無料ブログはココログ

« 久しぶり、青空 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 »

2013年9月 5日 (木)

平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 9 月 5 日 平成26年度診療報酬改定の動向(41)

Share on Facebook


入院医療等の調査・評価分科会の中間とりまとめで打ち出された、データ分析に基づく方向性の続きです。
重症度・看護必要度に関する方向性です。
~~~(方向性)~~~
① 複雑な病態をもつ急性期の患者に必要とされる重症度・看護必要度とは何かという観点から、特に、療養病棟の患者において該当率の高い項目や、項目に該当する患者像が本来評価すべき患者像と乖離している項目については見直しを行うことが必要である。
具体的には、
ⅰ)時間尿測定及び血圧測定については、項目から削除すること、
ⅱ)創傷処置については、褥瘡の発生状況を把握するためにも、褥瘡の処置とそれ以外の手術等の縫合部等の処置を分けた項目とすること、
ⅲ)呼吸ケアについては
喀痰吸引を定義から外すこと、
ⅳ)追加項目については、7対1入院基本料を算定する病棟において該当割合の高い、計画に基づいた10分間以上の指導・意思決定支援、抗悪性腫瘍剤の内服、麻薬の内服・貼付、抗血栓塞栓薬の持続点滴をA項目に追加することが考えられるが、このうち10分間以上の指導・意思決定支援については、実施すべき内容等定義を明確にした上で、A項目に追加すること、等について見直すことが考えられる。
② こうした見直しの方向性のうち、呼吸ケアの喀痰吸引については、気道内吸引、口腔内吸引、体位ドレナージ等、内容が多岐にわたり、各病態の患者に必要なケアは異なることから、複雑な病態をもつ急性期の患者にふさわしい内容は、重症度・看護必要度の項目として残すべきとの意見もあった。

③ なお、これらの見直しに当たっては、中央社会保険医療協議会において、現場の看護師への負担も含め、どの程度の影響があるかを分析した上で検討する必要がある。
~~~~~~~~~~~
7対1入院基本料の届出病院の多くは、看護必要度基準を満たすのに苦労している実情があります。
看護必要度の項目の削除や追加が大打撃となる病院もあります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼コメントまとめ(上とは関連ありませんが)

コメント

エメさんの特選句は他の選者でも入選句になっていましたね。
句に優劣が全くなければ、一般の部で誰かに特選か入選に選ばれる確率は823分の540なので、2句を投句すれば1句が選ばれる計算なのですが、実際は優れた句を複数の選者が同時に選ぶので、確率はぐっと低くなります。
複数の選者が選んでいる句は、確かに、私なんか足下にも及びません。

(訂正)
828分の540でした。
823はエメさんの特選句。
828のオオトリはうたまるさん。

乙四郎句はゆたりとしたよみぶりの句でした

この世界あの文月に生まれしを   乙四郎
入道や岩戸のように雲隠し       〃

優雅すぎたんじゃないですか
長崎忌は文月、広島忌は水無月で、あいだに立秋がはさまります、かね?
地獄絵をハイクには詠めないから、おのずと周辺を意識はさまよう。
かささぎは四つもボウズだったけど
来年度頑張る
チョウコク忌とはすごい発見だと思ったのになあ
肇国忌。造語ですが。
日本国の神話に国のはじめのお話がありますが、それを捨て去ることがいとも簡単にできた。
それは原爆のおかげだとかささぎは信じてる。
過去の全否定から始まったのが今の世界で。
それがまたまずいといってるけれども、こないだまではそうだった。

かささぎは宮崎駿監督の「風立ちぬ」では泣かなかった。
だけど鹿児島の詩人の岡田哲也さんは泣いたそうだ。
あのかたの感想文はとても印象に残った。
(はなしがあっちにとび、こっちにとびしていますが、根っこはつながっているのでお許しくださいね。)

いまはむかし。ということばがあるでしょう。
ふしぎなことばだ。今も昔もきっとおなじように、これ以上は謝るまい。
と思う時があって、それで歴史がターンしたに違いない。

原爆忌のころというのは、乙四郎句が認識させてくれたけども、あはひの頃です。
季節にとればそうなんだけど、農事でいえば、ことに稲の生育でいえば、青田が最も青いころ。もうすぐ穂を孕む稲に最後の水を与えなければならないころ。
あの年のコメの作況はどうだったんだろうか。

被爆かぼちゃも食したり、と句によんであったくらいだから。

あの夏は被爆カボチャも食べました  犬童ともよ(長崎)

https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&ldtl=1&dtltbs=1&mcmd=25&st=update&asc=desc&pg=6&ndc1=611&ndc_lk=1&id=1000038384

ひとつ時代がおわりひとつ時代がはじまる記念日のつもり
って言わなきゃ分からんかいな

九州俳句の岩坪英子さんの樹が素晴らしかった

きのこ雲思考という帰路うしないて  英子
ひとめぐりすれば噴井のような樹よ   〃
彼女が今、面白い!

最近新聞の論壇批評でだったか被爆についての世論と被爆者の感情の流れをまとめたのがありました。
あれは考えさせられる内容でした。

日本人自身が敗戦直後には原爆のおかげで戦争がおわったと言っていたのですね。

統計をとってみました。
828の投句のうち、
選者に拾っていただけた句は39.4%
2人以上の選者が選んだ句は14.0%
3人以上の選者が選んだ句は6.6%
4人以上の選者が選んだ句は3.0%
5人以上の選者が選んだ句は1.3%(11句)
6人の選者が選んだ句が1句(52番)
これは、現代俳句協会長賞に入賞しています。
5人の選者が選んだ句は、
695番(特選3人、入選2人)大会大賞
186番(特選2人、入選3人)九州俳句作家協会賞
345番(〃)西九州現代俳句協会賞
148番(特選1人、入選4人)実行委員会賞
182番(〃)実行委員会賞
218番(〃)実行委員会賞
489番(〃)実行委員会賞
629番(〃)実行委員会賞
539番(入選5人)空がまた揺れだす気配八月忌
741番(入選5人)長崎の夜景よ通夜の灯もあろう
4人の選者が選んだ句は、
115番(特選3人、入選1人)長崎県議会議長賞
392番(〃)長崎県教育委員長賞
777番(〃)長崎新聞社賞
63番(特選2人、入選2人)長崎平和推進協会賞
418番(〃)優良賞
526番(〃)優良賞
748番(〃)八月の大きな石に腰おろす
29番(特選1人、入選3人)八月九日朝垂直に切る豆腐
503番(〃)被曝図のかげろえるまで沖を見る
28番(入選4人)噴水にゆがむ日輪ナガサキ忌
415番(〃)八十路一団よろよろとゆく爆心地
515番(〃)八月の水の底にも消えない火
712番(〃)いくさあるな昼寝の園児足伸ばす
727番(〃)闇を抱く母に添寝の八月忌

うわ。どうもありがとう。
これをはりつけるだけですぐ食べられます。
ありがたいなあ。
えめさん。この大会は今年第六十回だとあります。すごいシンクロだわ。
やはりあの句はいい線いきましたねえ。

ぱっと読んだときにイメージが二重に浮かびました。

噴水が砕く青空原爆忌   えめ

噴水が真っ黒のきのこぐもに暗転する怖さ。
さらっとこんな句がでてくるえめさんはすごい。

原爆忌語ることなく人逝けり  一ノ瀬 凛(孝子ちゃん)

たっこちゃんは無心の構えでいたいとこを衝く。苦労人。

頼りしは一本の杖原爆忌     田中恵美子(たかみやのえみちゃん)

これはもともと、パーキンソンになったご主人のまあちゃんのことを詠んでいた句なのですが、原爆忌とあわせると、まるで原爆忌自体が、人を支える杖の役目をしているかのように思えるのでした。ひさびさに俳句に誘ってよかった。また書いてね。

山王の鳥居に響くクスのせみ   調 うたまる
広島へ想い受け継ぎ長崎へ     〃

うたまるさんの二句、独特ですよね。
そのまんまの手を入れていない原石の輝きみたいな光。
調一族の有名な医師が長崎にはいらして、ご親戚だとか。
ということも加わっている?とりにとってもらっていた。

澄たからさん。旅仕舞の句が出ました。
ご主人のお父上を詠んだ句とか。

特攻の笑顔や若葉ざわめけり  たから
杖つきぬ同期の桜旅じまい   

特攻から、久能中尉の第一号特攻の記事へついたコメントを思い出す。
けれども、大石政則日記を転載していたわたしは、たとえそれが敵艦にとどかなかったとしても、どれほどの重圧にたえて敵陣へ向かったことかと思われてならない。
立派な特攻だったと称えてあげたい。

樋の口へ青葉若葉のダイビング  かささぎ

穂孕みの水引く青田肇国忌      〃

澤田都紀子    殻負うてでで虫自由に這う命

この句、地味だけども味わいのあるいい句だなあ。

さわださんは連句の沢都。文章に、「赤とんぼ」という名作あり。

どこかに引用していなかったっけ。沢田のおじいさんが零戦を作っていた話。
緊密な文章で、町工場の青春が香るような。もう一つの風立ちぬ。

八山呆夢      街中の川に蛍の夢を見む

古賀音彦       雨三日トマトの根元草繁る

東妙寺らん     石段に青いホオズキ座ってる 

おがわ千代    魔を滅す使命ありけり原爆忌

どちらさまも参加いただきありがとうございました。
やはりこれは特別な大会だなあと感じます。
毎回学ばせてもらっている。

※山下整子さんと中山宙虫さんが出ませんでした。ざんねん。
この二人がいちばん上手なのにな。

(せいちゃん、うたは応募してくれた?わたしは何もできなかった。暇ないもん。 )


 

投稿: 傘 | 2013年9月 4日 (水) 23時34分

« 久しぶり、青空 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 看護必要度「計画に基づいた10分以上の指導」追加

今日はこれがよく読まれている

検索サイト Bing  検索ワード 診療報酬改定 平成26年度 看護必要度

1位

看護必要度 改定

検索で何度も開かれました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/53148422

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度診療報酬改定の動向(41) 急性期患者に必要とされる重症度・看護必要度とは:

« 久しぶり、青空 | トップページ | 平成26年度診療報酬改定の動向(42) 需要増大が見込まれる診療情報管理士 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31