無料ブログはココログ

« 飛形山 | トップページ | おばあちゃんの夏休み »

2013年7月18日 (木)

在宅医療の動向(7)  往診の回数は

保健医療経営大学学長

橋爪 章
2013 年 7 月 18 日 在宅医療の動向(7)
Share on Facebook


中医協調査では、平成23年9月と平成24年9月を比較すると、主治医として在宅医療を提供している患者数(1施設あたり)は、有効回答施設では次のように増加しています。
機能強化型在支診(連携型) 59.5→63.3
機能強化型在支診(単独型) 80.8→88.4
在支診           38.2→41.3
在支診以外の診療所     15.2→16.4
また、平成24年4~9月に緊急時に往診した回数の分布は次の通りです。
______________0回 1~4回 5回以上
機能強化型在支診(連携型) 23.9%  28.4%   47.7%
機能強化型在支診(単独型) 37.5%  12.5%   50.0%
在支診           34.1%  34.6%   31.2%
在支診以外の診療所     52.0%  28.6%   19.4%

機能強化型在支診であっても緊急往診が月平均1回もないところが半数です。
半年に1回もないところも多い
ようです。
機能強化型ではない在支診では、7割が月平均1回もありません。
他方、在支診以外の診療所であっても、2割近くの診療所では緊急往診が5回以上です。
10~19回が4.1%、20~29回が3.1%、30回以上の診療所も1%あります。
いずれの診療所においても、当該施設の医師が主治医ではない患者に対して行う緊急往診は一部であり、ほとんどの緊急往診は主治医が行っています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

« 飛形山 | トップページ | おばあちゃんの夏休み »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード 往診 回数

6位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在宅医療の動向(7)  往診の回数は:

« 飛形山 | トップページ | おばあちゃんの夏休み »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31