無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

もうすぐ健診キット

もうすぐ健診キット

健診を終えて

胃透視をおよそ三十年ぶりにしました。
空腹でバリウムがおいしいように錯覚。
鉄板の上で二回転したりアクロバティックな姿勢をとるのですね。
健康じゃなきゃ胃透視は無理だと思った。
血圧113の60.全部正常。
目ですが、片目だけにコンタクトを入れていた。
裸眼0、1、矯正視力は全部見えて、1、5。
差がありすぎるので、両目に入れておいたほうがいいと言われた。

飛騨みやげ、もらった。産休。

飛騨みやげ、もらった。産休。

りんごの新顔 トキ

りんごの新顔

とっても甘いんです。

林檎以外、地場産弁当。

林檎以外、地場産弁当

ごぼうのきんぴら、小松菜の煮浸し、とりの唐揚げ、粉ふきいも、とんがりミニトマト。
八女立花の高菜漬け、ゆかり、国産大根のかつお漬け。

このうち、高菜漬けが胡椒がたくさんでおいしかった。(エーコープの)

 

平成26年度診療報酬改定の動向(64)(65) 在宅医療における薬剤と薬剤師の役割

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 31 日 平成26年度診療報酬改定の動向(65)

Share on Facebook


先日、熊本県薬剤師で医療政策の方向性についての講演をいたしました。
医療政策の方向性を語るに際し、在宅医療への取り組みを述べないわけにはいきません。
中医協総会において議題となった、在宅医療における薬剤師の役割についての課題は次の通りです。
薬物療法を受けている在宅患者に対し薬学的管理(患者の副作用の状況の把握、服薬指導等)を行うことが求められる場合がありますが、看護師が居宅患者の薬剤管理を担っている実態があります。
介護保険における「居宅療養管理指導」の算定回数は伸びていますが、医療保険における「在宅患者訪問薬剤管理指導」は伸びていません。
在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定した薬局の在宅業務届出薬局に対する割合は低く、約1割程度です。
また、在宅患者訪問薬剤管理指導を実施している薬局であっても、年間算定回数が50回未満の薬局が半数以上です。
在宅訪問薬剤管理指導の一層の推進のためには、患者や家族に対し、これまで以上に在宅業務の実施薬局の周知を行う仕組みを構築していくことが必要です。
たとえば薬剤情報提供文書の交付を算定要件とする薬剤服用歴管理指導料は算定率が96%と高く、薬剤情報提供文書は広く患者に交付されている媒体ですので、在宅医療・介護への対応の可否に関する薬局からの情報提供(周知)の文書として、有用です。
薬局が在宅患者訪問薬剤管理指導等を開始した経緯は、処方医からの依頼によるものが大半ですので、医療機関と薬局の連携を強化していくことも解決策のひとつですが、現状では、患者に特定の保険薬局で調剤を受けるよう指示等を行ってはならないとされています。
保険医療機関において処方せんの交付に併せて患者に保険薬局の地図を配布する際に、在宅患者訪問薬剤管理指導を行う保険薬局の情報を提供すること等については、特定の保険薬局への誘導の禁止に反しないことを明らかにしてはどうかというのが論点です。
在宅患者訪問薬剤管理指導における連携体制については、薬局は、医師(病院・診療所)以外に、訪問看護師(訪問看護ステーション)やケアマネージャーとの連携(情報共有)も求めています。
在宅患者訪問薬剤管理指導料の算定要件として、指示を行った医師に対して訪問結果について必要な情報提供を文書で行うこととされていますが、訪問看護師(訪問看護ステーション)等に対する情報提供については、規定されていません。
また、現行規定では、単独の保険薬局で開局時間以外の時間(緊急時等)に対応することも要件としていません。
(在宅療養支援診療所においては、24時間往診可能であることや、訪問看護ステーション等に対する情報提供等が要件とされています。)
在宅患者訪問薬剤管理業務の推進については、24時間の対応(夜間・休日でも対応できる体制)を原則としてはどうか、また、医師(病院・診療所)以外に、訪問看護師(訪問看護ステーション)やケアマネージャーへの情報提供について、規定することとしてはどうかが論点です。

2013 年 10 月 30 日 平成26年度診療報酬改定の動向(64)
Share on Facebook


在宅医療に必要な医薬品・特定保険医療材料は、医療機関が特定保険医療材料・医薬品を直接患者に交付・支給するか、薬局に処方せんによる指示を行い、薬局を介し患者宅に必要な特定保険医療材料・医薬品の交付・支給が行われます。
在宅医療を行っている場合、医療機関から必要な量の衛生材料が提供されていないことがあり、以下の現状があります。
現状①:不足している衛生材料等を、訪問看護ステーションが負担して使用。
現状②:不足している衛生材料等を、患者が負担して使用。
衛生材料に対する患者・訪問看護ステーションの負担を解消するために、次の①②の流れに改善してはどうかという議論が中医協で行われています。
①医師の指示を受けた訪問看護ステーションが、必要な衛生材料の量を訪問看護計画書とともに記載し、主治医へ提出する。
また、使用実績については訪問看護報告書とともに記載し、主治医へ報告する。
②医療機関は、提供する衛生材料の必要量を判断したうえで、直接患者に提供するか、「衛生材料を供給できる体制を有している」と届出をしている薬局に衛生材料の提供に関する依頼を行い、薬局を介し患者宅に必要な衛生材料の提供が行われる。
中医協総会において議題となった、保険薬局で交付できる特定保険医療材料についての課題は次の通りです。
保険薬局は医療・衛生材料等の提供の拠点としての役割が求められていますが、病院・診療所で支給できる在宅医療に用いる特定保険医療材料の一部(在宅寝たきり患者処置用気管内ディスポーザブルカテーテル、在宅寝たきり患者処置用膀胱留置用ディスポーザブルカテーテル、在宅血液透析用特定保険医療材料、一般用の携帯型ディスポーザブル注入ポンプ、皮膚欠損用創傷被覆材、非固着性シリコンガーゼ及び水循環回路セット)は、薬局において給付が認められていません。
保険医療機関の医師の処方せんに基づき、保険薬局で交付することができる特定保険医療材料に、必要な在宅用の特定保険医療材料を追加することとしてはどうかというのが論点です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

また早朝に上妻地区で火事があった。
五時半ころ、消防車のサイレンの音。
しばらくして、防災ラジオがいまどこどこで民家が燃えていると言う。
このごろよく火事がおきる。
もしかしたら以前もそうだったのに、気づかなかっただけかもしれない。
防災ラジオがなかった以前。

ところで、先日、福岡発のドラマで星野の玉露の茶畑が出てきました。
あまちゃんのストーブさんだった小池徹平が主演で、武田鉄矢や蟹江敬三さんが脇をかため、好演していました。
星野村の豪雨被害、こないだ大分へ行くのに通ったときにも垣間見えたのですが、お茶畑の実際の被害までは見ていませんでした。

それがまるで記録ドキュメンタリーみたいにドラマに収められていて、それだけでも見てよかった。母と二人でみました。
被害がひどかった、黒木町のかさわら、という地名も、ちゃんとセリフのなかで出てきた。

玉露日本一に何度も輝いた星野茶の生産者夫婦、奥さん役の丘みつ子さんと頑固者の蟹江さんが二人で仲良く玉露茶の覆いを結わえる場面が、とても印象的でした。
お茶の木は苗木をうえてから収穫できるまで五年はかかるそうです。
そんな大事なお茶の木を、豪雨で根こそぎにされて。
でも、まだ生きている木もあり、それは残さねばと言っていた。
年老いても二人でもひとりでもできるから、農業はいいなあ。

ダリヤの花が咲いていた、あの星の花公園も撮影現場になっていました。

見晴らしがとてもきれいなところです。是非花の季節にお出かけください。

http://blogs.yahoo.co.jp/mqsyj219/31824566.html

実際にボランティアをなさっている方々も大勢出演されて、どのような手順でなさっているかがわかりました。
ふだんの仕事のほかにこういう肉体労働をなさっているわけで、あたまがさがります。
心のこもったドラマを、ありがとうございました。

追伸)

星野でかささぎの一のおすすめは。
村にはいってすぐの黒木谷にある高野堂という小さな祠。
玉露園の真っ只中にあるのです。
そこから見晴らすお茶畑も、素晴らしいです。



2013年10月30日 (水)

親と子

親は親でなやみごとがたくさんある。

だから、こどものことまで手が回らない。

だけど、できる限りのことはしてあげたい。

で。

なにもしないでみている。

それが親に出来ることの場合もある。

気づいたこと。

わたしは長男をちっともわかっていなかった。

たとえば、次男を大分まで送ったとき。
帰り、ふたりきりになった車内で、きづいたBGM.。

なにこれ?

ん。Xジャパンだけど。しらんの。

知らなかった。Xジャパンってしんたろうの時代だったのか。

有名だよ。小泉総理のバックによく流れてたじゃん。

しりませんでした。

2013年10月29日 (火)

平成26年度診療報酬改定の動向(63)在宅医療のあれこれ

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 29 日 平成26年度診療報酬改定の動向(63)

Share on Facebook


中医協総会において議題となった、在宅医療における衛生材料の提供についての課題は次の通りです。
在宅医療では、以下に掲げるような医薬品・衛生材料等が使用されています。
【医薬品】
キシロカインゼリー・消毒用エタノール・ポビドンヨード液・滅菌グリセリン・グルコン酸クロルヘキシジン・グリセリン浣腸液・オリーブ油・塩化ベンザルコニウム・白色ワセリン・生理食塩液・精製水・滅菌蒸留水
【衛生材料】
ガーゼ・脱脂綿・綿棒・綿球・滅菌手袋・絆創膏・油紙・リント布・包帯・テープ類・医療用粘着包帯・ドレッシング材・使い捨て手袋
【医療機器等】
採尿・痰・血容器・イルリガードル・蓄尿バッグ・カテーテルチップ・点滴用ルート・酸素カニューレ・吸引カテーテル・導尿カテーテル・延長チューブ・三方括栓・キャップ・ポンプ用ルート・鑷子等
これらの衛生材料等について、医療機関から必要量が提供されていないとの指摘があります。
衛生材料の提供が不十分である場合、訪問看護ステーションが提供(負担)しているか、患者が負担している実態があります。
○在宅医療に必要な衛生材料について、訪問看護ステーションが、訪問看護を行う際に、訪問看護計画書とともに必要な量を医師に報告し、また、訪問看護報告書とともに使用実績を報告することとし、患者が必要とする衛生材料について主治医が把握できるようにしてはどうか。
○衛生材料の提供主体は、医療機関であることを再周知し、過不足があった場合には、対応を求めることができることとしてはどうか。
○また、衛生材料について「衛生材料を供給できる体制を有している」と届出をしている薬局に対し、必要な衛生材料の種類とその量について指示し、患者宅等に提供される仕組みにしてはどうか。
これらが衛生材料の提供についての論点です。

 

2013 年 10 月 28 日 平成26年度診療報酬改定の動向(62)
Share on Facebook


中医協総会において議題となった、在宅医療における注射薬の提供についての課題は次の通りです。
在宅医療において投与できる薬剤には電解質製剤等が含まれておらず、在宅医療の現場で点滴注射が使用されている実態に合っていません。
在宅の指導管理料に伴い保険薬局が交付できる薬剤も対象が限定されており、電解質製剤等は含まれていません。
介護保険の利用者にも注射・点滴のニーズがあり、要介護度が高くなると点滴の実施・管理を必要とする利用者数が増加する傾向があります。
在宅医療で投与できる注射薬に電解質製剤等を加えてはどうか、ということが論点です。
在宅医療で使用される注射薬の安全な調剤についての課題は、無菌調剤室を共同利用する場合は、無菌製剤処理加算を算定できないことです。
無菌調剤室の共同利用で、無菌製剤処理加算を算定することが論点です。
介護保険利用者の点滴に係る費用についての課題は、、医療保険の訪問看護を受けている患者であって、保険医の診療に基づき、週3日以上の点滴注射を行う必要を認めたものについて、在宅患者訪問点滴注射管理指導料を算定できますが、介護保険の訪問看護を受けている患者で医師の指示により点滴注射を実施している患者には在宅患者訪問点滴注射管理指導料が算定できません。
介護保険の訪問看護を受けている患者に対して、在宅患者訪問点滴注射管理指導料を算定出来るようにすることが論点です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

最近の西日本新聞ニュースから。
認知症のおとうさんを介護施設に預けていて、一時帰宅中ふとしたすきに徘徊、列車事故で死亡してしまわれた。その後始末で運行列車をとめた金額、七百万円余の支払いが介護の家族に命じられる判決が出たんだそうな。

ええっと。検索では毎日のがトップ、これそのまんまいただきます。

◇認知症老人が列車にはねられ死亡→地裁が遺族に720万円支払い命令

 ◇「行動を一瞬も目を離さず監視することなど不可能」…遺族から怒りの声

【現場の地図】

 「ある判決」が介護の現場に衝撃を広げている。91歳(当時)の認知症の男性が線路内に入り、列車にはねられて死亡した事故。裁判所は遺族に対し「注意義務を怠った」として、鉄道会社に720万円を支払うよう命じた。認知症の老人は閉じ込めておけというのか--介護関係者からはそんな怒りの声すら聞こえてくる。【浦松丈二】

 JR東海から遺族が突然、手紙を受け取ったのは事故から半年後だった。<平成19年(2007年)12月7日に東海道線共和駅内(愛知県大府市)に人が入り、快速列車に衝撃し列車が遅れるという事故が発生しました。本件により弊社に別紙の通り損害が発生しております>。列車遅延による損害賠償の協議申し入れだった。

 別紙には「損害額一覧表」として、事故に対応した職員の人件費、他社に振り替えた運賃、払戻金など720万円の内訳21項目が列挙されていた。受け取った横浜市在住の長男(63)は「正直、驚きました」と振り返る。

 事故当時、男性は要介護4。介護なしでは日常生活が困難だったため、85歳(当時)の妻と、介護のために横浜市から近所に移り住んだ長男の妻が世話していた。男性が自宅を出たのは長男の妻が玄関を片付けに行き、そばにいた妻がまどろんだ一瞬のことだった。

 「手紙が届いた後、JRの要請で、かかりつけ医師の診断書と『認知症があり線路上に出たと考えられる』と認定した警察の死体検案書を送りました。重い認知症だった父に責任能力がないことはJRも分かってくれると思っていた。ところが、専門医の診断書ではないから疑いがあるなどと言ってきた」と長男。事故から1年後、JRから内容証明郵便で正式な賠償請求が届き、その後、裁判所を通じて不動産の仮差し押さえを申し立ててきた。こうした対応に「父の墓前に線香の一本でも上げてくれていたら……父をはねて殺しておいて」と怒りがこみ上げてきた。

 JRはどのような基準で列車事故の損害賠償を請求しているのか。JR東海広報部は「責任の所在や事実関係を十分に調査の上、原因となった方や遺族に、車両の修理実費、特急料金の払い戻し、他社への振り替え輸送の費用や人件費の増加分など、明確に因果関係が説明できるものだけ請求しています」と回答する。

 しかし、JRは「要介護認定4であっても病状を示すものではない」などと、責任能力があったと主張して提訴した。JR東海広報部は「損害の処理について繰り返し遺族の方に協議を申し入れたものの、残念ながら理解いただけず、熟慮を重ねた結果、裁判所の公平公正な判断に委ねることとした」とコメントする。

 提訴から3年半。名古屋地裁(上田哲裁判長)が今年8月に出した判決は、男性の認知症は重く、事故当時の責任能力はなかったとJRの主張を退けた。ところが、その一方で、介護していた妻に「まどろんで目をつむり、夫から目を離していた」と過失による賠償責任を認めた。長男については「法定監督義務者や代理監督者に準ずる」と位置付け、民間施設やホームヘルパーを利用しなかったと指摘して賠償を命じた。

 長男は「父親は住み慣れた自宅で生き生きと暮らしていた。行動を一瞬も目を離さずに監視することなど不可能。こんな判決が確定したら、子どもが親の面倒を見られなくなる。介護を頑張った者ほど責任が重くなるのは理不尽です」と訴える。遺族は高裁に控訴。今でも父親を在宅で介護して良かったと思っている。

 認知症の人と家族の会(本部・京都市)の高見国生代表理事は「こんな判決を出されたら家族はたまったものではない。認知症の人はどこかに行きたい、ここを出たいと思い立ったら必死に出て行く。家族がどれほど注意していても徘徊(はいかい)は起きてしまう。家族の責任を問うべきではない。何らかの公的補償制度を検討すべきです」と訴える。

 そもそも事故は防げなかったのか。現場の共和駅。駅員は日中2人、早朝と深夜は1人だ。高さ1・1メートルのホームの先端から線路に下りる階段があった。判決後、階段の柵は施錠されているが、事故当時は施錠されておらず、簡単に線路に下りられた。

 遺族代理人の畑井研吾弁護士は「男性の自宅周辺には踏切など線路に入る場所はなく、柵を乗り越えて線路に入る体力もなかった。男性は現金を持っていなかったため、自宅前の大府駅の改札をすり抜けて列車に乗り、隣の共和駅で降り、ホーム先端の階段から線路に下りたとしか考えられない」と話す。この場合、駅員に遭遇するのは大府駅の改札1カ所だけだ。

 大府駅改札で駅員に勤務態勢を尋ねた。「たまたま今は2人ですが、通常1人です。もうかつかつですよ」と苦笑した。改札は自動だが、切符売り場が併設され、駅員は横目で改札を監視しながら切符を売っていた。これでは人がすり抜けないか常に監視することは不可能だろう。大府駅と共和駅のホームには監視カメラが設置されていたが、駅員は常駐していなかった。

 判決は男性がどのように事故現場の線路に入ったかは「不明」として判断を避ける。JR東海広報部は事故後の原因調査について「名古屋高裁に係属中であり、コメントは差し控えさせていただきます」としている。原因不明では再発防止策もおぼつかない。事故から9カ月後には、大府駅の隣の逢妻駅(愛知県刈谷市)でも認知症の女性(当時83歳)が列車にはねられて死亡した。

 大府駅前の商店主(72)は介護される男性の姿をよく覚えていた。「よく若嫁さん(長男の妻)がおじいちゃんとおばあちゃんの手を引いて、ゆっくりゆっくり散歩していました。私も認知症になったら住み慣れた家で子どもたちに面倒をみてもらいたい。そう思わせてくれた人が事故で亡くなって本当に残念です」

 認知症はひとごとではない。厚生労働省研究班(代表者・朝田隆筑波大教授)の調査によると、65歳以上の高齢者のうち認知症の人は推計15%で、昨年時点で約462万人に上る。認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も推計400万人。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍なのだ。社会全体が自らの将来として認知症とその介護を考える時期を迎えている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000008-maiall-soci

2013年10月27日 (日)

あかくなる山

ほのかに色付きはじめていました。由布岳、よね?
観光ではなく通りすがりなのが残念。しかもまたまた道を間違えての遠回り。

たこ以外吉井産たこ焼き、美味しい!

たこ以外吉井産たこ焼き、美味しい!

村上春樹
たこ以外吉井産たこ焼き、美味しい!

耳納連山と吉井の町並

耳納連山と吉井の町並

耳納連山と吉井の町並

女学院下のバスだまり


寺田天満宮

寺田天満宮

寺田天満宮

小倉節


わたしのいとこが民謡をやっていまして、おさらい会のときに歌った歌が小倉節という、はじめて聴く歌でした。
とっても声が出て、堂々として、じょうずでした。
かささぎに動画もアップできる腕があるといいのですが。

ずっと気になっていて、しらべてみましたら、すごいことがわかりました。
へえ~~~そうだったんだね。知らなかったなにも。

ひろこちゃん。ありがとう!!
そして、
いつも母たち三姉妹を連れ出して、遊んでくれてありがとう!!

小倉節に関しては、つぎのご案内をコピペいたします。

「博多に『正調博多節』があるように、小倉を代表する民謡がほしい・・・。」

 昭和3(1928)年10月、小倉旭券所属の芸妓梅若(後の赤坂小梅)の強い想いを、詩人の野口雨情、作曲家の藤井清水が受けとめ、「小倉節」が誕生しました。  北九州市には明治以前から歌い継がれるウタがなく、その為、近代都市として発展する旧5市から今日まで、40曲を越える“民謡”が作られましたが、そのほとんどは、発表された時の熱狂が冷めるとともに忘れさられています。
 こうした中でただ1曲、民謡・邦楽界にも高く評価され、平成19(2007)年に赤坂小梅の生誕100年を記念して製作された記録映画『小梅姐さん』の中で、邦楽界の第一人者である本條秀太郎さんによってこの『小倉節』が披露され、再評価の機運が高まりました。
 時を同じくして、地元民謡人の主催でこの唄の全国コンクールが始まり、本年7回目を数える(7月7日開催)大会には、160人を越える応募者が競い合うほどの大会に育っています。

 本企画は、『小倉節』成立のエピソードを小梅より直接聞き、自ら三味線の譜面を起こしてスタンダード化を図るなど、早くからその普及に努めている本條秀太郎さんの「地元でこそ大事にして欲しい」との想いを受け止め、特別公演として開催するものです。
 85年の歴史を持ち、北九州民謡の出発点でもある『小倉節』の素晴らしさを、北九州を代表する愛郷への想いを深める一曲として、音楽のジャンルを超えて広く市民に、北九州を故郷とするすべての人々に、一度は耳にして欲しいとの願いを込めてお届け致します。
 もちろん、本條さんによる本公演自体、地域性を凌駕して21世紀邦楽シーンの重要な一つとなっていくものと確信しています。

というわけで、公演の概要です。

期 日:2014(平成26)年1月30日(木)
時 間:開場/18:30 開演/19:00(予定)
会 場:北九州芸術劇場・中劇場
     北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11(リバーウォーク北九州6階)
     [最寄り駅] JR西小倉駅(鹿児島本線・日豊本線)徒歩3分

入場料:前売4000円(全席自由/当日4500円)
     ※10月より予約受付開始予定

主 催:小倉節の会
後 援:公益財団法人日本民謡協会、日本コロムビア株式会社、(有)邦楽ジャーナル、みんよう春秋、北九州市、北九州市教育委員会(9月1日現在)..


※ところで、日常を振り返り、いささかたじろいでしまうような言葉に出会いました。
芥川賞作家で詩人の辺見庸さんが、新聞記者の問いに答えた言葉です。

「日中戦争の始まり、あるいは盧溝橋事件。
われわれの親の世代はその時、
日常生活が1センチでも変わったかどうか。
変わっていないはずです。
あれは歴史的瞬間だったが、誰もそれを深く考えようとしなかった。
実時間の渦中に『日中戦争はいけない』と認められた人はいたか。
当時の新聞が『その通りだ』といって取り上げたでしょうか。」

【時流自流】作家・辺見庸さん「現在は戦時」 2013年9月8日 <カナロコ 神奈川新聞>

全文は、以下で読むことができます。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1309070012/


いじょうは、ここからの全引用です。ありがとうございます。http://www.koumenehsan.com/100nen/category/2013/09/%E6%9C%AC%E6%A2%9D%E7%A7%80%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%AE%E4%BC%9A-%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%80%80%EF%BD%9E%E3%80%8E%E5%B0%8F%E5%80%89%E7%AF%80%E3%80%8F%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%9B%E3%81%A6.html


平成26年度診療報酬改定の動向(60)(61) 23日に開催された中医協総会での議題

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 27 日 平成26年度診療報酬改定の動向(61)

Share on Facebook


中医協総会において議題となった、訪問看護ステーションの課題は次の通りです。
・訪問看護ステーションの6割以上は常勤換算5人未満の小規模なステーションである。
・訪問看護に求められる機能として、24時間対応、重症者への対応、頻回な訪問が上位に挙げられるが、それらに対応しているステーションは規模の大きなステーションが多い。
・規模の大きなステーションは、地域の他ステーション、地域住民、病院、介護支援専門員に対する情報提供や相談対応に取り組んでおり、地域包括ケアにおいて中心的な役割を担っている。
論点は次の通りです。
○ 機能が高い訪問看護ステーションとして、24時間体制の有無、看取り数、重症度の高い患者の受け入れ、介護支援専門員の配置の有無等を要件としてはどうか。
また、これらの実績に加え、訪問看護ステーションの規模を、評価する際の指標としてはどうか。
○ 上記の他、地域の他のステーション、地域住民、病院、介護支援専門員に対する情報提供や相談機能を有し、地域包括ケアにおいて中核的な役割を果たす訪問看護ステーションを、機能強化型訪問看護ステーション(仮称)として評価してはどうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次期診療報酬改定では「機能強化型訪問看護ステーション」が新設されるであろうことの予告編となっています。

2013 年 10 月 26 日 平成26年度診療報酬改定の動向(60)
Share on Facebook


23日に開催された中医協総会では「在宅医療」が議題となりました。
1. 機能強化型在宅療養支援診療所・病院の要件等について
2. 訪問看護
3. 在宅医療における注射薬や衛生材料等の提供
4. 在宅医療における薬剤師の役割
5. 在宅歯科医療
6. 在宅医療における患者紹介等の事例
7. 在宅医療を専門に行う保険医療機関

が内容です。
在宅療養支援診療所・病院等の要件に関する課題は次の通りです。(過去の中医協で既に整理されている事項がほとんどです。)
• 平成24年診療報酬改定において、医療機関間連携等を行い、緊急往診と看取りの実績等を有する医療機関について評価の引き上げを行ったが、機能強化型在支診/病において、緊急往診や看取りの実績が少ない医療機関が含まれている。
• 一方、機能強化型以外の在支診/病においても、一定程度の緊急往診や看取りの実績件数を有するところが存在する。
• 機能強化型以外の在支診/病において、機能強化型の届出をしていない理由として、常勤医師3名以上の配置が困難との回答が多かった。
• 機能強化型を含む在支診/病全体の半年間の緊急往診と看取り件数の中央値はそれぞれ5件、2件であった。
• 緊急時の在宅患者に対する在支診/在支病の対応は充実してきている一方で、緊急時の後方病院への入院については、入院させようとしても入院できなかったことが複数回ある医療機関が一定程度存在する
在宅療養支援診療所・病院等の要件に関する論点は次の通りです。
○ 連携型の機能強化型在支診/病において、それぞれの医療機関が実績要件を満たすことを必要とすることについてどのように考えるか。
○ 常勤医師が3名配置されていなくても、十分な実績を有する在支診/病の評価についてどのように考えるか。また、その際の緊急時の対応についてどのように考えるか。
○ 機能強化型在支診/病の実績要件を緊急往診●件/年、看取り●件/年とすることについてどのように考えるか。
○ 在支診と連携して緊急時の受入を行うこととなっている在支診/在支病以外の医療機関であって、緊急時に必ず患者の受入を行うことをあらかじめ患者に文書で示している医療機関における、緊急時の受入の評価をどのように考えるか。
○ また、このような医療機関が在支診の医師と共同で訪問診療や往診を行う場合の評価についてどのように考えるか。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

きょうのお昼は幼馴染と久留米の江戸屋敷にある九楽楽(くらら)でランチの予定だった。
くららはこないだの民謡のおさらい会で見た、おどりのとってもきれいなおっしょさん、若柳香紅さんがオーナーだそうで、どんなお店か、見学も兼ねていたのですが、友達の一人が都合がつかなくなり、急遽順延となりました。
その理由、お店には不幸がありまして、という言い訳をしてしまったのですが、
ほんとは友達が認知症のお姑さんをみていなきゃいけなくなったのでありました。
かささぎはかささぎで、母の紙おむつをドラ森で買ってきました。
これから寒くなりますが、部屋から厠まではるばると歩いていく(笑)うちに間に合わないことが多くなりまして、頻繁に、夜中最低二回は起きるということで、それなら失敗してもいいように紙おむつを用意しようと。
ところが、あまりにも種類がたくさんありすぎて、どれを選んでいいか迷った。
パンツ式のとパッド式の二種類を買ってきました。

友達もザリガニおっちゃんも、寝室のなかに簡易便座を置いたらと言うけれど、それをしたら、はるばる歩いていくことをしなくなり、ほんとの年寄り化すると思って、母が言い出すまでそれはやらないでおこうと思った。

漫画日本の歴史の第一巻に

金曜のおひる、ふと思いついて、想夫恋に行く。
ずっと行けなかったから久しぶりだった。
B定食をたのみ、満員の店内で書棚にあった漫画日本の歴史第一巻をひらく。
第一巻だけが週刊誌や漫画のなかに埋もれるようにあったので発掘したのだ。

それは「相沢忠洋」という在野の考古学者の名前から始まっていた。

あいざわただひろ?だれ。

と読んでいくと、この人がいたおかげで日本の考古学はスタートしたといってもいいほどの人だったことを知る。

全部読みたかったけれど、そこのところだけしか読めなかった。
わたしも漫画日本の歴史は鎌倉時代あたり、藤原時代あたりを二冊くらい持っていたように思うけれど、漫画倉庫で買って。

もう一度読みたいな。

調べてみたところ、同じ題名の本は三種もあるようだ。
出版社が違うのであるが、小学館、学研、集英社と三つ。

このうちのどれだったのだろうね?
小学館版だったような気がしているけれど。

2013年10月25日 (金)


JA

iPhoneから送信

平成26年度診療報酬改定の動向(59) 診療報酬の改定率、へ、各界からの意見轟轟。

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 25 日 平成26年度診療報酬改定の動向(59)

Share on Facebook


診療報酬の改定率に関する意見表明があちこちで湧き上がっています。
財務省は21日、財政制度等審議会の分科会で、診療報酬について次期改定で上積みをする状況にないとの見解を示しました。
また、、薬価のマイナス改定は薬価調査による予算単価の当然の時点修正であり、「財源の捻出に当たらず、診療報酬本体などの増額に充てることも不適当」と、薬価改定で生じた財源を使って診療報酬本体を増額するのも否定しています。
分科会では、診療報酬を1%引き上げた場合、約4200億円の負担増になるため、「国民の理解は得られない」と増額に否定的な意見が相次いだとのことです。
次期改定の来年春は消費増税が8%に上がる時でもありますが、医療機関の医業支出における消費税の増額分の「補填分を含めて据え置き」と、事実上の減額を求める意見も出ています。

これに対し、田村厚生労働相は22日の閣議後会見で、次期診療報酬改定について「医療経済実態調査などを見て、必要性があれば当然のごとく、診療報酬を引き上げなければな
らないと思っている」との見解を示しています。

日本医師会の中川副会長は、23日の記者会見で、「マイナス改定はあり得ない」と反対しました。
「政府は保険外併用療養の拡充を目指しているが、そのためには保険診療も充実させなければならない」と、政府が成長戦略を推進するには医療や介護への財源投入は不可欠との考えを示しています。

自民党には、今月中に「国民医療を守る議員の会」(仮称)という議員連盟を200人超で発足させ、医療水準向上のため診療報酬引き上げの実現を狙う動きがあります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの連句的。

木曜夜のドラマ、ドクターXが面白い。
最強の名医のあと番組。
きのう残業を一時間半で片付けて帰り、八時半ころからご飯を食べつつ、おやじみたいにテレビを見た。沢口靖子の科捜研の女を途中から、おや、沢口さん、アップになるとほくろがありますね。知らなかった。とほくろとしみだらけかささぎは嬉しくなる。ここでついでに、日曜にかりてみた、ケイトハドソンのこないだ原作をよんだハッピーエンディング、むねがまえとおんなじで、ほっとした。整形したってのはうそみたいね。
そんなことはどうでもいいって。はいはい。

ドクターXは白い巨塔にたったひとりで立ち向かう女医(米倉涼子)の話。
適材適所にベテランの役者さんが配置されて、御意。
とくになんとか外科部長の西田敏行と名医紹介所所長の岸部一徳。
岸部一徳さんは天地明察でも好演でしたが、これも楽しんで乗っておられる。
教授選って、実際でもあんななんだろうね。
それにしても、外科手術ってお裁縫。
糸の結び方にそれぞれの癖があって、男結びに女結びあること、はじめて知った。

医療ドラマは勉強になって面白い。
かささぎは、はい、そうです。藤木くんのファンだよん。(西田敏行のもと愛人でいまは藤木くんをつばめにしている、三田佳子女医58歳もかっこええ。貫禄がすごい。あと、名医紹介所勤務の子連れ麻酔医、内田有紀もいいかんじ。
もちろん、主役の絶対失敗しない外科医、米倉さん、最高!

▼月野ぽぽなだより、来る!以下連句的に連句会のご案内。

メールきてた。知らなかった。ごめんなさい。
あとでまたご紹介いたしまするなり。
夢野はる香さんからも来てた。堀川さんからも、わたしの失敗の後始末のメールが来てた。
今朝みました。はつかころのはなしだった。
すみません。そういう暮らしをしています。

横浜の調さんからも、あれは十七日くらいか、伊勢神宮に来ていると写メールあり。
その内宮の写真を転載しようとがんばりましたが、できませんでした。コピーができなかった。
そうこうしているうち、携帯のなかで調さんのアドレスを見失う。
来月学園祭連句、お見えになれたらいいですね。
都合がつきますように。
うたまるさん、伊勢や出雲にいかれたのは、雅楽奏上のためなんですか?
みなさん、あの宮司さんみたいな装束もっていかれたのですか。

連句の古い仲間、山口の山本伽具耶(かぐや)さんに都さんのことで手紙を書いた。
かささぎとみやこさんは三つ違いだけど、かぐやさんとみやこさんは短大の同級生。
仲がよかったから。通夜でも葬儀でもみかけなかったので、気になって。
ところが、へた、という地名までしか頭に入っていませんでした。
どうしても思い出せず、それで出した。戻ってくるかと思ったら、届きました。
なんとすごいことでしょう。みやこさん。ありがとう!

知らなかったけどかぐやさんは四日にわかれにきたとのこと。
以前みたいに、車をがんがんとばしてはるばるきたのだろう。

さて学園祭連句。11月24日、日曜日。九時半~三時半
みなさん、きてくれないだろうか。ぽぽなさんは無理にしてもだ。
ごめんけど、かささぎは案内状が出せないんだ。物理的に。
だから、ここでよびかけます。きたれ~~!!
こないだ見える予定だったのに急病でこれなかった、谷口慎也先生。
連句がとてもじょうずな鍬塚聰子先生。
それからいつも勉強になる俳句誌をくださる横山康夫先生。
以前八女句会文音につきあってくださいました。いまでもときどきおもいだす、

山葵田を出る水のまぶしさ   横山康夫

沢都のわたしの大好きな短句、

這いつくばって望む雲海    沢 都

どっちもさいこうです。

俳句誌『円錐』でであう、きらきらした今をときめく俳人の皆様方。
なまえをすらすらっと書いていい?だめかな。

みなさま。どうぞ、いらしてくだされ。
ばしょ、せたかの金栗信号を右へまがって、三つめくらいの信号で左。
にゅるにゅるいくと、たんぼのなか右に案内板。
そこからはるか地平をみやれば、あります。
神津ろいり先生もどうかいらしてください。
そりゃそうと久留米呂伊利より神津呂伊利がやっぱりカッコいい。
呂伊利先生のご友人でせいこさんのやまなみ短歌の同人でもあるさがらさんもどうぞ。
こないだ31文字倉庫にいったとき、必死で媚うってきたけどわかったかな。
それが、旗振り役のつとめと思ってまして。
ああそうだ!その明善でのあこがれの先輩だった、もりもり森山さん。光章さん。俳人の。
いらっしゃいませんか。小説家のお兄さんもどうぞごいっしょに。
ただし、なんのおかまいもできません。まんじゅうがでるわけでもないし、お茶とおかしくらいはだせるだろうが、びた一文だせません。座ではみな平等。
また、九州俳句誌編集長の銀行員、福山雅治さん。あわわ、ち、ちがった。
福本弘明さん。編集の堀川かず子さん、夢野はる香さん。こらっしゃれんですか。

ううむ・・・こうしてなまえをあげていけば、かおがうかぶではないか。
一堂に会することに意味がある。とおもうんだよ。たのしいしさ。
ああ弁当どうしよう。

こんどはみやまの祭りと物産展は一緒じゃないのか。さびしいな。

きのうのアクセス解析から、滞在時間。

解析対象期間: 2013年10月24日(木)

レポートメニュー:

滞在時間ランキング

訪問者がどのページを長く見ているかがわかります。

1人当たりの平均滞在時間
ページ 割合
1 かささぎの旗: 心をのこす 1時間27分38秒 20.2%
2 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 1時間21分36秒 18.8%
3 かささぎの旗: 整骨院の助手のしごと。 50分03秒 11.5%
4 かささぎの旗: 『円交五号』 36分35秒 8.4%
5 かささぎの旗: トップページ 20分13秒 4.7%
6 かささぎの旗: 医療施設の事業継続計画(BCP)について(4)           福岡県の災害拠点病院 16分35秒 3.8%
7 かささぎの旗: 雨のちハレルヤ    14分57秒 3.4%
8 かささぎの旗: 2013年10月 10分52秒 2.5%
9 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 9分44秒 2.2%
10 かささぎの旗: スサノヲ 8分43秒 2.0%
11 かささぎの旗: 山ノ井用水路ー水神への接近3 7分45秒 1.8%
12 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(7)  救急医療 NICU周辺 7分24秒 1.7%
13 かささぎの旗: 働く切手   6 6分46秒 1.6%
14 かささぎの旗: どうでもよくない話 6分00秒 1.4%
15 かささぎの旗: 昆虫学者江崎悌三 5分15秒 1.2%
16 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(4)  歌広場淳氏の振り付け 5分11秒 1.2%
17 かささぎの旗: 口蹄疫の正しい知識(2)             口蹄疫ウイルスの伝播力 4分44秒 1.1%
18 かささぎの旗: 「やまかい」第二號 1950年 3分55秒 0.9%
19 かささぎの旗: nogami takenoriさん 3分05秒 0.7%
20 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 2分51秒 0.7%
20 かささぎの旗: 病院の輸出 ~日本式医療まるごとクウェートへ!ったってできるの? 2分51秒 0.7%
22 かささぎの旗: 博多ーアトピー治療 2分45秒 0.6%
23 かささぎの旗: 市町村の将来(2)  人口が増えるところと減るところ 2分38秒 0.6%
24 かささぎの旗: 江崎悌三夫人・シャルロッテ 2分28秒 0.6%
25 かささぎの旗: 死亡届(戸籍法) ー高齢者死亡無届事件 2分25秒 0.6%
26 かささぎの旗: 小塩節さんにばったり出会った話 2分22秒 0.5%
27 かささぎの旗: 山鹿灯篭まつりポスター 1分58秒 0.5%
28 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(47)(48) 中医協の診療報酬改定結果検証部会報告 1分48秒 0.4%
29 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(53) 後発医薬品、一般名処方は使用にやや効果あり。 1分38秒 0.4%
30 かささぎの旗: 医療費適正化のゴールデンボンバー(6) 病床転換助成事業 1分34秒 0.4%
31 かささぎの旗: 連歌の発生 1分21秒 0.3%
32 かささぎの旗: 2013年09月 1分14秒 0.3%
33 かささぎの旗: 平成24年医療施設調査・病院報告(6) 常勤換算医師数に地域格差 58秒 0.2%
34 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 52秒 0.2%
35 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(51) 在宅歯科医療 51秒 0.2%
36 かささぎの旗: カトリーヌ・ドヌーヴと連句、連歌、俳諧、和歌。 47秒 0.2%
37 かささぎの旗: タイ王国の社会保障制度(3)    46秒 0.2%
37 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 46秒 0.2%
39 かささぎの旗: 乙骨耐軒とその子孫 45秒 0.2%
40 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(58) DPC次期改訂の基本方針 44秒 0.2%
41 かささぎの旗: 北原白秋ノート 43秒 0.2%
42 かささぎの旗: 長靴じいちゃんに軍人勅諭をはじめて習う。 38秒 0.1%
43 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(13)       訪問看護管理療養費 37秒 0.1%
44 かささぎの旗: 車輪の唄 35秒 0.1%
44 かささぎの旗: 武田晴信「倭漢聯句」のこと 1  村松定史 35秒 0.1%
44 かささぎの旗: 旬刊アクセス解析  11月下旬 35秒 0.1%
47 かささぎの旗: 流れゆくものの蘇生  穴井太の山頭火 34秒 0.1%
47 かささぎの旗: 在宅医療の動向(2) 昨年は機能強化型への移行が図られたが 34秒 0.1%
47 かささぎの旗: 在宅医療の動向(8) 「在宅看取り」の実数は 34秒 0.1%
50 かささぎの旗: 医学の基礎(筋骨格系疾患の8) 捻挫・骨棘・アキレス腱炎 33秒 0.1%
51 かささぎの旗: 筑後うどん 28秒 0.1%
51 かささぎの旗: 2009年12月 28秒 0.1%
51 かささぎの旗: 『無冠の男』 28秒 0.1%
54 かささぎの旗: 中島くらのすけ翁慰霊祭 26秒 0.1%
55 かささぎの旗: 歌仙『海の底』の巻   捌・沢 都 23秒 0.1%
55 かささぎの旗: 官兵衛とケネディ 23秒 0.1%
57 かささぎの旗: 武田晴信「倭漢聯句」のこと 2   村松定史 22秒 0.1%
58 かささぎの旗: 「肥後飢餓講」星永文夫初期作品集Ⅱ 21秒 0.1%
59 かささぎの旗: 十五分のあいだに 20秒 0.1%
60 かささぎの旗: 水神への接近ー中島くらのすけ翁慰霊祭 19秒 0.1%
61 かささぎの旗: 一句の現場 18秒 0.1%
62 かささぎの旗: 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(3)  保健所関連の常勤職員の配置状況 17秒 0.1%
62 かささぎの旗: 九州俳句 17秒 0.1%
64 かささぎの旗: 介護保険の課題と論点(11) 特養の現状と課題と多床室のプライバシー 15秒 0.1%
65 プロフィールページ 14秒 0.1%
66 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 13秒 0.0%
67 かささぎの旗: タイみやげ 11秒 0.0%
68 かささぎの旗: ここら辺の田舎の人(樽美酒研二さん)が、時代の最先端をいく不思議さよ。談義。 9秒 0.0%
69 かささぎの旗: 暁 7秒 0.0%
70 かささぎの旗: 竹橋乙四郎文書 4秒 0.0%
71 かささぎの旗: つき 2秒 0.0%

総滞在時間
ページ 割合
1 かささぎの旗: トップページ 7時間24分36秒 29.8%
2 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 6時間48分01秒 27.3%
3 かささぎの旗: 心をのこす 2時間55分16秒 11.7%
4 かささぎの旗: 雨のちハレルヤ    2時間44分25秒 11.0%
5 かささぎの旗: 整骨院の助手のしごと。 50分03秒 3.4%
6 かささぎの旗: 『円交五号』 36分35秒 2.4%
7 かささぎの旗: 医療施設の事業継続計画(BCP)について(4)           福岡県の災害拠点病院 33分10秒 2.2%
8 かささぎの旗: 2013年10月 32分37秒 2.2%
9 かささぎの旗: 山ノ井用水路ー水神への接近3 15分30秒 1.0%
10 かささぎの旗: どうでもよくない話 12分00秒 0.8%
11 かささぎの旗: 江崎悌三夫人・シャルロッテ 9分50秒 0.7%
12 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 9分44秒 0.7%
13 かささぎの旗: スサノヲ 8分43秒 0.6%
14 かささぎの旗: 「やまかい」第二號 1950年 7分50秒 0.5%
15 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(7)  救急医療 NICU周辺 7分24秒 0.5%
16 かささぎの旗: 働く切手   6 6分46秒 0.5%
17 かささぎの旗: 昆虫学者江崎悌三 5分15秒 0.4%
18 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(4)  歌広場淳氏の振り付け 5分11秒 0.3%
19 かささぎの旗: 口蹄疫の正しい知識(2)             口蹄疫ウイルスの伝播力 4分44秒 0.3%
20 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(47)(48) 中医協の診療報酬改定結果検証部会報告 3分36秒 0.2%
21 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(53) 後発医薬品、一般名処方は使用にやや効果あり。 3分15秒 0.2%
22 かささぎの旗: nogami takenoriさん 3分05秒 0.2%
23 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 2分51秒 0.2%
23 かささぎの旗: 病院の輸出 ~日本式医療まるごとクウェートへ!ったってできるの? 2分51秒 0.2%
25 かささぎの旗: 博多ーアトピー治療 2分45秒 0.2%
26 かささぎの旗: 市町村の将来(2)  人口が増えるところと減るところ 2分38秒 0.2%
27 かささぎの旗: 死亡届(戸籍法) ー高齢者死亡無届事件 2分25秒 0.2%
28 かささぎの旗: 小塩節さんにばったり出会った話 2分22秒 0.2%
29 かささぎの旗: 山鹿灯篭まつりポスター 1分58秒 0.1%
30 かささぎの旗: 平成24年医療施設調査・病院報告(6) 常勤換算医師数に地域格差 1分55秒 0.1%
31 かささぎの旗: 流れゆくものの蘇生  穴井太の山頭火 1分42秒 0.1%
32 かささぎの旗: 医療費適正化のゴールデンボンバー(6) 病床転換助成事業 1分34秒 0.1%
33 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(58) DPC次期改訂の基本方針 1分28秒 0.1%
34 かささぎの旗: 連歌の発生 1分21秒 0.1%
35 かささぎの旗: 2013年09月 1分14秒 0.1%
36 かささぎの旗: 車輪の唄 1分10秒 0.1%
37 かささぎの旗: 武田晴信「倭漢聯句」のこと 1  村松定史 1分09秒 0.1%
38 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 52秒 0.1%
39 かささぎの旗: 中島くらのすけ翁慰霊祭 51秒 0.1%
39 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(51) 在宅歯科医療 51秒 0.1%
41 かささぎの旗: カトリーヌ・ドヌーヴと連句、連歌、俳諧、和歌。 47秒 0.1%
42 かささぎの旗: タイ王国の社会保障制度(3)    46秒 0.1%
42 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 46秒 0.1%
42 かささぎの旗: 歌仙『海の底』の巻   捌・沢 都 46秒 0.1%
45 かささぎの旗: 乙骨耐軒とその子孫 45秒 0.1%
46 かささぎの旗: 武田晴信「倭漢聯句」のこと 2   村松定史 44秒 0.0%
47 かささぎの旗: 北原白秋ノート 43秒 0.0%
48 かささぎの旗: 長靴じいちゃんに軍人勅諭をはじめて習う。 38秒 0.0%
49 かささぎの旗: 水神への接近ー中島くらのすけ翁慰霊祭 37秒 0.0%
49 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(13)       訪問看護管理療養費 37秒 0.0%
51 かささぎの旗: 旬刊アクセス解析  11月下旬 35秒 0.0%
52 かささぎの旗: 在宅医療の動向(2) 昨年は機能強化型への移行が図られたが 34秒 0.0%
52 かささぎの旗: 在宅医療の動向(8) 「在宅看取り」の実数は 34秒 0.0%
54 かささぎの旗: 医学の基礎(筋骨格系疾患の8) 捻挫・骨棘・アキレス腱炎 33秒 0.0%
55 かささぎの旗: 介護保険の課題と論点(11) 特養の現状と課題と多床室のプライバシー 30秒 0.0%
56 かささぎの旗: 筑後うどん 28秒 0.0%
56 かささぎの旗: 2009年12月 28秒 0.0%
56 かささぎの旗: 『無冠の男』 28秒 0.0%
59 プロフィールページ 27秒 0.0%
60 かささぎの旗: 官兵衛とケネディ 23秒 0.0%
61 かささぎの旗: 「肥後飢餓講」星永文夫初期作品集Ⅱ 21秒 0.0%
62 かささぎの旗: 十五分のあいだに 20秒 0.0%
63 かささぎの旗: 一句の現場 18秒 0.0%
64 かささぎの旗: 平成23年度地域保健・健康増進事業報告(3)  保健所関連の常勤職員の配置状況 17秒 0.0%
64 かささぎの旗: 九州俳句 17秒 0.0%
66 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 13秒 0.0%
67 かささぎの旗: タイみやげ 11秒 0.0%
68 かささぎの旗: ここら辺の田舎の人(樽美酒研二さん)が、時代の最先端をいく不思議さよ。談義。 9秒 0.0%
69 かささぎの旗: 暁 7秒 0.0%
70 かささぎの旗: 竹橋乙四郎文書 4秒 0.0%
71 かささぎの旗: つき 2秒 0.0%

2013年10月24日 (木)

病院の輸出 ~日本式医療まるごとクウェートへ!ったってできるの?

保健医療経営大学学長

橋爪章

2013 年 10 月 24 日 病院の輸出

Share on Facebook


「日本式医療、丸ごとクウェート輸出…人材育成も」(10月23日読売新聞)というニュースが流れました。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131023-OYT1T00607.htm

それによると、政府は、中東クウェートで、再生医療やがん治療などの先端医療を行う病院の設立、運営を後押しし、看護師などの教育施設も併設して、人材育成にも協力する、のだそうです。

年明けの合意を目指し両国政府間で交渉しているのだそうですが、わが国の交渉担当者が中東の医療事情や、医療従事者の海外派遣リクルート事情に通じているのかどうか、不安がよぎります。

かつて、日本政府あげて中東の某国に「がんセンター」を設立することを決定し、建設の基本設計にまで至った段階で計画が頓挫してしまったことがあります。

私は、その事後処理(尻拭い?)に携わった経験がありますので、不安も一入です。

中東諸国は、圧倒的な自国民の医療従事者不足で、医療は海外の労働力に依存しています。

オイルマネーを背景に医療費は無料であることが多いのですが、自国に高度医療技術を提供できる人材がいないため、高度医療を必要とする国民は海外の医療機関を受診し、要した費用は政府が提供するといった仕組みです。

「人材育成にも協力」という言葉は、そのような背景があるために発されているのでしょうが、教育施設を併設したところで、医療従事者になろうとする国民がどのくらいいるものか、質の高い教育ができるものか、保証がありません。

オイルマネーによって潤っている国々の特徴として、生活の不安がないために若者の勤労・勤勉意欲が失われ、高等教育機関への進学率は低く、進学しても落第率が高いという現実があります。

「新病院は1000床規模で、クウェート市に2016年にも設立する」とのことですが、医療従事者なしで病院が運営できるはずがありませんので、少なくともオープン直後の数年間は大量の日本人医療従事者を派遣しなければならないでしょう。

「細胞シート移植による心臓病治療のような再生医療や、重粒子線を使ったがん治療のほか、糖尿病治療、人工関節による膝の治療なども手がける」ということですので、療養病床程度の医療従事者密度でいいはずがなく、1000床規模であれば最低1000人以上の派遣が必要となるかもしれません。

教育施設も併設するというのであれば、教育人材の派遣も必要となります。

医療従事者の医療途上国派遣リクルートについては、私も担当者として、年間数十名程度の派遣に苦しんだ経験があり、特定国へ高度な医療技術を有した医師や看護師を千人規模で派遣するなど絵空事です。

高度医療施設兼教育施設(大学医学部)の新設が、現場の医療従事者の引き抜きの懸念から反対があるのがわが国の実情でもあります。

かつて某国での計画が頓挫したのは、当事国が日本人労働力の派遣を当然のこととして期待していたのが判明したのが理由でした。

実現可能性の検討がなされないまま政府間約束が先走ってしまったことの失敗例ですが、その轍を踏まないようにしてほしいものです。

記事には「医療の需要が拡大する中東に日本式医療を広める拠点にしたい考えだ。」とのコメントがありますが、医療提供の考え方が根本的に日本とは異なっている国へ「日本式医療を広める」というのはどういうことなのか、よくわかりません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ天気図

なんかしらんけどさ。台風がつぎつぎに来てるね。
まがるときには自転車みたいに速度を落とします。って、きょうの天気のおねいさんがいってた。

台風だって曲がるときには速度を落とす。
でも、安倍政権は飛ばしっぱなしみたいだね。

安倍総理は原発も輸出するそうだけど、正気の沙汰とは思えない。
日曜討論とかみてるとさ。声明を世間に向かっていう政府側の人がいるでしょう。
その口癖。

きちっと調査をしまして、安全であると確認をしまして。

でもよく考えるとね。あぶないとこ行く人はだんだんすくなるなるのよね。
最前線で作業する人。そりゃあもう、命懸けで使命感だけでやってもらっている。
かけがえがないほど尊い。

ベテランほど必要とされてたくさんの放射線をあびているから、もう残り時間は少ない。
どうなるんだろうかなあ。とときどきほんとにこわくなるよ。
できるならもう原発なんて因果なもの、やめてもらいたい。
なのに、うそ~よその国にまで売りさばくだなんて。

平成26年度診療報酬改定の動向(58) DPC次期改訂の基本方針

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 23 日 平成26年度診療報酬改定の動向(58)

Share on Facebook


「DPC制度(DPC/PDPS)に係るこれまでの検討状況について(中間報告)」に記載の(次期改定の)基本方針は次の通りです。
1. 基礎係数(医療機関群に関連する事項を含む)について
○Ⅲ群の細分化は行わないこととしてはどうか。
○Ⅱ群の要件について、現行の臨床研修医数を用いる評価方法については、引き続き継続することとしてはどうか。
○ 臨床研修実績の評価方法については、協力型臨床研修病院の研修実績を含めず、基幹型臨床研修指定病院の採用数の実績のみによって算出することとしてはどうか。
2. 機能評価係数Ⅱについて
○機能評価係数Ⅱの基本的な考え方については、平成24年度改定における考え方を引き続き維持することとしてはどうか。
○現行6項目の見直しについては、各指数について、以下のような観点から見直しの検討を進めて行くこととしてはどうか。
①データ提出指数:データの質を評価する新たな方法等について検討することとしてはどうか。
②効率性指数:後発医薬品の使用割合による評価の導入について検討することとしてはどうか。
③地域医療指数:体制評価指数については、従来の「4疾病・5事業」に加え、「精神疾患」を加えた「5疾病・5事業」について、評価項目の導入を検討することとしてはどうか。
④その他の指数(複雑性指数、カバー率指数、救急医療指数):現行の評価方法を基本としつつ、必要な見直しを行うこととしてはどうか。
○平成24年度通年のDPCデータによる検証を踏まえ検討を進めることとしてはどうか。
3. その他
①高額薬剤に対応するために導入された点数設定方式について:前回改定で試行的に導入した高額薬剤に対応するための点数設定方式について、当該点数設定方式を導入した22の診断群分類については、平成24年度通年のDPCデータによる検証を踏まえ、次回改定以降も当該点数設定方式を引き続き適用することについて検討することとしてはどうか。
高額な薬剤を使用する診断群分類だけでなく、高額な材料を用いる検査(心臓カテーテル検査等)等についても当該点数設定方式を適用することについて検討することとしてはどうか。
②退院後3日以内に再入院となった場合の算定ルールについて:一連と見なされる3 日以内の再入院を1 入院として取り扱うルールについては、平成24年度通年DPCデータによる検証等を踏まえ、適切な見直しに向けて引き続き検討することとしてはどうか。
○次回改定以降は、退院患者調査の様式1はより拡張性の高い記録方式によって提出することとしてはどうか。
4. 今後の検討事項とスケジュール
○今回の中間報告の結果を踏まえ、次回改定に向けた下記の検討課題について引き続きDPC評価分科会において具体的整理・検討を進め、平成25年12月を目途に検討結果を中医協総会へ報告することとしてはどうか(整理・検討を進める中で、中医協総会に諮るべき事項等が生じた場合は、適宜中医協総会へ中間報告する)。
○ 激変緩和措置等、改定全体の影響を考慮する必要性がある事項については、改定全体の方針が定まってから中医協総会で議論することとしてはどうか。
(1) 基礎係数(医療機関群のあり方)について
○ Ⅱ群要件の具体的な算出方法について 等
(2) 機能評価係数Ⅱについて
○ 現行の6項目の評価方法について
○ 医療機関別群別評価のあり方について
○ 指数から係数への変換方法 等
○ 各係数への報酬配分(重み付け)のあり方 等
(3) 診断群分類の見直し
○ 新たな技術に対応した見直し
○ 副傷病の見直し 等
(4) 算定ルール等の見直し
○ 3日以内再入院ルールの見直しについて
○ 点数設定方法D(高額薬剤に対応するために導入した点数設定方式)の適用のあり方について
○ 特定入院期間を過ぎるまで行われなかった高額な材料・薬剤を用いる検査の取り扱いについて 等
(5) その他
○ 暫定調整係数の計画的な置き換えのための検証について
○ 激変緩和措置のあり方
○ DPC導入の影響評価にかかる調査(退院患者調査)の見直しについて(様式1の見直し 等)
○ 適切なコーディングの推進について 等

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎテレビ日誌

きょうのリーガルハイ、おもしろかったですね!

二転三転して、さいごは見事な逆転。
深刻なのに笑えて。
人生でなにが一番だいじなのか、そんなことは、もうどうでもよくなってきてさ。

2013年10月23日 (水)

働く切手 6

働く切手   6

普通切手のキジバト
グリーティング切手 ディズニーキャラクター 
             くまのプーさんのトラ、ティガー

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2012/h250301_t.html

雨のち晴レルヤ   

北原白秋ノート

北原白秋ノート

北原白秋ノート

「雀を観る。それは此の〈我〉自身を観るのである。
雀を識る。それは此の〈我〉自身を識る事である。
雀は〈我〉、〈我〉は雀、畢竟するに皆一つに外ならぬのだ」
と白秋は『雀の生活』の序文を書きはじめている。そしてそのあとに白秋は次のように言いそえる。「かう思ふと、掌(て)が合はさります、私は」。

この一行にぼくは驚く。

酢卵弁当

酢卵弁当


iPhoneから送信

2013年10月22日 (火)

平成26年度診療報酬改定の動向(57) 中医協総会~DPC制度中間報告

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 22 日 平成26年度診療報酬改定の動向(57)

Share on Facebook


16日に開催された中医協総会「DPC制度(DPC/PDPS)に係るこれまでの検討状況について(中間報告)」が議題となっています。
中間報告の内容は9月20日に診療報酬調査専門組織 DPC評価分科会がまとめたものと同じで、ほぼ煮詰まっています。
DPC制度については、平成24年度診療報酬改定答申書附帯意見において、医療機関群の設定、機能評価係数Ⅱの見直し等の影響を踏まえながら、今後3回の改定を目途に継続する段階的な調整係数の置き換えを引き続き計画的に実施することとされています。
また、8月22日の中医協総会において、基礎係数・機能評価係数Ⅱの次回改定対応に係る基本方針について、次のことが了承されています。
①基礎係数・機能評価係数Ⅱによる評価体系の基本骨格
○ 医療機関群別の基礎係数と各施設の実績に基づく機能評価係数Ⅱ(一部病院群別)という評価体系の基本骨格は維持する。
②医療機関群の設定
○ 現行のⅠ群(大学病院本院)及びⅡ群(Ⅰ群に準じる病院)は、引き続き維持する。
○ 現行のⅡ群の要件である、「診療密度」、「医師研修」、「高度な医療技術」、「重症患者に対する診療」について全てⅠ群(大学病院本院)の最低値(但し、外れ値を除く)をクリアする、という考え方については、引き続き維持する。
○ 「高度な医療技術の実施」については、現行の外保連手術指数による評価を基本としつつ、以下の点については、予め明確化する。
・実施された手術のうち、外保連手術指数との結び付けが不可能と判断された手術については、評価の対象外とする(現行の考え方を維持)。
・外保連手術指数の集計においては、様式1 に記載された手術のうち、複数の記載がある場合については、最も外保連手術指数が高い手術の指数に基づき評価する。
③機能評価係数Ⅱの評価体系
○ 現行の6項目による評価(うちカバー率、複雑性、地域医療は群別の評価)の体系自体は原則維持する。
上記方針に関し、次回改定に向けた検討課題については、次のことが了承されています。
②医療機関群の設定
○ Ⅰ群及びⅡ群以外の病院(Ⅲ群)に関する医療機関群設定のあり方については、今後の実績を踏まえて検討する。
○ それぞれの要件の具体的な評価手法については、現行の評価手法を基本としつつ、今後の実績を踏まえた必要な見直しについて検討することとする。
③機能評価係数Ⅱの評価体系
○ 新規評価項目の追加については今後、引き続き検討することとする。
○ 各項目の具体的な評価手法(指数から係数への変換等)については、今後の実績や医療機関の機能分担・連携の進展状況等も踏まえながら、必要に応じて見直すこととする。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼豆知識~DPC

もともと1986年、アメリカエール大学で商品管理を医療に応用する研究に端を発する。
(とウィキには書いてあったで。どういうこっちゃろ。)えーい、丸写ししまひょ。

米国で開発された診断群分類は、DRG(Diagnosis Related Group)と呼ばれている。DRGには資源消費の均質性という特徴があり、1983年、米国において、メディケアの入院医療費の支払方法として診断群分類ごとの包括支払い方式が採用された。これをDRG/PPSという。

1996年、日本でも診断群分類をベースとした定額制の方向が示され、1998年に急性期入院医療費の定額支払い方式の試行事業(日本版DRG/PPS)が開始された。その後2003年にこの診断群の考え方を踏襲して誕生したのがDPC包括支払いである。

現在、DPC病院は全体の半分以上を占めているそうな。
そのほうが楽だし、経営的にうまみがあるのでしょうか。
患者さんにとってはどうなんだろう。

▼アクセス解析

きのう一日の。

解析対象期間: 2013年10月21日(月)

 

ページ別アクセス数

アクセス数: 744
訪問者数: 550
解析ページ 訪問者 アクセス
1 かささぎの旗: アメリカの社会保障制度(2)             マネージドケア(制限医療)の発生 3361 6.0% 8.2%
2 かささぎの旗: トップページ 2252 4.0% 7.0%
3 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 2226 4.0% 3.5%
4 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(169)            介護保険での看取り介護加算 1823 3.3% 3.1%
5 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは 1119 2.0% 2.6%
6 かささぎの旗: 音楽 118 0.2% 2.4%
7 かささぎの旗: 病床の機能分化について ~  第6次医療法改正 1114 2.0% 1.9%
7 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 1314 2.4% 1.9%
7 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(47)(48) 中医協の診療報酬改定結果検証部会報告 1214 2.2% 1.9%
10 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(3)  喜矢武豊という天才的プロデューサー 1013 1.8% 1.7%
10 かささぎの旗: 幻の命(3)  各宗教における妊娠中絶 213 0.4% 1.7%
10 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(10)  改革の方向性 913 1.6% 1.7%
13 かささぎの旗: 人口動態の動向(6) 乳児死亡率の低さナンバーワンをスウェーデンに奪われた理由 1112 2.0% 1.6%
14 かささぎの旗: タイみやげ 59 0.9% 1.2%
15 かささぎの旗: 連歌師5・紹巴  鶴崎裕雄 18 0.2% 1.1%
15 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 68 1.1% 1.1%
15 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(3) 市町村に都道府県が援助するものー保険基盤安定制度および財政調整交付金 48 0.7% 1.1%
15 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 88 1.5% 1.1%
15 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(40)中医協中間とりまとめから 68 1.1% 1.1%
20 かささぎの旗: 整骨院の助手のしごと。 67 1.1% 0.9%
20 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(160)        7対1 入院基本料の算定要件 67 1.1% 0.9%
22 かささぎの旗: 連歌師5・紹巴  鶴崎裕雄 16 0.2% 0.8%
22 かささぎの旗: 山ノ井用水路ー水神への接近3 26 0.4% 0.8%
22 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 66 1.1% 0.8%
22 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 46 0.7% 0.8%
22 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(50) 訪問看護の実施状況 56 0.9% 0.8%
22 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(53) 後発医薬品、一般名処方は使用にやや効果あり。 56 0.9% 0.8%
28 かささぎの旗: スペイン語圏の国々 35 0.5% 0.7%
28 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 55 0.9% 0.7%
28 かささぎの旗:  国民健康保険の財源(6) 保険の保険ー共同事業という名のお財布 45 0.7% 0.7%
28 かささぎの旗: 中国の社会保障制度(1)                    都市部と農村部で異なる制度 15 0.2% 0.7%
28 かささぎの旗: フィリピンの社会保障制度(3)  公的医療保険への未加入者が三分の一 35 0.5% 0.7%
28 かささぎの旗: 医療従事者の給与(3)  医療職種ごとの賃金比較その2 55 0.9% 0.7%
28 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(7対1)について 35 0.5% 0.7%
28 かささぎの旗:  平成26年度診療報酬改定の動向(49) 在宅医療の実施状況及び医療と介護の連携状況調査 45 0.7% 0.7%
28 かささぎの旗: 2013年10月 55 0.9% 0.7%

アクセス推移

途中でぶつっと切れますが、アクセス数の推移。

アクセス数: 744 (前日値:512)
訪問者数: 477 (前日値:326) 前日のグラフを表示
20
15


23
16


10
5


5
3

5
4

7
7
13
5


53
9


18
14


32
25


42
36


37
29


35
25


55
27


45
35


52
31


30
26


42
31


39
21


32
18


21
14


55
28


38
28


35
25


0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

ここ一週間の。

解析対象期間: 2013年10月15日(火) ~ 2013年10月21日(月)

 

国・言語

訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかります。

集計対象訪問者数:2,842
言語 割合
1 [ja] Japanese 2,508 88.2%
2 [en] English 328 11.5%
3 [zh] Chinese 4 0.1%
4 [fr] French 1 0.0%
4 [ko] Korean 1 0.0%

ページ別アクセス数

アクセス数: 4,338
訪問者数: 3,392
解析ページ 訪問者 アクセス
1 かささぎの旗: トップページ 158317 4.7% 7.3%
2 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 133163 3.9% 3.8%
3 かささぎの旗: アメリカの社会保障制度(2)             マネージドケア(制限医療)の発生 63122 1.9% 2.8%
4 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 87115 2.6% 2.7%
4 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(47)(48) 中医協の診療報酬改定結果検証部会報告 88115 2.6% 2.7%
6 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(169)            介護保険での看取り介護加算 90106 2.7% 2.4%
7 かささぎの旗: 片桐ユズルの詩「幼年時代」  やなせたかしの本から 7187 2.1% 2.0%
8 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 6371 1.9% 1.6%
9 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 6768 2.0% 1.6%
10 かささぎの旗: 人口動態の動向(6) 乳児死亡率の低さナンバーワンをスウェーデンに奪われた理由 5366 1.6% 1.5%
11 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは 4865 1.4% 1.5%
12 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(3)  喜矢武豊という天才的プロデューサー 5364 1.6% 1.5%
13 かささぎの旗: 病床の機能分化について ~  第6次医療法改正 4756 1.4% 1.3%
14 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 5255 1.5% 1.3%
15 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(10)  改革の方向性 3750 1.1% 1.2%
16 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(160)        7対1 入院基本料の算定要件 4348 1.3% 1.1%
17 かささぎの旗:  平成26年度診療報酬改定の動向(49) 在宅医療の実施状況及び医療と介護の連携状況調査 2941 0.9% 0.9%
18 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(7対1)について 2834 0.8% 0.8%
19 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 2633 0.8% 0.8%
20 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 3032 0.9% 0.7%
21 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(3) 市町村に都道府県が援助するものー保険基盤安定制度および財政調整交付金 1929 0.6% 0.7%
21 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 2229 0.6% 0.7%
21 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(50) 訪問看護の実施状況 2429 0.7% 0.7%
21 かささぎの旗: 音楽 1129 0.3% 0.7%
21 かささぎの旗: 『円交五号』 729 0.2% 0.7%
26 かささぎの旗: 幻の命(3)  各宗教における妊娠中絶 1128 0.3% 0.6%
26 かささぎの旗: 「天地明察」 2128 0.6% 0.6%
28 かささぎの旗: 一般病床の入院基本料(有床診療所) 1827 0.5% 0.6%
28 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(40)中医協中間とりまとめから 2527 0.7% 0.6%
30 かささぎの旗: スペイン語圏の国々 1926 0.6% 0.6%
30 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(1)               ゆりかごから墓場まで 2426 0.7% 0.6%
32 かささぎの旗: 五條家御旗祭りに参加して~太郎良盛幸・文 1525 0.4% 0.6%
33 かささぎの旗: 批評をまなぶ 1124 0.3% 0.6%

アクセス推移

アクセス数合計: 4,338 (日平均: 620)
訪問者数合計: 2,904 (日平均: 415)

















































































10/15 10/16 10/17 10/18 10/19 10/20 10/21

累計アクセス数: 1304214 1日当たりの平均: 455.70

日付
2013年10月15日(火) 463人 645件
2013年10月16日(水) 425 617
2013年10月17日(木) 471 709
2013年10月18日(金) 426 641
2013年10月19日(土) 316 470
2013年10月20日(日) 326 512
2013年10月21日(月) 477 744

十五分のあいだに

十五分のあいだに
十五分のあいだに

心をのこす

心をのこす

官兵衛とケネディ

官兵衛とケネディ


iPhoneから送信

つき

つき


iPhoneから送信

掃除の時間は仕事か否か

娘と久しぶりに会って、言われたことに、

おかあさん。こないだあったときより、マシになったね。
前回羽犬塚まで迎えにきてくれたときは、うわあって思った。

うん、そうかも。病院につとめていたころ、きつかったからね。
食事もままならなかったし、体重、最低まで落ち込んでいた。
調理師の若い男の子に同情されて、犬並みに食べ物を恵んでもらって。
なにもたべてないでしょ。ほら、これをみえないところでたべなさい。ってね。
残業しても、それはあんたがさばけないから、というかんじでサービス残業。
七時間半分の賃金しか出ないわけ、十時間働いても。
それは精神的にも肉体的にも最低だった。
だれのせいでもない自分のせいだとわかっていたし。
ブログ書いてなきゃ、へたばっていた。

という話をしたら、娘がこういった。

こないだやめた職場が、だんだんそうなっていったんだ。
新しいビルになっても、管理がきつくて、古い人たちはみな次々にやめていった。
能率ばかりいうから。
二時間も前に職場に出て、前準備したり、すべてサービス残業。
休みも取りにくくなって、これじゃ生活できないものね。
休み、急に必要になるやん。でもそれ、禁止だっていうんだよ。
掃除の時間も勤務時間外でしなきゃいけないし。

えっ、それはひどいね!
掃除は勤務時間でしょうよ。

ということで、私はつい最近の事例を思い出した。

いまのかささぎの仕事は、学校給食や病院厨房や飲食店など大量調理をするところの厨房機械の最終仕上げと梱包なのですが、ときに再生品も手がけます。

ガス種変更とかの改造であったりするのですが、そのなかに一年前に出荷した記憶に新しい機種があった。
ものすごく汚れていた。油まみれ。
おそらく、一度も掃除していない。
ファストフード店のそれは四六時中つかいっぱなしなのだろう。
手入れする余裕のない職場が浮かぶ。

まず、油汚れをせっせとおとした。ものすごく手間がかかった。

おなじころ、個人のスチコンで、平成17年3月購入、と内部に肉筆で書き込みのあるスチコンも再生した。
これは驚く程きれいだった。十年ちかくたっているはずなのに!

手入れ次第で機械はいくらでも持つのだと確信した事例。

2013年10月21日 (月)

働く切手 5

働く切手  5

バラのブーケ

正式には、赤いブーケ

グリーティング切手 中丸ひとみ作

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2012/h250201_t.html

平成26年度診療報酬改定の動向(56) 後発医薬品使用に関する分析の2~患者側から

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 21 日 平成26年度診療報酬改定の動向(56)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会による、患者の後発医薬品使用に関する分析は次の通りです。
・患者の後発医薬品の認知状況は、「知っている」が74%、「名前は聞いたことがある」が22%、「知らない」が3%となっていた。
厚生労働省および関係機関はすべての患者が後発医薬品を理解できるように啓蒙を続けていく必要がある。
・後発医薬品を知っていると回答した人のうち73%が後発医薬品の使用経験があり、16%が使用経験ないと答えた。
経験した人の割合は前年度調査結果(61%)より増加した。
・後発医薬品を知っていると回答した人のうち16%が後発医薬品の処方を医師に、41%が薬剤師にお願いしたことがあると回答した。
それらの数値は、前年度調査結果の14%、33%より少し上がっている。
・後発医薬品を知っていると回答した人のうち51%が先発医薬品から後発医薬品に変更したことがあると答え、37%が変更したことがないと答えた。
変更したことがある人に対し、先発医薬品から後発医薬品に変更した最大のきっかけをたずね、項目の中から単数回答してもらったところ、「薬剤師からの説明」が圧倒的に大きく、次いで「医師からの説明」であった。
・患者の後発医薬品の使用に関する考えとして項目の中から選んでもらった結果は、多い順に、「先発医薬品や後発医薬品にこだわらない」、「できればジェネリック医薬品を使いたい」、「わからない」、「できればジェネリック医薬品を使いたくない」であった。
「できればジェネリック医薬品を使いたくない」と考えている人が約1割程度であるから、患者に対する情報提供などを含めて、後発医薬品に関する啓蒙を行うことによって後発医薬品の使用をさらに増やすことも可能と考えられる。
・後発医薬品を使用するにあたって重要なことを複数回答してもらったところ、多い順に、「効果があること」、「窓口で支払う薬代が安くなること」、「副作用の不安が少ないこと」、「医師のすすめがあること」、「薬剤師のすすめがあること」、「先発品と同じ点・異なる点を説明してもらえること」、「少しでも医療財政の節約に貢献できること」であった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
後発医薬品が進まない理由として、保険薬局は「患者が後発医薬品を希望しなかった」ことをあげ、医師は「患者からの強い要請があったから」ということをあげていますが、患者が先発医薬品を後発医薬品へ変更する契機としては、薬剤師と医師の貢献が大きいという結果です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

きのう。日曜日。
朝、資源ゴミ仕分け、長男がお宮まで運ぶ。
長女が一泊していちごべやのベッドに寝たところ、久々にぜんそくが出たといって、この家のハウスダストおそろしやと言いすて、博多の清潔なビルに帰っていった。
ひさかたに娘の怒りのパワー、口をぽかんとあけて見送る。

で、それにしても汚なすぎる。
だいぶ戸棚のものを棄てたらすっきり。

ありがとう。むすめよ。
もう母には怒りのパワーはないけれど、羞恥心はまだあるぞ。

母は黒木の温泉にいとこが連れてってくれる。
なにも作りたくなくて、テレビのカップ麺の宣伝で、元テニス選手のやっている麺の達人、がとてもおいしそうに思えて、息子に買ってきてと頼む。
すると、マルキョーで買ってきたのは、麺の力。
ちがうやん!
でもたべてみる。
・・あんまりちからでんかった。

おいしくて安かったらほうっといても売れる。

くすりもおなじかもしれません。
よく効いて安かったらうれしい。
でもさ。
患者としてはそんなこと(どこのメーカーのなんて)気にしない。
おいしゃさまがくださるものを信じてのみます。

だから、説明することは、ねているこを起こすみたいでもある。

串間への地図

串間への地図

九州俳句誌の随想欄で宮崎の大浦フサ子さんの戦記をネットに転載しておりましたところ、お手紙をくださいました。嬉しかったそうです。もう最近は戦記など目にとめてくれる人もなくなってきたから、と書かれていました。
知らないことを教えてもらえるので、戦記は貴重です。
お手紙では母より一学年下の同年輩、けれどもまだ車も運転なさり、足腰もお元気なご様子です。
串間に娘婿の実家があるから、今年中には行きたいのですが。
となにげなく返信に書いていたところ、わかりやすい地図をくださいました。



2013年10月20日 (日)

タイみやげ

タイみやげ

娘のタイみやげは。

モン族(みゃお族、中国の。苗族)の本絹手織りマフラー。
象付き携帯ケース。
絵葉書二枚。

ありがとう。

多くの寺と遺跡の写真をみせてくれたが、全部同じ仏像に見えた。
ひと月バンコクのホテル住まいをしたそうな。
学校は日本語で教えてくれるものにしてたので、英語式より倍高かったそうですが、そのぶんよくわかった、とのこと。
毎日夫がメールをしてきたが、受けると高いので着信拒否をしてたそうな。
娘の携帯はスマートフォンじゃなく、むかしのです。
わたしにも一度もくれませんでしたねえ。
食事も露店のをたべていた。
七つほどの駅の区間を歩いて学校へ通っていた。

で、一度もおなかをこわさなかったって。
空気はとてもわるかったようですが。たべものは、すべてが甘かったそうです。

(いちばんのタイ土産は、タイ式古式マッサージ習得でしょう。)

でも、と、気になっていたことを聴いた。

なんでタイ式古式マッサージなん?
マッサージするほうが調理師よりきついんじゃないの。

すると娘いわく。

「タイに行きたかったんよ!」

へ~。

あしたから、あたらしい職場で働くそうな。早!

タイ古式マッサージ;http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E5%8F%A4%E5%BC%8F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8

平成26年度診療報酬改定の動向(54)(55) 後発医薬品の使用状況と分析

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 20 日 平成26年度診療報酬改定の動向(55)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会による、医療機関・医師の後発医薬品使用についての分析は次の通りです。
・入院患者に対する後発医薬品の使用状況は、かなり高い割合となっている。
・外来診療における後発医薬品の処方は、院外処方を実施している病院を対象に対応方針をたずねたところ、41%が「積極的に使用する」と回答し、前年度調査結果(16%)より大きく増えていた。
・診療所・病院に1 年前と比較して外来診療における後発医薬品の処方の変化をたずねたところ、診療所の52%(前年度調査結果36%)、病院の55%(前年度調査結果43%)が多くなったと回答した。
医療機関の外来診療における後発医薬品の処方も進んでいることを把握できる。
・診療報酬改定以降、後発医薬品への「変更不可」欄にチェックした処方せんの発行経験の有無を医師にたずねたところ、診療所では「ある」が40%、「ない」が56%(前年度63%)、病院では「ある」が32%、「ない」が65%(前年度70%)であった。
医師が必ずしも後発医薬品の使用に消極的ではないといえるが、いまなお約3~4割の医師が「変更不可」に署名していることに留意する必要がある。
医師が「変更不可」に署名する理由を複数回答でたずねたところ、「後発医薬品の品質が不安だから」、「患者からの強い要請があったから」、「先発医薬品を長く使用し信頼しているから」、「後発医薬品の治療効果の違いを経験したから」となっている。
・「患者からの強い要請があったから」という理由を解消させるには、患者の後発医薬品に対する意識を変えさせる必要がある。
「後発医薬品の品質が不安だから」という理由を解消させるには、厚生労働省をはじめ関係機関が医師に対して後発医薬品の品質の不安を解消させる必要がある。
・どのような対応がなされれば医師の立場として後発医薬品の処方を進めても良いかをたずねたところ、「厚生労働省による品質保証が十分であることの周知徹底」、「後発医薬品メーカー卸による情報提供体制の構築」、「後発医薬品の価格のバラツキや品目数の整理統合」、「一般名処方を行いやすくする環境の整備」、「後発医薬品に対する患者の理解」、「後発医薬品を処方する際の診療報酬上の評価」であった。

2013 年 10 月 19 日 平成26年度診療報酬改定の動向(54)
Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち「後発医薬品の使用状況調査」では、平成24年度診療報酬改定以外の項目(保険薬局、医療機関・医師、患者における後発医薬品の使用状況、後発医薬品使用についての意識等)についても分析されています。
保険薬局に関する分析は次の通りです。
・処方せんの77%が1品目でも「変更不可」となっていない処方せんであるにもかかわらず、そのうち、保険薬局において後発医薬品を調剤した割合(49%)は、前年度調査結果のよりは増加しているものの50%に至っていない。
しかし、一般名処方によるものを後発医薬品で調剤した場合を含むと後発医薬品調剤割合は大きく増加している。
このことから、保険薬局における後発医薬品の変更調剤の試みは一定程度進んでいると推察できる。
・保険薬局に後発医薬品の調剤に関する考えをたずねたところ、「積極的に取り組んでいる」と回答した割合(30%)が前年度調査結果(39%)よりも減少している。
しかし、「後発医薬品の調剤にあまり積極的には取り組んでいない」と回答した割合(12%)は前年度調査結果に比べて半減しており、後発医薬品の調剤に対して消極的ではないと推察される。
・「あまり積極的に取り組んでいない」理由としては、「近隣の医療機関が後発医薬品の使用に消極的である」、「在庫管理の負担が大きい」、「後発医薬品の品質に疑問がある」、「後発医薬品の効果に疑問がある」があげられている。
・保険薬局の医薬品は、在庫金額においても廃棄額においても、後発医薬品は全医薬品に比べて増加率が大きかった。
後発医薬品の使用が進むほど在庫管理の負担ということを考えなければならなくなる。
・今後、保険薬局の立場から後発医薬品への変更を進めるための要件を選んでもらったところ、「後発医薬品に対する患者の理解」、「後発医薬品の価格のバラツキや品目数の整理統合」、「厚生労働省による、医師や薬剤師に対する後発医薬品の品質保証が十分であることの周知徹底」、「後発医薬品メーカー・卸における在庫の確保」、「後発医薬品に関する説明の手間や後発医薬品の調剤による薬剤料の減などを考慮した調剤報酬上の一層の評価」等であった。
・後発医薬品の品目数が多過ぎること、一般名処方が普及しないこと、後発医薬品を銘柄指定した上で「後発医薬品への変更不可」欄に署名した処方せんが見受けられることなどといった問題点もあげられていた。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼資料(ウィキ、後発医薬品からの引用)

同じ成分の先発医薬品と後発医薬品で効能・効果(適応症)が異なることがある。これは先発医薬品が有する用途特許が残っており、それが原因で同じ成分の後発医薬品がその効能・効果を謳えないことに起因する。実際に使用した患者や医師からは、効果に違いがあるとの意見があり、学会でも先発品の13%しか体内で吸収されないものや、逆に140%も血中濃度が上がってしまうものもある、といった報告があるという[要出典]。また、薬の添加物や剤形が変わることによって、例えば薬の溶け出す速度が変化したり、有効成分が分解されやすくなったりする可能性があり、内服薬の飲み易さ、外用剤の剥がれ易さなどにも違いが生じる場合がある。特に小児科においては、小児用内服薬の矯味(味付け)が薬により異なるため、薬を変更すると患児の嗜好によっては服用させること自体が困難になることがあり、切り替えには慎重を要する。なお、同一成分ながら患者の疾病に対する効能・効果を有していない後発品を処方または調剤した場合、不適切な薬剤を投与したとして、医療機関の報酬点数が減点される場合があり、これを回避するため、後発品の使用や変更を敬遠する医師も存在する。

オレンジブックとは後発医薬品の使用促進のため米国で発刊されているもので、 FDAが先発医薬品と後発医薬品の生物学的同等性の判定を行い(生物学的同等性試験)、 その治療上の同等性についての評価を掲載したものである。

日本版オレンジブックとは「医療用医薬品品質情報集」のことで、上記の品質再評価の経過や結果を掲載したものである。

日本版オレンジブックは通知のごとに発行されるため一覧性が無く、通知に含まれない重要な品質再評価情報が掲載されないことがある為、日本ジェネリック製薬協会がこれらを補い更に広範囲の情報を掲載したものを「オレンジブック総合版」としてネット上で公開している[

後発医薬品の普及率は、アメリカ、イギリス、ドイツなどの国では数量ベースで5割近くを占めるのに対し、日本では1割程度に留まっていた。これはブランド嗜好が強い国民性やパターナリズム(家父長主義)が浸透していた医療の現場において医師が、情報提供が少なく信頼性に不安を感じる後発医薬品よりも、長年の育薬に基づく豊富な情報が提供され、後発品に比べて薬効・供給量の安定している先発医薬品を処方した為と考えられる[11][12]

医療費に占める薬剤費比率は、上昇傾向の欧米諸国に対し、日本は薬価差(=保険請求価格-購入価格)削減により低下傾向を示し、既にフランスイタリアより低率となった。しかし依然、高めな理由は投薬の種類・量が多い為ではなく、先発医薬品の薬価が高すぎる為であり、[要出典]財政制度等審議会 財政構造改革部会資料によれば、後発医薬品に変えることで1兆3千億円程度削減できるとの試算がある。

近年、急に後発医薬品が注目されるようになったのは、バブル崩壊後の長引く不況の中で健康保険財政の破綻に直面し、政府が少子高齢化を迎えての医療費削減を唱え、その一環として薬価の低い後発医薬品に着目した為である。

しかしながら、低価格な錠剤では先発医薬品との価格差が顕著に表れない例もある。

2008年に行われた小規模な調査(医師600人、薬剤師400人)では、半数の医師が「後発品への変更不可」とした事があると答えた[14]。医師が「変更不可」とした薬剤で最も多かったのは抗癌剤、次いで降圧薬、一方、薬剤師が「変更可」でも先発品を選ぶ薬剤で最も多かったのは、抗精神病薬向精神薬抗うつ薬、次いで抗癌剤となった。その一方で、「後発医薬品への変更不可」の指示はオーダリングシステムによって誘導されているとの指摘もあり[15]、日本ジェネリック医薬品学会ではこれを是正するための仕様書を公表した[16]

2008年に厚生労働省生活保護世帯に後発医薬品を事実上強制する通知を自治体に出した(生活保護世帯は医療費を自己負担せずに公費負担となっているため)。従わなければ生活費の支給を停止するというもので、後に撤回することとなった[17]

母の畑

母の畑

母の畑

黄昏の寺田村

黄昏の寺田村

寺田村

綺麗な寺田村

綺麗な寺田村

2013年10月19日 (土)

働く切手 4

働く切手   4
働く切手   4

きじばと

2013年10月18日 (金)

つきのみや!

つきのみや!

 

くうべぬ?

くうべぬ?

平成26年度診療報酬改定の動向(53) 後発医薬品、一般名処方は使用にやや効果あり。

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 18 日 平成26年度診療報酬改定の動向(53)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち「後発医薬品の使用状況調査」については、診療報酬改定で実施された後発医薬品の使用促進施策のうち、①保険薬局の調剤基本料における後発医薬品調剤体制加算の見直し、②一般名による記載を含む処方せんを交付した場合の加算の新設、③医療機関における後発医薬品使用体制加算の見直し、の三つの施策について検証が行われています。
「① 保険薬局の調剤基本料における後発医薬品調剤体制加算の見直しの検証」については次の評価が行われています。
・算定要件の見直しが行われ、後発医薬品の調剤率の数量ベースの平均値が増加した。
・後発医薬品の調剤率が一番高い後発医薬品調剤体制加算を算定している薬局が増加していること、後発医薬品調剤体制加算を算定している保険薬局数の割合が増加していることから、この加算の存在が保険薬局の後発医薬品調剤の増加に貢献している面を把握できるが、3分の1の保険薬局は後発医薬品調剤体制加算を算定していない。
「② 一般名による記載を含む処方せんを交付した場合の加算の新設の検証」については次の評価が行われています。
・保険薬局では、「先発医薬品(準先発品)名で処方された医薬品目数」は67%、「後発医薬品名で処方された医薬品目数」は15%、「一般名で処方された医薬品目数」は15%であった。
一般名で処方された医薬品のうち62%が後発医薬品を選択しており、一般名処方による後発医薬品の使用促進効果はあったと考えられる。
しかし、一般名処方の処方せんを持参した患者で保険薬局が後発医薬品を調剤しなかった理由として最も大きな割合を示したのは、「患者が後発医薬品を希望しなかったから」であり、72%であった。

・後発医薬品への変更不可欄に処方医の署名のない処方せんで1品目でも先発医薬品を後発医薬品に変更した処方せんが21%あり、平成23年度調査結果(6%)に比べて著しく増加している。
後発医薬品への変更可の処方せんの後発医薬品への変更割合が40%以上となっている保険薬局の割合は26%となっており、平成23年度調査結果(6%)を大きく上回っている。
高い率で後発医薬品への変更を行っている保険薬局が明らかに増加しており、一般名処方は後発医薬品の使用促進に効果があった。
・一般処方による処方せんを発行した経験のある医師は、病院ではまだ3割程度であるが、診療所では5割を越えている。
・一般名処方の処方せんの患者認知度は49%であった。
・一般名処方の処方せんを知っていると回答した患者のうち、一般名処方の処方せんを受け取った経験がある者は61%であった。
一般名処方の処方せんを受け取った経験のある患者に、一般名処方の処方せんを受け取って困った経験の有無をたずねたところ、17%が「ある」、80%が「ない」と回答した。
・一般名処方の処方せんを受け取った経験のある人が一般名処方の処方せんについて保険薬局の薬剤師から受けた主な説明内容は「一般名処方では医薬品を患者が選択できる」「ジェネリック医薬品とは何かという説明」「先発医薬品とジェネリック医薬品との価格差」であった。
「③ 医療機関における後発医薬品使用体制加算の見直しの検証」については次の評価が行われています。
・後発医薬品使用体制加算の算定状況は、有床診療所で10%、病院で22%にとどまっているが、算定医療機関の半数は改定以降に施設基準の届出を行っており、後発医薬品使用体制加算の見直しに一定の効果があった。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼逡巡

見出し語。
効果あり。として、もう一度読み直し、やや、を入れる。

▼保健医療経営大学時間学講座

What’s 時間学 ? (18)

「タイムトラベルについて」(その1)

(1)

みやま市の子どもだけでなく、筑後一円の多くの子ども達が毎年楽しみにしている55日の

こどもの日イベントに、「鯉・恋・来」があります。ゴールデンウイークの期間、みやま市高田町

濃施山公園(古墳群もあります)の丘に谷に、鯉のぼり300匹ばかりが元気に泳ぎわたる

情景は壮観です。そして、最終日のこどもの日には多くの楽しい企画で盛り上がります。鯉の

ぼりを題材にしてみんなでスケッチをしたり、紙飛行機を飛ばしたり、ポニーに乗馬したりまた

紙芝居のおじさんもやってきます。

25回目を迎えた今年のビッグイベントは「タイムカプセル」の開封でした。10年前15回の

企画で、100人余の参加者が10年後の自分にまた家族に宛てて、自分の夢をまた子供の

成長の姿をはがきに書いて「タイムカプセル」に収めていたのです。そのはがきを今回発送

しましたが、大半が名宛の人にまで届けられました(「鯉・恋・来」のことについては、来年

5月頃にお伝えできることと思います)。 

そして、保健医療経営大学の時間学研究会5月の発表題は「タイムトラベルについて」で

した。

学び舎に ダリアのピンク 綾を添ふ

画像 002

(いよいよダリアの開花です。品種名には、「ポートライト・ペアビューティー」とあり、

 花冠の径は10センチほどです。8月初めに星野村からポット姿で輿入れした3品

 種 、4株はトレーニング棟の前で学生達をやさしく見つめています。右上隅には

 堅い蕾が次の開花を待っています。

 今回は新しいカメラマンの登場です、学務課で広報を担当されている富松俊之

 さんから届きました。ありがとうございました。)

(2)時間学研究会 第4回記録

1)日時:2013516()183020:30 2)場所理事長室 3)参加者7名(うち市民1名)

4)発表者とテーマ

    橋爪 章 先生(保健医療経営大学学長

    「タイムトラベルについて

5)配布資料:テーマと同名のレジュメ(全ページ)

6)内容 発表者がレジュメにそって説明し、発表後に質疑応答があった。

・発表者は、「500年前の日本」(室町時代(特に天文年間)に関心)というテーマで報告し

かったが、あまりにも手がかりがなさ過ぎること、まだ形にするのは難しいとのことなど

から、今後へのテーマとされた。そして、かねてから関心があり時間学研究を行う上では

避けて通れないであろう、「タイムトラベル」を今回の報告テーマに設定された。

(要旨)

・フィクションの世界(SF)では、16世紀頃から時間軸方向への移動をテーマにした著作

出されている(16世紀?『浦島太郎』(御伽草紙)、1887年『時間遡行者』(エンリケ・

ガスパール・イ・リンバウ)、 ・・・『タイムトンネル』 『ドラえもん』 『バック・トゥ・ザ・フュー

チャー』など)。

現実的には、生身の人間であっても、未来への一方通行の移動であれば可能では

いかということが理論的には明らかにされている(相対性理論)。現実にもそれに近い事象

(睡眠、精子の冷凍保存、クライオニクス(cryonics、人体冷凍保存) など)までは起こって

いる。

・物体であれば未来への一方通行移動は可能ではないかと思われ、これまで古墳・遺跡、

タイムカプセル等が造られてきているが、現実には内容物の劣化の可能性は避けられず、

設置者の意図通りに未来に伝えることは難しい。

・情報であれば未来への一方通行移動は可能ではないかと思われるが、実際は現在ある

厖大な情報のほとんどは忘れ去られてしまう情報であり、仮に電子媒体に記録されていて

読み取り装置が無くなる可能性も高く、情報作成者の意図通りに未来に読まれるかどう

かは不確実である。

・逆に過去への移動を考えた場合、人間やモノを過去に飛ばすことは出来そうにない。

・ただし、情報の過去への伝達可能性については、かなり高い確率で可能性があるのでは

ないか。ホーガン氏のSF『未来からのホットライン』は、理論的な裏付けがある仮説に基づ

ており、あながちウソとは言い切れない所がある。現実的にもコネチカット大での素粒子

に情報を載せて過去に送る実験計画がある。

・なお、我々は未来からの情報を得ているのではないか(例えば、正夢、予感、予知などが

それでは)という事を、発表者自身の体験談を元に話された

7)質疑応答

・情報が未来に伝わらないという側面もあるだろうが、一方ではDNA情報の様に、解析技術

が見つかり3つの情報の羅列であることが明らかになり、情報が読み込めるようになった

ものもある。

・読み取り装置がなくなり情報が失われるという事もあるが、新たに読み取るこ

とができるようになるという面もあるのではないか。

 

(なお、この項「 6)内容:、7)質疑応答 」は、内田和実先生による議事録をベースにして

紹介させていただきました。ありがとうございました。)

8)その他

次回に、「タイムトラベルについて」(その2)で、発表者の資料編を掲載予定です。ご期待

ください。

(投稿者:松永伸夫)

▼かささぎの一人ごと

このぶん。参加したかったときのだ。
どうもおまとめ、ありがとうございます!
タイムトラベル。エイトマンで西へいけば、ときのかべをこえて、過去へいけんか?

綾。彩と綾はどう違う。

とは、ること。り(カラーリング、配色)。
(あや)はななめに交差する織物のあり方の総称。また 、これにより単染色の紋織物をさす。

石橋秀野と澤田綾乃。それ、並べてみたことがあったなあ。
ああ。仕事中、みやこさんの思い出ばかり出てくる。

こういう細かな記憶をとりだすことも、時間学の一部よね。
ある具体的なモノをみたとき、ふいにおきる憑依現象。

ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ

むすめがすすめた映画。

みた。

髪型に深いわけがあったんだ。

2013年10月17日 (木)

働く車

働く車


iPhoneから送信

働く切手 3

働く切手  3

シジュウカラ、コアオハナムグリ

平成26年度診療報酬改定の動向(52) 医療安全対策

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 17 日 平成26年度診療報酬改定の動向(52)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち、「医療安全対策や患者サポート体制の評価の効果の調査」については次の評価が行われています。
・平成24年度診療報酬改定では、感染防止対策加算について、医療安全対策加算とは別の評価体系に改めるとともに、感染防止対策チームの人員要件を緩和した感染防止対策加算2を新設し、感染防止対策加算2を算定している医療機関は感染防止対策加算1を算定する医療機関と連携していることとしたが、感染防止対策加算1もしくは2を届け出ている病院の施設基準の届出時期としては、診療報酬改定直後が最も多かった。
感染防止対策加算の届出施設の多くは医療安全管理部門とは別に専門の感染制御チームを設置している。
感染制御チームを設置し院内感染防止対策に取り組んだ結果として、「職員の感染防止対策の知識や意識が向上した」「感染発生や感染防止対策に関する情報が感染制御チームに一元化した」「病室や水回り環境の清潔保持等、環境の整備が進んだ」「職員による院内感染防止の取組が徹底して行われるようになった」などの効果を挙げる施設が8割を超えた。
抗菌薬の適正使用を図るために実施している取組内容としては、感染防止対策加算1の届出施設では、他の施設と比較して、「抗菌薬の使用に関する届出制の採用」「抗菌薬の血中濃度測定とそれに基づく適正な投与設計」「院内微生物学的検査を実施できる体制の確保」「耐性菌検出状況調査と抗菌薬使用状況調査の連携」等、抗菌薬の適正使用を図るための様々な取組が積極的に行われている。
・平成24年度診療報酬改定において、他の医療機関と連携した感染防止対策の取組について「感染防止対策地域連携加算」が新設されたが、こうした他の医療機関と連携して感染防止対策に取り組むことについて、効果があったと回答した割合を合わせたものは約8割となった。
・新規入院患者千人あたりのMRSA及び多剤耐性緑膿菌の感染者数が大きく減少していることから、感染防止対策の促進効果はあったものと考えられる。
・平成24年度診療報酬改定では、医療従事者と患者との対話を促進するための一定の資格を有する者による患者等に対する相談窓口の設置など、患者サポート体制を充実させるための具体的な対応策をあらかじめ準備し、患者の不安の解消に積極的に取り組んでいる医療機関への評価を新設したが、新設された患者サポート体充実加算を届けている施設において、患者相談支援窓口を医療安全対策加算の窓口とは独立して専門部署を設置している施設は約6割あった。
・患者相談支援窓口では、「患者・家族からの相談への対応」「患者相談支援担当者間での患者相談内容に関する情報共有と対応会議」「担当医師から患者等への説明の際の同席」等、患者と医療従事者との対話を促進するための取組を積極的に行っている。
・患者相談窓口での説明や文書について、多くの患者は「わかりやすかった」と回答した。
患者相談窓口を利用した結果、多くは問題や疑問・不安がある程度解決している。
患者相談窓口の職員の対応に対する満足度も高い。
患者にとって、患者相談窓口は評価されている。
褥瘡患者管理加算及び栄養管理実施加算については、加算の要件を入院基本料、特定入院料の算定要件として包括して評価するとともに、栄養管理実施加算については、平成23年度末時点で届出を行っていない医療機関は、平成25年度末までに栄養管理体制を整備することとされたが、平成23年度末時点で「栄養管理実施加算」の届出を行っていない医療機関が多く、その理由として最も多かったのは、「管理栄養士がいない」であり、これらの医療機関のうち半数以上が、平成25年度末までに管理栄養士の確保について、「目処がまったく立っていない」状況である。
・療養病棟療養環境加算、診療所療養病床療養環境加算については、評価体系を見直し、原則を下回る病棟については、療養環境の改善計画を策定させることを要件としたが、平成24年9月末時点で半数以上の診療所が「診療所療養病床療養環境加算」、「診療所療養病床療養環境改善加算」のいずれの届出も行っていない状況であり、多くは、今後「診療所療養病床療養環境加算」の「届出を行う予定はない」と回答している。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼用語

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(メチシリンたいせいおうしょくブドウきゅうきん、Methicillin-resistant Staphylococcus aureusMRSA)とは、抗生物質メチシリンに対する薬剤耐性を獲得した黄色ブドウ球菌の意味であるが、実際は多くの抗生物質に耐性を示す多剤耐性菌である。なお、生物種としてはあくまで黄色ブドウ球菌であるので、生物学的な詳細は同記事を参照のこと。

2013年10月16日 (水)

平成26年度診療報酬改定の動向(51) 在宅歯科医療

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 16 日 平成26年度診療報酬改定の動向(51)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち、「在宅における歯科医療と歯科診療で特別対応が必要な者の状況調査」については次の評価が行われています。
① 在宅歯科医療の実施状況調査
・歯科訪問診療を実施するきっかけは、「自院に通院していた患者・家族等からの依頼」が最も多く、次いで「患者が入院していた医科の医療機関からの依頼・紹介」や「有料老人ホーム、グループホーム等の居宅系高齢者施設からの依頼・紹介」が多かった。
・歯科訪問診療の患者総数(延べ人数)は増加した。
歯科訪問診療料に係る算定患者の延べ人数も増加している。
特に歯科訪問診療料2(同一建物居住者に対する歯科訪問診療)が顕著に増加している。
・歯科訪問診療を行う患者総数は、歯科訪問診療を受ける患者のみならず患者を支える家族等関係者からの要請次第で、大きく変化すると思われる。
・歯科衛生士を同行する歯科訪問診療件数については、診療報酬改定の一定の効果があった。
・歯科の医療機関との連携先は、病院歯科が最も多く、次いで歯科大学病院もしくは歯学部附属病院となっていた。
医科の医療機関との連携先は、一般診療所が最も多く、次いで病院(救急医療機関)となっていた。
各機関と連携することで、安心感が高まる等の効果が期待されるが、課題としては、「歯科訪問診療があることが知られていない」、「介護保険の口腔関連サービスが知られていない」、「相談窓口や治療に関する情報が不足している」等があげられている。
連携を図るためには、歯科訪問診療に関する情報等の周知が重要である。
・歯科訪問診療を行っていく際の課題として、歯科訪問診療用の装置・器具の購入コストや歯科訪問診療に際しての時間の確保等があげられている。
・歯科訪問診療を受けた患者の年齢は、平均79.6歳であった。
歯科訪問診療を実施している歯科医師を知ったきっかけとしては、「入居している介護施設等に来てくれた」が最も多く、次いで「以前、通院していた歯科診療所・病院」、「ケア
マネージャーからの紹介」となっている。
歯科訪問診療が必要な患者に対して適切に歯科訪問診療が提供されるためには、患者や患者を支える家族等関係者に対する歯科訪問診療の周知と理解が重要である。
・歯科訪問診療を受診しての満足度は高く、患者の歯科訪問診療に対するニーズが非常に高いことが伺える。
② 特別対応が必要な患者に対する歯科医療の実施状況調査
・特別対応が必要な患者専用の歯科ユニットを持つ施設は、「障害者施設内歯科診療所」が最も多く、次いで「歯科大学病院もしくは歯学部附属病院」、「口腔保健センター、障害者歯科医療センター」となっている。
特別対応が必要な者に対する歯科医療を日常的に実施している医療機関では、これらの患者に対する診療環境が整備されていると思われる。
・来院する患者に対する治療は、鎮静法等を用いない複数のスタッフで対応した治療が最も大きく、通常の歯科治療と比べて負担が大きいと思われる。
・通常時に連携している医療機関について診療所では「病院歯科」、病院歯科では、「他の歯科診療所」、歯科大学病院もしくは歯学部附属病院では「病院の医科の診療科(救急医療機関を除く)」、口腔保健センター、障害者歯科医療センターでは「病院歯科」、障害者施設内歯科診療所では、「歯科大学病院もしくは歯学部附属病院」がそれぞれ最も多い連携機関となっている。
・緊急時に連携している医療機関について、診療所では「病院歯科」、病院歯科では、「病院の医科の診療科(救急医療機関を除く)」、歯科大学病院もしくは歯学部附属病院では「病院の医科の診療科(救急医療機関を除く)」及び「病院(救急医療機関)」、口腔保健センター、障害者歯科医療センターでは「病院歯科」、障害者施設内歯科診療所では、「病院歯科」がそれぞれ最も多い連携機関となっている。
・各機関と連携することで、安心感が高まる等の効果が期待されるが、課題として、「特別対応が必要な患者に対応できる設備が整っている施設が少ない」、「特別対応が必要な患者の歯科医療が知られていない」、「相談窓口や治療に関する情報が不足している」等が上位となっており、特別対応が必要な患者に対する歯科医療を進めていく上では、特別対応が必要な患者に対する歯科医療についての周知と、診療を行うことが可能な設備の増加が課題となる。
・「歯科診療特別対応連携加算」の届出をしない理由として、歯科診療特別対応加算を算定した外来患者数が施設基準を満たさないと回答した医療機関が約6割程度あった。
・特別対応が必要な患者を受け入れる上での課題は、「診療に時間がかかる」「採算が合いにくい」「全身状態の管理が必要になる」「医療職の負担が大きい」等の回答が多く、特別対応が必要となる患者の歯科医療を実施する上での問題点と課題等については、「一般診療の合間に行うことは難しく特別に時間とスタッフを確保して行っている」という意見が最も多かった。
・特別対応が必要な患者の歯科医療を受けた患者の年齢は、平均36.9歳であり、受診しての満足度は高い。
歯科医療を受けるにあたり希望することとして、「患者の全身状況や周囲が患者の状態を理解する環境」「どこの歯科保険医療機関でも安心して診療が受けられる環境」「専門性の高い歯科保険医療機関で安心して診療が受けられる環境」等があげられた。
③ 歯科医療に関する意向調査
・歯科訪問診療の実施意向については、「今後、実施したいと考えている」という施設が6.0%、特別対応が必要な患者の歯科医療の実施意向については、「今後、実施したいと考えている」という施設が8.1%あった。
・歯科訪問診療を実施していない理由としては、「歯科訪問診療の要請がない」が最も多く、以下「一般外来歯科診療を行っており、歯科訪問診療を行うための時間を確保することが難しい」、「歯科訪問診療用の装置・器具の購入にコストがかかる」があげられていた。
・特別対応が必要な患者の歯科医療を実施していない理由としては、「特別対応が必要な患者の歯科医療の要請がない」が最も多く、以下「自院の医療スタッフが不足している」「特別対応が必要な患者の歯科診療に必要な装置・器具の購入にコストがかかる」があげられていた。
・歯科訪問診療及び特別対応が必要な患者の歯科医療を始めるために整えてほしい環境として、「診療に適した装置・器具を揃えるための支援」が最も多く、以下「診療報酬上のより一層の評価」「他機関・他職種との連携をするための支援」「研修受講に関する支援」等の要望があげられていた。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

朝。アップしようとしたら、文字がとてつもなく大きくなっていた。
帰宅後、長男になぜだろうと尋ねたら、ここ・・・ほら、1000%に拡大されとる。
これを100%にすれば・・元にもどるよ。
なーんだ。
そういう仕組みもよく知らないまま。
沢都さんと最後にやり取りしたメールも、携帯のことだった。
どうもよくわからないよね、って。

歯科のこと。
母がしばらく何も食べようとしないときがあった。
なぜ?と聞くと、歯が調子が悪いからという。
入れ歯があってないからと。
そんなら、合うように作ればいいじゃん。
というと、それがなかなか難しいんだと。
でも、ぴたっと合うまで何度も作ったほうがいいよ。
というのはたやすいけれどね。入れ歯か。昔より進歩しているんじゃないの?

もひとつ。
ふたたび、真武湯について。
連休前に、母の真武湯が切れた。
母はしかし、病院へいきそびれ、ふたたび下痢。
休みがあけ、かかりつけ医に、胃腸科でもらった真武湯がとても効くので、出してくださいとお願いしたところ、なかったそうで、すぐ仕入れてくださり、夕方、届けてくださった。
飲んだら、からだがあったかくなり、おなかの調子もよくなるらしい。
今回、切らせないというのがよくわかった。

(現在、夜の八時半。
まただ。また消防車のサイレン!
窓を開けて屋根にのぼり、西の空をみる。
煙があがっているのがみえる。火事はおそろしいねえ。
こないだ、近火見舞をはじめて頂きました。
そのことばも、はじめてしりました。
火の始末、気を付けようと思う。)


2013年10月15日 (火)

働く切手 2

働く切手  2

ミニーマウス

平成26年度診療報酬改定の動向(50) 訪問看護の実施状況

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 15 日 平成26年度診療報酬改定の動向(50)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち、「訪問看護の実施状況及び効率的な訪問看護に係る評価についての影響調査」については次の評価が行われています。
訪問看護は、医療ニーズの高い患者への対応、効率的かつ質の高い訪問看護の推進、看取りに至るまでの医療の充実において一定の効果がみられているようですが、訪問看護ステーションの規模による体制整備の状況、経営面での影響等に違いがみられます。
・訪問看護のケア内容については、必ずしも看護職員が実施する必要性が高い業務だけではないため、看護補助者と同行し役割分担をした場合について新たに評価されることとなったが、看護補助者が十分に活用されているとはいい難い状況であった。
・訪問看護ステーション、保険医療機関及び精神科訪問看護(病院)における、訪問看護利用者数及び訪問回数については、いずれも増加していた。
・利用のあった1事業所(施設)あたりの超重症児・準超重症児の利用者数は増加したが、準超重症児の平均利用者数は横ばいであった。
・長時間訪問看護の対象を、小児については人工呼吸器を装着していない超重症児・準超重症児にも拡大したことについては一定の効果があった。
・訪問看護管理療養費を算定できるようになった13 日以上の訪問利用者の有無(訪問看護ステーション)については57%の事業所が「あり」と回答した。
・「重症者管理加算」を介護保険の「特別管理加算」に名称を統一し要件を緩和したところ、利用者数が増加し、改定の効果があった。
・介護職員等のたん吸引等が可能になったことにより、介護職員によるたんの吸引を行っていると回答した訪問看護ステーションは20%、保険医療機関は11%であり、介護職員によるたんの吸引を受けた利用者数は、訪問看護ステーションでは1.9人、保険医療機関は1.7人であった。
・退院直後の医療依存度が高い状態の要介護被保険者等に対し、退院直後の2週間に限り、医療保険での訪問看護が提供できることを評価したが、訪問回数が増加し、訪問看護の推進に効果があった。
・在宅ターミナルケア加算の要件緩和によりターミナルケア療養費算定患者数が増加した。
・患者の試験外泊時における訪問看護の評価については、試験外泊時の訪問看護を実施したと回答した割合大きく伸び、入院中の外泊日における訪問看護を実施する事業所が増えた。
・標榜時間外の訪問看護については、その他利用料として自費を徴収していたが、早朝、夜間、深夜の訪問については介護保険と同様に評価することとしたところ、早朝・夜間・深夜の計画的な訪問看護が増加し、特に、延べ訪問回数において大きな伸びがみられた。
・訪問看護ステーションと保険医療機関における複数名の訪問看護は増加しているが、利用者数と訪問回数の伸びはみられなかった。
・訪問看護ステーションが訪問看護指示書の交付を受ける医療機関は、在宅療養支援診療所が平均で2.3箇所、在宅療養支援病院が平均で0.8箇所であった。
・24時間連絡対応加算の届出割合については、訪問看護ステーションの職員数による規模が大きくなるほど高い結果となった。
経営面でも、職員数が多くなるほど、診療報酬改定前と比較して収支が「プラスになった」という訪問看護ステーションの割合が高くなる傾向がみられた。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼たん吸引

難病のals患者へのたん吸引。
この病気は特殊だとしても、フォーラムはとても参考になります。

自宅で家族の介護、24時間つきっきり、という病気。
そこで家族にもたん吸引(最低三十分に一回やる必要がある)が認められ、つぎにはヘルパーにも認められるようになった。
http://allabout.co.jp/gm/gc/295544/

結果、
●患者家族→→助かっている、という明るい報告
●在宅医→→在宅医の関心の低さを残念に思う、と報告
 10年以上、かかりつけ医として在宅療養を支援してきた医師ならではの、具体的な現状の問題点がいくつか提起されました。

・通知では、気管カニューレ内部までの吸引を限度としているが、実際に吸引が必要なのはカニューレ先端の気管内。現状では不十分。

・地域医師会や他の在宅医と、この問題について意見交換しようとしたが、通知が発令されていたことすら知らない医師が多かった。関心が低く残念に思う。

痰吸引を引き受けてくれる介護事業者が少なく、見つけるのにケアマネジャーが苦労している。これは、万一の事故の場合、刑事、行政処分は免れるものの、民事訴訟を起こされる可能性があるにもかかわらず、ホームヘルパーが業務として担うことはできないため、損害保険の適用外になっていることも大きな要因だと思う。
●日本看護協会→→「ALS患者の在宅療養支援3カ年計画」を策定
・「ALS患者の在宅療養支援3カ年計画」を策定
・具体的には、「コールセンター」の設置、厚生労働省の通知を開設した冊子を作成
・訪問看護従事者用のマニュアルを作成
・専門的呼吸器ケアの研修実施
・訪問看護の充実などを、都道府県看護協会と連携して推進

 政策企画室の室長が報告。非常に整った報告でしたが、失礼ながら、官僚的な血の通わない、机上の政策企画、報告という感じを受けました。日本看護協会に対しては後半の質疑応答で、質問者から厳しい指摘が出ていました。

●介護事業者→→実施した吸引研修などについても報告
・2003年10月に吸引研修会を実施。ALS患者家族、介護サービススタッフなど、50名が参加。神経科医師と看護師を講師に招いて、気管の特著と吸引ケアの要点についてのレクチャーを受け、グループに分かれて互いにやってみた。

・吸引は看護師でも始めは怖かったと言うが、勉強していけばある程度はできるのではないかと感じた。

・たまたま当事業所では、医師、看護師の協力が得られ、研修を行えたが、全く講師の宛のない事業者は、研修の実施も困難で、吸引の必要な利用者を受け入れにくいと思う。

・吸引は業務としては行えないため、報酬単価の扱いをどうするか悩む。

 この報告をした介護事業所の所長は、看護師有資格者。痰の吸引は、訓練を積めばある程度できるという感触を得たと言っていましたが、同時に、全く初心者のヘルパーを教育するには、3~4カ月かかるとも。また、筋ジストロフィーの人や頸椎損傷の人など、他にも痰の吸引が必要な利用者はいるが、こういう人たちにはどう対応すればいいのか? ALS患者だけOKで、他はダメ、というのはとても酷な気がする、と話していました。

2013年10月14日 (月)

平成26年度診療報酬改定の動向(49) 在宅医療の実施状況及び医療と介護の連携状況調査

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 14 日 平成26年度診療報酬改定の動向(49)

Share on Facebook


診療報酬改定結果検証部会のとりまとめのうち、「在宅医療の実施状況及び医療と介護の連携状況調査」については次の評価が行われています。
在宅医療を実施する上で必要となる退院調整や各医療機関や介護保険施設・事業所との連携については、平成24年度診療報酬改定である程度進んできていますが、その効果はまだ十分とはいえないようです。
・「退院調整加算1」「退院調整加算2」が新設され、入院医療を実施している医療機関では、86%の施設で退院調整部門を設置している。
・退院調整をした患者数が増加しており、積極的に退院調整を実施するようになったことが伺える。
・退院調整による効果として、「部門・多職種間の調整がスムーズになった」「今まで退院が困難だった患者の退院支援が進んだ」「患者がスムーズに地域へ移行できるようになった」など、効果を認める施設が6割近くに上った。
・入院診療計画について、約半数の施設が独自の様式を用いるようになっている。
・パスの活用や退院調整部門による早期退院調整、連携等による一定の効果が認められる。
・機能強化型の在宅療養支援診療所・病院が新設されたが、機能強化型在支診・機能強化型在支病の届出は少なかった。
・在支診が機能強化型在支診の届出をしていない理由として最も多かったのは、「常勤医師を3名以上配置できない」(67%)であった。
また、在支病が機能強化型在支病の届出をしていない理由として最も多かったのは、「過去1年間の看取り実績が2件未満」(47%)であった。
・機能強化型在支診・機能強化型在支病は、緊急時の往診について、時間内、時間外ともに高い割合で対応しており、在宅患者に対しての連絡体制、往診体制が整っている。
機能強化型在支診以外の診療所では、約3割の施設が時間内、時間外とも緊急時の往診を行っておらず、十分な往診体制が整っていない。
・緊急時の病床の確保については、機能強化型在支診・在支診において6割以上の診療所が連携先で病床を確保しているが、在宅患者を連携医療機関に緊急入院させようとして入院できなかった経験が「ある」在支診も多く、緊急入院のための病床確保は依然として課題となっている。
・機能強化型在支診における診療報酬項目の算定患者数をみると、「在宅患者訪問診療料(同一建物以外)」、「在宅患者訪問診療料 在宅ターミナルケア加算」、「在宅時医学総合管理料」、「特定施設入居時等医学総合管理料」、「在宅がん医療総合診療料」、「在宅悪性腫瘍患者指導管理料」について増加した。
・機能強化型在支病における診療報酬項目の算定患者数をみると、「往診料」、「在宅患者訪問診療料(同一建物以外)」、「在宅患者訪問診療料 在宅ターミナルケア加算」、「特定施設入居時等医学総合管理料」、「在宅がん医療総合診療料」、「在宅悪性腫瘍患者指導管理料」、「在宅療養指導料(170 点)」について増加した。
・緊急時に往診した回数については、機能強化型在支診・機能強化型在支病とも増加し、在宅で看取りを行った回数についても増加している。
・連携している他の施設・事業所数(1施設あたりの平均値)をみると、「連携している診療所・病院」、「訪問看護ステーション」、「居宅介護支援事業所」については、十分な連携ができているが、それ以外の機関については、特に「歯科保険医療機関」で低く、十分な連携がとれているとはいい難い。
・夜間や緊急時の連絡先を医師から教えてもらっていることについての患者満足度は高く、患者は医療機関同士が連携して夜間・緊急時の対応体制を整えていることに安心感を高めている。
在宅医療を推進していく上で24時間体制を構築することが重要だが、連携体制を構築することが24時間体制の構築を推進することには必ずしも寄与しない可能性がある。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼福岡の病院火災、その後

出火原因はやはりホットパックの加湿器の電源コードからの火という。
コードは紐。くねくねと長いので、踏んづけたりしやすい。
すると縒れて電気の束が偏って、もろくなる。
強い電流が流れる加湿器、24時間通電しているうちにショートして、ホコリや紙類に引火、それが大きな火になったのではとのこと。

なるほど、よくわかりました。

コードはいつも清潔に、ていねいに扱い、踏まない。

さて、
にわかに注目されている有床診療所の問題。
学長ブログでも取り上げていますでしょうか。

まず、有床診療所、減少している、でブログ内検索。
これがでました。平成24年医療施設調査・病院報告(1)(2) ☟

全国の活動中の医療施設は17万7191施設です。
その内訳として「病院」は8565施設で、前年に比べ40施設減少しています。
開設・再開した病院が98施設あったのに対し、廃止・休止した病院が138施設ありました。
「一般診療所」は10万152施設で605施設増加、「歯科診療所」は6万8474施設で318施設増加しています。
一般診療所は、「有床」が9596施設(一般診療所総数の9.6%)で前年に比べ338施設減少し、「無床」が9万556施設で前年に比べ943施設増加しています。
有床から無床へ変更した診療所が264施設あります。
医療施設の全病床数は170万3950床で、前年に比べ8589床減少しています。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-1d47.html

兆しは受信していました。

十月八日、アクセス解析で生ログを見ているとき、。

これは悲鳴の一種だったに違いない。

入院基本料と栄養管理・褥瘡患者管理
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-de9d.html

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 特別な栄養管理の必要性
30位

検索サイト Yahoo  検索ワード 栄養管理計画書 書いていない

7位くらい

あまりに改正に次ぐ改正で、うすうすああすればお得だと知っていたとしても、その手間が惜しいことって多いに違いない。お疲れさまです。

ああ・・・この☝の検索ワードの深い意味、ほんとうはどういうことだったのだろう。。。。現場じゃないとわからないのだろうか。でも、そんな悠長なことやっている暇なんてない、ということじゃないかなあ。
今朝の新聞で、有床診療所(火災を出してしまった福岡市の病院のように19床以下のベッド数の診療所)は赤字のところが多く、設備にまで十分なお金をかけられるところは少ないとありました。
たとえばスプリンクラーをつければ、数千万。
そんなにかかるのか。口で責めるのはたやすいけれど、命を預かるというのは簡単ではないなあ。
大病院と小さな所とでは小さい所のほうが収益も不利だというのも、気の毒なはなしで。。。

投稿: 傘子 | 2013年10月14日 (月) 14時23分

平成24年診療報酬・介護報酬改定(168)法が変われば死ぬ場所もかわる

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/index.html

また、有床診療所での死亡は全死亡の3%以下です。

有床診療所でターミナルケアを実施した場合(入院患者を、入院日から30日以内に看取った場合)、入院基本料に看取り加算が、在宅療養支援診療所の場合2000点、その他の場合でも1000点が新設されました。

ただし、夜間に看護職員を1名以上配置していることが要件です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

∇かささぎの独り言

老人ホームで亡くなる人は全体のたった三パーセント。
診療所でもたったの三パーセント。

ではいったいどこで人はしぬんだろう。

病院なんでしょうね。

そうして、地下の西の出口からあるいは北出口から
棺にいれられて運び出されるんだろうね。

分かち書き俳句、加藤楸邨。

分かち書き俳句、加藤楸邨。
あった!
こればさがしよったと。
あんまり汚くて発掘しましたよ。
てかさ。
一行におさまる短いものを

なんで態々二行になさる?
しかも、切り方が意味性
でなく、長さで分けてあ
る。
          

赤き旗のうしろど
こまでも雪ふれり

うざすぎる

うざすぎる


情報の希釈化こばえがうざすぎる かささぎ

批評をまなぶ

批評をまなぶ

2013年10月13日 (日)

満州事変についての思い、赤とんぼが晴らす。

去年の老連広報に、高校のアルバムの教師名簿のなかにお名前をみることができた先生(以前に尖閣諸島を開拓した人は八女出身の古賀辰四郎だったという文章を書かれていた山下功先生)の満州事変についての御文章があった。(引用済みです。)

正直言って、満州事変は私にはよくわからないが、丸山豊先生の「月白の道」には、中国には便衣兵(平服の兵)がいたことが書かれている。身なりでは兵士か民間人かわからないのだ。そんな中戦うのであるから、どうしても込み入ってくる。卑怯な手口も使っただろう。

考えようとすると、霧のなか、近づけなくなるのだった。

ところが、今日、十月二日に亡くなった、連句仲間の沢都の「赤とんぼ」を転載しなおすにあたって、満州で赤とんぼを作っていたおじいさんを再び思い出しているうち、赤とんぼ絡みで、満州航空というものがあったことを知った。あちこちググっていた中にこれらはあった。

以下引用。

「彼らのほとんどは、予備役下士官として除隊後、母校の助教をはじめ、大日本航空、満州航空、中華航空、航空機製造メーカーへと就職し、さらに上級コースの中央航空機乗員養成所へ進んでいった。そのまま軍隊に残り、そこで優秀な者は操縦候補生課程を経て将校に昇進した者、母校の助教を経て操縦候補生になり、終戦時、少佐にまで昇進した者もいたが例外だった。」

http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/2007.8.15you

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n13812(満州事

満洲事変は侵略ではなく自衛のための軍事行動であったのです。
戦乱と飢饉の拡大、繰り返しによって絶望の淵に追いやられていた中国の流民にとって満州国こそ最後の駆け込み寺でした。年間百万あまりの流民が長城を乗り越え、満州に流入したことがその何よりの証拠です。
満州国は日本の支援によって政治的に安定した地域となり、航空機まで製造する近代産業国家に発展したのです。豊満ダム完成後見学に来たフィリピン外相は、「フィリピンはスペイン植民地として350年、アメリカ支配下で40年が経過、住民の生活向上に役立つものは一つも造っていない。満州は建国わずか10年にしてこのような建設をしたのか」と語りました。
毛沢東はかつて「かりにすべての根拠地を失っても東北さえあれば社会主義革命を成功させることができる」と語った。実際戦後の満州は中国の重工業生産の九割を占め、中華人民共和国を支えたのは満州国の遺産であった。

今▼▼

憂楽帳:続・丸山豊の沈黙

毎日新聞 2012年04月07日 西部夕刊

 戦争体験をつづった「月白の道」という名著を残した詩人の丸山豊が、最後まで書か(け)なかった戦争の一面とは何なのか。しかもただ書かないのではなく、わざわざ書か(け)ないことがあると明かして読者に謎解きを委ねたのはなぜか。引っ掛かっていたのは私だけではないようで、先週の拙文を読んだ何人かに声をかけられた。

 捕虜の生体解剖や朝鮮人慰安婦に象徴される加害の側面も、事実として「どこまでも追いつめる」仕事をした元記者の品野実は、丸山を深く尊敬していたことが彼の本を読むと分かる。丸山が品野の仕事を否定的に見ていなかったのも、その本に詩を献じていることから明らかだ。ただ丸山は「月白の道」のあとがきで、復員十数年後に農薬をのんで自殺した元部下やドブロクにおぼれて死んだ元兵士のことを記し、胸の内が分かると書いている。

 戦場の傷を心に抱えた人がいる限り、傷口に塩を擦り込むようなことは自分はしない。そう「倫理的な判断」をし、「化石になるまで忍耐する」道を丸山は選んだのではなかったか−−。

 本人亡き今、確かめるすべはないが、そんなことを考える。【福岡賢正】

追悼:沢 都の 「赤とんぼ」  (再掲)

赤とんぼ

 

        沢 都

意識はすでに、この世の人ではなくなっている義母の病室に義姉二人と私、そして義父が、ベッドの傍らに立っていた。義母の命を辛うじて繋いでいる酸素吸入と点滴を気遣いながら、義父が突然、五十数年前のことを話し始める。

「ばあさんと命からがら満洲から引き揚げて来た時、ワシらには何もなかった。蒲団ひとつ・・・何もなかった。」

石川県の山村に次男として生まれ、人生の大半を九州のこの地(管理人註・八女市)で過ごしてきた義父の語り口には、独特の癖がある。


「満洲でワシは、赤とんぼ(陸軍双発機)の整備をやっておった。日本に帰ってそれが役に立った。」 山間部の多いこの地で普及し始めた車のエンジン部分が、赤とんぼと同種であったという。「それで整備工場を始めたんですね。軍隊で習った技術が役に立ったんですね。」 誰もが初めて聞く話であった。義父が自ら、戦争当時の話をすることはめったにない。「誰からも習っとらん。そんなことは誰も教えてはくれんかった。ワシは学校も行っとらん。字もろくに読めん。けれどもなんとかやってこれた。町内会長も老人会の世話もした。息子三人、ばあさんとがんばって大学までやった。」

十七歳の少年が映像にある。少年は刃物を振り上げている。我が子も十七歳である。昭和の高度成長に私は生まれ育った。偏差値という言葉を耳にし始めたのは、いつの頃からだっただろうか。個性と多様性が謳われだした頃、私は親になる。個性という言葉が空回りし、本当のやさしさや真面目さが通じない世の中になったということに気づいた時、私のなかの昭和も遥か彼方のものになった。長かったあの時代が、いまだに未熟な親である私に問いかけながら、消えていく。

「ばあさん、がんばったな。」 無骨な義父が、薄くなった義母の髪にそっと触れた。半開きの義母の口が一瞬、少女のようにあどけなく見えた。義母は翌日この世を去り、義父は二度と赤とんぼのことを口にすることはなかった。

▼メモ

日本陸軍機 
立川九五式1型練習機  通称  赤とんぼ
 

http://karen.saiin.net/~buraha/K5Y&Ki9.html

http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/2007.8.15youseijo8.htm

連句誌れぎおん2000年夏30号より引用。

筆者:

沢 都

さわ みやこ。
本名、澤田都紀子(さわだ・ときこ)。
大分県臼杵市出身、八女市在住。
連句誌れぎおん同人、連句人、俳人。
連句会「亜の会」所属。
昭和33年1月17日~平成25年10月2日

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e6a3.html

2008年4月6日掲載したものを再掲。

平成26年度診療報酬改定の動向(47)(48) 中医協の診療報酬改定結果検証部会報告

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 13 日 平成26年度診療報酬改定の動向(48)

Share on Facebook


9日に開催された中医協の診療報酬改定結果検証部会では、次の6項目の特別調査(平成24年度調査)の結果がとりまとめられています。
(1) 救急医療機関と後方病床との一層の連携推進など、小児救急や精神科救急を含む
救急医療の評価についての影響調査
(2) 在宅医療の実施状況及び医療と介護の連携状況調査
(3) 訪問看護の実施状況及び効率的な訪問看護等に係る評価についての影響調査
(4) 在宅における歯科医療と歯科診療で特別対応が必要な者の状況調査
(5) 医療安全対策や患者サポート体制等に係る評価についての影響調査
(6) 後発医薬品の使用状況調査
「救急医療機関と後方病床との一層の連携推進など、小児救急や精神科救急を含む救急医療の評価についての影響調査」については次の4つの評価が行われています。
① 小児特定集中治療室管理料の新設や救急医療管理加算における乳幼児加算の引上げ・小児加算の新設など小児救急に関する評価:
一定程度効果あり。
依然として病床利用率が高く後方病床との一層の連携推進が必要な状況。
新設された小児特定集中治療室管理料は、本調査では届出施設が1施設もなかった。
② 救急搬送患者地域連携受入加算の引上げと届出・算定要件の緩和など後方病床に
おける取組に関する評価:
救急搬送患者に関する地域連携に一定の効果があった。
③ 夜間休日救急搬送医学管理料の新設や院内トリアージ実施料の新設、地域連携夜
間・休日診療料等の引上げなど二次救急医療機関等の救急外来に関する評価:
地域における救急医療体制の構築に貢献している。
院内トリアージの導入促進に大きく貢献している。
院内トリアージの効果は限定的だが、患者においては、トリアージの導入に肯定的。
④ 精神科救急搬送患者地域連携紹介加算・精神科救急搬送患者地域連携受入加算の
新設など精神科救急に関する評価:
現時点ではその効果は明確ではない。
要件緩和の効果があった。
救急医療に関しては医療機関間の連携が進んできている。

2013 年 10 月 12 日 平成26年度診療報酬改定の動向(47)
Share on Facebook


中医協の診療報酬調査専門組織の一つである「入院医療等の調査・評価分科会」は、8月に「中間とりまとめ」を公表しましたが、それに対する中医協での意見を反映し、また、平成25年度調査分(13対1、15対1入院基本料を算定する病棟における特定除外制度の見直しの検証、一般病棟における7対1入院基本料の算定要件の見直しに係る経過措置、入院医療や外来診療の機能分化の推進や適正化に向けた検討)の検討結果も加え、10月10日に「とりまとめ(案)」が公表されました。
「とりまとめ(案)」には、さらに、平成25年7月に実施された日本医師会と四病院団体協議会が行った調査結果(7対1、10対1を算定する医療機関で90日を超えて入院している患者はそれぞれ4.4%、7.6%であり、うち、特定除外患者に該当する者はそれぞれ3.9%、6.8%)も追記されています。
平成25年度調査分のうち、13対1、15対1入院基本料を算定する病棟における特定除外制度の見直しの検証については、『13対1、15対1入院基本料を算定する病棟において、90日以上の入院患者は減少傾向であり、多くが自宅や療養病床等の一般病床以外の病床へ退棟していることから、13対1、15対1入院基本料を算定する医療機関における特定除外制度の廃止については、大きな問題はなく、このまま継続することが妥当である』とされています。
一般病棟における7対1入院基本料の算定要件の見直しに係る経過措置については、『経過措置を届け出ている施設数が減少傾向であり、経過措置を届け出ている医療機関のうち約9割が今後の意向を固めていることから、7対1入院基本料を算定する医療機関の経過措置は、平成26年3月31日をもって終了することが妥当である』としています。
入院医療の適正化に向けた検討については、『平成24年度診療報酬改定後、金曜日入院、月曜日退院、正午までの退院に関して、医療機関の動向に大きな変化はみられないが、これらの評価については今後も継続することが妥当である。また、入院医療のさらなる適正化について、引き続き検討が必要である』としています。

外来の機能分化の推進については、『地域の拠点となるような病院が、診療所等の主治医機能を持った医師と連携し、紹介率及び逆紹介率をあげる必要がある。すでに、500床以上の病院(特定機能病院と地域医療支援病院を除く。)でも、紹介率40%以上の施設が69%、逆紹介率30%以上の施設が60%であることから、さらに機能分化を進めるため、許可病床数が500床以上の全ての病院について、平成24年度診療報酬改定と同様の取扱いとすることが必要である。また、特に、逆紹介の取組を推進していくことも必要である』とされています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼病院の火事

福岡市での夜の病院の火事。
たいへん恐ろしい、いたましい事故で、つい先日間近に火事をみたこともあり、生々しく感じられる。
気になる出火の原因はなんだろう。
ホットパックのあったあたりが最も激しく燃えていたとあった。
通電はしっぱなしだったという。(そんなふうに私はうけとったが、はっきりわからない)
これをよみ、記憶をたぐる。
最初に勤めたクリニックでも、ホットパックは頻繁に使用していた。
昔からあるポピュラーな器具で、これが原因とは思えない。

気になってくる。
原因究明は時間がかかるにしても、目下のニュースはりつけておきます。

福岡・整形外科火災 7カ所の防火扉が1つも閉まらず

 福岡市の病院で11日未明に起きた火事は、無残にも入院患者ら男女10人の命を奪った。この病院では、2週間前に避難訓練をやっていたということだが、7カ所の防火扉が1つも閉まらなかったことが、被害拡大につながったとみられている。発生から20時間が経過した火災現場。火事があった医院の入り口、ドアの上部は黒く焼け焦げ、さらに足元には破片が散らばっていた。

 火元は1階とみられ、医療機器の周りで、激しく燃えた形跡があるという。安部整形外科・安部龍暢院長は「(出火場所と)ちょうど言われてる場所というのは、ホットパックといわれる、ぬくめる道具があって、それを入れる大きいお湯を沸かすような、金属製の箱があって、同じ空間にたくさんの機械を置いてるんですよ、いろんな機械を。夜間帯は全部、それに関しては全部電源を切ってる状態なので、ほかの機械っていうのは考えにくいと思う」と話した。

 なぜこれほどの犠牲者を出してしまったのか。福岡市消防局は会見で「通報が遅かった。それと初期消火がなされていなかった」と述べた。最初に火災に気がついたのは、当直の看護師。2階で出火に気づき、一度外へ出て、付近を通ったタクシーの運転手に通報を求めた。
運転手が110番をし、さらに警察が消防に連絡をしたという。

 福岡市消防局は会見で「(消防の)先着隊が着いたときには、1階の窓、あるいは開放部から、もう火炎が噴き出していたことを考えますと、やはり、最初の出火時から時間が経過していたと思う」と述べた。病院側の説明によると、夜間帯に1人で勤務する際の防火対策マニュアルは、作成していなかったという。元小田原市消防本部職員・永山政広氏は「初期消火が成功しているとすると、これほどまでに煙が拡散しなかったであろう」と話した。

 原因は、煙による一酸化炭素中毒とみられている。煙などを防ぐため、1階から4階、あわせて7つの防火扉があり、火事の際には自動で閉まるはずだったが、今回、それらが自動では作動せず、全てが開いたままの状態だった。

 安部整形外科・安部龍暢院長は「開かなかったといわれてる防火扉も、ちょうど開け閉めを(9日に)確認した。9日なんですけど、確認をしておったんですよ。ただ、2階に限ってが、給食を運ぶときに限っては、お茶が来たりとか、食事を運ぶ配膳車が(防火扉前)に来たりとかいうことで、もしその20分、その時間にもし火災が起こった場合に限っては、閉まらないということが発生します」と述べた。

 消防によると、防火扉は業者が管理しており、6月に検査した際には、目視の確認しか行っていなかったという。(以上、抜粋記事につき全文は下記にて)

上記事の著作権は[FNNニュース]に帰属します。

夜勤の看護師は一人で、なにかあったら、住み込みの看護学生二人も駆けつけるようになっていた、とほかの記事でみました。
こういう大事があると、いかにこころもとないことか、よくわかります。

「黄色い船」  山田つぐと

参照記事

31文字倉庫「シンクロ」
http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-233b.html?cid=101418869#comment-101418869

「天地明察」

誕生日、仕事帰りに八女のTSUTAYAでTポイントカードをつくり、DVDを借りた。
日本初の貞享暦をつくった天文学者の渋川春海こと安井算哲の話で、見たいと思っていたが、上映は日に一回きりで見られなかった。
二時間をこえる長い映画だが、最後まで一つのゆるみもない映画だった。
えんという妻(宮崎あおい)と算哲は同じ年の同じ日に死んだ、というテロップが流れるラストまで、まったく気がぬけない。

「わたしより先にしなないでくれ。」
「わたしより先に死なないでください。」

互いにそういいあっていた夫婦。
エンドロール。
長い映画がおわり、ぼんやりしている頭に縦に流れていく文字と景物。
これがまた美しかった。
日めくり暦の一枚が出てくる、その日付は十月二日。
よりによってその日である必然があるだろうか。

神道の供え物が、あんなにも美しかったとは。
ことにまっしろの紙垂(しで)のかたち。

生石山の大草原保存会、という文字が目をよぎる。
生石山?どこだ・・と気になり調べるといくしやまでなく、おいしやま、和歌山。
・・ここで撮影があったんだそう。

登場人物が様々に出てき、それぞれ面白かった。
ことに、襲撃された算哲を守るため、火矢に背中を二箇所射抜かれて死ぬ神道家。
役者さんはだれだったか。あの長時間推理ドラマによく出る、おくさんがお掃除上手な人によく似ていたけど、ちょっと違うような。で、調べる。白井晃、というはじめて知る役者さんだったよ。

山崎闇斎。
山崎 闇斎(やまざき あんさい、元和4年12月9日1619年1月24日) - 天和2年9月16日1682年10月16日))は、江戸時代前期の儒学者・朱子学者・神道家思想家敬義、通称は嘉右衛門。闇斎は。「嘉」の字を二文字「垂」と「加」に分解し「垂加霊社(すいか・しでます)」という霊社号を生前に定めた。
この人が、算哲が海の際で天文観測をしている横で、なにかえ~い、え~いとやっている。
あの場面は妙に印象に残ったなあ。

かささぎの旗姫野は九州俳句誌に十二回にわたって書かせてもらった「暦論」という随想の中で、貞享暦についても書いていたが、もともとは芭蕉の歌仙のなかの三句のわたりについて考えていたからであった。
芭蕉も算哲と同じ時代を生きた人だったんだ、と思いつつ見た。

えんと算哲が地球儀を手作りする場面。
地球が地球という風に丸いものだとわかったのは、マゼランの大航海時代と思っていた。
西洋人に地球儀をもらった織田信長だけが知っていたらしいが、まだ算哲の時代でも一般的ではなかったらしい。(だから、地球という言葉をはじめて作ったのは渋川春海だと出てくる。)

知と周知。

ずれがある。だから面白い。
過ちがある。だから面白い。

岡田准一、図書館戦争で小柄な人だと初めて知ったが、ガッツのあるすごい役者だ。
また、引越しのサカイで有名になった徳井優(名前、初めて知る)、この人も北極出地隊員の端っこにいたが、いい顔になった。背は低いが、そういうことはぜんぜん関係ないんだね。

2013年10月12日 (土)

永田圭介ーマゼランの奴僕

永田圭介ーマゼランの奴僕

マゼランの奴僕(ぬぼく)   永田圭介・著

永田さん。れぎおんの同人であり、鈴木獏先生の三吟に名を列ねておられる俳人であり。
なんという膨大なエネルギー量。
調べて書いて次々と本にまとめられていく。
その、圧倒的な、量と速さ!

漢民族復興のために闘って、紹興の街頭で斬首刑に処された美貌の女性革命家、しゅうきん、秋瑾の伝記である、『競雄女侠伝ー秋瑾』から始まって、お弘法さんこと空海の治水土木工法を研究した『アーチ伝来』、正岡子規のエッセイの研究書である『エッセイストとしての子規』、おおっと忘れるとこだった『『厳復――富国強兵に挑んだ清末思想家』。

これだけの本を、この十年余のあいだに矢継ぎ早に刊行されています。
かささぎは読むのがおっつかないとです。

そうそう。むかしれぎおんで、よんだ、あまつましみづ。
あれはどうなりました。

あれもよかったですね。

くるめ街かど音楽祭

くるめ街かど音楽祭
くるめ街かど音楽祭

らんさんに配るのを頼まれていたのに、すっかり忘れていた。

押入れから、みやこさんの短冊が二枚、出てきた。(写真)
ほら。さいごにまいたときのだとおもう。秋の短句。

「生ひたちの海つながりし坂」
「深山竜胆(みやまりんどう)山に傾く
笹りんどうは山に傾く」

都紀子さんは臼杵出身だったから、いつも海を身近に感じていた。
八女は海から遠くて、それでも海が恋しかったんだろう。

葬儀あいさつで、ご主人がおっしゃった、「尊敬できる妻でした。」
という言葉、すごいなあ。
みやこさんは本当に人のために献身する女性で、明るくやさしかった。
人一倍勉強家でもありました。

さて。話はかわって、

くるめ街かど音楽祭。来週ですね。
10月26日(土曜)前夜祭、27日本祭。入場無料。
開いたページの、古賀修、みやざき都のところに目がとまる。

もちろん、亡きみやこさんとパンフをくれた久留米文化振興会の古賀音彦さんからのなまえの連想。
そして、都さんの紹介にある、第二回、三回賢順記念全国箏曲コンクール二年連続受賞、というところに注目してしまったのです。

この賢順音楽祭について、以前、書いていました。

ほら、ここです。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-12.html

かささぎの旗の従姉(久留米在住)は民謡協会で三味線を教えている、八女の光にすむ従兄はあかりとちゃっぽんぽん祭り(やめ)で催されるからくり人形のとき、伴奏で三味線を弾いている。
それに、琴は柳川の久仁子ちゃんが高校のときから習っていたんだって。
邦楽、気になります。ああそうそう。しらべさん、彼は龍笛の妙手ですし。

一方の、古賀修さんのクラッシックギター。
スイスのバーゼル音楽院で教鞭をとったとあります。すごかね!

場所は青木繁旧居ステージ。

いってみたいですね。
以上、ご案内まで。

2013年10月11日 (金)

釈恭鵲とUFOと里山資本主義

釈恭鵲とUFOと里山資本主義
釈恭鵲とUFOと里山資本主義
釈恭鵲とUFOと里山資本主義

平成26年度診療報酬改定の動向(46) 9日の中医協

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 11 日 平成26年度診療報酬改定の動向(46)

Share on Facebook


9日に開催された中医協総会では「主治医機能の強化」について議論されています。
資料には『外来の機能分化の更なる推進の観点から、診療所や中小病院の主治医機能を持った医師が、複数の慢性疾患を有する患者に対し、適切な専門医療機関等と連携することにより、継続的かつ全人的な医療を行うことが重要である』と述べられています。
また、主治医機能としては、『アクセスしやすい医療機関であること、服薬管理、検診等の受診勧奨、気軽に健康相談できること、介護保険制度等の理解、在宅医療の提供および24時間の対応等が期待される』とも述べられています。
主治医機能の強化についての論点は次の通りです。
(1)外来の機能分化における主治医機能のあり方を踏まえ、診療所や中小病院を対象とし、対象患者については、年齢による区分は行わないこととするとともに、高血圧症、糖尿病、脂質異常症や認知症を有する患者を対象とすることについて、どう考えるか。
(2) 服薬管理について、患者が通院している医療機関をすべて把握するとともに、処方されている医薬品を全て管理することが重要であり、診療所や中小病院において、院内処方等により、医師自ら又は配置されている薬剤師等が、一元的な服薬管理を行う体制について、どう考えるか。
(3) 健康管理について、健康診断・検診の受診勧奨を行いその結果等をカルテに記載するとともに、評価結果をもとに患者の健康状態を管理し、又、気軽に健康相談できる体制について、どう考えるか。
あわせて、たばこ対策を行うことについてどう考えるか。
(4) 介護保険制度について、要介護認定に係る主治医意見書の作成や居宅療養管理指導等の介護サービスを提供すること等について、どう考えるか。
(5) 外来から在宅医療までの継続した医療の提供を行い、また24時間の対応を行うことについて、在宅医療への積極的な関与及び夜間の連絡先も含めて患者に対して説明と同意を求めること等についてどう考えるか。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼どう考えるか。

むずかしい問題ですね。

▼かささぎ日誌

きょうのごちそうさん、ぐさっと来た。
かささぎもセが高かったから、それが劣等感だったしね。
しかもそれにむねのエグレ。これは言えないしなあ。
めいこがいうように、好きでそうなったわけじゃない。
だけど、相手役の学生さんの返すことば、すかっときた。
なんか、すくわれた。なみだ、でた。
渡辺謙さんの娘さん、自然にえんじていて、それがとても好もしい。
幽かな彼女もよかったしね。といっても、二回しか見てないけど。
かささぎは今日が誕生日、59になったよ。おめでとう。
だれもいっちゃくれんから、自分でいわう。
めでたさものこっちゃいないがご苦労さん、の59。
・・・まだまだですなあ。まだまだ、人としてぜんぜん未熟だ。

2013年10月10日 (木)

星野越え

星野越え
星野越え
星野越え




働く切手 1

働く切手

地方自治法施行60周年の記念切手。
大分県版~宇佐神宮と双葉山

県内総時間という飛んでる考え方

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 10 日 県内総時間

Share on Facebook


2010年、日本一長生きの県は男女ともに長野県で、男性80.88歳、女性87.18歳でした。
日本一短命の県は男女ともに青森県で、男性が77.28歳、女性が85.34歳でした。
短命県返上のため、青森県は、県政の指針となる次期基本計画(2014~18年度)に、「県内総時間」という考えを盛り込むのだそうです。
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/10/20131006t21014.htm
県内総時間とは、県民が県内で暮らす時間と、県外からの訪問者の県内滞在時間を足したものです。
県内総時間が延びれば県民が県内で使う時間が増え、その間の消費も増え、県経済が潤います。
「デフレの正体」(日本総合研究所:藻谷浩介)で提唱された「国民総時間」に触発されたアイデアだそうです。
青森県では、目標とする長野県の死亡率を適用して、死亡者数が年間約3000人減少したと仮定すると、消費額は34億円増え、生産や新規雇用も増加し、計100億円の経済効果が生まれると推計しています。(次期青森県基本計画(原案))
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/kikaku/files/jikikihonkeikaku_genan.pdf
全国の多くの自治体は、今後、人口減少による成長の危機に直面します。
しかし、100万人の人口の平均寿命が1%伸びれば県内総時間も1%伸び、1%(1万人)の人口増加と同じ効果が得られます。
県内総時間を伸ばす、すなわち平均寿命を延ばすことが経済効果に直結する、という着眼
点は素晴らしいと思います。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの一人ごと

アクセス解析の項目にもあるんだよねえ。
あたしはまだよくのみこめないが。
咀嚼している時間がなくて、丸呑みしとるだけで、日がすぎちょく。

おお。この、なになにしちょく、という言い方は、たしかに大分ぞ。
みやこさんと過ごした時間、かき集めたらどんぐらいあったか。

臼杵弁がはいっちょった。

ではいってきます。

きょうはbsの再放送ふたつもみてて、時間13分でした。

2013年10月 9日 (水)

昼のコスモス

10月4日

夜のコスモス

夜のコスモス

10月3日の夜

介護保険の課題と論点(15) (16・終) 改定後かわったところは

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 9 日 介護保険の課題と論点(16・終)

Share on Facebook


介護老人保健入所者の肺炎・尿路感染症に対して、施設内での対応は充実しつつあります。
平成24年11月の調査では肺炎と診断された入所者のうち57%が施設内で治癒しています。
平成20年調査では29%で多くは医療機関へ転院していました。
平成24年調査では尿路感染症と診断された入所者のうち86%が施設内で治癒しています。

平成20年調査では78%でした。
当然のことではありますが、日常的医療ケア(喀痰吸引、経管栄養、膀胱留置カテーテル・導尿、排尿時の処置、24時間持続点滴)の実施率は、介護老人保健施設より介護療養型医療施設でのほうが高くなっています。
また、介護療養型医療施設では、介護老人保健施設や介護老人福祉施設より看取り・ターミナルケアの実施が多くなっています。
介護療養型医療施設は医療療養病床との機能分化が進んでおり、介護療養病床は比較的医療の必要性の低い要介護高齢者が長期間療養していますが、看取りやターミナルケアを行う件数は介護保険三施設の中で最も多いのが実情です。
平成29年度末の介護療養病床の廃止を踏まえ、介護療養型医療施設が果たしている機能についてどう考えるかが論点となっています。

2013 年 10 月 8 日 介護保険の課題と論点(15)
Share on Facebook


平成24年度介護報酬改定では、介護老人保健施設について、
①在宅復帰支援型の施設としての機能を強化する観点
②入所者の医療ニーズに適切に対応する観点
③施設における看取りの対応を適切に評価する観点
から、各種改定が行われています。
①については、在宅復帰の状況とベッドの回転率を指標とした報酬体系の見直し等を行われています。
②については、新規に所定疾患施設療養費(300単位/日)が設けられ、肺炎などの疾病を発症した場合の施設内での対応が評価されています。
③については、ターミナルケア加算の評価が見直されています。
本年5月時点において在宅強化型老健(在宅復帰率が50%を超え、毎月10%以上のベッドが回転している老健)は217施設、在宅復帰・在宅療養支援加算取得老健(在宅復帰率が30%を超え、毎月5%以上のベッドが回転している老健)は631施設、それ以外の老健は3361施設でした。
昨年5月には、それぞれ87施設、317施設、3754施設でしたので、介護報酬改定以後、在宅復帰率・ベッド回転率の高い介護老人保健施設が増加しています。
平均在所日数も、平成23年(9~11月)の476日から平成24年(9~11月)の448日に短縮しています。
介護老人保健施設を退所した者のうち、居宅への退所者の割合は約2割、一般病床へは約4割、介護老人福祉施設へは約1割、死亡退所が約1割です。
居宅への退所者のうち約7割は退所1ヶ月以降も居宅生活を続けていますが、約2割は退所1ヶ月以降に居所の変化があり、そのうち約5割がもとの老健に戻っています。
一般病床への退所者も、約4割は退所1ヶ月以降も入院を継続していますが、約5割は退所1ヶ月以降に居所の変化があり、そのうち約6割がもとの老健に戻っています

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの添付資料

きのうの朝、これをはりつけてアップしようとしたら、全部が消失。
それでもふたたびトライ。

介護報酬改定後の変化、で検索したヘルパーさん側の声。

http://nihonhelper.sharepoint.com/Documents/%E8%AA%BF%E6%9F%BBH25.3%EF%BC%88%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%80%E8%A7%A3%E8%AA%AC%EF%BC%89.pdf#search='%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%E4%BB%A5%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%8C%96'

2000年スタートの介護保険制度。
さまざまに改正されてきたが2012年に始まった訪問介護を受けてこれが4回目の改正。
日本ホームヘルパー協会は介護ヘルパーにアンケートを実施した。

回答を得たのは約千人余。あんな多忙な職なのに素晴らしい。
以下、丸写し。

そうか。コピーできないのですね。
きのうはそれでダメになったのか。

全体として暗く、悲鳴のような声に満ち満ちていた、とあります。

毎月の収入についての問で、答えが得られた、管理者、サービス提供責任者、常勤ヘルパー、登録ヘルパーの四種の職種のうち、

ハルパーさんたちの声では、前より減ったと感じている割合が多い。ことに登録ヘルパー。

これはなぜだろうか。

というのを思うのに、つぎの声。

処遇改善加算のおかげで収入が増えた、とおもいきや、ことは単純ではない。
○時間が細切れになり、ちまちまと忙しい。登録ヘルパーでは時間単位、十五分、十分単位だったりする。
○法人移動により夜勤手当がとれなくなった。(グループホーム⇒訪問介護事業所)
○移動に時間がかかりガソリン代ばかり増えてゆく。
○残業をしてやっとという報酬。

サービス内容はかわらないのに、時間がへり、そのぶん、時間給なので収入がへるそうです。

ん?

いまのかささぎみたいだ。

かささぎの愚痴は、去年より二倍近く仕事が早くていねいになったので、早く終わる。でもパートで時間給、収入は減る。

これは現代のパートタイマーの抱える矛盾であります。

が、かささぎは年をとってきたので、こういうように思うようになった。

残業をすれば収入は増えるという部分だけは不変だから、収入をあげたければそのぶん、残業をして、人より働く。

おかげで元気でいられるし、すっきりとした達成感もあり、工夫や発見もある。
工場と社会も学べるし、製品が部品と人のこまかな気遣いでできていることも。

ああっと時間切れ。この細かな時間をやりくりするところ、要諦ですね。

2013年10月 7日 (月)

わさだタウンとは?

わさだタウンとは?
わさだタウンとは?

うきは道の駅

うきは道の駅

介護保険の課題と論点(14)有料老人ホームの情報が少ないわけ

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 7 日 介護保険の課題と論点(14)

Share on Facebook


サービス付き高齢者向け住宅の入居者の年齢は、半数が80歳代で、平均年齢は82.6歳です。
月々の支払総額は、半数が10万円以上15万円未満、4分の1が15万円以上で、平均金額は、13万円です。
サービス付き高齢者向け住宅は、8割以上の物件が、訪問介護事業所など、介護保険サービスの事業所を1つ以上併設しています。
入居者による介護保険サービスの利用状況は、「居宅介護支援」と「訪問介護」の利用率が特に高くなっています。
高齢者向けの住まいで増加が著しいのは有料老人ホームです。
有料老人ホームの入居者の要介護度等は、『自立』、『要介護1』から『要介護5』まで、いずれの階層もほぼ同じ割合で、全体としての平均要介護度は2.2となっています。
入居者の年齢は、4分の3以上が80歳代で、平均年齢は84.0歳です。
有料老人ホームには利用者保護規定が設けられており、有料老人ホームへの入居後一定期間の契約終了の場合、施行規則で定める返還方法に基づき、前払金を返還する契約を締結することが義務づけられています。
また、家賃、介護等のサービス費用、敷金のみを受領可能とし、権利金等を受領しないことも事業者に義務づけられています。
サービス付き高齢者向け住宅については、「サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム」により、全国の登録住宅に関する情報が公開されていますが、料老人ホームについては、「介護サービス情報公表システム」において、特定施設入居者生活介護事業所としての情報が公表されているのみで、住宅型有料老人ホームについては、届出情報等を公表するシステムはありません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

2013年10月 6日 (日)

虹の足だけ


星野越え

星野越え


iPhoneから送信

介護保険の課題と論点(13) 要介護認定の高齢者でも83%は在宅

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 6 日 介護保険の課題と論点(13)

Share on Facebook


国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計」(2013年1月推計)によると、2010年には498万世帯であった65歳以上の単身世帯が2025年には701万世帯になります。
また、2010年には540万世帯であった65歳以上が世帯主である夫婦のみ世帯は645万世帯になります。
高齢者の単身世帯と夫婦のみ世帯は15年で300万世帯も増加します。
一方、施設等に入所している高齢者は92万人で、高齢者の多く(97%)は在宅です
要介護認定の高齢者であっても83%は在宅です。
入所施設の内訳は、定員べ―スで特養(介護老人福祉施設)が50万人、介護老人保健施設が34万人、有料老人ホームが32万人、認知症高齢者グループホームが17万人、軽費老人ホームが9万人、介護療養型医療施設が8万人、サービス付き高齢者向け住宅が7万人、養護老人ホームが6.5万人です。
上記のうち介護療養型医療施設と養護老人ホーム以外は総定員が増加傾向を示していますが、15年で80万人程度の増加にすぎず、高齢者世帯の増加のスピードには及びません。

養護老人ホームの総定員数は昭和51年がピークで、その後は横ばいか減少基調です。
軽費老人ホームも微増です。
養護老人ホームと軽費老人ホームは低所得高齢者を対象とした施設ですが、平成18年度の制度改正(介護保険給付適用)以降、大きな見直しは行われていません。
一方、サービス付き高齢者向け住宅は、登録制度創設(平成23年10月)以降、登録戸数が急増しています。
サービス付き高齢者向け住宅の入居者の要介護度等の範囲は『自立』も含めて幅広く、比較的、『要支援』『要介護1・2』の入居者が多く、全体としての平均要介護度は1.8となっています。
一方、『要介護4・5』の入居者も全体の6分の1を占めています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ独白録

>高齢者の多く(97%)は在宅です。

ええっ。そんなに多いのか。おどろいた。

自宅にいる高齢者の割合、で検索したところ、一番目に出てきた記事に☟。

60歳以上の高齢者に日常生活における介助等の必要度について、韓国、アメリカ、ドイツ及びスウェーデンの4か国と比較すると、日本は「まったく不自由なく過ごせる」と回答した人の割合が約9割で最も高い結果となっている。また、日本の状況を5年前(平成17(2005)年)と比較すると、「全く不自由なく過ごせる」と回答した人の割合が4.8ポイント上昇している(図1-2-3-13)。http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_2_3_02.html(内閣府)

おどろいたこと。その二。
ケアプランのできてない障害者がほとんどらしい。
九州の障害者、ケアプラン作成一割。
(これは新聞記事。)

歌仙『海の底』の巻   捌・沢 都

亜の会歌仙

『海の底』の巻

  ー 天 真実句集『光』上梓祝筵ー

          捌・沢  都

海の底今なお呻くさとうきび       天 真実
  鳥の渡りへ響く鐘の音        沢  都
月まどかかすかに桔梗揺らぎいて   天野おとめ
  置き忘れたる友の自転車       姫野恭子
鍵かけぬ村の戸口のひろびろと    鍬塚聰子
  消し炭の香で朝をはじめる     貞永まこと

振りむけば雪より白き尾のありて   前田圭衛子
  境界線にあたる坂道         都
今宵逢う心ふたつが羽ばたきぬ    真実
  あやしきまでの水の色文字     恭子
純潔など今さらですとしづ子詠み    聰子
  麦藁帽の牧師先生          おとめ
百名山岸壁を噛む暑い月        まこと
  祝いの酒はゆるりゆるりと      小梅 わこ
審判にボークとられてしまうとは    恭子
  ワゴンに並ぶ経済効果        都
花万朶そのひとひらを受けし地球   聰子
  なむあみだぶつ蛙生まるる     おとめ

名残表

永き日になくしたはずの高音階     まこと
  芸亭(うんてい)という最古図書館  恭子
踏切のむこうは風が吹いている     都
  しずかなる時冬もきれいね     わこ
乾鮭を魔除けのごとく吊り下げて   おとめ
  いつも難癖つけてくる父       恭子
一目見て足裏(あうら)に走る微電流  まこと
  急流抜けて追いかけて来よ     圭衛子
さよならのかけらも全て埋めたる   おとめ
  世田谷公園猫のたまり場      聰子
月光に銀杏降る夜の更けてゆく    恭子
  そぞろに寒き網棚の下        都

名残裏

遠近の虫の声澄む旅の宿        聰子
  はじめて混ぜた絵の具いろいろ   わこ
仲買いは河岸をななめに飛ぶそうな  まこと
  浄き名水校庭に湧く          真実
さく花もちる花も花新世紀        おとめ
  夢の中まで駆ける春雷        執筆

文音

平成12年9月24日起首
同年11月15日満尾

▼留書

蛙生まるる

     文章・沢 都

沖縄のハイビスカスは泡になる
学校へ戻る日泣いたあまがえる
俺だって参加したいぜひな祭り
折鶴が羽ばたいて行く春の空
河童色子ども遊べり水溜まり

   天 真実(てんまこと)句集『光』より

「答えは探し求めるものではない。創り出すものだ。」
刺繍糸できっちりと綴じられたその句集を手にしたとき、あるジャズマンのそんな言葉が頭をよぎった。八女和紙を使った表紙を飾る写真もすべてが手作りである。
それは一見、経本のようにしずかに息づいていた。
作者の天真実と出会ったのは、彼がまだ十二歳の頃のことである。形のよい大きな頭に似合った丸い瞳を持つ少年は、ときどき突拍子もないことをやってしまう。周囲の大人達はそれに振り回され、母親であるおとめさんの胃は痛み続けてきた。騒動の結果として「真実」だけが浮き上がってくる。不思議なことにいつもそうであった。
常識という言葉に隠され、大人達がたやすく忘れてしまった「真実」を彼は何食わぬ顔でやってしまう。天真実にとって、それはただ当たり前のこと些細なことなのである。
無邪気にスイングしているかのように七十一の句が並ぶ。
虚栄も偽りもないからだろうか。句が軽やかに動きだす。
自分に向かうことが苦しくてたまらなかった私の目の前で、十八歳の彼はいとも簡単に自分の答えを創り出したのである。またもや私は、天真実にやられてしまった。
十八になった蛙はこの春、大海に乗り出す。大海を知って蛙は今度何に変身するのだろう。私などに予測ができるはずはないのである。

落雷や仏は驚く我走る      天 真実

連句誌「れぎおん」32号2001年1月発行より引用
編集発行・前田圭衛子(甲子園網引町在住時代)
表紙・墨作二郎
印刷・㈱アドバンス

▼かささぎメモ

かささぎはがさつな鳥で、まだだれにも沢都の訃報を知らせていない。
きっとあとで恨まれる、ほとけのみやこさんにも悪い。とは思うものの。
携帯なくすこといくたび、登録アドレスを消失、できなかったのである。

れぎおんの歌仙から作品をと押入れをあけると、これがちょうどいい具合に落ちてきた。

恭子さん、これを紹介してね。と言っているようで、迷わず転載を決めた。
まことくんが18歳とあるから、今から13年前の作品になる。

四日の葬儀では高倉優子(八女市児童相談室長、俳号・天野おとめ、天真実の母)が弔辞をあげてくれた。

ここでもかささぎは、お花も忘れておったし、かんじんの弔辞は、とうとうなんにもいえず。

ーあのときもそうだった。

ぼんぼり祭り連句興行を催したとき。

開催にこぎつけるまでの諸事。
終わってからの記録誌の編集発行(右カテゴリーにスイッチ)、気の回らぬかささぎを都さんとおとめさんが万事補ってくれたなあ。

司会・天野おとめ、開会のことば・天真実、神戸からみえた前田圭衛子先生が俳諧の連歌こと連句についての紹介をなさり、当時の野田国義八女市長が立派な祝辞をくださった。

晴れがましい、素晴らしい記憶!
みやこさん。
もう一度やりたかったよ。

おとめさんの弔辞はみごとで簡潔、こころによく響いた。
みやこさんではなく、さわちゃんと呼びかけていたなあ。
出会ったとき、みやこさんは都さんでなくおとめさんはまだおとめさんではなかったものね。
私たちは澤田さんを介して澤田さんちで出会った。
あの頃、こどものことでなやむ専業主婦であった。
大分の俳句誌「樹(たちき)」(瀧春樹主宰)で俳句を学び、神戸の前田先生の「れぎおん」で連句を学んでいた私は、彼女たちも引っ張り込んだ。連句は一人ではできないから。
俳号をつけたときのことを鮮明に覚えている。
沢都は、澤田都紀子の姓名から本人が一字ずつを採ったのだが、タカラヅカみたいな名だったねと顔をクシャクシャにして笑っていた。
天野おとめ天真実親子は浮世離れしている俳号だが、ほんとにピッタリなので、まこと、号は天があたえたもうものなのだ。
夏には合宿をしたり、家族ぐるみの俳諧であった。
おとめさんの弔辞をききながら、原点を思い出した。

おしまいがはじめに続く今朝の秋  沢 都

数珠玉や掌にある風の跡   澤田都紀子

▼さらにさらに追い書き

今朝の朝刊の読書欄に、川上昌裕という音楽家と全盲のピアニスト辻井伸行のものがたりを書いた「辻井伸行 奇跡の音色」(神原一光・著)という本の紹介があります。辻井伸行くんのすごさはテレビでスマップの中居くんなどの紹介でおおっ!とひれ伏すほどにわかりましたが、その影にこの人のちからがあったことは、はじめて知りました。

川上さんの言葉。

生徒の才能は、最初「何か変だな」と感じさせるものがほとんどだという。
(聞き手:西日本新聞土屋孝浩)

何か変だな。

そういえば。


天真実。
かれも何か変、どころか、うんと変でした。

この字は読めないはずなのに、なぜ読めるの?
というようなことが何度もあった。
知的障害者というけど、その頭のなかはものすごく精妙で、川上さん風にいえば、まだ伸びしろが大きくあるように思える。

みやこさんもとっていますが。

落雷や仏は驚く我走る      天 真実

これは、まことくんにしか書けない。
爆笑したあと、なんで笑うんだろう?と自問せねばおかなくなる句。
古きよき日本人の原型がある。
したり顔の批評をチャラにする一句。

 

 

2013年10月 4日 (金)

介護保険の課題と論点(11) 特養の現状と課題と多床室のプライバシー

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 4 日 介護保険の課題と論点(11)

Share on Facebook


社会保障制度改革国民会議報告書に「特別養護老人ホームは中重度者に重点化を図り、併せて軽度の要介護者を含めた低所得の高齢者の住まいの確保を推進していくことも求められている」という記載があります。
特別養護老人ホームの現状と課題は次の通りです。
○ 特養入所者に占める中重度の要介護者(要介護3以上)の割合は、年々上昇し、平成23年では、約88%となっている。
特養入所者の平均要介護度も、年々上昇している。
○ 一方、軽度の要介護者(要介護1及び2)の割合は、平成23年では約12%となっており、一定程度の軽度者が入所している。
その最も大きな入所理由としては、「介護者不在、介護困難、住居問題等」が6割以上を占めている。
○ 「在宅で要介護4又は5」の特養の入所申込者は、平成21年の調査では、約6.7万人となっており、重度の要介護者の特養ニーズにどのように応えていくかが大きな課題。
○ また、特養入所者のうち、低所得者(第1~3段階)は、全体の約80%を占めており、低所得の高齢者が多く入所している。
特養入所者に占める重度の要介護者の割合が増加する中で、特養で最期を迎える高齢者は、入所者の6割超を占めており、特養における看取り介護加算の算定日数も徐々に増加している。
特養に関する論点は次の通りです。
○ 特養への入所を希望しながら、在宅での生活を余儀なくされている高齢者も数多く存在していることなども踏まえ、特養については、中重度で、在宅での生活が困難である要介護者を支える施設としての機能に重点化を図るべきではないか。
そのためには、既入所者の継続入所にも配慮しつつ、特別養護老人ホームへの入所を要介護3以上に限定するべきではないか。
○ 特養の重点化に伴い、特養で最期を迎える選択をする高齢者の割合は増加することが見込まれることから、今後、特養においては、看取りを行うことのできる体制をより一層強化していくべきではないか。
○ あわせて、軽度の要介護者(要介護1及び2)を含めた低所得高齢者の住まいを確保していく必要があるが、どのような取組を進めていくべきか。
○ このほか、これまで特養の個室ユニット化を推進しているところであるが、現状、多くの多床室が存在しており、居室定員についても、一定数の自治体が、地域の実情に応じて、条例で多床室を認めているという実態に鑑みると、多床室の場合であっても、高齢者の尊厳を保持する観点から、プライバシーの保護に配慮をしていくべきと考えるが、どうか。
また、この場合、多床室におけるプライバシーの確保をどのように図っていくべきか。
特養入居者のプライバシー確保については「特養における利用者のプライバシー確保の実態に関する調査研究事業」(平成25年度老人保健健康増進等事業)において実態調査・事例研究等が実施されています。
本年度末に調査結果をとりまとめたものが公表される予定です。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

タイの医療ツーリズムで有名な病院の一般病室

海外フィールドワーク_2013_1

保健医療経営大学オフィシャルブログの海外フィールドワーク実習、
http://www.healthcare-m.ac.jp/app/mb/class/4584/より。
ベッドの横にあるのは洗濯機のように見えます。

2013年10月 3日 (木)

沢都さんが亡くなった

沢都さんが亡くなった

介護保険の課題と論点(10) 介護ロボット開発推進

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 3 日 介護保険の課題と論点(10)

Share on Facebook


日本経済の再生に向けた「3本の矢」のうちの3本目の矢として6月に閣議決定された「日本再興戦略」に、『介護ロボット産業の活性化を実現し、高齢者、障害者等が、地域で安心して暮らせるようにする』とあり、ロボット介護機器開発5か年計画の実施について次のように記載されています。
・急速な普及拡大に向けて、移乗介助、見守り支援等、安価で利便性の高いロボット介護機器の開発をコンテスト方式で進めること等を内容とする「ロボット介護機器開発5ヵ年計画」を今年度より開始する。
・また、研究開発に先立ち、開発された機器の実用化を確実にするため、安全基準及びそれに基づく認証制度を今後1年以内に整備する。
・ロボット技術を利用した機器が、障害者の自立や生活支援に活かされるよう、企業が行う開発を更に促進するためのシーズ・ニーズマッチング等を行う。
今年度より、経済産業省と厚生労働省において、要介護者の自立支援促進と介護従事者の負担軽減に資する次のような介護ロボットが重点的に開発支援されています。
移乗介助(1)
・ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
移乗介助(2)
・ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器
移動支援
・高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
排泄支援
・排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置調節可能なトイレ
認知症の方の見守り
・介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
介護ロボットについての現状と課題は次の通りです。
○新規の介護ロボットは次々と開発されつつあり、効果が高いものについては、積極的に活用を図ることで、さらなる自立支援の促進や質の高いケアの提供が期待されている。
○介護従事者の腰痛問題等が指摘されており、人材確保を図る上では、働きやすい職場環境を構築していくことが重要である。
このような中で、介護ロボットの活用により職場環境を向上させ介護従事者の介護負担の軽減が期待されている。
介護ロボットを保険給付対象とする際の考え方については、今後の論点となります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼鵲日誌

民謡、ポップス、連句的。

こどものころ、みんなは自分のことを何と呼んでいた?

八女の平野部の私はうちっていいよった。
奥八女の山間部の女子たちは、おどんって言っていた。
スター黒木瞳もごくごく小さなこどものころは、おどんっていってたかな?
かわいらしくもあるね。

おどん。すぐ思い出すのは熊本。
おどまぼんぎりぼんぎりの歌のおどまは、おどんは。
おいどんの鹿児島もおどんの変形?

うちは、内、や、家からきたことば。
では、おどん、はなに。
あっ。

おいどん=おれ+たち=俺+衆。
おいどんのほうが原型でそれの変形がおどんか。

で。連衆(れんじゅ、れんじゅう)の衆の字。
なぜ血がついている衣。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1173161701

へえ。もともと三人寄った日。
連句みたいだけど、三以上で衆のあらわす複数なんだね。

おどまぼんぎりぼんぎり、盆から先やおらんど

この歌。ご存じ五木の子守唄、別名裏山水の歌。
子守奉公の歌を採譜した人がいたんだね。すごい仕事。
二番の歌詞、

おどまかんじんかんじん。のかんじんは、感じないという意味とおもっていたけど、
http://matiere.at.webry.info/200811/article_3.html
勧進でありますようで、転じて物乞い。
深い歌だったんだねえ。

ところで。きのうは弟の命日、なにもしなかった。
火事が。奥深くこたえているようだ。
原因は漏電だろうということだった。だれもいなかったらしくて。
火事の数日前なにげなく風景写真をとってアップしていた。
うちとその家のあいだの彼岸花と稲田、そのなかの古い御墓も。
あの日うんと近くまでいってみたのに意味があったんだろうか。
墓石の文字、よめたんだよ。明治七年1月11日。
だれかわからぬ。つたえきくその人はうんと苦しんでしんだそうだ。
だれもいじらない。ちかづかない。
かささぎは気にしている。だって角度によって写真に入るから。
こどものころは何もおもわず、あの場所でも遊んでいたろうな。
どこの村にもある無縁仏の御墓。合掌。

さくらさんのブログにいったら、えめさんと二人、愛のかたまりがいいね、って談話なさっていて。それしらない歌だったんで、検索。秋吉久美子に似たほうのキンキキッズの人がうたって踊るのが本家みたいだが、ファンのこった演出の動画(ボーカルだけの採譜っていうか、音のとりだし版)をアップしてみました。
ろいりさんが得意だとおっしゃっていた包丁一本の歌もつけました。
にていないが、恋の歌。ひとつは精神性のこい、もうひとつは性愛。
そしてどちらも、ものがたりの恋。そこが素晴らしい。
歌を聞いていると映画みたいに場面が浮かぶから。

2013年10月 2日 (水)

介護保険の課題と論点(9) 住宅改修費申請の流れ

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 2 日 介護保険の課題と論点(9)

Share on Facebook

住宅改修の手続きの流れは次の通りです。

ケアマネジャー等に相談

施工事業者の選択・見積もり依頼

市町村へ工事前に申請
●利用者は、住宅改修の支給申請書類の一部を保険者へ提出します。
<提出書類>
①支給申請書
②工事費見積り書
③住宅改修が必要な理由書(※)
④住宅改修後の完成予定の状態が分かるもの(日付入り写真又は住宅の間取り図など)
※理由書の作成者は、介護支援専門員、地域包括支援支援センター担当職員、作業療法士、福祉住環境コーディネーター検定試験2級以上その他これに準ずる資格等を有する者

市町村は内容を確認し、結果を教示
●保険者は提出された書類等により、保険給付として適当な改修かどうかについて、事前に確認します。

改修工事の施工・完成/施工業者へ支払

市町村へ工事後に改修費の支給申請
●利用者は、工事後領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を保険者へ提出することで「正式な支給申請」となります。
<提出書類>
⑤住宅改修に要した費用に係る領収書
⑥工事費内訳書
⑦住宅改修の完成後の状態を確認できる書類(便所、浴室、廊下等の箇所ごとの改修前及び改修後それぞれの写真とし、原則として撮影日がわかるもの)、
⑧住宅の所有者の承諾書(住宅改修した住宅の所有者が当該利用者でない場合)

住宅改修費の支給額の決定・支給
●保険者は、事前提出された書類との確認、適切な工事が行われたかどうかの確認を行い当該住宅改修費の支給を必要と認めた場合、住宅改修費を支給します。

住宅改修の現状と課題は次の通りです。
○ 市町村は、居宅要介護(要支援)被保険者が、住宅改修を行ったときは、当該居宅要介護(要支援)被保険者に対し、居宅介護(介護予防)住宅改修費を支給することとしており、住宅改修を行う者若しくは住宅改修を行った者については、特段の規定はない。
○ 多くの保険者が「事業者が指定制度ではないため、事業者に対する指導が難しい」、「事業者により技術・施工水準のバラツキが大きい」という課題をあげている。
住宅改修については質の確保が論点です。
○市町村が、例えばあらかじめ事業者の登録を行った上で住宅改修費を支給する仕組みを導入できるよう検討してはどうか。【法律改正】
登録制度が導入されれば、事業者への指導・研修が可能となります。
登録された事業者は利用者に代わり申請を行い、住宅改修費は事業者が受領して、利用者は自己負担分を事業者へ支払うことになります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの声

うちの母も気は強いけれども体が弱っているので、たとえば風呂場に手すりをつけるとか、脱衣場にも支える手すりをつけるとか、あちこちしておきたいのですが、それをするためには、まず、ケアマネをみつけてくることから始めるのですね。
ってことは、まっさきに、すべての前提としてあるのは、介護認定ですよね。
それはまだやりたくないが。
でも、もうやっておかねばならぬのかもしれない。
ちょうどこれを読んでよかった。

2013年10月 1日 (火)

月の法善寺横丁 &  愛のかたまり


九月のアクセス

十月に入りました。今年もあと三ヶ月ですね。
九月のアクセスをみておきます。
芸能関連が姿を消し、落ち着いてきました。
毎日記事を当然のようにお借りしている、保健医療経営大学橋爪章学長にあらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
この数字、ずっしりと重いです。

朝の三十分くらいでコピペ、資料添付、あるいは自分のことにかまけた記事で済ませておりまして、もったいないことをしていると反省してはいるのですが、いかんせん、かささぎは工員、肉体労働者、これが今できる手いっぱい。

できることしかできない、それに救われている。

累計アクセス数: 1292174 1日当たりの平均: 454.83

解析対象期間: 2013年9月1日(日) ~ 2013年9月30日(月)

アクセス推移

アクセス数合計: 16,903 (日平均: 563)
訪問者数合計: 11,405 (日平均: 380)
日付
2013年9月1日(日) 338441
2013年9月2日(月) 472675
2013年9月3日(火) 460694
2013年9月4日(水) 449723
2013年9月5日(木) 420676
2013年9月6日(金) 415601
2013年9月7日(土) 320464
2013年9月8日(日) 293472
2013年9月9日(月) 440677
2013年9月10日(火) 428642
2013年9月11日(水) 425631
2013年9月12日(木) 504750
2013年9月13日(金) 476689
2013年9月14日(土) 293419
2013年9月15日(日) 284431
2013年9月16日(月) 377606
2013年9月17日(火) 478646
2013年9月18日(水) 458670
2013年9月19日(木) 427619
2013年9月20日(金) 384562
2013年9月21日(土) 270386
2013年9月22日(日) 289416
2013年9月23日(月) 297512
2013年9月24日(火) 393535
2013年9月25日(水) 413643
2013年9月26日(木) 378600
2013年9月27日(金) 376528
2013年9月28日(土) 222305
2013年9月29日(日) 266379
2013年9月30日(月) 360511

検索ワード/フレーズ

訪問者がどのような言葉を組み合わせて検索して訪れたかがわかります。
検索時に入力された語句をそのまま集計しています。

集計対象アクセス数:6,316
検索ワード/フレーズ 割合
1 かささぎの旗  G Y M 334 5.3%
2 中医協 平成26年度診療報酬改定  G Y M 198 3.1%
3 診療報酬改定 平成26年度  G Y M 156 2.5%
4 平成26年度診療報酬改定  G Y M 126 2.0%
5 診療報酬改定 平成26年度 中医協  G Y M 117 1.9%
6 診療報酬改定 平成26年度 ポイント  G Y M 101 1.6%
7 看取り加算 算定要件  G Y M 93 1.5%
8 第6次医療法改正  G Y M 53 0.8%
9 平成26年度診療報酬改定 中医協  G Y M 45 0.7%
10 看取り介護加算  G Y M 40 0.6%
11 診療報酬 改定 26年度  G Y M 38 0.6%
12 はしだのりひこ 確執  G Y M 34 0.5%
13 介護報酬改定 平成26年度  G Y M 31 0.5%
14 平成26年 診療報酬改定  G Y M 24 0.4%
15 7対1入院基本料 条件  G Y M 23 0.4%
16 7対1入院基本料  G Y M 20 0.3%
16 看取り介護加算とは  G Y M 20 0.3%
18 看取り加算  G Y M 19 0.3%
18 世界の終わり 幻の命  G Y M 19 0.3%
20 第6次医療法改正とは  G Y M 18 0.3%
21 入院基本料 7対1  G Y M 16 0.3%
21 国民健康保険 前期高齢者交付金  G Y M 16 0.3%
23 平成26年度診療報酬改定 動向  G Y M 15 0.2%
24 切字論  G Y M 14 0.2%
24 平成26年度診療報酬改定の動向  G Y M 14 0.2%
24 入院医療等の調査評価分科会  G Y M 14 0.2%
24 市町村別平均寿命2013  G Y M 14 0.2%
28 26年度診療報酬改定  G Y M 13 0.2%
28 介護保険 看取り加算  G Y M 13 0.2%
28 前期高齢者交付金  G Y M 13 0.2%
31 診療報酬改定 平成26年度   G Y M 12 0.2%
31 平成26年度診療報酬改定  G Y M 12 0.2%
33 平成26年診療報酬改定  G Y M 11 0.2%
34 訪問看護管理療養費とは  G Y M 10 0.2%
34 平成26年度 診療報酬改定  G Y M 10 0.2%
34 ベッドコントロール  G Y M 10 0.2%
34 病床機能報告制度  G Y M 10 0.2%
34 亜急性期病床 診療報酬改定  G Y M 10 0.2%
39 平成26年度 診療報酬改定  G Y M 9 0.1%
39 看取り加算 要件  G Y M 9 0.1%
39 第6次医療法改正  G Y M 9 0.1%
39 乙骨 清一郎  G Y M 9 0.1%
39 自助食器とは  G Y M 9 0.1%
39 国保 前期高齢者とは  G Y M 9 0.1%
39 破傷風 初期症状  G Y M 9 0.1%
46 看取り加算とは  G Y M 8 0.1%
46 医療従事者 職種  G Y M 8 0.1%
46 診療報酬改定 平成26年度 入院基本料  G Y M 8 0.1%
46 サブアキュート  G Y M 8 0.1%
46 7:1看護 施設基準  G Y M 8 0.1%
51 sekai no owari 幻の命  G Y M 7 0.1%
51 7対1看護基準とは  G Y M 7 0.1%
51 退院調整加算  G Y M 7 0.1%
51 介護支援連携指導料  G Y M 7 0.1%
51 大浦フサ子  G Y M 7 0.1%
51 在宅移行早期加算  G Y M 7 0.1%
51 特別入院基本料  G Y M 7 0.1%
51 ゴールデンボンバー 振り付け  G Y M 7 0.1%
51 井手綾美  G Y M 7 0.1%
51 一般病棟入院基本料  G Y M 7 0.1%
51 診療報酬改定 平成26年度 ポイント 看護必要度  G Y M 7 0.1%
51 見渡せば 花も紅葉も  G Y M 7 0.1%
51 一般病棟入院基本料7:1の計算方法  G Y M 7 0.1%
51 病気が移る  G Y M 7 0.1%
51 介護支援連携指導料 算定要件  G Y M 7 0.1%
66 小栗旬  G Y M 6 0.1%
66 大谷雅夫  G Y M 6 0.1%
66 国民医療費 24年度  G Y M 6 0.1%
66 立花盛弘刃物  G Y M 6 0.1%
66 7対1看護体制とは  G Y M 6 0.1%
66 平成26年診療報酬改定  G Y M 6 0.1%
66 人工妊娠中絶 宗教  G Y M 6 0.1%
66 平成26年度診療報酬改定の動向  G Y M 6 0.1%
66 7対1入院基本料 施設基準  G Y M 6 0.1%
66 浜寺捕虜収容所  G Y M 6 0.1%
66 公立病院事務長募集  G Y M 6 0.1%
66 診療報酬改定 平成26年度 動向  G Y M 6 0.1%
66 平成26年度診療報酬改定動向  G Y M 6 0.1%
66 高齢化社会 フランス  G Y M 6 0.1%
66 喜矢武豊  G Y M 6 0.1%
66 第六次医療法改正  G Y M 6 0.1%
66 亀井文夫  G Y M 6 0.1%
83 俳句の宇宙  G Y M 5 0.1%
83 広田弘毅戒名  G Y M 5 0.1%
83 特定除外制度  G Y M 5 0.1%
83 前期高齢者交付金とは  G Y M 5 0.1%
83 訪問看護 管理療養費とは  G Y M 5 0.1%
83 外来患者数減少  G Y M 5 0.1%
83 社会保障制度 日本 ドイツ  G Y M 5 0.1%
83 農具ブルーベリー・レイキ  G Y M 5 0.1%
83 世界の終わり 深瀬 生い立ち  G Y M 5 0.1%
83 乳児死亡率 日本  G Y M 5 0.1%
83 31文字倉庫  G Y M 5 0.1%
83 入院基本料とは  G Y M 5 0.1%
83 吉山小隊長  G Y M 5 0.1%
83 診療報酬改定 平成26年度 看護必要度  G Y M 5 0.1%
83 診療情報管理士 平成26  G Y M 5 0.1%
83 一般病棟入院基本料 比較 10対1 7対1  G Y M 5 0.1%
83 軍行橋  G Y M 5 0.1%
83 aska  G Y M 5 0.1%

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

滞在時間ランキング

訪問者がどのページを長く見ているかがわかります。

1人当たりの平均滞在時間
ページ 割合
1 かささぎの旗: 奥八女・下横山の西光寺へいったこと 4時間27分11秒 5.1%
2 かささぎの旗: 山本健吉『虚構の衰頽』 4 3時間27分46秒 4.0%
3 かささぎの旗: 滝沢馬琴の住居跡  さくらさんのレポートより 3時間23分45秒 3.9%
4 かささぎの旗: 2008年06月 2時間44分31秒 3.2%
5 かささぎの旗: やきそばの想夫恋広川店にて 2時間19分08秒 2.7%
6 かささぎの旗: 乳房切除術と健診 ~ 女優が投げかけた問い 2時間09分45秒 2.5%
7 かささぎの旗: おうたい三番 2時間06分52秒 2.4%
8 かささぎの旗: 入江たか子林泰文テゴマス佐藤春夫荒井由実。談義。 1時間39分13秒 1.9%
9 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(29) 行き過ぎたインセンティブ、7:1 1時間36分43秒 1.9%
10 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(149)  中医協論点の16 調剤報酬、後発医薬品推進 1時間33分03秒 1.8%
11 かささぎの旗: 『安楽病棟』を読む  松永伸夫 1時間31分45秒 1.8%
12 かささぎの旗: 律の風 1時間29分09秒 1.7%
13 かささぎの旗: ページ名未取得 1時間22分03秒 1.6%
14 かささぎの旗:  人口動態の動向(7)昭和60年以降、自然死産率を上回る人工死産率 1時間15分56秒 1.5%
15 かささぎの旗: アフリカ開発と日本(7)  ハイパーインフレのジンバブエと日本 1時間15分07秒 1.4%
16 かささぎの旗: インドの社会保障制度(3)                貧富の差の激しい医療現場 1時間14分14秒 1.4%
17 かささぎの旗: 新明解国語辞典 (辞書にある人格) 1時間07分31秒 1.3%
18 かささぎの旗: 理に叶い法に叶い情に叶う公共事業 1時間04分34秒 1.2%
19 かささぎの旗: 東京、昭和二十年 1時間01分50秒 1.2%
20 かささぎの旗: 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より 58分59秒 1.1%
21 かささぎの旗: 筑後に残る源平合戦の跡とうじかばねの民 55分14秒 1.1%
22 かささぎの旗: 幻の命(3)  各宗教における妊娠中絶 55分00秒 1.1%
23 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(70)           地域一般病床の新設案 53分30秒 1.0%
24 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(94)          重度認知症患者デイ・ケア 50分14秒 1.0%
25 かささぎの旗: 浜寺俘虜収容所のロシア兵             あるユダヤ人捕虜と日本 47分52秒 0.9%
26 かささぎの旗: 医療と統計学 - 海外での日本人死亡が過去最高数に 46分21秒 0.9%
27 かささぎの旗: 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる 44分32秒 0.9%
28 かささぎの旗: 精神保健福祉の法(2)(3)  市町村と都道府県、錯綜する法の責任主体 44分13秒 0.9%
29 かささぎの旗: 介護保険の動き(4) 介護費9兆円が2025年には21兆円、介護保険料5千円が8千円に 42分36秒 0.8%
30 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(35) かかりつけ医と専門医との連携のために 42分12秒 0.8%
31 かささぎの旗: 八女郡黒木町 42分09秒 0.8%
32 かささぎの旗: ページ名未取得 40分49秒 0.8%
33 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(160)        7対1 入院基本料の算定要件 40分26秒 0.8%
34 かささぎの旗: エリカの花ー西田佐知子とその時代談義(というほどでもないけど) 38分56秒 0.7%
35 かささぎの旗: とみのへんざい、富の偏在~超リッチな人が世界で二番目に多い日本 37分42秒 0.7%
36 かささぎの旗: 呂伊利先生おめでと会コメント集成。 37分17秒 0.7%
37 かささぎの旗: 病床の機能分化について ~  第6次医療法改正 37分14秒 0.7%
38 かささぎの旗: 小椋佳コンサート in Yame とイマジンドラゴンズのイッツタイム 35分12秒 0.7%
39 かささぎの旗: cloud 34分23秒 0.7%
40 かささぎの旗: 霊峰高野山にある慰霊塔 31分49秒 0.6%
41 かささぎの旗: 中国の社会保障制度(1)                    都市部と農村部で異なる制度 31分40秒 0.6%
42 かささぎの旗:  国民健康保険の財源(6) 保険の保険ー共同事業という名のお財布 31分00秒 0.6%
43 かささぎの旗: 筑後酒造り唄~日本民謡協会久留米中央支部のみなさん 29分54秒 0.6%
44 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(9) 日本の医療問題の特徴は 29分49秒 0.6%
45 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(32) 亜急性期の役割がクローズアップされる 29分26秒 0.6%
46 かささぎの旗: 介護保険の動き(2)  人生90年時代へ向けての高齢社会対策大綱 28分05秒 0.5%
47 かささぎの旗: 介護保険の課題と論点(5)「複合型サービス」の利便性は。 27分51秒 0.5%
48 かささぎの旗: 難病対策 (1)(2) 難病対策の改革 27分27秒 0.5%
49 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(27)        介護支援連携指導料300点算定の条件 27分03秒 0.5%
50 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 26分41秒 0.5%
51 かささぎの旗: 寂源僧正の「高良山十景歌」その1  25分38秒 0.5%
52 かささぎの旗: 竹橋乙四郎ノンフィクション 25分01秒 0.5%
53 かささぎの旗: ブリジストン通り 24分47秒 0.5%
54 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(30)(31) 24分43秒 0.5%
55 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 24分15秒 0.5%
56 かささぎの旗: 平成24年医療施設調査・病院報告(3) 医療介護連携のキーとなる職種が増えている 24分14秒 0.5%
57 かささぎの旗: MARS(診療報酬請求債権)~米国の医療制度と日本との違いがあぶり出される事例 24分00秒 0.5%
58 かささぎの旗: let's俳句を英語に  保健医療経営大学英語公開講座にて 22分07秒 0.4%
59 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(169)            介護保険での看取り介護加算 21分05秒 0.4%
60 かささぎの旗: 博多ーアトピー治療 20分47秒 0.4%
61 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 20分35秒 0.4%
62 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 20分30秒 0.4%
63 かささぎの旗: 廣田弘毅 19分23秒 0.4%
64 かささぎの旗: 口蹄疫の正しい知識(4)ワクチン接種の功罪   19分18秒 0.4%
65 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(13)       訪問看護管理療養費 19分10秒 0.4%
66 かささぎの旗: 映画ヒョーロン家神津呂伊利先生と、あぶない談義を。 19分06秒 0.4%
67 かささぎの旗: 2013年08月 18分11秒 0.4%
68 かささぎの旗: 乙骨耐軒とその子孫 17分50秒 0.3%
69 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(7対1)について 16分59秒 0.3%
70 かささぎの旗: 在宅医療の動向(2) 昨年は機能強化型への移行が図られたが 15分39秒 0.3%
71 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(36) 15分15秒 0.3%
72 かささぎの旗: 帯 15分09秒 0.3%
73 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 14分45秒 0.3%
74 かささぎの旗: 顕つといふ字 14分43秒 0.3%
75 かささぎの旗: 一般病棟の入院基本料(特別入院基本料)について 14分40秒 0.3%
76 かささぎの旗: 療養病棟入院基本料(25対1)について 14分38秒 0.3%
77 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(15) 消費税増収分は 14分16秒 0.3%
78 かささぎの旗: 俳句における恋 / 横山康夫 14分08秒 0.3%
78 かささぎの旗: 久留米呂伊利さんを祝う会 in 羽犬塚 14分08秒 0.3%
80 かささぎの旗: 2010年12月 13分58秒 0.3%
81 かささぎの旗: 連歌の発生 13分00秒 0.3%
82 かささぎの旗: 生姜とジャコの佃煮 12分50秒 0.2%
83 かささぎの旗: 一重咲きのバラ 12分42秒 0.2%
84 かささぎの旗: 空蝉の爪ー『拓』16号評の三 12分37秒 0.2%
85 かささぎの旗: トップページ 12分36秒 0.2%
86 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(179・180) 一般病床の機能分化のまとめ     DPC病院の三つの選定 12分12秒 0.2%
86 かささぎの旗: 医療従事者の結核が増えている 12分12秒 0.2%
88 かささぎの旗: 西片町界隈「のて」と「まち」 12分09秒 0.2%
89 かささぎの旗: 総合医療論講義(13)医療をはかるものさしは 12分02秒 0.2%
90 かささぎの旗:  イギリスの社会保障制度(7)             キャメロン首相の医療改革 11分47秒 0.2%
91 かささぎの旗: 英語圏の国々~旧英国領 11分46秒 0.2%
92 かささぎの旗: 大浦みずきさんとりかさん 11分40秒 0.2%
93 かささぎの旗: ここら辺の田舎の人(樽美酒研二さん)が、時代の最先端をいく不思議さよ。談義。 11分30秒 0.2%
94 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(164)          看護補助者夜間配置加算 11分27秒 0.2%
95 かささぎの旗: 一般病床の入院基本料(有床診療所) 11分23秒 0.2%
96 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(40)中医協中間とりまとめから 11分03秒 0.2%
97 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(168)         法が変われば死ぬ場所もかわる 10分59秒 0.2%
98 かささぎの旗: アメリカの社会保障制度(2)             マネージドケア(制限医療)の発生 10分43秒 0.2%
99 かささぎの旗: 久留米にべら安があった頃~四年がけの思い出のパッチワーク 10分33秒 0.2%
100 かささぎの旗: Agena Dogena  10分08秒 0.2%

1 2 3 4 5 6 7

総滞在時間
ページ 割合
1 かささぎの旗: トップページ 6日15時間32分13秒 25.6%
2 かささぎの旗: エリカの花ー西田佐知子とその時代談義(というほどでもないけど) 1日8時間27分03秒 5.2%
3 かささぎの旗: ブリジストン通り 20時間39分25秒 3.3%
4 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(169)            介護保険での看取り介護加算 19時間41分02秒 3.2%
5 かささぎの旗: 久留米呂伊利さんを祝う会 in 羽犬塚 17時間39分44秒 2.8%
6 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(160)        7対1 入院基本料の算定要件 16時間10分35秒 2.6%
7 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(40)中医協中間とりまとめから 15時間39分07秒 2.5%
8 かささぎの旗: 呂伊利先生おめでと会コメント集成。 14時間17分24秒 2.3%
9 かささぎの旗: 病床の機能分化について ~  第6次医療法改正 14時間16分18秒 2.3%
10 かささぎの旗: 筑後酒造り唄~日本民謡協会久留米中央支部のみなさん 11時間27分46秒 1.8%
11 かささぎの旗: 乳房切除術と健診 ~ 女優が投げかけた問い 10時間48分46秒 1.7%
12 かささぎの旗: おうたい三番 10時間34分20秒 1.7%
13 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 9時間20分11秒 1.5%
14 かささぎの旗: 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より 8時間50分48秒 1.4%
15 かささぎの旗: Agena Dogena  8時間26分56秒 1.4%
16 かささぎの旗: 幻の命(3)  各宗教における妊娠中絶 7時間20分03秒 1.2%
17 かささぎの旗: 八女郡黒木町 7時間01分28秒 1.1%
18 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(7対1)について 6時間30分47秒 1.0%
19 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 6時間29分30秒 1.0%
20 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 6時間28分00秒 1.0%
21 かささぎの旗: 平成24年医療施設調査・病院報告(3) 医療介護連携のキーとなる職種が増えている 6時間27分48秒 1.0%
22 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(29) 行き過ぎたインセンティブ、7:1 6時間26分52秒 1.0%
23 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 6時間13分29秒 1.0%
24 かささぎの旗: 一重咲きのバラ 5時間55分43秒 1.0%
25 かささぎの旗: 2008年06月 5時間29分02秒 0.9%
26 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(32) 亜急性期の役割がクローズアップされる 5時間23分42秒 0.9%
27 かささぎの旗:  人口動態の動向(7)昭和60年以降、自然死産率を上回る人工死産率 5時間03分42秒 0.8%
28 かささぎの旗: 2013年09月 5時間02分53秒 0.8%
29 かささぎの旗: 奥八女・下横山の西光寺へいったこと 4時間27分11秒 0.7%
30 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(10)  改革の方向性 4時間19分49秒 0.7%
31 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(35) かかりつけ医と専門医との連携のために 4時間13分11秒 0.7%
32 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(13)       訪問看護管理療養費 4時間09分16秒 0.7%
33 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 3時間55分54秒 0.6%
34 かささぎの旗: 山本健吉『虚構の衰頽』 4 3時間27分46秒 0.6%
35 かささぎの旗: cloud 3時間26分19秒 0.6%
36 かささぎの旗: 滝沢馬琴の住居跡  さくらさんのレポートより 3時間23分45秒 0.5%
37 かささぎの旗: 理に叶い法に叶い情に叶う公共事業 3時間13分42秒 0.5%
38 かささぎの旗: 浜寺俘虜収容所のロシア兵             あるユダヤ人捕虜と日本 3時間11分28秒 0.5%
39 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(149)  中医協論点の16 調剤報酬、後発医薬品推進 3時間06分06秒 0.5%
40 かささぎの旗: 『安楽病棟』を読む  松永伸夫 3時間03分30秒 0.5%
41 かささぎの旗: 小椋佳コンサート in Yame とイマジンドラゴンズのイッツタイム 2時間56分01秒 0.5%
42 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(30)(31) 2時間53分03秒 0.5%
43 かささぎの旗: ページ名未取得 2時間44分06秒 0.4%
44 かささぎの旗: 2013年08月 2時間43分36秒 0.4%
45 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(27)        介護支援連携指導料300点算定の条件 2時間42分19秒 0.4%
46 かささぎの旗:  国民健康保険の財源(6) 保険の保険ー共同事業という名のお財布 2時間34分59秒 0.4%
47 かささぎの旗: ここら辺の田舎の人(樽美酒研二さん)が、時代の最先端をいく不思議さよ。談義。 2時間29分30秒 0.4%
48 かささぎの旗: やきそばの想夫恋広川店にて 2時間19分08秒 0.4%
49 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(36) 2時間17分15秒 0.4%
50 かささぎの旗: 久しぶり、青空 2時間14分50秒 0.4%
51 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 2時間03分31秒 0.3%
52 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(3)  喜矢武豊という天才的プロデューサー 2時間02分04秒 0.3%
53 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(9) 日本の医療問題の特徴は 1時間59分17秒 0.3%
54 かささぎの旗: 井村屋たい焼きアイスの顔が・・・ 1時間58分11秒 0.3%
55 かささぎの旗: とみのへんざい、富の偏在~超リッチな人が世界で二番目に多い日本 1時間53分05秒 0.3%
56 かささぎの旗: 筑後に残る源平合戦の跡とうじかばねの民 1時間50分27秒 0.3%
57 かささぎの旗: 人口動態の動向(6) 乳児死亡率の低さナンバーワンをスウェーデンに奪われた理由 1時間47分01秒 0.3%
58 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(94)          重度認知症患者デイ・ケア 1時間40分28秒 0.3%
59 かささぎの旗: 入江たか子林泰文テゴマス佐藤春夫荒井由実。談義。 1時間39分13秒 0.3%
60 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 1時間37分25秒 0.3%
61 かささぎの旗: 呂伊利さん、久しぶり!古墳はどっちを向いている?談義。 1時間36分18秒 0.3%
62 かささぎの旗: 医療と統計学 - 海外での日本人死亡が過去最高数に 1時間32分41秒 0.2%
63 かささぎの旗: 律の風 1時間29分09秒 0.2%
64 かささぎの旗: 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる 1時間29分04秒 0.2%
65 かささぎの旗: 精神保健福祉の法(2)(3)  市町村と都道府県、錯綜する法の責任主体 1時間28分25秒 0.2%
66 かささぎの旗: 切字論 1時間25分50秒 0.2%
67 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 1時間23分47秒 0.2%
68 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(最終稿)  樽美酒研二氏のエンターテイメント性 1時間23分24秒 0.2%
69 かささぎの旗: 難病対策 (1)(2) 難病対策の改革 1時間22分20秒 0.2%
70 かささぎの旗: 病気がウツルというときの漢字は? 1時間20分41秒 0.2%
71 かささぎの旗: 「花も紅葉も」  定家の否定の花 1時間18分35秒 0.2%
72 かささぎの旗: 口蹄疫の正しい知識(4)ワクチン接種の功罪   1時間17分13秒 0.2%
73 かささぎの旗: 寂源僧正の「高良山十景歌」その1  1時間16分53秒 0.2%
74 かささぎの旗: アフリカ開発と日本(7)  ハイパーインフレのジンバブエと日本 1時間15分07秒 0.2%
75 かささぎの旗: 竹橋乙四郎ノンフィクション 1時間15分03秒 0.2%
76 かささぎの旗: インドの社会保障制度(3)                貧富の差の激しい医療現場 1時間14分14秒 0.2%
77 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(15) 消費税増収分は 1時間11分19秒 0.2%
78 かささぎの旗: 寺田天満宮と樽美酒研二の接点 1時間11分14秒 0.2%
79 かささぎの旗: 火事の夜の放水ホースからみあふ 1時間09分45秒 0.2%
80 かささぎの旗: 一般病床の入院基本料(有床診療所) 1時間08分18秒 0.2%
81 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは 1時間08分15秒 0.2%
82 かささぎの旗: 新明解国語辞典 (辞書にある人格) 1時間07分31秒 0.2%
83 かささぎの旗: 霊峰高野山にある慰霊塔 1時間03分37秒 0.2%
84 かささぎの旗: 東京、昭和二十年 1時間01分50秒 0.2%
85 かささぎの旗: 帯 1時間00分34秒 0.2%
86 かささぎの旗: 介護保険の動き(2)  人生90年時代へ向けての高齢社会対策大綱 56分10秒 0.2%
87 かささぎの旗: 介護保険の課題と論点(5)「複合型サービス」の利便性は。 55分41秒 0.1%
88 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(70)           地域一般病床の新設案 53分30秒 0.1%
89 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 52分22秒 0.1%
90 かささぎの旗: 今日のアクセス生ログから 51分46秒 0.1%
91 かささぎの旗: 調一族の血 ー しらべさんからの手紙1 50分30秒 0.1%
92 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(164)          看護補助者夜間配置加算 45分47秒 0.1%
93 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(170) ベッドコントロールについての改定~政策誘導が逆効果となりはしまいか、 45分37秒 0.1%
94 かささぎの旗: 介護保険の動き(4) 介護費9兆円が2025年には21兆円、介護保険料5千円が8千円に 42分36秒 0.1%
95 かささぎの旗: 博多ーアトピー治療 41分33秒 0.1%
96 かささぎの旗: ページ名未取得 40分49秒 0.1%
97 かささぎの旗: 廣田弘毅 38分46秒 0.1%
98 かささぎの旗: 水神 37分51秒 0.1%
99 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(4)  歌広場淳氏の振り付け 37分45秒 0.1%
100 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(2) 鬼龍院氏の経歴に学ぶ 37分12秒 0.1%

1 2 3 4 5 6 7

リモートホスト(プロバイダ)

訪問者が接続しているプロバイダがわかります。

集計対象訪問者数:11,405
ホスト名 割合
1 ocn.ne.jp 2,005 17.6%
2 spmode.ne.jp 767 6.7%
3 au-net.ne.jp 674 5.9%
4 msn.com 648 5.7%
5 panda-world.ne.jp 513 4.5%
6 bbtec.net 467 4.1%
7 dion.ne.jp 430 3.8%
8 plala.or.jp 373 3.3%
9 mesh.ad.jp 221 1.9%
10 eonet.ne.jp 211 1.9%
11 infoweb.ne.jp 204 1.8%
12 home.ne.jp 195 1.7%
13 nttpc.ne.jp 191 1.7%
14 ucom.ne.jp 162 1.4%
15 so-net.ne.jp 159 1.4%
16 e-mobile.ne.jp 145 1.3%
17 bbiq.jp 143 1.3%
18 vectant.ne.jp 141 1.2%
19 yournet.ne.jp 102 0.9%
20 asahi-net.or.jp 100 0.9%
21 google.com 80 0.7%
22 webnx.com 77 0.7%
23 zaq.ne.jp 75 0.7%
24 commufa.jp 56 0.5%
25 access-internet.ne.jp 55 0.5%
26 wakwak.ne.jp 53 0.5%
27 openmobile.ne.jp 50 0.4%
28 t-com.ne.jp 48 0.4%
29 bbexcite.jp 47 0.4%
30 uqwimax.jp 46 0.4%
31 2iij.net 45 0.4%
32 odn.ad.jp 40 0.4%
33 hosp.go.jp 34 0.3%
34 kumin.ne.jp 33 0.3%
35 cv-net.jp 30 0.3%
36 dti.ne.jp 28 0.2%
37 pikara.ne.jp 27 0.2%
38 enjoy.ne.jp 26 0.2%
39 healthcare-m.ac.jp 25 0.2%
39 mhlw.go.jp 25 0.2%
41 googlebot.com 23 0.2%
42 itscom.jp 22 0.2%
43 bit-drive.ne.jp 20 0.2%
43 emobile.ad.jp 20 0.2%
45 kcn.ne.jp 19 0.2%
46 synapse.ne.jp 18 0.2%
46 ztv.ne.jp 18 0.2%
46 janis.or.jp 18 0.2%
49 megaegg.ne.jp 17 0.1%
50 tokai.or.jp 16 0.1%
50 hinet.net 16 0.1%
50 secomtrust.net 16 0.1%
50 pcsitebrowser.ne.jp 16 0.1%
50 odn.ne.jp 16 0.1%
55 fukuoka-edu.ac.jp 15 0.1%
55 mopera.net 15 0.1%
55 zoot.jp 15 0.1%
55 crust-r.net 15 0.1%
59 oct-net.ne.jp 14 0.1%
59 avis.ne.jp 14 0.1%
59 hokkaido.jp 14 0.1%
62 gmo-isp.jp 12 0.1%
62 c-able.ne.jp 12 0.1%
62 aitai.ne.jp 12 0.1%
65 tcat.ne.jp 11 0.1%
65 j-cnet.jp 11 0.1%
67 hi-ho.ne.jp 10 0.1%
67 ehime.jp 10 0.1%
67 canvas.ne.jp 10 0.1%
67 messagelabs.net 10 0.1%
67 toyama.jp 10 0.1%
72 tayoreru.com 9 0.1%
72 ocn.ad.jp 9 0.1%
72 gunma.jp 9 0.1%
72 nplus-net.jp 9 0.1%
72 stnet.ne.jp 9 0.1%
72 secure-ict.net 9 0.1%
78 infoaomori.ne.jp 8 0.1%
78 bunbun.ne.jp 8 0.1%
78 fujita-hu.ac.jp 8 0.1%
78 bc9.ne.jp 8 0.1%
78 technowave.ne.jp 8 0.1%
78 kct.ad.jp 8 0.1%
78 ccnw.ne.jp 8 0.1%
78 hotcn.ne.jp 8 0.1%
78 opera-mini.net 8 0.1%
78 thn.ne.jp 8 0.1%
78 eaccess.ne.jp 8 0.1%
78 m-net.ne.jp 8 0.1%
78 valley.ne.jp 8 0.1%
91 jaaikosei.or.jp 7 0.1%
91 ncv.ne.jp 7 0.1%
91 yamanashi.jp 7 0.1%
91 nirai.ne.jp 7 0.1%
91 kddi.ne.jp 7 0.1%
91 starcat.ne.jp 7 0.1%
91 katch.ne.jp 7 0.1%
91 taisho.co.jp 7 0.1%
91 iwate.jp 7 0.1%
91 bai.ne.jp 7 0.1%

1 2 3 4 5 6 7

OS(端末)

訪問者が利用しているOS(端末)がわかります。

集計対象訪問者数:11,405
OS 割合
1 Windows 7 4,649 40.8%
2 MacOS-X 1,924 16.9%
3 Windows XP 1,785 15.7%
4 Linux 1,434 12.6%
5 Windows Vista 722 6.3%
6 Windows 8 404 3.5%
7 Robot/Tool 198 1.7%
8 Linux i686 83 0.7%
9 Windows 2000 39 0.3%
10 Linux x86_64) 32 0.3%
11 Windows Server 2003 27 0.2%
12 MacPowerPC 11 0.1%
13 Linux x86_64 8 0.1%
14 Windows CE 1 0.0%
14 Windows 1 0.0%
判別不能 87 0.8%

アクセス地域

訪問者がアクセスしている都道府県がわかります。

集計対象アクセス数:4,983
都道府県 割合
1 東京 1,438 28.9%
2 福岡 411 8.2%
3 大阪 323 6.5%
4 愛知 214 4.3%
5 神奈川 194 3.9%
6 北海道 171 3.4%
7 千葉 166 3.3%
8 長野 154 3.1%
9 兵庫 141 2.8%
10 埼玉 132 2.6%
11 静岡 104 2.1%
12 京都 81 1.6%
13 三重 79 1.6%
14 大分 73 1.5%
15 広島 70 1.4%
15 熊本 70 1.4%
17 岡山 65 1.3%
17 茨城 65 1.3%
19 鹿児島 63 1.3%
20 愛媛 56 1.1%
21 新潟 55 1.1%
22 岐阜 54 1.1%
23 奈良 50 1.0%
23 和歌山 50 1.0%
25 宮城 48 1.0%
26 青森 45 0.9%
27 富山 41 0.8%
27 山口 41 0.8%
29 群馬 40 0.8%
29 佐賀 40 0.8%
31 福島 39 0.8%
32 沖縄 38 0.8%
33 栃木 37 0.7%
34 宮崎 34 0.7%
34 長崎 34 0.7%
36 岩手 33 0.7%
37 秋田 30 0.6%
38 滋賀 28 0.6%
39 石川 25 0.5%
39 徳島 25 0.5%
41 福井 22 0.4%
42 山形 21 0.4%
43 山梨 18 0.4%
44 鳥取 17 0.3%
44 高知 17 0.3%
46 香川 16 0.3%
47 島根 15 0.3%

国・言語

訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかります。

集計対象訪問者数:11,057
言語 割合
1 [ja] Japanese 9,797 88.6%
2 [en] English 1,222 11.1%
3 [zh] Chinese 23 0.2%
4 [ko] Korean 6 0.1%
5 [de] German 3 0.0%
6 [pt] Portuguese 2 0.0%
7 [tr] Turkish 1 0.0%
7 [es] Spanish 1 0.0%
7 [ru] Russian 1 0.0%
7 [c] 1 0.0%

※[ ]内は生ログに記録されているデータです。

ブラウザ

訪問者が利用しているブラウザがわかります。

集計対象訪問者数:11,405
ブラウザ 割合
1 InternetExplorer 10.0 2,738 24.0%
2 InternetExplorer 8.0 1,817 15.9%
3 Safari 8536.25 1,158 10.2%
4 Safari 534.30 924 8.1%
5 InternetExplorer 9.0 900 7.9%
6 BingPreview 1.0 600 5.3%
7 Safari 533.1 405 3.6%
8 InternetExplorer 7.0 354 3.1%
9 Chrome 29.0.1547.66 317 2.8%
10 InternetExplorer 6.0 273 2.4%
11 Firefox 23.0 243 2.1%
12 Robot/Tool 198 1.7%
13 Chrome 29.0.1547.76 184 1.6%
14 Safari 536.30.1 127 1.1%
14 Safari 7534.48.3 127 1.1%
16 Mobile 10 118 1.0%
17 Safari 9537.53 90 0.8%
18 Chrome 29.0.1547.62 86 0.8%
19 HeartRails_Capture 1.0.4 77 0.7%
20 Safari 528.16 61 0.5%
21 Chrome 9.0.597 50 0.4%
22 Safari 6533.18.5 46 0.4%
23 Chrome 29.0.1547.72 38 0.3%
24 Safari 534.59.8 33 0.3%
25 Firefox 2.0.0.20 28 0.2%
26 Chrome 22.0.1229 27 0.2%
27 Mobile 11 24 0.2%
28 Chrome 18.0.1025.308 22 0.2%
29 Firefox 24.0 20 0.2%
29 Chrome 29.0.1547.65 20 0.2%
31 Mozilla 4.0 14 0.1%
31 Chrome 28.0.1500.95 14 0.1%
31 Chrome 29.0.1547.57 14 0.1%
34 Netscape 5.0 13 0.1%
34 Opera 9.80 13 0.1%
36 Chrome 18.0.1025.166 12 0.1%
37 Safari 534.13 11 0.1%
38 Chrome 29.0.1547.59 10 0.1%
38 Safari 533.19.4 10 0.1%
40 Safari 533.22.3 9 0.1%
40 Firefox 22.0 9 0.1%
40 Safari 534.59.10 9 0.1%
40 Firefox 3.6.28 9 0.1%
44 Safari 535.19 8 0.1%
45 Firefox 17.0 7 0.1%
46 Mobile 9 6 0.1%
46 Safari 536.26.17 6 0.1%
46 Firefox 16.0 6 0.1%
49 Safari 534.57.2 5 0.0%
49 Firefox 18.0 5 0.0%
51 Firefox 19.0 4 0.0%
51 Firefox 21.0 4 0.0%
53 NintendoBrowser 1.5.0.8047 3 0.0%
53 Chrome 23.0.1271.64 3 0.0%
53 Chrome 27.0.1500.0 3 0.0%
53 Firefox 10.0.2 3 0.0%
53 Chrome 27.0.1453.116 3 0.0%
53 PaleMoon 20.3 3 0.0%
53 Firefox 20.0 3 0.0%
53 Firefox 12.0 3 0.0%
53 Chrome 30.0.1599.28 3 0.0%
53 Safari 533.21.1 3 0.0%
63 Safari 536.25 2 0.0%
63 Firefox 9.0.1 2 0.0%
63 Chrome 30.0.1599.47 2 0.0%
63 Chrome 25.0.1400.0 2 0.0%
63 Safari 534.57.7 2 0.0%
63 Firefox 3.0.19 2 0.0%
63 Chrome 26.0.1410.64 2 0.0%
63 Chrome 11.0.696.65 2 0.0%
63 Safari 6531.22.7 2 0.0%
63 Safari 534.55.3 2 0.0%
63 Safari 531.21.10 2 0.0%
63 Chrome 11.0.696.34 2 0.0%
63 Safari 534.52.7 2 0.0%
63 Chrome 21.0.1180.89 2 0.0%
63 RakutenWebsearch 1.2.2 2 0.0%
78 Firefox 8.0.1 1 0.0%
78 Safari 534.34 1 0.0%
78 Safari 533.18.5 1 0.0%
78 Mozilla 24.0 1 0.0%
78 Safari 534.51.22 1 0.0%
78 Safari 525.28.1 1 0.0%
78 Chrome 18.0.1025.142 1 0.0%
78 Safari 8536.30.1 1 0.0%
78 Firefox 14.0.1 1 0.0%
78 Chrome 28.0.1500.94 1 0.0%
78 Chrome 28.0.1500.72 1 0.0%
78 Firefox 3.0.13 1 0.0%
78 Chrome 26.0.1410.58 1 0.0%
78 Mozilla 5.0 1 0.0%
78 Firefox 3.5.8 1 0.0%
78 Chrome 25.0.1364.152 1 0.0%
78 Firefox 26.0 1 0.0%
78 Firefox 6.0.2 1 0.0%
78 Safari 523.12 1 0.0%
78 Safari 533.3 1 0.0%
78 Firefox 3.5 1 0.0%
78 Chrome 12.0.742.122 1 0.0%
78 Safari 533.16 1 0.0%

1 2

ページ別アクセス数

アクセス数: 16,903
訪問者数: 13,286
解析ページ 訪問者 アクセス
1 かささぎの旗: トップページ 6561,479 4.9% 8.7%
2 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(10)  改革の方向性 608738 4.6% 4.4%
3 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 523616 3.9% 3.6%
4 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(169)            介護保険での看取り介護加算 510599 3.8% 3.5%
5 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(40)中医協中間とりまとめから 331422 2.5% 2.5%
6 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(3)  喜矢武豊という天才的プロデューサー 280350 2.1% 2.1%
7 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 300341 2.3% 2.0%
8 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 264285 2.0% 1.7%
9 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(8)「改革が求められる背景とは」 国民会議報告書 219273 1.6% 1.6%
10 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(7対1)について 216254 1.6% 1.5%
11 かささぎの旗: 人口動態の動向(6) 乳児死亡率の低さナンバーワンをスウェーデンに奪われた理由 175215 1.3% 1.3%
12 かささぎの旗: 病床の機能分化について ~  第6次医療法改正 165211 1.2% 1.2%
13 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(160)        7対1 入院基本料の算定要件 168203 1.3% 1.2%
14 かささぎの旗: エリカの花ー西田佐知子とその時代談義(というほどでもないけど) 58155 0.4% 0.9%
15 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 121148 0.9% 0.9%
16 かささぎの旗: 久留米呂伊利さんを祝う会 in 羽犬塚 59130 0.4% 0.8%
17 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは 93120 0.7% 0.7%
18 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(4)  歌広場淳氏の振り付け 87110 0.7% 0.7%
19 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(43)亜急性期病床への政策誘導が、次期改定の目玉 89109 0.7% 0.6%
20 かささぎの旗: 病気がウツルというときの漢字は? 93105 0.7% 0.6%
21 かささぎの旗: ブリジストン通り 5096 0.4% 0.6%
22 かささぎの旗: 2013年09月 6787 0.5% 0.5%
23 かささぎの旗:  国民健康保険の財源(6) 保険の保険ー共同事業という名のお財布 7886 0.6% 0.5%
24 かささぎの旗: Agena Dogena  4383 0.3% 0.5%
25 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(最終稿)  樽美酒研二氏のエンターテイメント性 5980 0.4% 0.5%
26 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(32) 亜急性期の役割がクローズアップされる 6578 0.5% 0.5%
27 かささぎの旗: 八女農高みらい館で会った三年生女子 2470 0.2% 0.4%
28 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(13)       訪問看護管理療養費 4767 0.4% 0.4%
29 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 5266 0.4% 0.4%
30 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(37)(38) 5465 0.4% 0.4%
30 かささぎの旗: 呂伊利先生おめでと会コメント集成。 3865 0.3% 0.4%
32 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(166)          喀痰吸引と褥瘡管理 5563 0.4% 0.4%
33 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(170) ベッドコントロールについての改定~政策誘導が逆効果となりはしまいか、 5062 0.4% 0.4%
33 かささぎの旗: 組織としてのゴールデンボンバー(2) 鬼龍院氏の経歴に学ぶ 4362 0.3% 0.4%
35 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(11)病床機能報告制度導入と地域医療ビジョン策定について 5161 0.4% 0.4%
36 かささぎの旗: 「花も紅葉も」  定家の否定の花 4458 0.3% 0.3%
37 かささぎの旗: 花嫁談義(ちがいますって) 5455 0.4% 0.3%
37 かささぎの旗: ここら辺の田舎の人(樽美酒研二さん)が、時代の最先端をいく不思議さよ。談義。 4255 0.3% 0.3%
39 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(27)        介護支援連携指導料300点算定の条件 4554 0.3% 0.3%
40 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 4551 0.3% 0.3%
40 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(164)          看護補助者夜間配置加算 4751 0.4% 0.3%
42 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(15)        病院・診療所からの訪問看護診療報酬 4350 0.3% 0.3%
42 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(27) ポストアキュート、サブアキュート期患者を担える転院先の確保 3750 0.3% 0.3%
42 かささぎの旗: 一重咲きのバラ 2850 0.2% 0.3%
45 かささぎの旗: 浜寺俘虜収容所のロシア兵             あるユダヤ人捕虜と日本 4349 0.3% 0.3%
45 かささぎの旗: 療養病棟入院基本料(25対1)について 4649 0.3% 0.3%
47 かささぎの旗: 音楽 848 0.1% 0.3%
48 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(3) 市町村に都道府県が援助するものー保険基盤安定制度および財政調整交付金 4045 0.3% 0.3%
48 かささぎの旗: 筑後酒造り唄~日本民謡協会久留米中央支部のみなさん 2945 0.2% 0.3%
50 かささぎの旗: 八女郡黒木町 2743 0.2% 0.3%
50 かささぎの旗: スペイン語圏の国々 3743 0.3% 0.3%
50 かささぎの旗: 今日のアクセス生ログから 2743 0.2% 0.3%
50 かささぎの旗: 一般病棟入院基本料(15対1)について~医療法標準数ぎりぎりの基準 4143 0.3% 0.3%
50 かささぎの旗: 久しぶり、青空 2843 0.2% 0.3%
55 かささぎの旗: 整骨院の助手のしごと。 4142 0.3% 0.2%
55 かささぎの旗: 一般病棟の入院基本料(特別入院基本料)について 3842 0.3% 0.2%
57 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(30)(31) 3741 0.3% 0.2%
58 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(1)               ゆりかごから墓場まで 3640 0.3% 0.2%
59 かささぎの旗: 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より 2839 0.2% 0.2%
59 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(24)             介護療養型医療施設廃止に6年の猶予 3739 0.3% 0.2%
59 かささぎの旗: 2013年07月 2839 0.2% 0.2%
62 かささぎの旗: おうたい三番 3138 0.2% 0.2%
62 かささぎの旗: 幻の命(3)  各宗教における妊娠中絶 2638 0.2% 0.2%
62 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(36) 2938 0.2% 0.2%
62 かささぎの旗: 平成24年医療施設調査・病院報告(3) 医療介護連携のキーとなる職種が増えている 2638 0.2% 0.2%
62 かささぎの旗: 介護保険の課題と論点(1) 社会保障審議会介保険部会でのまとめ 3438 0.3% 0.2%
62 プロフィールページ 3338 0.2% 0.2%
68 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(8)       訪問看護と訪問介護は違います 3237 0.2% 0.2%
68 かささぎの旗: 呂伊利さん、久しぶり!古墳はどっちを向いている?談義。 2137 0.2% 0.2%
70 かささぎの旗: 原発事故避難者からの被曝             放射能は移るの? 3236 0.2% 0.2%
70 かささぎの旗:  人口動態の動向(7)昭和60年以降、自然死産率を上回る人工死産率 3136 0.2% 0.2%
70 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(26)平成26年度に消費税が8%になったとき 3336 0.2% 0.2%
73 かささぎの旗: 破傷風について~ ワクチン接種を免れた年代の人がかかる 3335 0.2% 0.2%
74 かささぎの旗: 入院基本料と栄養管理・褥瘡患者管理 2831 0.2% 0.2%
74 かささぎの旗: 市町村別平均寿命(1) 2731 0.2% 0.2%
76 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(32)        居宅介護ケアプラン作成料について 3030 0.2% 0.2%
76 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 2730 0.2% 0.2%
76 かささぎの旗: フィリピンの社会保障制度(3)  公的医療保険への未加入者が三分の一 2830 0.2% 0.2%
76 かささぎの旗: 三万日ブルース   andymori 2830 0.2% 0.2%
76 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(3) 部門別利益率比較 2330 0.2% 0.2%
81 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(167)          ターミナルケアー高価な診療報酬の位置づけ 2329 0.2% 0.2%
81 かささぎの旗: 医療従事者の給与(3)  医療職種ごとの賃金比較その2 2329 0.2% 0.2%
83 かささぎの旗: 死亡届(戸籍法) ー高齢者死亡無届事件 2628 0.2% 0.2%
83 かささぎの旗: 自助食器 2128 0.2% 0.2%
83 かささぎの旗: これは、山ぶどう、or、野ぶどう? 2128 0.2% 0.2%
83 かささぎの旗: on your mark~夢の斜面見上げて  chage&aska 2228 0.2% 0.2%
83 かささぎの旗: 五條家御旗祭りに参加して~太郎良盛幸・文 2328 0.2% 0.2%
88 かささぎの旗: 東京、昭和二十年 1927 0.1% 0.2%
88 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(47)         デイケアとデイサービス 2627 0.2% 0.2%
88 かささぎの旗: 高塚の彼岸花 2227 0.2% 0.2%
91 かささぎの旗: 日本人の健康(6)  受療率の高い疾患と分析 2326 0.2% 0.2%
92 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(42)           在宅移行早期加算新設など 2325 0.2% 0.1%
92 かささぎの旗: 放射線、放射能と健康被害(6)  ベクレルとシーベルト 2225 0.2% 0.1%
92 かささぎの旗: とみのへんざい、富の偏在~超リッチな人が世界で二番目に多い日本 2225 0.2% 0.1%
92 かささぎの旗: 井村屋たい焼きアイスの顔が・・・ 1625 0.1% 0.1%
92 かささぎの旗: 竹橋乙四郎文書 2325 0.2% 0.1%
97 かささぎの旗: 調一族の血 ー しらべさんからの手紙1 2124 0.2% 0.1%
97 かささぎの旗: 海軍橋 2424 0.2% 0.1%
97 かささぎの旗: 死亡診断書の書き方  様式がおのずと要求するもの 2124 0.2% 0.1%
97 かささぎの旗: 俳句における恋 / 横山康夫 2324 0.2% 0.1%
97 かささぎの旗: 一般病床の入院基本料(有床診療所) 1524 0.1% 0.1%
97 かささぎの旗: 平成26年度診療報酬改定の動向(44)(45)「法制上の措置」 2124 0.2% 0.1%

ホース格納庫、みっけ!

ホース格納庫、みっけ!


寺田交差点で信号待ち中に気づきました。
ミラーにはガーデンバードのケーキ屋さん。

コスモスが咲いたよ

コスモスが咲いたよ
コスモスが咲いたよ

介護保険の課題と論点(8) 福祉用具専門相談員という国家資格を

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 10 月 1 日 介護保険の課題と論点(8)

Share on Facebook


福祉用具の現状と課題は次の通りです。
○ 高齢者の自立支援を図るためには、自らの身体能力等を最大限に活用できるよう生活環境の観点から支援することが必要であり、要介護(支援)者が増加する中、福祉用具の役割は重要。
○ 平成24年度からは、福祉用具貸与事業者等に対し、利用者ごとに個別サービス計画の作成を義務付け。
○ その後の実態調査により、「利用者や家族のニーズを把握しやすくなった」、「身体状況や住環境に関する事項を確認しやすくなった」と回答した福祉用具専門相談員等が約5割であった。
○ 一方で、事例分析の結果から、「個別の状態像の記載が不十分」、「(単なる用具の)メンテナンスシートのような印象も受ける」という課題もある。
○ 福祉用具貸与事業所における福祉用具専門相談員の約8割は、指定講習会等修了者である。
○ 貸与事業者は、運営規程で取り扱う種目や利用料を定めている。
通常、福祉用具貸与(購入)の価格には、製品の価格のほか、諸経費(アセスメント、用具の選定、計画書作成、搬入・搬出、モニタリング、メンテナンス、消毒、事務費等)が含まれており、複数の福祉用具を貸与する場合には、共通となる経費(計画書作成、搬入、モニタリング等)もある。
○ 平成21年8月に国保連合会介護給付適正化システムを改修し、介護給付費通知書に福祉用具貸与価格分布状況を掲載して発出できるようにした。
これにより、製品毎の貸与価格の分布状況等の把握・分析・公表や、同一製品の貸与価格幅等の通知が保険者(市町村)において可能となっている。
福祉用具に関する論点は次の通りです。
○ 福祉用具サービス計画書の事例分析の結果等を踏まえ、自立支援により資する福祉用具の利用を図る観点から、福祉用具専門相談員の指定講習内容の見直しを検討しており、それを踏まえ福祉用具専門相談員の要件を、福祉用具に関する知識を有している国家資格者及び福祉用具専門相談員指定講習修了者としてはどうか。【政令等改正】
○ 現に従事している福祉用具専門相談員については、福祉用具サービス計画に関する知識も含め、常に福祉用具貸与(販売)に関する必要な知識の修得及び能力の向上に努めなければならないとすることが適当ではないか。【省令等改正】
○ 福祉用具に係るさらなる専門性向上等の観点から、福祉用具貸与事業所に配置されている福祉用具専門相談員の一部について、より専門的知識及び経験を有する者の配置を促進していくことについて検討してはどうか。【省令等改正】
○ 複数の福祉用具を貸与する場合において、効率化・適正化の観点から、都道府県等に届け出ている福祉用具の価格(利用料)からの減額を認めることを検討してはどうか。【運用上の措置】
○ 介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会における議論の中間的な整理等を踏まえ、福祉用具の貸与のみを行うような簡素なケースについては、ケアマネジャーによる月々のモニタリングのあり方を見直してはどうか。【省令等改正】
福祉用具の貸与(販売)についても専門性が求められています。
医療・福祉分野には、他にも専門性が求められている職種がたくさんある中、福祉用具専門相談員のみを国家資格化するのはアンバランスですが、国家資格化は質の担保手段のひとつです。
福祉用具については、その価格(利用料)設定の透明性の確保も課題となっています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼資格化

夜、食糧を買い出しにいったら、そこに、あなたもとれる!さあ今がはじめ時!と通信教育ガイドが置かれていた。

ユーキャンの。資格特技趣味123講座。ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

医療関連で人気が高いのは、

医療事務(2位)、ついで調剤薬局事務(3位)、そして七位に介護事務。
1位は実用ボールペン字となっていました。

ここも。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1454268889

きのうは三時間半もでしたよ。ではがんばっていきまっしょい。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30