無料ブログはココログ

« 漢字  さんずいのつく金 | トップページ | 十九時半ごろの駐車場 »

2013年7月30日 (火)

平成26年度診療報酬改定の動向(5) 税財源投入後退の宣言

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2013 年 7 月 30 日 平成26年度診療報酬改定の動向(5)

Share on Facebook


昨日、第18回社会保障制度改革国民会議が開催され、報告書(案)の総論部分と各論部分骨子が公表されました。
参議院選挙後の初会合です。
総論で医療に関連する部分を、順次、抜書きしてみます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<税と社会保険料の役割分担>
社会保険制度の財源は、原則、保険料であるが、我が国の社会保険制度には、多くの公費(税財源)が投入されている。
例えば、全国民に給付される基礎年金には国費が2分の1投入され、自営業者や無職者が加入し、医療サービスを受ける国民健康保険には、国費と地方費が2分の1投入され、中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会の給付費にも一部国費が投入されている。
さらに、後期高齢者医療制度や介護保険制度にも、国費と地方費が2分の1投入されている。
税と保険料の役割分担については、どのように考えるべきであろうか。
我が国の医療保険制度や年金制度は、被用者保険と自営業者等を対象とした保険に分かれており、医療保険制度は、それぞれのグループ内において、さらに細かく保険者が分立していること、また、無職者や低所得者であっても、医療保険制度や年金制度に加入するという皆保険・皆年金の考え方をとっていることが特色となっている。
社会保険制度への公費投入の理由は、一つは、無職者や低所得者も保険に加入できるよう、保険料の負担水準を引き下げることであり、もう一つは、保険制度が分立していることによる給付と負担の不均衡を是正することである。
まず、前者については、現行制度の下では、現在、高齢化の進行や非正規雇用の労働者の増加による所得格差が増大する中で、保険料負担の逆進性を強めることとなる。
したがって、逆進性緩和の視点から低所得者の保険料軽減や標準報酬月額の最高限度額の引上げを行うなど、社会保険料の在り方を再点検した上で、社会保障の維持と機能強化のために公費を投入することが必要となる場合があると考えられる。
一方、後者については、制度分立は保険者の仕組み方の問題であり、基本的には保険制度の中での調整が求められ、公費投入に頼るべきでなく、公費投入は保険者間で調整できないやむを得ない事情のある場合とすべきである。
また、給付の大宗を社会保険制度で賄っている年金・医療・介護については、すでに財源の4割弱が公費(税財源)で占められており、これらの給付が増えれば、必要となる税財源が増えていくこととなるが、社会保障をめぐる財政は、社会保障関係費が増大する中で、それに見合った税負担がなされておらず、その不足分をいわゆる赤字公債で補っている状況であり、消費税が増税された後でもこの構造が解消されるわけではない。
こうした状況は、国・地方を通じた財政の健全化、社会保障の持続可能性、世代間の公平という観点から極めて問題である。
こうした我が国の財政状況も踏まえれば、社会保険への税の投入については、上記の所得格差の調整を含め、社会保険料に係る国民の負担の適正化に充てることを基本とすべきである。
一方、社会保険は、透明性と納得性にその特徴があることから、制度が必要以上に複雑にならないようにできる限り努力しなければならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
医療はじめ社会保障財源の構成要素のうち、税財源投入の後退が宣言されています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎの感慨

火野正平さんはいいじいさまになりましたね。
自転車こいで、「人生、下り坂さいこう!!」。

時代の名言です。

明るいひかりのほうばかり向く医療であってはならない。
どうやって闇の中に安らかに入っていくことができるか。

« 漢字  さんずいのつく金 | トップページ | 十九時半ごろの駐車場 »

コメント

さいごの言葉は、有名な岡部医院の岡部健医師のことば。
死が近づいている人には安らかに闇におりていく道しるべがいる。それを提供することもだいじなしごとである、と書かれていた。この言葉、まさに今必要なことだと感じる。
宗教の役割なのですが、それが今はない。
この岡部医院は全国一在宅看取り数の多い医院だそうです。
かささぎの旗は文藝春秋の昨年六月号で知りました。
岡部先生ご自身は若い僧侶に看取られてこの世を去られたとのこと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度診療報酬改定の動向(5) 税財源投入後退の宣言:

« 漢字  さんずいのつく金 | トップページ | 十九時半ごろの駐車場 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31