無料ブログはココログ

« マクワウリ弁当 | トップページ | 武田鉄矢の語りで吉田所長のたたかいを聴く »

2013年7月19日 (金)

在宅医療の動向(8) 「在宅看取り」の実数は

保健医療経営大学学長

橋爪 章
2013 年 7 月 19 日 在宅医療の動向(8)
Share on Facebook


平成24年4~9月に、在宅で看取りを行った回数の分布は次の通りです。
________ 0回  1回 2回  3回 4回 5回以上
機能強化(連携型)14%  24%  16%  16%  6%  26%
機能強化(単独型) 0%  20%  20%  0%  20% 40%
在支診      42%  31%   9%  5%   3%  11%
在支診以外の診療所 64% 21%   2%  6%   2%  4%

在宅看取りの回数は在支診とりわけ機能強化型において多いようです。
在支診以外の診療所の大半は在宅看取りの実績がありませんが、一割強の診療所では3回以上の実績があります。
対し、在支診の8割は3回未満の実績です。
機能強化型であっても、連携型の場合は過半が3回未満の実績です。
このように、在宅医療や在宅看取りの実績が豊富であっても、在支診の届出を行っていない診療所が多数存在しています。
届出をしていない理由としては、常勤医師3名以上の配置や定期的なカンファレンス実施の困難等が多いようです。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌

七月十三日は祖母の命日だったのに、私はすっかり忘れていた。
翌日はっと気づき、母にいうと、じぶんは覚えていたから、ばあちゃんが好きだったまくわうりとおかしをお供えしたという。
可愛がってくれた祖母、明治29年春に生まれ、平成七年夏まで生きた。
しぬときは老衰で、座敷のたたみの上で、なくなりました。
ひと月、点滴だけでした。
黒岩先生が定期的に来てくださってました。

思い出すことがあります。
夏、冬、時期になると、祖母はかならず、
きょうこさん、先生にあげるから、ウイスキーば買うてきとってくれんの。
と私に頼んだ。
先生がみえると、いずまいをただし、いそいそとうれしそうだった祖母。
百年の、しあわせな人生でありました。

また、五木寛之の親鸞がはじまりました。
読んでいます。

« マクワウリ弁当 | トップページ | 武田鉄矢の語りで吉田所長のたたかいを聴く »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 看取り実績 在宅医療 全国リスト

17位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在宅医療の動向(8) 「在宅看取り」の実数は:

« マクワウリ弁当 | トップページ | 武田鉄矢の語りで吉田所長のたたかいを聴く »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31