無料ブログはココログ

« 2000 国際放射線防護学会 国際会議の招致 ー2020東京オリンピック、連句的。 | トップページ | 一重咲きのバラ »

2013年9月10日 (火)

平成24年医療施設調査・病院報告(1)(2)

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 9 月 10 日 平成24年医療施設調査・病院報告(2)

Share on Facebook


平成24年の病院の1日平均在院患者数は128万7181人で、前年に比べ0.9%減少しています。
1日平均新入院患者数は4万1285人、1日平均退院患者数は4万1323人です。
わずかながら入院患者数より退院患者数のほうが多く、日々、在院患者数が減りつつあります。
病床数の減少スピードよりも在院患者数の減少スピードのほうが大きく、病院の病床利用率は前年に比べ0.4%低下し81.5%となっています。
病床の種類別には、「一般病床」が0.2%低下し76.0%、「精神病床」が0.4%低下し88.7%、「療養病床」が0.6%低下し90.6%、「介護療養病床」が0.7%低下し93.9%となっています。
なお、療養病床を有する診療所の「療養病床」の病床利用率は66.9%、「介護療養病床」は77.2%となっています。
病院の平均在院日数は31.2日で、前年に比べ0.8日短くなっています。
都道府県別には、平均在院日数が最も長い高知県(50.7日)と最も短い神奈川県(24.0)との間に倍以上の開きがあります。
病床の種類別には、「一般病床」が0.4日短縮で17.5日、「精神病床」が6.2日短縮で291.9日、「療養病床」が3.3日短縮で171.8日、「介護療養病床」が4.2日短縮で307.0日となっています。
療養病床を有する診療所の「療養病床」は106.9日、「介護療養病床」は109.3日です。
病院の1日平均外来患者数は139万7864人で、前年に比べ0.3%減少しています。
人口10万対1日平均外来患者数は1096.2人で、前年に比べ0.6人減少しています。
都道府県別には、最も多い高知県(1761.7人)、香川県(1546.9人)と、最も少ない静岡県(832.3人)、神奈川県(880.9人)との間に倍の開きがあります。

2013 年 9 月 8 日 平成24年医療施設調査・病院報告(1)

Share on Facebook


医療施設調査・病院報告(平成24年10月1日現在)が公表されました。
全国の活動中の医療施設は17万7191施設です。
その内訳として「病院」は8565施設で、前年に比べ40施設減少しています。
開設・再開した病院が98施設あったのに対し、廃止・休止した病院が138施設ありました。
「一般診療所」は10万152施設で605施設増加、「歯科診療所」は6万8474施設で318施設増加しています。
一般診療所は、「有床」が9596施設(一般診療所総数の9.6%)で前年に比べ338施設減少し、「無床」が9万556施設で前年に比べ943施設増加しています。
有床から無床へ変更した診療所が264施設あります。
医療施設の全病床数は170万3950床で、前年に比べ8589床減少しています。
「病院」は157万8254床で、前年に比べ4819床減少、一般診療所は12万5599床で、前年に比べ3767床減少、歯科診療所は97床で、前年に比べ3床減少しています。
病院の病床の内訳は、「一般病床」が89万8166床(前年に比べ1219床減少)、「精神病床」が34万2194床(1853床減少)、「療養病床」が32万8888床(1279床減少)です。
人口10万対病院病床数は、「全病床」では1238床です。
内訳は、「精神病床」が268床、「療養病床」が258床、「一般病床」が704床です。
人口対病床数は都道府県差が大きく、最も多い県と最も少ない県の比は、「全病床」が3.0倍、「精神病床」が3.8倍、「療養病床」が6.9倍、「一般病床」は2.2倍となっています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ読書日誌

長崎原爆忌俳句大会の金子兜太師選のことばから。

「まだ消えぬ劫火の音や夾竹桃」の句では、「劫火の音」と「夾竹桃」の照応が不気味に美しかった。だから「消え」ない。あの忌まわしい記憶に嫌でもつながる。

        ◇

暗いエネルギーは、私たちが普段意識できない、深い潜在意識の中に澱んで溜まり、種がまかれます。その種がきづかないうちに芽を出して噴出し、ネガティブな意志や行動へと私たちを駆り立てる原動力となるのです。怖いでしょう?

深い潜在意識の奥底に蓄積し、見えないところでうごめくこの燃料のことを、「業」=「カルマ」と呼びます。ネガティブな業として強力なのは、どんよくと(よくぼう)と瞋恚(しんに・いやいや)それから愚痴(まよい)の三種類です。

下段のことばは、小池龍之介「沈黙入門」から引用。

« 2000 国際放射線防護学会 国際会議の招致 ー2020東京オリンピック、連句的。 | トップページ | 一重咲きのバラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年医療施設調査・病院報告(1)(2):

« 2000 国際放射線防護学会 国際会議の招致 ー2020東京オリンピック、連句的。 | トップページ | 一重咲きのバラ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31