業が行う開発を更に促進するためのシーズ・ニーズマッチング等を行う。
今年度より、経済産業省と厚生労働省において、要介護者の自立支援促進と介護従事者の負担軽減に資する次のような介護ロボットが重点的に開発支援されています。
移乗介助(1)
・ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
移乗介助(2)
・ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器
移動支援
・高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
排泄支援
・排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置調節可能なトイレ
認知症の方の見守り
・介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
介護ロボットについての現状と課題は次の通りです。
○新規の介護ロボットは次々と開発されつつあり、効果が高いものについては、積極的に活用を図ることで、さらなる自立支援の促進や質の高いケアの提供が期待されている。
○介護従事者の腰痛問題等が指摘されており、人材確保を図る上では、働きやすい職場環境を構築していくことが重要である。
このような中で、介護ロボットの活用により職場環境を向上させ介護従事者の介護負担の軽減が期待されている。
介護ロボットを保険給付対象とする際の考え方については、今後の論点となります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼鵲日誌

民謡、ポップス、連句的。

こどものころ、みんなは自分のことを何と呼んでいた?

八女の平野部の私はうちっていいよった。
奥八女の山間部の女子たちは、おどんって言っていた。
スター黒木瞳もごくごく小さなこどものころは、おどんっていってたかな?
かわいらしくもあるね。

おどん。すぐ思い出すのは熊本。
おどまぼんぎりぼんぎりの歌のおどまは、おどんは。
おいどんの鹿児島もおどんの変形?

うちは、内、や、家からきたことば。
では、おどん、はなに。
あっ。

おいどん=おれ+たち=俺+衆。
おいどんのほうが原型でそれの変形がおどんか。

で。連衆(れんじゅ、れんじゅう)の衆の字。
なぜ血がついている衣。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1173161701

へえ。もともと三人寄った日。
連句みたいだけど、三以上で衆のあらわす複数なんだね。

おどまぼんぎりぼんぎり、盆から先やおらんど

この歌。ご存じ五木の子守唄、別名裏山水の歌。
子守奉公の歌を採譜した人がいたんだね。すごい仕事。
二番の歌詞、

おどまかんじんかんじん。のかんじんは、感じないという意味とおもっていたけど、
http://matiere.at.webry.info/200811/article_3.html
勧進でありますようで、転じて物乞い。
深い歌だったんだねえ。

ところで。きのうは弟の命日、なにもしなかった。
火事が。奥深くこたえているようだ。
原因は漏電だろうということだった。だれもいなかったらしくて。
火事の数日前なにげなく風景写真をとってアップしていた。
うちとその家のあいだの彼岸花と稲田、そのなかの古い御墓も。
あの日うんと近くまでいってみたのに意味があったんだろうか。
墓石の文字、よめたんだよ。明治七年1月11日。
だれかわからぬ。つたえきくその人はうんと苦しんでしんだそうだ。
だれもいじらない。ちかづかない。
かささぎは気にしている。だって角度によって写真に入るから。
こどものころは何もおもわず、あの場所でも遊んでいたろうな。
どこの村にもある無縁仏の御墓。合掌。

さくらさんのブログにいったら、えめさんと二人、愛のかたまりがいいね、って談話なさっていて。それしらない歌だったんで、検索。秋吉久美子に似たほうのキンキキッズの人がうたって踊るのが本家みたいだが、ファンのこった演出の動画(ボーカルだけの採譜っていうか、音のとりだし版)をアップしてみました。
ろいりさんが得意だとおっしゃっていた包丁一本の歌もつけました。
にていないが、恋の歌。ひとつは精神性のこい、もうひとつは性愛。
そしてどちらも、ものがたりの恋。そこが素晴らしい。
歌を聞いていると映画みたいに場面が浮かぶから。

« 介護保険の課題と論点(9) 住宅改修費申請の流れ | トップページ | 沢都さんが亡くなった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険の課題と論点(10) 介護ロボット開発推進:

« 介護保険の課題と論点(9) 住宅改修費申請の流れ | トップページ | 沢都さんが亡くなった »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31