無料ブログはココログ

« 働く切手 5 | トップページ | つき »

2013年10月22日 (火)

掃除の時間は仕事か否か

娘と久しぶりに会って、言われたことに、

おかあさん。こないだあったときより、マシになったね。
前回羽犬塚まで迎えにきてくれたときは、うわあって思った。

うん、そうかも。病院につとめていたころ、きつかったからね。
食事もままならなかったし、体重、最低まで落ち込んでいた。
調理師の若い男の子に同情されて、犬並みに食べ物を恵んでもらって。
なにもたべてないでしょ。ほら、これをみえないところでたべなさい。ってね。
残業しても、それはあんたがさばけないから、というかんじでサービス残業。
七時間半分の賃金しか出ないわけ、十時間働いても。
それは精神的にも肉体的にも最低だった。
だれのせいでもない自分のせいだとわかっていたし。
ブログ書いてなきゃ、へたばっていた。

という話をしたら、娘がこういった。

こないだやめた職場が、だんだんそうなっていったんだ。
新しいビルになっても、管理がきつくて、古い人たちはみな次々にやめていった。
能率ばかりいうから。
二時間も前に職場に出て、前準備したり、すべてサービス残業。
休みも取りにくくなって、これじゃ生活できないものね。
休み、急に必要になるやん。でもそれ、禁止だっていうんだよ。
掃除の時間も勤務時間外でしなきゃいけないし。

えっ、それはひどいね!
掃除は勤務時間でしょうよ。

ということで、私はつい最近の事例を思い出した。

いまのかささぎの仕事は、学校給食や病院厨房や飲食店など大量調理をするところの厨房機械の最終仕上げと梱包なのですが、ときに再生品も手がけます。

ガス種変更とかの改造であったりするのですが、そのなかに一年前に出荷した記憶に新しい機種があった。
ものすごく汚れていた。油まみれ。
おそらく、一度も掃除していない。
ファストフード店のそれは四六時中つかいっぱなしなのだろう。
手入れする余裕のない職場が浮かぶ。

まず、油汚れをせっせとおとした。ものすごく手間がかかった。

おなじころ、個人のスチコンで、平成17年3月購入、と内部に肉筆で書き込みのあるスチコンも再生した。
これは驚く程きれいだった。十年ちかくたっているはずなのに!

手入れ次第で機械はいくらでも持つのだと確信した事例。

« 働く切手 5 | トップページ | つき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掃除の時間は仕事か否か:

« 働く切手 5 | トップページ | つき »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31