無料ブログはココログ

« 虹の足だけ | トップページ | うきは道の駅 »

2013年10月 7日 (月)

介護保険の課題と論点(14)有料老人ホームの情報が少ないわけ

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 7 日 介護保険の課題と論点(14)

Share on Facebook


サービス付き高齢者向け住宅の入居者の年齢は、半数が80歳代で、平均年齢は82.6歳です。
月々の支払総額は、半数が10万円以上15万円未満、4分の1が15万円以上で、平均金額は、13万円です。
サービス付き高齢者向け住宅は、8割以上の物件が、訪問介護事業所など、介護保険サービスの事業所を1つ以上併設しています。
入居者による介護保険サービスの利用状況は、「居宅介護支援」と「訪問介護」の利用率が特に高くなっています。
高齢者向けの住まいで増加が著しいのは有料老人ホームです。
有料老人ホームの入居者の要介護度等は、『自立』、『要介護1』から『要介護5』まで、いずれの階層もほぼ同じ割合で、全体としての平均要介護度は2.2となっています。
入居者の年齢は、4分の3以上が80歳代で、平均年齢は84.0歳です。
有料老人ホームには利用者保護規定が設けられており、有料老人ホームへの入居後一定期間の契約終了の場合、施行規則で定める返還方法に基づき、前払金を返還する契約を締結することが義務づけられています。
また、家賃、介護等のサービス費用、敷金のみを受領可能とし、権利金等を受領しないことも事業者に義務づけられています。
サービス付き高齢者向け住宅については、「サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム」により、全国の登録住宅に関する情報が公開されていますが、料老人ホームについては、「介護サービス情報公表システム」において、特定施設入居者生活介護事業所としての情報が公表されているのみで、住宅型有料老人ホームについては、届出情報等を公表するシステムはありません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 虹の足だけ | トップページ | うきは道の駅 »

コメント

有料老人ホームには居宅がいるのか


8位

有料ホームは居宅がいるのかったって、居宅じゃろうもん。全員。ああややこしや。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 虹の足だけ | トップページ | うきは道の駅 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31